熊本県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 熊本県の県名の由来 ・ 熊本県の難読地名・珍地名

★ 熊本県の名字の特徴

# 熊本と言えば、熊本藩主の末裔細川護煕元総理の細川が有名。もっともルーツは愛知県。

# 県北には九州を代表する「菊池」氏がおり、一族には「赤星」「天草」「山鹿」「米良」などがある。

# 熊本県では「小山」は「おやま」、「上村」は「うえむら」と読む。

# 阿蘇神社の神官の阿蘇氏は神武天皇の子の神八井耳命(かんやいみみのみこと)と言われている。

# 阿蘇地方には「井(い)」という名字が多い。これは表記も読みも一字という珍しいもの。他には「紀(き)」など20種類があるそうです。

【熊本県らしい名字】

# 熊本らしい名字として、「犬童」「田上(たのうえ)」「林田」「園田」「徳永」「緒方」「古閑(こが)」「赤星」がある。
※ 園田: 内閣官房長官を務めた園田直は熊本県天草の出身。
※ 徳永: 歌手の徳永英明は、熊本では無いが熊本に近い福岡県柳川市出身。

・ 熊本県特有の名字集

■ 熊本県の特徴的名字: 緒方、赤星、牛島、北里、吉永、園田、清田、徳富、隈部、古閑。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 田中

■ 2位: 中村

■ 3位: 松本

■ 4位: 村上

■ 5位: 坂本

■ 6位: 山本

■ 7位: 山下

■ 8位: 渡辺

■ 9位: 前田

■ 10位: 吉田(よしだ): 熊本県の吉田家

■ 11位: 本田

■ 12位: 緒方
# 熊本県の緒方家: 肥後国八代郡五家荘(熊本県八代市)の旧家。平家の落人で平清盛の孫の清経の末裔と言われる。

■ 13位: 佐藤

■ 14位: 宮本

■ 15位: 宮崎

■ 16位: 山口

■ 17位: 井上

■ 18位: 上田(うえだ、うえた、こうだ): 熊本県の上田家

■ 19位: 池田

■ 20位: 橋本


■ 上野(あがの): 熊本県の上野(あがの)家

■ 阿蘇(あそ)
# 熊本県の阿蘇家: 阿蘇神社の大宮司を務めた古代豪族。神武天皇の孫にあたる健磐龍命(たけいわたつのみこと)の子孫と称す。平安時代の後期に、武士となり肥後国の北部に勢力をはった。その後、南北朝時代に一族が南朝と北朝にわかれて内紛をおこし衰退した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 有吉(ありよし)
# 熊本県の有吉家: 熊本藩の家老で、宇多源氏の佐々木氏の出を称す。戦国時代には丹波国の土豪だったが細川家に仕え、有吉氏を称した。

■ 石本(いしもと)
# 熊本県の石本家: 肥後国天草御領(熊本県天草市)の豪商。初代は長崎から転じ、のちに松坂屋を号した。

■ 岩間(いわま)
# 熊本県の岩間家: 熊本藩の重臣で、甲斐の武田信玄の子孫という。

■ 牛嶋(うしじま)
# 熊本県の牛嶋家: 肥後国八代郡吉野郷(熊本県八代市)の菓子商で吉野屋を号した。

■ 江藤(えとう)
# 熊本県の江藤家: 肥後国合志郡陣内村(熊本県菊池郡大津町陣内)の旧家で大地主。豊後国の出で、大友氏に従っていたが、関ヶ原の戦いののちに肥後国に転じて陣内村で帰農した。

■ 大木(おおき)
# 熊本県の大木家: 熊本藩の重臣。戦国時代には、伊勢で織田信長に敗れ、佐々成政に仕え佐々家の肥後への下向に従い、佐々家が滅んだ後には加藤清正に仕え、加藤家が改易後には細川家に仕えた。

■ 太田(おおた): 熊本県の太田家

■ 小笠原(おがさわら)
# 熊本県の小笠原家: 熊本藩の家老。清和源氏信濃国の小笠原氏の一族。

■ 狩野(かのう)
# 熊本県の狩野(かのう)家: 絵師で肥後の狩野家。祖の三輪丹波守は丹波国の窪田城主だったが、明智光秀に敗れ、子の善助は細川忠興に仕え窪田五助と称した。その子孫が京の狩野派に学び絵師となり狩野氏を称した。

■ 神吉(かみよし)
# 熊本県の神吉家: 熊本藩の金工家。

■ 河尻(かわじり)
# 熊本県の河尻家: 肥後国飽田郡河尻荘(熊本県熊本市)をルーツとする。鎌倉時代に河尻荘の地頭となり下向した。醍醐天皇の子孫の醍醐源氏を称す。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 菊池(きくち)
# 熊本県の菊池家: 藤原北家で、藤原道長の甥の藤原隆家の子孫という。平安時代末期から肥後国に勢力を張ったが、戦国時代に大友家に滅ぼされた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 北里(きたざと)
# 熊本県の北里家: 肥後国阿蘇郡の旧家。肥後国阿蘇郡小国郷北里(熊本県阿蘇郡小国町北里)をルーツとし、清和源氏の出を称す。

■ 木原(きはら)
# 熊本県の木原家: 平安時代後期に肥後国の中部に勢力を張った。鎌倉時代後半に河尻家の圧力をうけて衰退した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 木村(きむら): 熊本県の木村家

■ 朽木(くつき)
# 熊本県の朽木家: 熊本藩の重臣。

■ 合志
# 熊本県の合志家: 宇多源氏の佐々木氏の支流。南北朝時代に合志長綱が肥後国に下向した。戦国時代に島津家に敗れて没落した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 米田(こめだ)
# 熊本藩の米田家: 熊本藩の家老。近江国滋賀郡坂本(滋賀県大津市坂本)の土豪の出で、大和国の越智氏の一族という。足利氏、そして細川氏に仕えた。明治維新後は、大正時代に子爵。

■ 西郷(さいごう)
# 熊本県の西郷家: 菊池氏の支流。

■ 佐方(さかた)
# 熊本県の佐方家: 熊本藩の分家の宇土藩の家老で清和源氏満快流で、もとは泉氏を称した。承久の乱後に出雲国飯石郡三刀屋郷(島根県雲南市)の地頭となった。南北朝時代には北朝に属し、足利義満の名で佐方と改姓した。後に、細川氏に仕えた。【出典:難読・稀少名字大事典 森岡浩編 東京堂出版】

■ 相良(さがら)
# 熊本県の相良家: 人吉藩主藤原南家の出で、遠江国佐野郡相良荘(静岡県牧之原市)をルーツとする。源頼朝に仕え、肥後国に領地を賜り、肥後国南部に勢力を張った。明治維新後には子爵。

■ 桜間(さくらま)
# 熊本県の桜間家: 熊本藩の能楽師。

■ 沢村(さわむら)
# 熊本県の沢村家: 熊本藩の家老。清和源氏の桃井氏の出を称す。

■ 高瀬(たかせ)
# 熊本県の高瀬家: 肥後国玉名郡高瀬(熊本県玉名市)をルーツとし、菊池家の分家。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 田代(たしろ)
# 熊本県の田代家: 人吉藩の重臣。もとは、阿蘇氏の家臣だが、江戸時代の初頭に相良家に仕えた。

■ 長岡(ながおか)
# 熊本県の長岡家: 熊本藩主の分家。喜連川藩の養子となった細川護美が1858年に実家に戻り、長岡氏を称した。

■ 仲村(なかむら)
# 熊本県の仲村家: 熊本藩の能役者。

■ 那須(なす)
# 熊本県の那須家: 人吉藩の家老で日向の那須氏の一族と言われる。

■ 沼田(ぬまた)
# 熊本県の沼田家: 熊本藩の重臣。藤原北家秀郷流。 

■ 春田(はるた)
# 熊本県の春田家: 熊本藩の甲冑師。もとは木村姓で豊臣秀長に仕えたが、秀長の死後に浪人。その後、大和国の甲冑師の春田家で学び、細川家に仕え肥後の春田家の粗となる。

■ 古市(ふるいち)
# 熊本県の古市家: 熊本藩の茶頭。

■ 細川(ほそかわ)
# 熊本県の細川家: 熊本藩主清和源氏の出で、和泉国守護の細川家の支流。【家紋:細川九曜】明治維新後には侯爵。
# 熊本県の細川家: 高瀬藩主。熊本藩主の光尚の二男の利重が1666年に肥後国玉名郡高瀬3万5千石を分知され立藩。
# 熊本県の細川家: 宇土藩主。細川忠興の四男の立孝の子孫が長岡家を称し、江戸時代には熊本藩の家老を務め、明治後細川姓に戻した。
# 熊本県の細川家: 熊本藩の家老。細川刑部家。熊本藩主の忠利の弟の興孝が1646年に2万5千石。後に長岡姓に改称して熊本藩の家老1万石。明治後細川姓に戻した。

■ (ほり)
# 熊本県の堀家: 熊本藩の重臣で、嵯峨源氏の出。祖の堀勝好は越前の出で江戸時代初期に細川家に仕えた。 

■ 松井(まつい): 熊本県の松井家

■ 御船(みふね)
# 熊本県の御船家: 阿蘇家の分家。肥後国益城郡御船(熊本県上益城郡御船町)をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 藪(やぶ)
# 熊本県の藪家: 熊本藩の重臣。山城国紀伊郡伏見藪ヶ里(京都府京都市伏見区)をルーツとし、藤原氏の出。

■ 山隈(やまくま)
# 熊本県の山隈家: 肥後国合志郡竹迫(熊本県合志市竹迫)の旧家。


■ 熊本県の地名をルーツとする名字

■ 九州地方の名字の特徴

■ 熊本県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示