宮崎県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 宮崎県の県名の由来 ・ 宮崎県の難読地名・珍地名

★ 宮崎県の名字の特徴

# 1位の「黒木」が特徴。全国の数万の黒木姓の半分は宮崎県にいるそうだ。読み方は「くろき」と「くろぎ」がある。
※ 元ロッテのピッチャーの黒木知宏は宮崎県日向市出身。

# 熊本県との境付近に「飯干(いいぼし)」という名字があるが、熊本では「飯星(いいぼし)」と書く。

【宮崎県らしい名字】

# 宮崎県らしい名字: 「黒木」「日高」「児玉」「奈須」「寺原」「串間」「中武(全国の66%)」「押川(全国の55%)」「長友」「岩切」「川越」「椎葉(しいば)」「浜砂」「戸高」「外山(とやま)」「椎葉」「四方(しほう)」「飯干」など。

・ 宮崎県特有の名字集

■ 宮崎県の特徴的名字: 黒木、日高、甲斐、岩切、長友、飯手、財部、椎葉、那須、興梠。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 黒木

■ 2位: 甲斐

■ 3位: 河野

■ 4位: 日高
# 宮崎県の日高家: 天領の日向国諸県郡本庄(宮崎県東諸県郡国富町)の豪商で和泉屋を号す。

■ 5位: 佐藤

■ 6位: 長友

■ 7位: 田中

■ 8位: 児玉

■ 9位: 中村

■ 10位: 山下

■ 11位: 井上

■ 12位: 高橋

■ 13位: 吉田

■ 14位: 谷口

■ 15位: 後藤

■ 16位: 矢野

■ 17位: 山本

■ 18位: 渡辺

■ 19位: 横山

■ 20位: 岩切
# 宮崎県の岩切家: 日向国延岡の旧家。日向国国富荘岩切(宮崎県宮崎市)をルーツとし、古代豪族の日下部氏の子孫。室町時代には土持家に従っていたが、戦国時代に土持家が滅んだのちには帰農した。
# 宮崎県の岩切家: 日向国宮崎郡中村町(宮崎県宮崎市)の豪商で鍋屋を号す。


■ 赤木(あかぎ)
# 宮崎県の赤木家: 日向国児湯郡川北(宮崎県児湯郡都農町)の豊後街道の豪商で万屋を号した。江戸時代後期には本陣を努めた。

■ 伊東(いとう)
# 宮崎県の伊東家: 飫肥藩主。日向の戦国大名の伊東氏の子孫。藤原南家伊豆国田方郡伊東(静岡県伊東市)をルーツとする。1190年に日向国地頭となり移り住んだ。
・ 日向国飫肥藩主。藤原南家の出で、伊豆国伊東(静岡県伊東市)をルーツとする。鎌倉時代の初頭に伊東祐時が日向国に領地を得て転じた。
# 宮崎県の伊東家: 飫肥藩主の一門。伊東左門家。
# 宮崎県の伊東家: 飫肥藩主の一門。

■ 指宿(いぶすき)
# 宮崎県の指宿家: 日向国高岡(宮崎県宮崎市高岡町)の旧家。薩摩国指宿(鹿児島県指宿市)をルーツとし、薩摩平氏の出。【九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小田(おだ)
# 宮崎県の小田家: 日向国延岡城下の豪商で岩見屋を号した。肥前の小田氏の一族。

■ 甲斐(かい)
# 宮崎県の甲斐家: 肥後国の菊池家の分家。鎌倉時代の末期に菊池重村が甲斐国都留郡(山梨県都留市)に住んで、都留氏を称した。後に、日向の土持家に従い、高千穂に領地をもった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 海江田(かいえだ)
# 宮崎県の海江田家: 佐土原藩の重臣。日向国海江田(宮崎県宮崎市)をルーツとする。国富荘の荘官の出で後に島津氏に従い、江戸時代には佐土原藩の重臣。

■ 川崎(かわさき)
# 宮崎県の川崎家: 飫肥藩の重臣。

■ 河野(かわの)
# 宮崎県の河野(かわの)家: 日向国東臼杵郡美々津(宮崎県日向市)の豪商。廻船問屋を営み、河内屋を号す。

■ 黒木(くろき、くろぎ)
# 宮崎県の黒木家: 日向国東臼杵郡門川(宮崎県東臼杵郡門川町)の旧家。

■ 黒水(くろみず)
# 宮崎県の黒水家: 高鍋藩の家老で兵法家。

■ 郡司(ぐんじ)
# 宮崎県の郡司家: 飫肥藩士。日向国那珂郡の国人の末裔。日下部姓。

■ 島津(しまづ)
# 宮崎県の島津家: 佐土原藩主。島津貴久の子の家入が日向国佐土原(宮崎県宮崎市佐土原町)を領して佐土原島津家の祖となった。日向国佐土原藩(2万7千石)の島津家。現在の当主夫人は昭和天皇の子の貴子さん。
# 宮崎県の島津家: 薩摩藩の重臣で都城島津家。

■ 鈴木(すずき): 宮崎県の鈴木家

■ 関本(せきもと)
# 宮崎県の関本家: 日向国東臼杵郡細島湊(宮城県日向市)の豪商で苫屋を号した。長門国の下関の出という。

■ (たに)
# 宮崎県の谷家: 日向国延岡城下(宮崎県延岡市)の豪商で藤屋を号す。近江国の出。

■ 土持(つちもち)
# 宮崎県の土持家: 日向国岩戸村(宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸)の旧家。反正天皇の孫の武城王の子孫と称す。戦国時代には三田井氏に仕え、大友家に滅ぼされ、末期に帰農したという。江戸時代には庄屋を務めた。

■ 内藤(ないとう)
# 宮崎県の内藤家: 延岡藩主藤原北家_秀郷流で、盛俊の時に源頼朝に従い、室町時代には丹波国曽地荘(兵庫県篠山市)の地頭を努めた。応仁年間に三河国に移り住み、後に松平氏に仕え譜代大名となった。

■ 中武
# 宮崎県の中武家: 菊池一族の甲斐家の分家。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 那須(なす)
# 宮崎県の那須家: 日向国臼杵郡椎葉村の旧家。下野国の那須氏の庶流。

■ 橋口(はしぐち)
# 宮崎県の橋口家: 日向国東臼杵郡上別府村(宮崎県日向市)の旧家。

■ 日高(ひだか)
# 宮崎県の日高家: 高鍋藩の儒学者。

■ 二見(ふたみ)
# 宮崎県の二見家: 日向国東諸県郡内山村(宮崎県宮崎市高岡町内山)の薩摩街道にあった関所の定番。永禄年間に伊勢国二見浦(三重県伊勢市)から移り住んだ。

■ 北郷(ほんごう)
# 宮崎県の北郷家: 薩摩藩士。日向国諸県郡の国人の末裔。

■ 真幸(まさき)
# 宮崎県の真幸家: 古代豪族の日下部氏の支流。日向国諸県郡真幸院(宮崎県えびの市)をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 三田井
# 宮崎県の三田井家: 日向国臼杵郡三田井郷(宮崎県高千穂町)をルーツとする。神武天皇の兄の三毛入野命を祖とする古代豪族の高千穂氏の子孫。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 満石(みついし)
# 宮崎県の満石家: 日向国延岡城下の豪商。

■ 米良(めら)
# 宮崎県の米良家: 藤原氏の子孫。日向国米良(宮崎県粟良村)をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
・ 宮崎県の米良家: 交代寄合。日向国児湯郡米良(宮崎県児湯郡西米良村)の国人の末裔。戦国時代には伊東氏に従い、のちに徳川家に仕えた。明治維新後には菊池に復姓し、男爵。

■ 柚木崎(ゆきざき)
# 宮崎県の柚木崎家: 日向国諸県郡柚木崎(宮崎県高岡町)をルーツとする。戦国時代には伊東家の家臣で、のちに島津家に従った。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】


■ 宮崎県の地名をルーツとする名字

■ 九州地方の名字の特徴

■ 宮崎県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示