佐賀県
参考資料・文献 利用上の注意
都道府県名の由来Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 佐賀県の名字の特徴 ・ 佐賀県の代表家紋 ・ 佐賀県の地名集

# 旧肥前国の東部。

# 佐賀県: 水辺の砂州を意味する「スカ」が「サガ」に訛った。
・ 他に「栄える」、「坂」、「狭処(さか)」など諸説ある。大和尊命の熊襲征伐の伝説では「楠木が沢山生えているので栄(さかえ)の国にせよ」といったとか。
・ 肥前風土記によると、「楠の大木が茂り栄える佐賀の地を『栄の郡』と呼んだ」ことに由来する。

# 肥前国風土記によると、この地には楠が茂っており、それをみた日本武尊が、「この国の栄の国と命名せよ」と言ったという。そして、「栄の国」が「佐賀」となったという。【なるほど日本 地名の由来 雑学大辞典 ISM Publishing Lab./ゴマブックス】

# 律儀で勤勉だが、控えめで融通性に乏しい。組織を重んじて、上の者をたてるが、がいして新しいものをつくる発想に乏しい。【知っておきたい日本の県民性 武光誠著より】

# 「出身県でわかる人の性格」によると: 「偏屈で融通がきかない 反体制や『出る杭』を嫌う」。「血圧が高くカッとなりやすい」

 PRESIDENTの「県民性の法則」で、人付き合いの達人になる、によると:
男性: 南部の部下は忠誠心は人一倍。上司は努力型で責任感が強い不言実行タイプと頑固。
北部・東部の部下は、ほめられると、その気になる。上司はカツコつけたがるところがあるが、新しい仕事や改革などにも意欲的。
女性: 南部の部下は明るくて何事にも積極的。上司は何事にも一生懸命で姉御肌。
北部・東部の部下は明るく、さっぱりして気の強い性格。上司はキャリアウーマンタイプ。

# 出世・結婚・お金は「県民性」で9割決まる(PRESIDENT+PLUS 2009年12月28日)によると、佐賀県人は「県民みんなで『葉隠』を愛唱。軟弱嫌い、頑固一徹の堅物気質」だそうで、金持ち度は★★。
※ 男性は、口下手で愛情表現がヘタだが意外に情熱的。女性はなよなよした男が大嫌い。
・ 男: リーダーシップ度★★★★、真面目度★★★★、創造性度★★★、恋愛上手度★★。
・ 女: リーダーシップ度★★★、真面目度★★★★、創造性度★★★、恋愛上手度★★★。

# 地方交付税(総務省「平成14年度」データ: 1622億円(依存度66.2%・全国15位)

# 唐津(からつ)=韓津(からつ) → 中国や韓国への港。
# 佐賀は古くは「佐嘉」と書いたのか?
# 松浦: 佐賀県の松浦(まつうら)は「マツラ」だった?「浦」は朝鮮古代語では「ラ」または「ナ」と読み、土地や国を表した。「マツ」はマツ族由来なのか?

# 故郷の味: 

■ Topics

# 081031: 佐賀県内の9月の有効求人倍率は0.62倍。
# 081021: 県バス・タクシー協会: 2009年1月20日から、県内のタクシー約1400台を一斉に全面禁煙。

最終更新日 2016/11/21
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示