鹿児島県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 鹿児島県の県名の由来 ・ 鹿児島県の難読地名・珍地名

★ 鹿児島県の名字の特徴

# 鹿児島の名字の特徴は、他県では「本」と書くのを「元」と書くこと。「松本松元」「福本→福元」「山本→山元」など。

# 鹿児島の名字の特徴は、「之」がつくこと。例えば「竹内→竹之内」「堀内→堀之内」「竹下→竹之下」「池野→池之野(いけのの)」など。

# また「〜園」と「園」がつく名字も多い。サッカーの前園真聖は鹿児島県薩摩川内市の出身。

# 鹿児島の歴史ある名字に「島津」がある。ルーツは近衛家の下級家臣だったが、源頼朝によりこの辺の荘園の管理を任されたのがルーツ。

【鹿児島県らしい名字】

# 鹿児島らしい名字には「有村」「橋口」「鮫島」「大迫」「迫田」「下吹越」「瀬戸口」「末吉」「宇都(うと)」「伊集院」「中馬」「向囿」など。

・ 鹿児島県特有の名字集

■ 鹿児島県の特徴的名字: 橋口、有村、日高、時任、川畑、谷山、中馬、鮫島、是枝、伊地知。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 中村(なかむら): 鹿児島県の中村家

■ 2位: 山下

■ 3位: 田中

■ 4位: 前田

■ 5位: 

■ 6位: 浜田

■ 7位: 山口

■ 8位: 池田

■ 9位: 川畑

■ 10位: 松元

■ 11位: 西

■ 12位: 久保

■ 13位: 日高

■ 14位: 有村

■ 15位: 
# 鹿児島県の森家: 薩摩国坊津(鹿児島県南さつま市)の豪商。

■ 16位: 坂元

■ 17位: 橋口

■ 18位: 今村

■ 19位: 上野
# 鹿児島県の上野家: 薩摩国川内(鹿児島県薩摩川内市)の豪商。

■ 20位: 永田


■ 赤塚(あかつか)
# 鹿児島県の赤塚家: 薩摩藩士。武蔵国豊島郡赤塚(東京都板橋区)をルーツとする。新田氏に仕え、後に薩摩国に移り住んで島津氏に仕えた。

■ 阿多(あた)
# 鹿児島県の阿多(あた)家: 古代の隼人の流れを引く。平安時代の後期に薩摩半島南部で活躍した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 有川(ありかわ)
# 鹿児島県の有川家: 薩摩藩士。中原姓。粗の利雅が源義家に従って越後国有河(新潟県)を領し、有河氏を称した。その後島津忠久に従って薩摩国に下向したのちに有川氏を称した。

■ 有留(ありどめ)
# 鹿児島県の有留家: 大隅国の郷士で、戦国大名の寝禰氏の支流。

■ 猪鹿倉(いがくら)
# 鹿児島県の猪鹿倉(いがくら)家: 薩摩藩士。伊集院氏の庶流で伊鹿倉とも書く。薩摩国伊集院猪鹿倉(鹿児島県日置市伊集院町)をルーツとする。伊集院忠国の子の忠貞が猪鹿倉氏を称した。

■ 伊作(いざく)
# 鹿児島県の伊作家: 薩摩藩の重臣。薩摩国伊作郡の出で桓武平氏の出という。一時伊作氏は没落したが、島津家の一族が伊作氏を称した。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 伊地知(いじち)
# 鹿児島県の伊地知家: 薩摩藩の重臣。越前国大野郡伊地知村(福井県勝山市)をルーツとする。島津忠久が畠山重忠の孫の季隨を飛び地の伊地知に派遣し伊地知氏を称した。

■ 伊集院(いじゅういん)
# 鹿児島県の伊集院家: 島津家の分家。島津国伊集院(鹿児島県鹿児島市周辺)をルーツとし、嫡流は島津家の重臣として活躍したが、戦国時代に島津家に滅ぼされた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
・ 島津氏の一族。江戸時代には薩摩藩士で、一族は多く明治維新後には子爵や男爵がでている。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 来(いちき)
# 鹿児島県の市来家: 薩摩藩士。薩摩国日置郡の国人。780年頃に大蔵政房が下向して市来院(鹿児島県)の院司となり市来氏を称した。のちに惟宗姓に改姓。室町時代には島津氏に従い、江戸時代には薩摩藩士。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 市来崎(いちきざき)
# 鹿児島県の市来崎家: 薩摩藩士。薩摩国山門郡市来崎村(鹿児島県出水市)をルーツとし、平姓の山門氏の庶流。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 禱(いのり)
# 鹿児島県の禱家: 奄美大島の豪農。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 入来院(いりきいん)
# 鹿児島県の入来院家: 薩摩藩の重臣で島津家の一門。薩摩国薩摩郡入来院(鹿児島県薩摩川内市入来町)をルーツとし、桓武平氏の渋谷氏の支流。宝治合戦の功で薩摩国北部の地頭となり、戦国大名となったがのちに島津家に従った。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岩下(いわした)
# 鹿児島県の岩下家: 薩摩藩の重臣で家老を務めた。明治維新後には元老院議官となり子爵となったが、跡継ぎがおらず断絶。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 岩本(いわもと)
# 鹿児島県の岩本家: 薩摩国指宿(鹿児島県指宿市)の指宿氏の支流。桓武平氏の出。

■ 岩元(いわもと)
# 鹿児島県の岩元家: 鹿児島城下の豪商で山形屋を号した。出羽国山形の出で、紅花の仲買と呉服商を始めた。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大久保(おおくぼ)
# 鹿児島県の大久保家: 明治維新の三傑のひとりの大久保利通の家。大久保家は藤原氏末裔を称すが不詳。大久保利通の子孫に、元首相の麻生太郎がいる。大久保利通の家紋

■ 海江田(かいえだ)
# 鹿児島県の海江田家: 日向国宮崎郡(宮崎県宮崎市周辺)の武士の出で、島津家に仕えた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 樺山(かばやま)
# 鹿児島県の樺山家: 薩摩藩士。島津忠宗の五男の資久が1186年に日向国諸県郡樺山(宮崎県北諸県郡三股町樺山)に転じ、樺山氏を称した。明治維新後には伯爵。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 鎌田(かまた)
# 鹿児島県の鎌田家: 薩摩藩の重臣。藤原北家の首藤助清の二男の通清が駿河国磐田郡御厨村鎌田(静岡県磐田市)に住んで鎌田氏を称した。1186年に政佐が島津忠久に従って薩摩国に下向した。

■ 喜入(きいれ)
# 鹿児島県の喜入家: 薩摩藩の重臣で島津氏の支流。薩摩国給黎郡喜入郷(鹿児島県鹿児島市喜入)をルーツとする。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 肝付(きもつき)
# 鹿児島県の肝付家: 薩摩藩の重臣で、大隅国の戦国大名の末裔。伴姓。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 肝属(きもつけ)
# 鹿児島県の肝属家: 薩摩国神食村(鹿児島県鹿児島市)を本拠とし、古代豪族の大津氏の出。戦国時代に島津家に敗れて、その後島津家の家臣となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 黒田(くろだ)
# 鹿児島県の黒田家: 元首相の黒田清隆の家。薩摩藩の下級藩士の出。【家紋:藤巴】黒田清隆の家紋

■ 祁答院(けどういん)
# 鹿児島県の祁答院家: 薩摩藩の郷士。薩摩国祁答院(鹿児島県薩摩川内市祁答院町)の有力国人の末裔。桓武平氏で、薩摩の渋谷氏の一族。鎌倉時代に祁答院の地頭となった。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小松(こまつ)
# 鹿児島県の小松家: 薩摩藩の家老で桓武平氏の出。小松帯刀の家紋

■ 西郷(さいごう)
# 鹿児島県の西郷家: 明治維新の三傑のひとりの西郷隆盛の家。西郷隆盛の家紋

■ 鮫島(さめじま)
# 鹿児島県の鮫島家: 薩摩藩士。薩摩国阿多郡の国人の末裔。駿河国富士郡鮫島(静岡県富士市鮫島)をルーツとし、藤原南家の工藤氏の支流。工藤宗家が薩摩国阿多郡の地頭となって下向した。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 敷根(しきね)
# 鹿児島県の敷根家: 薩摩藩士。大隅国の国人の末裔。清和源氏の土岐氏の支流。土岐国房が小河院敷根村(鹿児島県霧島市国分敷根)に下向した。後に、島津家から養子を迎えて、島津家の一門。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 重(しげ)
# 鹿児島県の重家: 大隅国肝属郡波見(鹿児島県肝付町波見)の豪商。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 島津(しまづ)
# 鹿児島県の島津家: 薩摩藩主。鎌倉時代の守護で、明治維新まで大名として生き残ったのは、島津家(鹿児島)と京極家(丸亀市)だけ。古代貴族の惟宗氏の出。近衛家の領地の島津荘(鹿児島県から宮崎県)の荘官として九州に転じた。島忠久が鎌倉時代の初めに薩摩国大隅国の守護となって勢力をもった。【家紋:丸に十字】明治維新後には公爵。島津久光の家紋
# 鹿児島県の島津家: 垂水島津家。
# 鹿児島県の島津家: 宮之城島津家。 
# 鹿児島県の島津家: 日置島津家。
# 鹿児島県の島津家: 重富島津家。播磨の島津氏の末裔。
# 鹿児島県の島津家: 加治木島津家。
# 鹿児島県の島津家: 今和泉島津家。
# 鹿児島県の島津家: 知覧島津家。

■ 諏訪(すわ)
# 鹿児島県の諏訪家: 薩摩藩士で、江戸時代の初期には家老を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 田辺(たなべ)
# 鹿児島県の田辺家: 大隅国肝属郡柏原浦(鹿児島県肝属郡串良町)の豪商。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 谷山(たにやま)
# 鹿児島県の谷山家: 薩摩国谷山(鹿児島県鹿児島市)をルーツとする。桓武平氏の出で、南北朝時代には南朝に属し、室町時代に島津家に滅ぼされた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 種子島(たねがしま)
# 鹿児島県の種子島家: 種子島や屋久島を支配した。平清盛の孫の行盛の子孫を称す。島津家に従ったのちに、江戸時代には島津家の重臣。
・ 種子島島主。北条氏の一族の名越氏の被官の藤原姓の肥後氏の末裔。江戸時代には薩摩藩の重臣。明治維新後には男爵。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 丹宗(たんそう)
# 鹿児島県の丹宗家: 薩摩国阿久根(鹿児島県阿久根市)の豪商。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 千竈(ちかま)
# 鹿児島県の千竈家: 薩摩国川辺郡(鹿児島県枕崎市周辺)を本拠とした。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 東郷(とうごう)
# 鹿児島県の東郷家: 薩摩藩士の出で、東郷平八郎の家。東郷平八郎は「沈黙の提督」と呼ばれたが、実はおしゃべりだったらしい。【家紋:丸に蔦紋
・ 薩摩藩の示現流の兵法家。薩摩の渋谷氏の支流。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 鳥越(とりごえ)
# 鹿児島県の鳥越家: 薩摩国川内(鹿児島県薩摩川内市)の鳥越氏は薩摩国伊佐郡祁答院鳥越をルーツとし、牛屎氏の支流。

■ 中山(なかやま)
# 鹿児島県の中山家: 薩摩国曽於郡志布志湊(鹿児島県志布志市)の豪商で、廻船問屋を営んだ。

■ 南郷(なんごう)
# 鹿児島県の南郷家: 薩摩藩士。伊集院氏の支流で、日置郡南郷(鹿児島県日置市)をルーツとする。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 新納(にいろ)
# 鹿児島県の新納家: 薩摩藩士。大隅国南諸県郡の国人の末裔。日向国児湯郡新納院(宮崎県児湯郡高鍋町)をルーツとし、島津氏の支流。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 二階堂(にかいどう)
# 鹿児島県の二階堂家: 薩摩藩士。鎌倉・室町幕府の官僚の二階堂氏の一族。藤原南家の伊東氏の一族。1249年に二階堂行久が薩摩国阿多郡の地頭となって、後に下向した。
# 鹿児島県の二階堂家: 大隅国肝属郡新富(鹿児島県肝属郡肝付町)の旧家。薩摩藩士の二階堂家の一族。

■ 禰寝(ねじめ)
# 鹿児島県の禰寝家: 古代豪族の建部氏の支流。平安時代末期に大隅半島の南部に勢力をはり、南北朝時代には南朝に属した。この家の本家の戦国時代に島津家に従い、江戸時代には小松氏を称した。たしか、島津藩の重臣に小松帯刀がいたような。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 長谷場(はせば)
# 鹿児島県の長谷場家: 薩摩国長谷場村(鹿児島県鹿児島市)をルーツとする。藤原純友の子孫を称す。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 浜崎(はまさき)
# 鹿児島県の浜崎家: 薩摩国揖宿郡拾弐町村(鹿児島県指宿市)の豪商。鹿児島神宮の神官の出と言われる。

■ 菱刈(ひしかり)
# 鹿児島県の菱刈家: 薩摩藩士。大隅国菱刈郡の国人の末裔。大隅国菱刈郡菱刈郷(鹿児島県伊佐市菱刈)をルーツとする。庶流に、入山氏、馬越氏、曽木氏などがある。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 広田(ひろた)
# 鹿児島県の広田家: 大隅国牛根(鹿児島県垂水市)の旧家で、藤原氏の出という。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 古市(ふるいち)
# 鹿児島県の古市家: 種子島の旧家。清和源氏で出羽国の最上氏の一族という。河内国古市郡をルーツとする。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 本田(ほんだ)
# 鹿児島県の本田家: 薩摩藩士。桓武平氏武蔵国本田郷をルーツとすると言われる。

■ 町田(まちだ)
# 鹿児島県の町田家: 島津氏の庶流で薩摩藩の重臣。薩摩国薩摩郡町田(鹿児島県日置市)をルーツとする。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 松方(まつかた)
# 鹿児島県の松方家: 桓武平氏の河越家の分家。もとは相模国の武士で、鎌倉時代の初めに島津家の家臣となって薩摩国に下向した。

■ 松沢(まつざわ)
# 鹿児島県の松沢家: 大隅国の松沢家は禰寝氏の出。

■ (みなみ)
# 鹿児島県の南家: 奄美大島の名家で藤原氏の出で、山口氏が南氏を称した。 

■ (めぐみ)
# 鹿児島県の恵家: 奄美大島の名瀬の旧家。代々大親役を務めた。【出典:難読・稀少名字大事典 森岡浩編 東京堂出版】

■ 米良(めら)
# 鹿児島県の米良家: 一族は島津家に仕え、江戸時代には薩摩藩士。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 森山(もりやま)
# 鹿児島県の森山家: 薩摩国姶良郡加治木(鹿児島県姶良市加治木町)の旧家で豪商。

■ 山田(やまだ): 鹿児島県の山田家

■ 吉田(よしだ): 鹿児島県の吉田家

■ 留守(るす)
# 鹿児島県の留守家: 大隅国の正八幡宮(鹿児島県霧島市)の社家にも留守家があり、現在も霧島市に留守姓がある。


■ 鹿児島県の地名をルーツとする名字

■ 九州地方の名字の特徴

■ 鹿児島県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示