長崎県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 洗切町(あらいきりまち): 長崎県島原市洗切町
・ 洗切という地名は、当地に2本の川(金洗川と中野川)が流れており、そのうちの1本の川が大雨のたびに氾濫を起こし、他方の川に向かって土地を洗い切るような形で流れたところからつけられたという伝承がある。【角川日本地名大辞典】
・ 長崎県西彼杵郡長与町平木場郷洗切、熊本県水俣市洗切町、熊本県山鹿市菊鹿町長洗切、熊本県天草市本町本洗切、熊本県上益城郡益城町赤井洗切、鹿児島県出水市高尾野町下水流洗切。

■ 諫早(いさはや): 長崎県諫早市

■ 現川(うつつがわ): 長崎県長崎市現川町
・ 地名の由来は、細長い地形を流れる川の意ともいう。【角川日本地名大辞典】
・ 川が浸食した深い川谷。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 小値賀(おぢか): 長崎県北松浦郡小値賀町
・ 小近島とも書いた。古代・中世初期における五島列島の東半分を指す広域称。ただし、その後時代を経るに従ってその範囲が狭小化し、現在は五島列島の北東部の一島を指す称となっている。【角川日本地名大辞典】

■ 御手水(おちょうず): 長崎県諫早市御手水町。長崎県島原市御手水町。

★ 

■ 隠居岳(かくいだけ): 長崎県
・ 西ノ岳、「にしんたけ」とも呼ぶ。佐世保市の東部、早岐地区の北部に位置する山。山名は平家の落人が隠れ住んだとの伝説に由来する。【角川日本地名大辞典】

■ 喜々津(ききつ): 長崎県諫早市
・ 地名は古く木々津であったが、諫早(いさはや)初代領主竜造寺家晴が豊臣秀吉の朝鮮出兵に従軍のさい、恵方により当地で首途を行い、のち無事当地に帰着したので喜々津に改めたという。【角川日本地名大辞典】

■ 岐宿(きしく): 長崎県五島市岐宿町岐宿
・ 地名の由来は、古く鬼と称された豪族が居住したことから鬼宿と称したと思われ、江戸末期の大火災を機に鬼の字を岐にかえたとの説もある。【角川日本地名大辞典】

■ 崩山(くえやま): 長崎県島原市崩山町
・ 地名の由来は、寛政4年の「島原大変」による眉山崩壊で全地域が埋まったことによる。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 佐々(さざ): 長崎県北松浦郡佐々町
・ 「さ」とは「狭」を意味する。
・  地名の由来は、佐々川によるものと思われるが不詳。【角川日本地名大辞典】
・ 「さざ(水音)」。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 佐世保(させぼ): 長崎県佐世保市
・ 「サセブ」と呼ばれる木が繁茂していたことに由来する。またアイヌ語の「サ・セブ(広い谷)」に由来するという説もある。
※ いつも思うのだが、北日本はともかくこういった西日本の地の地名の由来をアイヌ語に求めていいのだろうか?縄文語に由来するなら理解できるが。
# 佐世保(させぼ): 長崎県佐世保市
・ 「させほ」か「させぼ」か定説は無いが、佐世保市役所は「させぼ(濁音)」で統一。
・ 佐世保には「サセブ」と呼ばれる木が繁茂していたから。
・ 佐世保は「佐世」と「保」の結合地名で、佐世保の「世」は古訓で「シ」である。佐世は「サシ」で「瀬」をさし、「サシ」から「サセ」に転訛したもの。「保」は地団が地名化したもの。
・ 大宝令で「五家を以て保となす」と定めた当時、ここらあたりに、5、6軒の家があったので、近くの佐世の名をつけて「佐世保」となった。
・ アイヌ語で「サ」は広いという意味、「セブ」は谷という意味で「サセブ」から「サセボ」に転訛したもの。
・ 神功皇后の三韓征伐のとき、途中で風のために船の帆が裂けたので修理のため佐世保港に寄られた。それが「サケホ」と呼ぶようになり、それが「サセボ」に転訛した。
【佐世保市のサイトより】

■ 白南風(しらはえ): 長崎県佐世保市白南風町(しらはえちょう)
・ 現在は三浦町である旧字白波江が町名の由来である。【角川日本地名大辞典】

■ 佐世保(させぼ): 長崎県佐世保市

■ 銭座町(ぜんざまち): 長崎県長崎市銭座町
・ 銭貨の鋳造所があったことに由来する。
・ 町名は寛保3年から3年間設置された馬込銭座に由来する。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 大左右触(たいそうふれ): 長崎県壱岐市

■ 大分(だいぶ): 長崎県
・ 地名の由来は、神功皇后が当地で鎮西の政道を定め、陪従の士卒を所々に分けて遣わしたという伝説によるという。【角川日本地名大辞典】

■ 多比良町(たいらまち): 長崎県雲仙市国見町多比良
・ タタラ製鉄に由来する。
・ 多比良(たいら): 地名の由来は平らな地形からきたものか。地内尾崎付近に多量のカナクソや鞴の羽口が散布し、大規模なタタラ製鉄の存在が推測されることから、一説にはタタラが転訛したものともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 調川(つきのかわ): 長崎県松浦市調川町

★ 

■ 滑石(なめし): 長崎県長崎市

■ 似首(にたくび): 長崎県南松浦郡新上五島町似首郷

★ 

■ 早岐(はいき): 長崎県佐世保市早岐
・ 速来とも書く。早岐の地名は「肥前国風土記」に「此門之潮来者 東潮落者西涌登 涌響同雷響 因曰速来門」とあり、潮が速く流れることから速来といわれ、これが早岐の地名となったという。早岐神社の鳥居は速来宮となっている。【角川日本地名大辞典】
・ 「はい(速)」+「き(来)」+「の(之)」+「と(門)」。大村湾に流入する潮の流れが速い瀬戸。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 箱崎(はこざき): 長崎県壱岐市芦辺町箱崎
・ 筥崎とも書いた。壱岐島の北東部に位置し、北・東は玄界灘に面する。地名は筑前国より勧請した筥崎八幡に由来する。【角川日本地名大辞典】

■ 比田勝(ひたかつ): 長崎県対馬市上対馬町比田勝
・ 地名の由来について「津島紀事」は、「比田勝〈飛多佳津〉、旧号比多方、万葉集所謂比田方是也、按比田潟之訛呼」としている。これは「万葉集」巻14に見える「比多潟の磯の若布の立ち乱え吾をか待つなも昨夜も今夜も」とある比田潟に比定したもので、この見解は以前からあった。なお、中世には比田勝と古里の間に南護志という集落があり、「海東諸国紀」には「郎加古時浦〈三十余戸〉」とあるが、近世に廃村となり、その場所は現在港として開発されたあたりの山手である。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 松浦(まつうら): 長崎県
長崎県松浦は「松浦」という名字の由来にもなった地だが、松原の続く美しい海岸が続く事に由来する。
「魏志倭人伝」によると、邪馬台国の卑弥呼がいた三世紀の松浦に、「末盧国(まつろこく)」があったとされる。
・ 魏志倭人伝の「末廬国」といわれる。神功皇后が願い鮎を釣り「めづらし」と言ったことによる、松の生えた浦、曲がった湾のあるところなど諸説あるが、白砂青松の浦(浜)と思われる。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 女の都(めのと): 長崎県長崎市

★ 

■ 

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示