福岡県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 赤間(あかま): 福岡県宗像市赤間
・ 古くは赤馬と書いた。地名の由来は、神武天皇が赤馬に乗って現れ人々に従軍を命じたことにちなむという伝説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 飯塚(いいづか): 福岡県飯塚市

■ 櫟野(いちの): 福岡県大牟田市櫟野
・ 櫟は櫪の別名で、櫪の樹林にちなむものと言われる。当地に産する阿蘇凝灰岩は櫟野石と呼ばれ、古くから墓石や石塔類の素材として用いられたため、近年まで石工の里として知られた。【角川日本地名大辞典】

■ 隠居小路(いんきょこうじ): 福岡県柳川市旭町
・ 江戸時代から明治の初頭にかけてみられた小路名。慶安4年8月4日西方寺5代住職慶順は、藩主立花忠茂より隠居の地として鋤崎土居のうちに寺地を給され、浄土真宗本願寺派浄華寺を創建した。以来この小路を隠居小路という。【角川日本地名大辞典】

■ 浮羽(うきは): 福岡県浮羽郡。かつては生葉(いくは)郡と言った。

■ 大城(おおき): 福岡県大野城市

■ 日佐(おさ): 福岡県福岡市

■ 鬼木(おにのき): 福岡県豊前市鬼木

■ 鬼古賀(おにこが): 福岡県大川市鬼古賀

■ 鬼津(おにづ): 福岡県遠賀郡遠賀町鬼津

■ 鬼童(おんどう): 福岡県柳川市鬼童町

★ 

■ 香春(かわら):  福岡県田川郡香春町香春
・ 「豊前国風土記」逸文や「万葉集」などにも見える古い地名。【角川日本地名大辞典】
・ 「かわら(訶和羅)」+「だけ(岳)」。香春岳は古代の「鎧(かわら)」の如く険しく、全山石灰岩で堅くそびえ立つ。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 城井(きい): 福岡県みやこ町
・ 英彦(ひこ)山山地から北流する祓川の流域に位置する。城井は紀伊と同じく、「木の国」の「木」を2音にし、それに城井の文字を当てたもの。江戸期には「木井馬場」の村名が生じている。【角川日本地名大辞典】
・ 城井城(きいじょう): 鎌倉時代から戦国時代の山城で、城井の上城・木の江城などともいう。築城郡築城(ついき)町寒田に所在。城井谷渓谷の奥に築かれた宇都宮(城井)氏の城。下野国宇都宮氏の一族で鎌倉御家人の宇都宮信房が、文治元年(一説に建久年間)に豊前城井郷地頭に任ぜられて下向し、この地に城を築いたのに始まると伝える。また別伝では、信房は神楽城(京都(みやこ)郡犀川(さいがわ)町)に入り、数代ののち本庄城、次いで城井谷の谷奥にある大平城へ移り、詰の城として城井城を構え、平時は溝口城を本拠にしたともいう。信房は豊前総地頭となり、一族から国内各荘の地頭になる者が多く、のちには宇佐神領を蚕食するなど、宇都宮氏は約400年にわたり豊前を席巻した。【角川日本地名大辞典】

■ 朽網(くさみ): 福岡県北九州市小倉南区朽網
・ 景行天皇が土蜘蛛討伐の際に、葛の網をしいたところそれが朽ちたことに由来する。
・ 「くさ(臭)」+「み(水)」で、臭みのある水(飲めない水)に由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 「日本書紀」景行天皇12年10月条に「留来田見邑、権興宮室而居之」とあることにより、景行天皇の土蜘蛛討伐の際、葛の網をしき、それが朽ちたことにより朽網の地名がおきたとの土俗伝があるが、これは「万葉集」「夫木抄」などにみられる朽網山とともに豊後直入郡の朽網を指すものであろう。【角川日本地名大辞典】

■ 久留米(くるめ): 福岡県久留米市

■ 古賀(こが): 福岡県古賀市。昔の行政組織の「国衙(こくが)」に由来するといわれる。

★ 

■ 幸神(さいのかみ): 福岡県北九州市

■ 雑餉隈(ざっしょのくま): 福岡県大野城市
・ 太宰府に向かう人たちのための飲食店などが多くならんでいたことに由来する。【47都道府県・地名由来百科 谷川彰英 丸善】
・ 雑餉隈(ざっしょのくま): 福岡県大野城市雑餉隈町。地名の雑餉は雑掌(中世の荘官)のことで、隈は曲り角を指すので、御笠川の蛇行を意味すると思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 早良(さわら): 福岡県福岡市早良区早良。佐原とも書いた。

■ 志賀島(しがのしま): 福岡県。州処(すか)の島に由来する。

■ 志免(しめ): 福岡県糟屋郡志免町
・ 地名の由来は、かつて宇美八幡宮祭礼の際の第一の注連縄を引いた地であるからという。また、神功皇后が宇美の地で応神天皇を出産した際に、注連縄を張ったという伝説に由来するともいう。【角川日本地名大辞典】
・ 「しめる(湿)」と関係し、「湿地」のことか。あるいは、「し(石)」+「め(接尾語)」で、「石の多い所」か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 目尾(しゃかのお): 福岡県飯塚市目尾
・ 昔の役職に由来し「目(さかん)」にちなむ。
・ 地名の由来は、律令の地方官、目(さくわん)(4等官の最下位)の役人が住んだためとする。また、尾は丘陵の意から、役人の下屋敷があったので目の尾と称したともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 新田原(しんでんばる): 福岡県行橋市

★ 

■ 太宰府(だざいふ): 福岡県太宰府市

■ 天神(てんじん): 福岡県福岡市中央区天神 
・ 菅原道真の死後、「天満大自在天神」の神号が与えられた。後に、今泉に「容見(すがたみ)天神」が祀られ、それが地名になった。【福岡 地名の謎と歴史を訪ねて 一坂太郎 ベスト新書】

■ 稲荷(とうか)
・ 稲荷(とうか): 福岡県大牟田市稲荷町(とうかまち)。地内に稲荷神社がある。当地は文明年間農民伝治左衛門による石炭発見という伝承の地で知られる。【角川日本地名大辞典】

■ 徳光(とくみつ): かつて豊前国(福岡県)にあった地名(村名)。得光とも書いた。地名の由来は、紫川支流が合流し水に恵まれた地であるため常水(とこみず)といわれていたが、のち徳光になったという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 南面里(なめり): 福岡県筑紫郡那珂川町南面里
・ 古くは名明利とも書いたという。地名は、西の高台より南に向いている里に由来するという。【角川日本地名大辞典】

■ 直方(のおがた): 福岡県直方市。南北朝時代に菊池武光が筑後川の戦いに際して多賀神社に祈願したら勝ったので、この地を「皇方・王方」と呼んだことから。

■ 野芥(のけ): 福岡県福岡市早良区野芥
・ 「のけ」とは「のげ(崖)」に由来するといわれる。
・ 能解・野介とも書いた。

★ 

■ 博多(はかた): 福岡県福岡市博多区
・ 「国史大辞典」によると、「土地広博、人物衆多」の意味。「土地が羽を延ばしたような地形で、羽形が転じた。」。「筥(はこ)た」で「はこ」は河海に囲まれた島のような場所。「泊潟(はかた)」、つまり船の停泊地。【福岡 地名の謎と歴史を訪ねて 一坂太郎 ベスト新書】
・ 「ハ(端)」+「カタ(海)」で、「海のほとり」のことか。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 波方とも当てるような波(海)のある方という意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 土地が広く、人や物が多く集まるところ。鳥が羽ばたくことから羽形のような地名が変化した。筥多(箱形)から転じた。博多は佳字。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 博多港: 福岡県福岡市。博多津は、かつては「那の津」と言った。奈良時代には「那津」「女+那大津」と書いた。那は奴国の奴(な)のこと。いってみれば、日本の港という意味。

■ 筥崎宮(はこざきぐう): 福岡市東区箱崎にある神社。
・ 箱崎(はこざき): 福岡県福岡市東区箱崎。宇美川下流域および多々良川河口左岸の博多湾沿岸に位置する。その昔箱崎千軒といわれ、対外交易基地として唐人街などもあり、殷賑をきわめた。古くは葦津浦・白良浦・大浦ともいわれた。筥崎宮の西にある箱崎松原は千代松原・十里松原ともいわれて有名であるが、那珂郡に属していた。地名の由来は、筥崎宮の祭神である応神天皇の誕生時、その胞衣を箱に入れて埋めたことから箱崎と称するようになったと伝え、筥崎宮楼門横にそのしるしに植えたという「筥松」が立つ。筥崎宮は延長元年に穂波郡の大分宮から勧請されたものという。【角川日本地名大辞典】
・ その昔箱崎千軒といわれ、対外交易基地として唐人街などもあり、殷賑をきわめた。古くは葦津浦・白良浦・大浦ともいわれた。
地名の由来は、筥崎宮の祭神である応神天皇の誕生時、その胞衣を箱に入れて埋めたことから箱崎と称するようになったと伝え、筥崎宮楼門横にそのしるしに植えたという「筥松」が立つ。筥崎宮は延長元年に穂波郡の大分宮から勧請されたものという。【角川日本地名大辞典】

■ 英彦山(ひこ): 福岡県田川郡添田町、大分県中津市
・ 平安時代末期までは「日子山」とかかれ、嵯峨天皇の勅命で「彦山」となり、1734年に霊元法皇から、「英」の尊号をつけた「英彦山」の額が下賜された。【福岡 地名の謎と歴史を訪ねて 一坂太郎 ベスト新書】

■ 福崎町(ふくさきちょう): 福岡県福岡市
・ 大正時代から昭和にかけて、福岡市内にあった町名。
・ 現在の福岡城趾がある場所は、かつては福崎丘陵(筑前国那珂郡警固村福崎)とよばれた。

■ 糒(ほしい): 福岡県田川市
・ 米を干して保存食にしたもの。
・ 「ほし(干し)」+「い(居)」で、「小高いところにある里」の意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

★ 

■ 三潴(みずま): 福岡県三潴郡
・ 「三潴」「三瀦」どっちだ?どうも、昔は三瀦で今は三潴みたい。三潴、最初は読めなかったんだよなぁ。今も、ふと考えるが。瀦って漢字、豚と猪の合いの子だからイノブタ?でも 豬もイノシシなんだな?

■ 宗像(むなかた)市: 福岡県宗像市
・ 宗像三女神が降臨、鎮座した際の形代に由来する。
・ 同地を東西に貫く釣川沿いが、干潟をなす地形に由来する。
・ 宗像大社は、古代豪族の胸肩君をルーツとする宗像氏が大宮司職を務める。
【福岡 地名の謎と歴史を訪ねて 一坂太郎 ベスト新書】

■ 百道(ももち): 福岡県福岡市早良区百道(ももち)。鎌倉時代に筑前国早良(さわら)郡にみられた地名。当地は、文永の役の際、蒙古軍との激戦地となっている。

★ 

■ 柳川(やながわ): 福岡県柳川市

 八女(やめ): 福岡県八女市

■ 生家(ゆくえ): 福岡県富津市

★ 

■ 

★ 

■ 若松(わかまつ): 福岡県北九州市若松区

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示