沖縄県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 東江(あがりえ): 沖縄県名護市
・ 沖縄県では、日の出の方角の「東」を「あがる」、日の入りの方角の「西」を「いる」という。西表島(いりおもてじま)なんかが有名ですね。

■ 粟国(あぐに): 沖縄県島尻郡粟国村

■ 安里(あさと): 沖縄県那覇市安里
・ 台地または平坦地で多く安里之殿などが祀られている。 
・ 住みよいところの意味。

■ 伊佐(いさ): 沖縄県宜野湾市伊佐

■ 石垣島(いしがきじま): 沖縄県石垣市
・ 台風対策のため、家の周りに石垣を張り巡らせているのに由来する?

■ 西州(いりじま): 沖縄県浦添市

■ 伊武部(いんぶ): 沖縄県国頭郡恩納村

■ 大宜味(おおぎみ): 沖縄県国頭郡大宜味村大宜味
・ 沖縄本島北部、国頭(くにがみ)山地の西斜面から海成段丘丘陵にかけて位置し、東シナ海に臨む。方言ではイギミといい、饒波(ぬうは)の小字ギミ(喜味)に関係するかともいわれる。【角川日本地名大辞典】
・ 大宜味間切: 王府時代から明治にかけて沖縄県にみられる間切名。大宜味郡・大宜味県とも書く。17世紀末頃、田港間切が改称して成立。

■ 恩納(おんな): 沖縄県国頭郡恩納村
・ 「ウンナ」ともいう。「ウン」は海、「ナ」は場所を意味する。海のあるところ。
・ 「うんな」に文字をあてた。「うな(高くなった所)」と関係する地名か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】 

★ 

■ 後原(こしはら): 沖縄県島尻郡八重瀬町

★ 

■ 志茂田(しもた): 沖縄県豊見城村

★ 

■ 津波(つは): 沖縄県国頭郡大宜味村津波(つは)
・ 当地がよく津波に襲われたことに由来すると言われる。

■ 渡嘉敷(とかしき):  沖縄県島尻郡渡嘉敷村
・ 「とかしち」に漢字をあてた。「傾斜地」や「崖」などに見られる地名。「かし(崩壊地形)」と関係するかとも思われるが不詳。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

★ 

■ 仲間(なかま): 沖縄県浦添市仲間
・ 高地と低地の中間の小地域。山川・集落を問わずその中間にある地域。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 今帰仁(なきじん): 沖縄県国頭郡今帰仁村

■ 那覇(なは): 沖縄県那覇市
・ 下記の二種類の「なは」がある。
(1) 漁場をあらわす「さかなば」がつまって「なは」になった。
(2) 「ななめにする」という意味の「なばえる」が「なは」になった。
・ 海のそばは漁場、山地は傾斜地をあらわす。
・ 「なば」の転で「漁場」のこと。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 「なは」は沖縄の「なば」と同じで、豊かな漁場のこと。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 西武門(にしんじょう): 沖縄県那覇市

★ 

■ 波照間島(はてるまじま)
「果てのうるま」に由来し、「うるま」とは「珊瑚礁の島」という意味。また、「沖合の島」を意味するインドネシア語が語源という説もある。【日本地図の謎 おもしろ島々地図 廣済堂文庫】

■ 保栄茂(びん): 沖縄県豊見城市

■ 辺野古(へのこ): 沖縄県名護市辺野古

■ 辺土名(へんとな): 沖縄県国頭郡国頭村辺土名。方言ではフィントナという。

★ 

■ 

★ 

■ 世冨慶(よふけ): 沖縄県名護市

■ 読谷(よみたん): 沖縄県中頭郡読谷村

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示