福岡県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 福岡県の県名の由来 ・ 福岡県の難読地名・珍地名

★ 福岡県の名字の特徴

# 九州各地からの移住者が多く、名字の分布も福岡らしい名字に加えて、九州各地の名字が見られる。

# 4位の「古賀」は福岡南部から佐賀にかけて多くみられる。

# 14位の「中島」は、全国的には「なかじま」だが九州や山口県では「なかしま」と濁らないことも多い。

# 福岡県発祥の名字として、「麻生」「蒲池」「清末」「草野」「田尻」がある。

# 福岡では「熊谷」を「くまがえ」、「京都」を「みやこ」、「白水」を「しろうず」と読む。

【福岡県らしい名字】

# 福岡らしい名字ととて「石橋」がある。
※ ブリジストンの創業者の石橋正二郎も福岡出身。

# 他に福岡らしい名字として、「許斐」「今村」「香月」「花田」「徳永」「八尋(やひろ)」「安永」「白水(しろうず)」「城戸(きど)」「波多江(はたえ)」「香月(こうげつ)」「(りゅう)」がある。

■ 福岡県の特徴的名字: 古賀、秋吉、大賀、安川、松尾、城戸、香月、白水、権藤、迫水。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 田中

■ 2位: 中村

■ 3位: 井上

■ 4位: 古賀

■ 5位: 山本

■ 6位: 吉田
# 福岡県の吉田家: 福岡藩の重臣。播磨国飾東郡八代村(兵庫県姫路市)の国人で、八代氏を称して、戦国時代には赤松氏に従っていたが、後に黒田家の家臣にとなり黒田如水の勧めで吉田氏に改姓した。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 福岡県の吉田家: 久留米藩の家老。もとは三木別所氏の家臣で、後に有馬氏の家老を務め、有馬氏の久留米入部後に家老となった。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 福岡県の吉田家: 筑後国三潴郡小保村(福岡県大川市)の旧家。

■ 7位: 佐藤

■ 8位: 松尾

■ 9位: 渡辺

■ 10位: 山口

■ 11位: 松本

■ 12位: 山下

■ 13位: 山田

■ 14位: 中島(なかしま)
# 西日本では、「なかしま」読みが多い。
# 福岡県の中島家: 筑前国田川郡添田(福岡県田川郡添田町添田)の豪商で和多屋を号した。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 15位: 伊藤

■ 16位: 

■ 17位: 原田
# 福岡県の原田家: 大蔵氏の支流。御笠郡原田(福岡県筑紫野市)をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 福岡県の原田家: 筑前国原田(福岡県前原市)をルーツとし、藤原純友の末裔と言われる。

■ 18位: 池田

■ 19位: 

■ 20位: 宮崎


■ 赤司(あかし)
# 福岡県の赤司家: 筑後国御井郡の旧家で、筑後国御井郡大城村赤司(福岡県久留米市北野町赤司)をルーツとし、草野氏の出。室町時代には国人、戦国時代には大友氏に従ったが、後に当地から転じた。末裔は安居野村(福岡県久留米市山川安居野}に住んで、江戸時代には大庄屋。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 麻生(あそう)
# 福岡県の麻生家: 福岡藩士で筑前国の国人の末裔筑前国遠賀郡麻生郷(福岡県北九州市戸畑区)をルーツとし、宇都宮氏の支流。鎌倉時代の初めに資時が麻生荘の地頭になり移り住んだ。
・ 麻生家: 麻生太郎。藤原北家の宇都宮氏の支流。遠賀郡麻生(福岡県遠賀郡)に由来する。江戸時代には村の庄屋を務め、明治初期に石炭産業に参入。【家紋:違い釘抜き紋

■ 有馬(ありま)
# 福岡県の有馬家: 筑後国の久留米藩(21万石)主。有馬頼寧は昭和時代に農林大臣をつとめ、日本中央競馬会の理事長も務めた。有馬記念レースはこれに由来する。
・ 久留米藩主の有馬家は赤松氏の一族で、兵庫県の有馬温泉の出。関ヶ原の戦いの後に有馬豊氏は福知山城主、有馬則頼は摂津三田城主。豊氏の子の忠頼は大阪の陣の功により久留米21万石。
・ 村上源氏赤松氏の支流。播磨出身の有馬則頼が豊臣秀吉の近臣として仕え大名となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
・ 久留米藩主。摂津国有馬郡有馬荘(兵庫県神戸市兵庫区)をルーツとし、赤松氏の一族。赤松義祐が有馬荘の地頭となり有馬氏を称した。豊臣秀吉の時代に播磨国三木に転じ、関ヶ原の合戦では有馬則頼が東軍に属し摂津国三田2万石。則頼の子の豊か氏は豊臣秀次の家老の渡瀬家に仕えていたが、渡瀬家が失脚後、遺領の遠江国横須賀3万石を継ぎ、関ヶ原の戦いの後には丹波国福知山6万石に転じ、後に久留米21万石。明治維新後は伯爵。
# 福岡県の有馬家: 久留米藩の家老。もとは梶氏。一度断絶したが、一族が再興し豊前家を称した。

■ 安東(あんどう)
# 福岡県の安東家: 柳河藩の儒学者。藤原北家魚名流で伊豆国安東荘(静岡県)をルーツとする。安東伊賀守が大友氏の豊後国への下向に従って井田郡中野に移り住んだ。

■ 家長(いえなが)
# 福岡県の家長家: 柳河藩の蒲池焼きの窯元。もとは、美濃国の豪族で恵奈氏を称し、菅原道真の八男の兼茂を養子に迎えて菅原氏を称した。室町時代には将軍家に仕え、戦国時代には方載が肥前国に下向し龍造寺氏や鍋島氏に従い、方親の時に家長氏を称した。方親の子の時代に田中吉政に招かれて筑後国に転じ、蒲池焼きの祖となった。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 稲員(いなかず)
# 福岡県の稲員家: 筑後国上妻郡の旧家。筑後国御井郡稲員村(福岡県久留米市北野町稲数)をルーツとする。戦国時代には大友家に従い、江戸時代には大庄屋。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 稲次(いなつぐ)
# 福岡県の稲次家: 久留米藩の家老。丹波国氷上郡葛野村稲次(兵庫県丹波市氷上町)をルーツとする。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岩田(いわた)
# 福岡県の岩田家: 豊前国小倉城下魚町(福岡県北九州市小倉北区)の豪商。豊前の宇都宮氏の支流という。

■ 宇都宮(うつのみや)
# 福岡県の宇都宮家: 宇都宮氏の一族は鎌倉時代に、豊前国城井、福岡県京都郡みやこ町)を領し、戦国時代には大友氏に属した。大友氏が滅んだ後、一部は黒田家に従う事を拒み、領地を没収された。

■ 遠藤(えんどう)
# 福岡県の遠藤家: 筑前国の秋月城下(福岡県朝倉市)の豪商で、甘木屋を号した。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大沢(おおさわ)
# 福岡県の大沢家: 豊前国上毛郡鈴熊村(福岡県築上郡吉富町)の旧家で、代々庄屋を務めた。

■ 大津山(おおつやま)
# 福岡県の大津山家: 柳河藩士。肥後の大津山氏の末裔。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岡崎(おかざき)
# 福岡県の岡崎家: 豊前国京都郡尾倉村(福岡県京都郡苅田町尾倉)の豪農で庄屋を務めた。

■ 小笠原(おがさわら)
# 福岡県の小笠原家: 小倉藩主甲斐国巨摩郡小笠原(山梨県南アルプス市)をルーツとし、清和源氏加賀美氏の出。阿波国守護や信濃の守護を努めた。戦国時代に武田信玄に信濃を追われ織田信長に仕えた。江戸時代には豊前国小倉15万石。
# 福岡県の小笠原家: 小倉新田藩主。小倉藩の小笠原家の分家。

■ 沖(おき)
# 福岡県の沖家: 筑後国下妻郡小田村(福岡県みやま市瀬高町小田)の旧家。戦国時代には大友家に仕え、後に立花氏に仕えた。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 鹿毛(かげ)
# 福岡県の鹿毛家: 筑後国山本郡草野町(福岡県久留米市草野町)の豪商。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 加瀬(かせ)
# 福岡県の加瀬家: 福岡城下の豪商で、加瀬屋と号した。肥前国彼杵の武士の出で、竜造寺家に敗れた後、原田家に仕え、原田家が没落後には早良郡で帰農した。江戸時代中期に福岡に転じ酒造業を始めた。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 香月(かつき)
# 福岡県の香月家: 筑前国遠賀郡の旧家。日本武尊の熊襲征伐に功を成した小狭田彦が香月君と称したのに始まる。筑前国遠賀郡香月荘(福岡県北九州市八幡西区)をルーツとする。平安時代末期には平氏に従い、戦国時代には豊臣秀吉の九州攻めを機に帰農した。江戸時代には福岡藩の大庄屋。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ (きし)
# 福岡県の岸家: 久留米藩の家老。初代の平兵衛は関ヶ原の戦いの後有馬家に仕えて久留米藩の家老になった。

■ 熊谷(くまがえ)
# 福岡県の熊谷(くまがえ)家: 筑前国上座郡星丸村(福岡県朝倉市)の旧家。

■ 黒田(くろだ)
# 福岡県の黒田家: 福岡藩主宇多源氏佐々木氏の支流で近江国の黒田氏の高政が、備前国邑久郡福岡(岡山県瀬戸内市長船町福岡)に移り住んだのが祖と言われるが未詳。豊臣秀吉のもとで織田信長に仕え、秀吉の九州平定後に豊前中津12万石。江戸時代には筑前福岡52万石。【家紋:黒餅】明治維新には侯爵。
# 福岡県の黒田家: 秋月藩主。福岡藩の黒田家の分家。
# 福岡県の黒田家: 福岡藩の重臣で黒田兵庫助家。黒田官兵衛(如水)の弟の兵庫助利高を祖とする。
# 福岡県の黒田家: 福岡藩の重臣で黒田修理亮家。黒田官兵衛(如水)の異母弟の利則を祖とする。
# 福岡県の黒田家: 福岡藩の家老で三奈木黒田家。藤原北家の加藤氏の出で、摂津国の伊丹市の一族。摂津国の荒木村重に仕えていたが、城内に捕らえられていた黒田官兵衛の脱出に功を成し、子が黒田家に仕えて黒田姓を称した。

■ 毛屋(けや)
# 福岡県の毛屋家: 福岡藩士。もとは近江国神埼郡で田原氏を称していた。田原金十郎が柴田勝家に仕え、越前国毛屋畠の一揆を鎮圧した際に、勝家から毛屋主水正を名乗るように命じられた。その後、池田家、佐々家を経て黒田家に仕え、江戸時代には福岡藩士。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小今井(こいまい)
# 福岡県の小今井家: 豊前国上毛郡宇島(福岡県豊前市)の豪商。もとは、豊前国小祝浦で亀安と称して漁業を営んでいたが、米穀の売買を始め、宇島に転じた。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 五条(ごじょう)
# 福岡県の五条家: 筑後国の五条氏の末裔で清原姓。延元年間に筑前国に下向、戦国時代には菊池氏や大友氏に仕えた。後に矢部氏と改姓し柳河藩士。後に五条氏に復姓。

■ 三枝(さえぐさ、さいぐさ、みえだ)
# 福岡県の三枝(さえぐさ)家: 筑後国久留米城下の豪商で松屋を号して廻船問屋を営んだ。
※ 久留米って内陸にあるが、それでも廻船問屋なんだねぇ。

■ 渋田見(しぶたみ)
# 福岡県の渋田見家: 小倉藩の家老。信濃国安曇郡渋田見郷(長野県北安曇郡池田町)をルーツとする。南北朝時代に小笠原家に従い、江戸時代には小倉藩の家老。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 島村(しまむら)
# 福岡県の島村家: 小倉藩の重臣。小笠原氏が小倉に来た後に召し抱えられた。

■ 少弐(しょうに)
# 福岡県の少弐家: 藤原北家秀郷流。武藤資頼が太宰少弐(大宰府の次官)となって筑前国に下向した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 瀬戸(せと)
# 福岡県の瀬戸家: 博多の豪商で釜屋を号した。相模国鎌倉の出で、戦国時代に筑前国に下った。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 高千穂(たかちほ)
# 福岡県の高千穂家: 英彦山天台修験座主。後伏見天皇の子の長助法親王の子孫。明治2年に賜った姓。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 高取(たかとり)
# 福岡県の高取家: 筑前国上座郡小石原村(福岡県朝倉郡東峰村小石原)の高取焼の陶工。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 高橋(たかはし)
# 福岡県の高橋家: 中流貴族の大蔵氏の支流。筑後国の国司となり筑後国で勢力をもったが、戦国時代には大友家の家臣となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 竹森(たけのもり)
# 福岡県の竹森家: 福岡藩の重臣。清原武則の末裔と言われる。戦国時代には播磨国加古郡大野(兵庫県加古川市)の日岡神社の宮司を務め、猪上氏を称した。その後、黒田如水に仕え、竹森氏を称した。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 立花(たちばな)
# 福岡県の立花家: 柳河藩主。藤原北家の秀郷流で宗像郡立花をルーツとする。戦国時代には大友家に従い、大友家が衰退したのちには豊臣秀吉に仕え大名となった。明治維新後は伯爵。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 福岡県の立花家: 三池藩主。柳河の立花氏の分家。明治維新後は子爵。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 福岡県の立花家: 福岡藩の家老。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 田尻(たじり)
# 福岡県の田尻家: 筑前国三池郡田尻(福岡県みやま市)をルーツとする。中流貴族の大蔵氏の支流。室町時代には大友家に従い、江戸時代には佐賀藩士。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 玉江(たまえ)
# 福岡県の玉江家: 豊前国京都郡行事村(福岡県行橋市)の豪商。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 筑紫(つくし)
# 福岡県の筑紫家: 少弐家の分家。御笠郡筑紫村(福岡県筑紫野市)をルーツとする。豊臣秀吉に仕えて大名となったが、江戸時代には旗本。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 十時(とどき)
# 福岡県の十時家: 柳河藩の家老。豊後国大野郡大野荘十時(大分県豊後大野市大野町十時)をルーツとする。大友氏に従っていたが、後に立花氏に仕え柳河藩の家老。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 福岡県の十時家: 豊前上野焼の陶工。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 鳥越(とりごえ)
# 福岡県の鳥越家: 宇都宮氏の支流。

■ 中尾(なかお)
# 福岡県の中尾家: 筑前国福岡城下の豪商で和多屋を号した。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 永沼(ながぬま)
# 福岡県の永沼家: 豊前国仲津郡帆柱村(福岡県京都郡みやこ町)の旧家。戦国時代には豊前宇都宮氏に仕えた。江戸時代には庄屋を務めた。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 長野(ながの、ちょうの)
# 福岡県の長野家: 豊前国長野荘(福岡県北九州市)をルーツとする。平安時代に国司として豊前国下向したが、戦国時代に毛利家に敗れて衰退した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 中原(なかはら)
# 福岡県の中原家: 豊前国小倉城下の豪商で中原屋を号した。もとは毛利家の家臣。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 貫(ぬき)
# 福岡県の貫家: 豊前国貫荘(福岡県北九州市)をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 米多比(ねたび)
# 福岡県の米多比家: 柳河藩の家老。筑前国糟屋郡米多比(福岡県古賀市米多比)をルーツとし、武蔵七党の丹党の出と言われる。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 野村(のむら)
# 福岡県の野村家: 福岡藩の重臣。藤原南家の伊東氏の庶流。

■ 林田(はやしだ)
# 福岡県の林田家: 筑後国竹野郡田主丸村(福岡県久留米市)の豪商で、手津屋を号す。

■ 久野(ひさの)
# 福岡県の久野家: 福岡県の重臣。赤松氏の庶流。播磨の出で、黒田家に仕えて福岡に転じた。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 母里(ぼり)
# 福岡県の母里家: 福岡藩士。宇多源氏の尼子氏の庶流という。播磨国加古郡母里(兵庫県加古郡稲美町)をルーツとする。1569年に一族が討ち死にし、曽我一信の二男が名跡を継ぎ、後に黒田家の重臣。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
・ 母里村(もりむら): 兵庫県加古郡稲美町。地名の由来は、「風土記」の望理里(まがりのさと)によるもので、望理の音読モウリに母里の字を当てたことによる。しかし地形的にも森を語源とするべきである。【角川日本地名大辞典】

■ 真玉(またま)
# 福岡県の真玉家: 博多の豪商で石見屋を号した。豊後の真玉氏の末裔。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 松延(まつのぶ)
# 福岡県の松延家: 筑後国上妻郡兼松(福岡県八女市立花町兼松)の豪商。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 松村(まつむら)
# 福岡県の松村家: 福岡城下の豪商で楠屋を号した。戦国時代には白木氏を称し、越前の朝倉家に仕えていたが、後に栗山備後に仕えて越前に転じ、その後帰農した。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 宮本(みやもと)
# 福岡県の宮本家: 小倉藩の家老で宮本武蔵の養子で実兄の子。

■ 門司(もじ)
# 福岡県の門司家: 豊後国の大伴家の分家。大友親房が豊前国門司(福岡県北九州市門司)をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 横大路(よこおおじ)
# 福岡県の横大路家: 筑前国糟屋郡上府(福岡県糟屋郡新宮町上府)の旧家で千年家と呼ばれた。横大路は最澄から賜った名字と言われる。江戸時代には大庄屋を務めた。【出典:あなたの知らない九州・沖縄地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 横田(よこた)
# 福岡県の横田家: もとは大分県の宇佐神宮の神官で、江戸時代には福岡藩士。明治維新後は男爵。


■ 福岡県の地名をルーツとする名字

■ 九州地方の名字の特徴

■ 福岡県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示