沖縄県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 沖縄県の県名の由来 ・ 沖縄県の難読地名・珍地名

★ 沖縄県の名字の特徴

# 宮城という名字は宮城に少なく沖縄に多い(^o^)

# 沖縄の名字の分布は内地とは全く別物。

# 比嘉(全国の約87%)、新垣、島袋、知念、仲宗根も全国の85%以上は沖縄にいる。

# 江戸時代初頭に琉球王国を支配した島津家は、琉球人であることを明確にするため、「大和風の名字の禁止」を打ちだし、「前田」は「真栄田」、「船越」は「冨名腰」などに改姓させたので、いわゆる内地風の名字は少ない。

# 沖縄の名家と言えば、琉球王家の「尚」氏。他には「照屋

【沖縄県らしい名字】

# 沖縄には「城」がつく名字が多い。琉球語では「ぐすく」と読むが今は「しろ」読みの名字が多い。「金城(きんじょう)」「大城(おおしろ)」「宮城(みやぎ)」。「志良堂

# 珍名と言えば、、、、、内地から見れば多くは珍名なのだが、あえて言えば「阿波根(あはごん)」「下門(しもじょう)」「平安名(へんな)」「平安山(へんざん)」などがある。

# 東江

大和めきたる名字の禁止令
沖縄では1624年に薩摩藩が「大和めきたる名字の禁止令」を出し、その結果、前田は真栄田、福原が普久原、横田が与古田などに変えた。中村仲村に変えた? 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 比嘉

■ 2位: 金城

■ 3位: 大城

■ 4位: 宮城

■ 5位: 新垣

■ 6位: 玉城

■ 7位: 上原

■ 8位: 島袋

■ 9位: 平良(たいら)
# 沖縄県の平良家: 平良の地名にもとづく名字。「ひらら」とも読む。

■ 10位: 山城

■ 11位: 知念

■ 12位: 宮里

■ 13位: 仲宗根

■ 14位: 下地

■ 15位: 照屋

■ 16位: 砂川

■ 17位: 仲村
# 沖縄県の仲村家: 琉球王家の尚家の支流に仲村家がみられる。 

■ 18位: 城間

■ 19位: 新里(しんざと)
# 沖縄県の新里家: 尚王家の一族。佐敷間切新里(沖縄県南城市新里)に由来する。

■ 20位: 新城


■ 伊江(いえ)
# 沖縄県の伊江家: 伊江島の総地頭。尚清王の七男の朝義が伊江島(沖縄県国頭郡伊江村)の総地頭となったのに由来する。

■ 糸数(いとかず)
# 沖縄県の糸数家: 堺(大阪府)の出で、糸数村(沖縄県南城市)の地頭となった。

■ 上江州(うえず)
# 沖縄県の上江州家: 久米島の旧家。具志川城主の末裔で、地頭を努めた。

■ 上地(うえち)
# 沖縄県の上地(うえち)家: 「ういず」「うぃーち」ともよぶ。沖縄県に多く見られ、上地の地名に由来する。

■ 内間(うちま)
# 沖縄県の内間家: 尚王家の庶流。

■ 大宜味(おおぎみ)
# 沖縄県の大宜味家: 尚王家の一族。大宜味間切の総地頭となったのに由来する。

■ 奥間(おくま)
# 沖縄県の奥間家: 久米系毛姓の一族。中国の福建省から琉球に移り住んで毛姓となった。

■ 小禄(おろく)
# 沖縄県の小禄家: 尚王家の一族。小禄間切(沖縄県那覇市)の地頭になったのに由来する。
# 沖縄県の小禄家: 奄美大島の与湾大親の末裔で馬姓の本家。小禄間切(沖縄県那覇市)の地頭になったのに由来する。

■ 嘉陽(かよう)
# 沖縄県の嘉陽家: 尚王家の末裔で武姓。久志間切嘉陽村(沖縄県名護市)に地頭になったのに由来する。

■ 喜屋武(きゃん)
# 沖縄県の喜屋武家: 尚王家の一族。喜屋武間切(沖縄県糸満市)の地頭になったのに由来する。

■ 久護(くご)
# 沖縄県の久護家: 名護間切屋部村(沖縄県名護市屋部)の旧家。屋部地内の久護の地名に由来する。

■ 崎間(さきま)
# 沖縄県の崎間家: 那覇系の張姓の本家。粗の張献功は高麗人で、薩摩国に渡来し陶工をしていたが、江戸時代初頭に琉球に転じた。浦添間切崎間の地名に由来する。

■ 尚(しょう)
# 沖縄県の尚家: 琉球王国の王家。第一尚氏の重臣であった内間金丸が、主家に代わって政権を握り尚円を称したのに始まる。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 沖縄県の尚家: 琉球王家。第一尚家と、第二尚家がある。第二尚家は明治維新後には東京に転じ、侯爵。

■ 新盛(しんもり)
# 沖縄県の新森家: 西表島祖納の旧家。

■ 高良(たから)
# 沖縄県の高良家: 高良村(沖縄県那覇市)をルーツとし、尚家の分家。そのほか、各地に高良の地名由来の高良性が多い。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 沖縄県の高良家: 慶留間島の旧家。

■ 玉城(たまき)
# 沖縄県の玉城家: 古くは「たまぐすく」と呼んだ。また「たましろ」とも読む。第二尚氏の分家に玉城家があり、また地名由来の玉城姓も多い。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 豊見城(とみぐすく)
# 沖縄県の豊見城家: 首里系の毛姓の本家: 豊見城間切(沖縄県豊見城市)の地頭になったのに由来する。

■ 名嘉山(なかやま)
# 沖縄県の名嘉山家: 久米系の林姓の本家。粗の林喜は中国福健省の出からの渡来人。越来間切名嘉山の地名に由来する。

■ 永山(ながやま)
# 沖縄県の永山家: 首里系の翁姓の本家。

■ 今帰仁(なきじん)
# 沖縄県の今帰仁家: 尚王家の分家。今帰仁間切(沖縄県今帰仁村)に由来する。明治維新後には男爵。

■ 根路銘(ねじめ)
# 沖縄県の根路銘家: 根路銘村をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 辺土名(へんとな)
# 沖縄県の辺土名家: 尚王家の庶流。

■ 銘苅(めかる)
# 沖縄県の銘苅家: 伊是名島(沖縄県島尻郡伊是名村)の旧家。第二尚氏の一族。真和志間切銘苅の地頭になったのに由来する。

■ 読谷山(ゆんたんざ)
# 沖縄県の読谷山家: 尚王家の一族。読谷山(沖縄県中頭郡読谷村)をルーツとする。

■ 義村(よしむら)
# 沖縄県の義村家: 尚王家の一族。

■ 与世山(よせやま)
# 沖縄県の与世山家: 久米系の毛姓の嫡流。江戸時代初頭に、中国福健省から渡来した毛氏のの末裔。

■ 与那国(よなぐに)
# 沖縄県の与那国家: 八重山郡竹富島の旧家。

■ 与那城(よなしろ)
# 沖縄県の与那城家: 尚王家の一族。

■ 与那覇(よなは)
# 沖縄県の与那覇家: 尚王家の一族。南風原間切与那覇村(沖縄県島尻郡南風原町)に由来する。

■ 与那嶺(よなみね)
# 沖縄県の与那嶺村(沖縄県今帰仁村)をはじめ、沖縄県内に与那嶺の地名が多い。 

■ 和宇慶(わうけ)
# 沖縄県の和宇慶家: 久米三六姓の一つの紅姓の本家。粗の紅英が中国から渡来し。琉球王朝の通事となった。中城間切和宇慶村(沖縄県中頭郡中城村)の地頭になったのに由来する。


■ 沖縄県の地名をルーツとする名字

■ 沖縄地方の名字の特徴

■ 沖縄県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示