熊本県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 五木(いつき): 熊本県

■ 一勝地(いっしょうち): 熊本県球磨郡球磨村一勝地
・ 九州山地南部、球磨(くま)川中流に注ぐ鵜川・告川・那良川・中津川・芋川・庄本川沿いの山間部に位置する。地内から縄文時代の遺物が出土する。字柳詰の千代女の墓や茂田の茂田太郎古蹟など、平家の落人伝説に関する伝承が残る。【角川日本地名大辞典】

■ 出田(いでた): 熊本県菊池市出田。出田古城には、出田氏が代々在城したという。

■ 芋生(いもう): 熊本県山鹿市鹿北町芋生。戦国期には芋生氏がいた。

■ 内牧(うちのまき): 熊本県阿蘇市内牧
・ 阿蘇谷の北西部、黒川沿いに位置する。地名は、阿蘇外輪山上のに対し、火口原内にあるであることから、内のと称したという。天正年間頃に阿蘇氏の家臣辺春丹波守が当地に在城したが、島津義久によって滅ぼされたと伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 蔚山(うるさん): 熊本市中央区

■ 画図(えず): 熊本県熊本市(旧画図村)
・ 明治22年〜昭和7年の自治体名。はじめ託麻郡、明治29年からは飽託(ほうたく)郡に所属。江津・下江津・所島・重富・上無田・下無田の6か村が合併して成立。旧村名を継承した6大字を編成。村名は江津湖がこの6か村の北東にあることにちなむ。 【角川日本地名大辞典】
※ 転字かぁ。地名によくある話だが、なんでこの漢字に変えたんだろう?

■ 画図(えず): 熊本県熊本市(旧画図村)
・ 明治22年〜昭和7年の自治体名。はじめ託麻郡、明治29年からは飽託(ほうたく)郡に所属。江津・下江津・所島・重富・上無田・下無田の6か村が合併して成立。旧村名を継承した6大字を編成。村名は江津湖がこの6か村の北東にあることにちなむ。

■ 網田(おうだ): 熊本県宇土市網田町
・ 漁で使用した網を田に干したことに由来するといわれるが未詳。漁で使った網は塩分を含んでいるわけだから、田に干すわけはないと思うのだが。
・ 「おお(大)+「だ(田)」で「大田」のこと。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 尾籠(おごもり): 熊本県阿蘇市一の宮町手野尾籠

 乙姫(おとひめ): 熊本県阿蘇市乙姫
・ 地内の一隅に阿蘇神社の祭神の一柱惟人命の姫若比盗_を祀った乙姫神社があり、地名はこの神社の社名にちなむという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 歩町(かちちょう): 熊本県熊本市にあった町名
・ 徒町とも書く。旧熊本城下高田原の武家地跡に起立した町。高田原は、加藤清正が城下町建設に際し、城の東に開いた侍屋敷。【角川日本地名大辞典】

■ 辛島(からしま): 熊本県熊本市中央区辛島町。「から」は涸れのことで、干上がった島を意味する。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 九品寺(くほんじ): 熊本県熊本市中央区九品寺
・ 地名は往古九品寺があったことにちなむという。【角川日本地名大辞典】
※ 他にも、和歌山県海南市九品寺、福島県いわき市平九品寺町の地名があり、読みはどちらも「くほんじ」。

■ 神水(くわみず): 熊本県熊本市中央区神水本町
・ 上江津湖の北側に神水泉という湧水があったことに由来する。
・ 神水(くわみず):  熊本県熊本市中央区神水。湧水が多く、「くわみず」とは美しいきれいな水の意で、神聖な水として神水をあてたと伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 甲佐(こうさ): 熊本県上益城郡甲佐町。地名に関しては、古くは高佐と書いたが神功皇后が三韓遠征ののちに甲冑を献納したため甲佐と改めたとする伝承がある。【角川日本地名大辞典】

■ 合志市(こうしし): 熊本県合志市。古代より続いた合志郡に由来。日本書紀に「皮石郡」とあるのがその初見で、平安時代の辞書には合志郡の読みとして「加波志(かはし)」とある。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】

★ 

■ 藻器堀(しょうけぼり): 熊本県熊本市

■ 杉塘(すぎども): 熊本県熊本市中央区段山本町
・ 熊本市電に杉塘駅がある。「塘」とは堤防や土手を意味する。井芹川の堤防に杉の木が植えられていたことに由来すると言われる。

■ 銭塘手永(ぜんどもてなが): 熊本県熊本市南区銭塘町(ぜんどもまち)
・ 江戸期の熊本藩の手永名。飽田(あきた)郡のうち。現在の熊本市南西部・宇土(うと)市北部と富合町の北西の一部にあたる地域。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 滝室坂(たきむろざか): 熊本県阿蘇郡一の宮町坂梨にある坂。旧道はかつての豊後街道の一大難所で、参勤交代の行列や駄馬の往来でにぎわった。坂の上方に阿蘇火砕流堆積物の溶結凝灰岩が柱状節理をなし、雨期には数条の滝が深い谷に落ち、冬期は巨大な氷柱が頭上に迫る。【角川日本地名大辞典】

■ 段山(だにやま): 熊本県熊本市中央区段山本町。
・ 藤崎台地の西端から井芹川畔にかけて続く低い台地に位置する。地名はこの台地を段山と称したことにちなむという。この台地は、明治23年の九州鉄道敷設や昭和10年の熊本市電の段山〜上熊本間敷設の際に削り取られ、地形がわずかに残るところとなったが、さらに昭和30年代に取り除かれて平地となった。なお台地部からは縄文後期の土器が出土する。【角川日本地名大辞典】
・ かつて、この地は小さな丘陵地帯で「だんだん山」と呼ばれていた。

★ 

■ 和水町(なごみまち): 熊本県玉名郡和水町
・ 合併した三加和町と菊水町の字をとった。【なるほど日本 地名の由来 雑学大辞典 ISM Publishing Lab./ゴマブックス】

■ 錦町(にしきまち): 熊本県球磨郡
・ 「西(にし)」「一武(いちぶ)」「木上(きのうえ)」の三か村が合併するときの、それぞれの頭文字をとり佳字の「錦」をあてた。「にいき」から「にしき」。

★ 

■ 八景水谷(はけのみや): 熊本県熊本市北区八景水谷

■ 土鹿野(はしかの):  熊本県熊本市南区城南町鰐瀬土鹿野
川の端の原野に由来すると言われるが、「土師氏」と書いて「はじし」というから、なんとなく「土」を「はじ(はし)」と読めなくも無い。

■ 羽根木(はねき): 熊本県菊池市七城町砂田羽根木
・ 地名に関しては、洪水調節用の刎木によるとする説や、粘土質の土地の意に結びつける説があるが、未詳。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 三角(みすみ): 熊本県宇城市三角町

■ 樅木(もみぎ): 熊本県八代市泉町樅木
・  地名の由来は、樅の木の群生があったことによると伝える。延長元年菅原道真の次男菅千代丸が左座次郎と改名、当地を支配したという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 夜間(やけ): 熊本県菊池市
家を意味する「宅(やけ)」に由来するともいわれる。

■ 八代(やつしろ): 熊本県八代市。「やつ」は「湿地」を意味し、「しろ」は「稲」を意味する。

★ 

■ 

★ 

■ 隈府(わいふ):  熊本県菊池市隈府

■ 上生城(わぶじょう): 熊本県合志市(こうしし)上生城(わぶじょう)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示