古語はおもしろい
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
「日本語」雑学集 古代語とアイヌ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 地域や時代によって違いもあるようだが。 

【彼】(あ): 「あちら」の「あ」?
・ 「あれ」「あちら」「あの人」【全文全訳 古語辞典 小学館】

【我】(あ): 吾(あ)も同じ。
・ 「わたし」という意味で上代によく用いられた。【全文全訳 古語辞典 小学館】

【アカ】: 古語で「アカ」とは水を意味する。

【アクツ・アクト】: 川沿いの低地を意味する。

【阿漕】: 「あこぎ」とは、古語で「繰り返し」という意味。
・ 度重なること。かぎりなく身勝手で、あつかましく、ずうずうしいこと。【全文全訳 古語辞典 小学館】

【あら】: 

【あらきだ】: 新しく開墾された田をさす。
・ 「新墾(あらき)」とは、新しく土地を切り開いて田畑とすること。また、その田畑。【全文全訳 古語辞典 小学館】

【あらく】: 新しく開墾された畑をさす。関東地方では、荒れ地を開いて畠にすることを、「アラク起こし」という。これを、名古屋では「アラコ(荒子)」という。

【井】(い): 集落を意味する。【参考
・ 「ゐ」とは、飲み水をくみ取ること。井戸。【全文全訳 古語辞典 小学館】

【いぬ】: 「去ぬ」とは古語で、「立ち去る」「去る」「行ってしまう」という意味。

【生土】(うぶすな): 生れた土地、その土地の守護神。
・ 「産土(うぶすな)」とは、その人が生まれた土地、生まれ故郷。【全文全訳 古語辞典 小学館】

【おぎ】: 崖・湿地の意味がある。例) 埼玉県さいたま市西区指扇。
・ 「をぎ(萩)」は、草の名。【全文全訳 古語辞典 小学館】

【おどろ】: 「薮(やぶ)」を意味する。
・ 「草ボウボウ」と茂っていること。【全文全訳 古語辞典 小学館】

【麻績】(を-み): 織って布にするために、麻を細く裂き、よりあわせて糸にすること。また、その職人。
・ 布を織るために、アサを細く裂いて長くより合わせて糸にすること。【全文全訳 古語辞典 小学館】

【指】(お-よび): 「おゆび」とも言う。

【陰土】(おんど): 湿地帯を意味する。

【かの・かのう】: 焼き畑由来の地名。「鹿野」「叶」。 → 「五斗蒔(ごとまき)」も焼き畑地名。岐阜県土岐市の東海環状自動車道に五斗蒔PAがある。
※ NTTのタウンページから蕎麦屋をピックアップして都道府県毎に集計すると、人口10万人あたり全国平均は22軒だが、山形県はダントツ一位の55軒。その山形県の村山地方北部は、蕎麦街道と称されるように蕎麦の本場だが、その地にある大石田町に以下のような言い伝えがある。「カノ焼きは男の仕事、蕎麦打ちは女の仕事」。【男の隠れ家 2014年9月号 そば屋特 より】
「カノ焼き」とは「焼き畑」のこと。したがって、この地でも「焼き畑」のことを「カノ」と言っていたことがわかる。

【象】(きさ): 「象」のことを古代語では「きさ」といった。たとえば秋田県の象潟(きさかた)。

【木曽】(きそ): 崖や傾斜をあらわす。

【串】(くし): 岬を意味する「串」は西日本にみられる。和歌山県の串本は「岬の元」という意味なんだろう。

【くなた】: 湿田を意味する。

【国見】(くに-み): 天皇が、高い所に立って、治めている土地を見渡し、国民の生活状態などを見ること。

【隈】(くま): 曲がりくねった状態。
・ 川や道で折れ曲がっているところ。奥まったところ。へんぴなところ。【全文全訳 古語辞典 小学館】

【くめ】: 「くめ」「くま」「こめ」は「隅」「曲」を意味する古語。

【くら】: 語源上、「岩」を意味する。

【くれ】: 山から切り出したままの丸太。皮のついたままの丸太。(屋根などをふく)薄板。たきぎ。

【け】: 「け」とは、なんの行事もない、普段の日を意味する。

【興野】(こうや): 山形県や秋田県にみられる地名。開墾地を意味し、もとは荒野。宮城県では「高野」、関東では「幸谷」とも書く。

【ごうら】: 強羅など。岩石が露出している所。土佐には「ゴウロ」の地名が多い。

【こば】: 「こば」は九州地方では「焼き畑」を意味し、「木場」や「古場」「大畑(おこば)」をあてる。

【さき】: 古代人は象(ナウマン象)のことを「さき」と呼んでいた。

【さく】: 「さける」「耕す」
・ 「切り離す」「分割する」【全文全訳 古語辞典 小学館】

【さし】: 「さし」とは「焼き畑」を意味した。武蔵国には焼き畑を意味する指の地名が何カ所かある。【参考:  ・ 指原

【さし】: 「さし」には、焼き畑の意味以外に、日向地や傾斜地の意味もある。例) 埼玉県さいたま市西区指扇。

【さらぎ】: 「さらぎ」とは、古語で、更に築くという意味

【しょうぶ】: 「菖蒲」。細長い流れを意味する。

【そが】: 「そが」は「菅」と同じ。「スゲ」が茂る原野を「そが」と言った。

【曽根】(そね): 突出した所、例えば岬の意味がある。【その他の意味

【そり】: 「そり」とは「焼き畑」を意味した。柳田邦男の「地名の研究」によると、「そり」「そうり」は焼き畑を林に戻した所の意味。【参考: 雪車

【たぎ】: 「曲がりくねった難路」を意味する。奈良県の「当麻」の語源はこれといわれる。

【田代】(たしろ): 山の裾、入野の奥などの水田の耕作可能地を意味する。

【東海】(とう-かい): 古語では、「とうかい」とは、「東方の海」の意味の他、「日本国の異称」としても使われた。
・ 「かのとうかいの人、因果を知らず、仏法を聞かず」〈沙石・五末〉
・ 「あの日本国の人は、因果の道理を知らず、仏の教えを聞かない」

【な】: 「な」とは古語で、「魚」のこと。

【地震】(な-ゐ): 古代には地震のことを「なゐ振る」「なゐ揺(よ)る」と言ったが、後に「なゐ」で地震を表すようになった。

【なぎ】: ナギとは草木をなぎはらって焼き畑にしたことを意味し、転じて「鳴」という字が当てられる場合もある。

【夏焼】(なつやき): 「夏焼」は焼き畑の意味。【参考: 夏秋

【ぬ】: 「野」の古語。

【ぬた】: 湿地のことで、関東では「ぬた」、九州では「むた」、中国・四国の「うだ」といった。

【ねう】: 「ねう」は鉄の古語。【村井康彦 出雲と大和】より

【のぞき】: 「野のソキ」で、「境上の原野」を意味する。山形県最上郡真室川町及位(のぞき)など。

【のだ】: のだ(野田)とは「ぬだ」に由来し、湿地を表す。

【はが】: 崖を意味する。

【はげ】: 岩崩れ

【はさこ】: 畑と畑の間の田を意味する。

【はれ】: 「はれ」とは、皆で集まって何かするときのこと。

【ひき】: 「ひき」は古代語で低湿地を意味する。比企(ひき)。

【ひな】: 「小さい」という意味。

【ひら】: 平田、枚方の「ひら」は「斜め」という意味。

【ふ】: 「ふ(生)」には「村」の意味がある。埼玉県羽生市。

【ふくら】: 福良(ふくら)。水流の屈曲によってできた、やや広い平地で、耕作や居住に適する。

【ふけ】: 「ふけ」とは、越後では湿地を意味する。

【ふと】: 「ほと(窪地)」のこと。羽前南村山郡本沢村大字長谷堂字風道野。

【ふれ】(触): 古代語では「村」を「ふれ」と読んだ。この地名は壱岐島に多くみられ、現在では「村の中の小単位=部落」を意味する。

# 「部(べ)」は古代語で「男たち」「仲間たち」を意味する。【地名でわかるオモシロ日本史 武光誠 角川ソフィア文庫】

【べっとう】: 地域によって意味が異なる。
広島県: 「峠」を意味する。
佐賀県: 「父」を意味するとも言われ、所により「蛙」や「季節風」をも意味する。

【坊】(ぼう): 傾斜地

【ほき】: 「ほき」は、山間部では崩れやすい崖地、土地が剥がれる。地すべりなどを意味する。河川の屈曲部で水流が当たる場所を意味する。

【目】(ま): 眼(まなこ)。「目(ま)」のあたりにする、など。

【まき】: 「まき」は「牧場」の「まき」で牧場を意味する他、同族集団の意味もある。

【まま】: 「崖」を意味する。

【むら、むろ、もろ】: 村・(むら)=室(むろ)=毛呂(もろ)。

むれ】: 「むれ」は、「群がる」に由来し、集落を意味する。また古代朝鮮語?で「山」を意味するとも言う。「盛り上がる」と関係あるのかな?

【ゆ】: 「ゆ」は古語で用水を意味する。

【ゆら・ゆり】: 由良(ゆら)・由利(ゆり)。水の動揺によって平らげた岸の平地。山形県鶴岡市由良

【わだ】: 「わだ」は渓谷のやや広がった所を意味する。和田を沖という地方もある。入り曲がっている所。入り込んでいる所。【参考: 和田 ・ 小和田

■ 「古語」番外編

【宴】(うたげ)
・ 「宴(うたげ)」は、俗に言われる「打ち上げ」をルーツとする。
・ 「うちあげ(utiage)」 → 「うたげ(utage)」
・ 日本語は母音が重なると発音しづらくなり、母音を一つ省略することがある。

■ 中世の読み

・ 文書 もんそ
・ 所領 そりやう
・ 庶子 そし

■ 日本語のワンポイント

# A+WAがOU読みになる。
・ 河本(かわもと) → こうもと。
・ 河野はかわの→こうの。
# 「ん」の省略
・ 日常会話の「お」は、書き言葉では「おん」になる。室町時代の日本語を解説した「ロドリゲス日本大文典」より。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

統計表示