長崎県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 長崎県の県名の由来 ・ 長崎県の難読地名・珍地名

★ 長崎県の名字の特徴

# 佐賀県と似ている。

# 対馬で一番多い名字は「阿比留(あびる)」で対馬以外にはほとんどいない。しかし、ルーツは上総国畔蒜(千葉県袖ヶ浦市)」で、平安初期に対馬に移住し土着した。

# 阿比留一族の後に対馬で勢力を誇ったのは宗氏で平清盛の孫の知宗の子孫と称しているそうだが、「惟宗氏」の出と言われる。

# 五島列島には宇久党という水軍がいたが、清和源氏武田氏末裔と言われ、平安時代に宇久島を領したのに由来する。

【長崎県らしい名字】

# 長崎らしい名字としては、「林田」「平永」「岩永」「馬場」「本多」「高比良」「糸瀬」「小嶺」「阿比留」などがある。

・ 長崎県特有の名字集

■ 長崎県の特徴的名字: 松浦、岩永、池永、深掘、林田、渋江、永淵、藤浦、今福、長嶺。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 山口

■ 2位: 田中

■ 3位: 中村

■ 4位: 松尾
# 長崎県の松尾家: 肥前国平戸城下の菓子の老舗で蔦屋を号した。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 長崎県の松尾家: 福江藩の家老。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 5位: 松本

■ 6位: 山下

■ 7位: 吉田

■ 8位: 
# 長崎県の森家: 肥前国諫早(長崎県諫早市)の菓子の老舗。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 9位: 山本

■ 10位: 前田

■ 11位: 山田

■ 12位: 宮崎

■ 13位: 山崎

■ 14位: 福田
# 長崎県の福田家: 大村藩の家老。肥前国彼杵郡福田(長崎県長崎市)をルーツとし、桓武平氏の出。1186年に平兼定が彼杵荘の地頭になって下向し、その弟の包信が福田氏を称した。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 長崎県の福田家: 長崎の町年寄。もとは肥後国の浪人。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 15位: 池田

■ 16位: 林田

■ 17位: 岩永
# 長崎県の岩永家: 藤原家の子孫を称する小大名。

■ 18位: 佐藤

■ 19位: 中島

■ 20位: 荒木


■ 青方(あおかた)
# 長崎県の青方家: 福江藩の家老を務めた。肥前国松浦郡宇野御厨中通島青方(長崎県南松浦郡新上五島町青方郷)をルーツとし、藤原北家の出。藤原尋覚が小値賀島の地頭となって、二男の家高が青方に住んで青方氏を称した。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 青木(あおき)
# 長崎県の青木家: 長崎市の諏訪神社の神官。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 浅山(あさやま)
# 長崎県の浅山家: 平戸藩の重臣。大村藩主の大村家の一族で、藩主に知行地を召し上げられて平戸藩に仕えた。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 足立(あだち)
# 長崎県の足立家: 長崎にあった豪商で、会津藩の御用達を務めた。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 有馬(ありま)
# 長崎県の有馬家: 肥前国高来郡有間荘(長崎県南島原市)をルーツとする。藤原北家秀郷流。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 伊東(いとう)
# 長崎県の伊東家: 長崎街道の松原宿(長崎県大村市)の旧家。工藤祐経が肥前国松原村を与えられた際に、代官として下向した。
# 長崎県の伊東家: 長崎の旧家。藤原南家の伊東氏の一族。

■ 宇久(うく)
# 長崎県の宇久家: 室町時代に五島列島の宇久島を支配した。清和源氏の出の武田家の分家を称す。宇久純玄が豊臣秀吉に従い、のちに五島を称す。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 扇(おうぎ)
# 長崎県の扇家: 対馬の阿比留氏の支流。

■ 大村(おおむら)
# 長崎県の大村家: 大村藩主。平忠澄が1186年に源頼朝から藤津・彼杵二郡の地頭に任ぜられた。南北朝時代には菊池氏に組して南朝に属し、戦国時代には大名、江戸時代には大村藩主。明治維新後には伯爵。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小倉(おぐら)
# 長崎県の小倉家: 平戸藩の家老。山城国の出で、福山藩主の水野家についで、平戸藩主の松浦家に仕えた。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小田(おだ)
# 長崎県の小田家: 肥前国松浦郡小値賀島(長崎県北松浦郡小値賀町)の旧家。江戸時代に壱岐島から転じた。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 隈(くま)
# 長崎県の隈家: 大村藩の家老で、同じく家老の福田家の一族。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小曽根(こぞね)
# 長崎県の小曽根家: 豪商。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 後庁(ごちょう)
# 長野県の後庁家: 信濃国後庁(長野県長野市)をルーツとする。清和源氏の出で、木曽義仲に従った。

■ 後藤(ごとう)
# 長崎県の後藤家: 長崎の町年寄。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 五島(ごとう)
# 長崎県の五島家: 五島列島の福江藩主。宇久氏の出。明治維新後には子爵。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 長崎県の五島家: 交代寄合で富江五島家。福江藩主の五島家の分家。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 西郷(さいごう)
# 長崎県の西郷家: 平戸藩士。肥前国高来郡の戦国大名の末裔。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 志佐(しさ)
# 長崎県の志佐家: 平戸藩の重臣。松浦党ので出。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 志自岐(しじき)
# 長崎県の志自岐家: 平戸藩の重臣。志自岐(長崎県平戸市)をルーツとする。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 白浜(しらはま)
# 長崎県の白浜家: 福江藩の重臣。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】
# 長崎県の白浜家: 江戸時代後期の、長崎江戸町の乙名職。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 末次(すえつぐ)
# 長崎県の末次家: 江戸時代に長崎代官を務めた。豪商でもあった。

■ (そう)
# 長崎県の宗家: 対馬藩主。桓武平氏の出を称すが、対馬の在庁官人の惟宗氏の出という。鎌倉時代に少弐氏の命で対馬の在庁官人の阿比留氏を滅ぼし、対馬の守護代となった。室町時代に対馬国の守護となった。

■ 高島(たかしま)
# 長崎県の高島家: 長崎の町年寄。初代は肥前国藤津郡の出身。砲術家の高島秋帆はこの家系。

■ 種村(たねむら)
# 長崎県の種村家: 平戸藩の家老。近江国の出という。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 殿村(とのむら)
# 長崎県の殿村家: 長崎のカステラの老舗。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 戸町(とまち)
# 長崎県の戸町家: 肥前国彼杵郡彼杵荘(長崎県長崎市周辺)をルーツとする。鎌倉時代には御家人だったが、のちに衰退した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 長崎(ながさき)
# 長崎県の長崎家: 大村藩士。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 中山(なかやま)
# 長崎県の中山家: 肥前国の島原城下の豪商で三好屋を号した。

■ 長与(ながよ)
# 長崎県の長与家: 大村藩の藩医。肥前国彼杵郡長与郷(長崎県西彼杵郡長与町)をルーツとする。明治時代には男爵。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 仁位(にい)
# 長崎県の仁位家: 対馬の仁位村(長崎県対馬市)をルーツとする。室町時代には宗家のもとで、対馬の守護代をつとめた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 野母(のも)
# 長崎県の野母家: 肥前国彼杵郡野母(長崎県長崎市)をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 波多(はた)
# 長崎県の波多家: 嵯峨源氏の出で、松浦党の一員。室町時代以降に壱岐国を支配したが、戦国時代には龍造寺家に従った。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 針尾(はりお)
# 長崎県の針尾家: 大村藩の家老。武蔵七党の児玉党の出で、鎌倉時代に肥前国彼杵郡針尾島(長崎県佐世保市針尾)の地頭を努めた。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 久松(ひさまつ)
# 長崎県の久松家: 長崎の町年寄。肥前国大村の出。

■ 平田(ひらた)
# 長崎県の平田家: 対馬藩の家老。

■ 深沢・深澤(ふかざわ)
# 長崎県の深沢家: 肥前国大村(長崎県大村市)の旧家。長崎街道の大村宿の本陣や捕鯨にたずさわった。

■ 益冨(ますとみ)
# 長崎県の益冨家: 肥前国生月島(長崎県平戸市)で畳屋を号した捕鯨組の組主。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 松浦(まつうら)
# 長崎県の松浦(まつら)家: 平戸藩主嵯峨源氏の出で、中世の水軍の松浦党。【家紋:平戸梶】明治維新には伯爵。
・ 嵯峨源氏の渡辺氏の出。肥前国に転じ、多くの分家を出し、平安時代の末期に松浦党を組織した。松浦隆信は庶流の出だが、嫡流を廃し戦国大名となる。のちに、豊臣秀吉に従い、江戸時代には平戸藩主。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 長崎県の松浦(まつら)家: 平戸新田藩主。

■ 松尾(まつお)
# 長崎県の松尾家: 肥前国平戸城下の菓子の老舗で蔦屋を号した。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 長崎県の松尾家: 福江藩の家老。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ (もり)
# 長崎県の森家: 肥前国諫早の菓子の老舗。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 薬師寺(やくしじ)
# 長崎県の薬師寺家: 長崎の町年寄。戦国時代には豊前の大友家の家臣。

■ 山鹿(やまが)
# 長崎県の山鹿家: 平戸藩士。

■ 吉雄(よしお)
# 長崎県の吉雄家: オランダ通詞。


■ 長崎県の地名をルーツとする名字

■ 九州地方の名字の特徴

■ 長崎県の名字の読みの特徴

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示