鹿児島県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 檍(あおき): 鹿児島県霧島市牧園町三体堂檍

■ 奄美(あまみ): 鹿児島県

■ 天降川(あもりがわ): 鹿児島県霧島市隼人町内天降川

■ 伊須(いす): 鹿児島県奄美大島
・ 俗に「イスィ」という。奄美大島南部、伊須湾に臨む。「イスィ」は、「イ」が強めの接頭語、「ス」が砂であるから、「砂地」の意。【角川日本地名大辞典】

■ 指宿(いぶすき): 鹿児島県指宿市

■ 宇都谷(うどんたに): 鹿児島県鹿児島市

■ 大石様河(おいしさんかぁ): 鹿児島県鹿児島市

★ 

■ 臥蛇島(がじゃじま): 鹿児島県鹿児島郡十島村臥蛇島
・ 掛蛇・外蛇と書いたこともある。七島の他の島々と同様、平家一族が逃れ来て住みついたという伝承があり、島民が「平家の墓」と呼んだ古墓があった。【角川日本地名大辞典】

■ 搦(からげ): 鹿児島県薩摩郡さつま町

■ 久富木(くぶき): 鹿児島県薩摩郡さつま町久富木
・ 久富貴とも書く。川内川の支流の久富木川の南部。この地は、祁答院渋谷氏の支流が領主であったが、渋谷良重家門并家臣目録(入来文書)に「久富木村ノ領主久富木伊与守」と見える。【角川日本地名大辞典】

■ 祁答院(けどういん): 鹿児島県薩摩川内市祁答院町
・ 地名の由来は、大和期空覚上人の創建した紫尾山山麓の紫尾山祈祷院神興寺による説と、鎌倉期の建久図田帳に見える火同丸(けどうまる)による説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 古志(こし): 鹿児島県大島郡瀬戸内町古志(こし)。「くし」とも言う。地名は「小さい峠(丘)」に由来するといわれる。

■ 甑島(こしきじま): 鹿児島県
・  鹿児島県串木野市の沖にある甑島列島には上甑・中甑・下甑の三島がある。
・  甑(こしき)とは「小敷」の事で、小さい敷地の事。台地上や山あいの谷間の狭い所に作られた田畑をさす。同義語に「越木」「古敷」「古志」などがある。
・ 米を蒸す道具の甑の形ににている。【47都道府県・地名由来百科 谷川彰英 丸善】
・ 甑島(こしきじま): 鹿児島県薩摩川内市上甑町。地名の由来は、「三国名勝図会」に串瀬戸の甑島大明神の神体は海岸の大岩そのもので、地名は甑形の神石によると見える。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 桜島(さくらじま): 鹿児島県

■ 志布志(しぶし): 鹿児島県志布志市

■ 下吹越(しもひごし): 鹿児島県指宿市下吹越

■ 川内(せんだい): 鹿児島県薩摩川内市

★ 

■ 帖佐(ちょうさ): 鹿児島県姶良市。「和名抄」によると、大隅国桑原郡答西(とうせい)郷が転訛したものとも言われる。

★ 

■ 名瀬(なぜ): 鹿児島県奄美市名瀬
・ 古くは琉球に属していたこの地の名前の由来については、魚瀬(ナゼ)、空地(ナージ)、大島の中地(ナージ)からきたとする説があるが定説はない。【鹿児島県のサイトより】

■ 温湯(ぬり): 鹿児島県指宿市

★ 

■ 古里(ふるさと): 鹿児島県大島郡和泊町(わどまりちょう)古里(ふるさと)。面縄貝塚という縄文遺跡があり、縄文時代の集落に由来するとも言われる。

★ 

■ 馬鍬水流(まかんずる): 鹿児島県伊佐市

■ 紫原(むらさきばる): 鹿児島県鹿児島市紫原

★ 

■ 

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示