高知県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 安満地(あまじ): 高知県幡多郡大月町

■ 神母ノ木(いげのき): 高知県香美市

■ 一宮(いっく): 高知県高知市一宮
・ 地名は土佐国一の宮である高賀茂社(現土佐神社)が祀られていたことによる。【角川日本地名大辞典】
※ 「宮内庁(くないちょう)」の「く」だね。

■ 壱斗俵(いっとひょう): 高知県高岡郡四万十町

■ 芋生(いもう): 高知県吾川郡仁淀川町別枝芋生野(いもうの)

■ 岩佐村(いわさむら): 高知県。江戸時代から明治初頭にかけて土佐国安芸郡にみられた村名。

■ 鵜来巣(うぐるす): 高知県高知市

■ 小田島(おだじま): 高知県香美市土佐山田町小田島。地形由来の地名と言われる。

★ 

■ 頭集(かしらつどい): 高知県幡多郡大月町

■ 鎌田(かまだ): 高知県吾川郡いの町鎌田

■ 烏(からす): 高知県高岡郡四万十町烏手(からすで)

■ 九重(くえ): 高知県安芸郡安西村

■ 越(こえ): 高知県吾川郡仁淀川町遅越(おそごえ)。昔、津波が丘陵を越えたことに由来すると言われる。

■ 後免(ごめん):  高知県南国市後免町

★ 

■ 宿毛(すくも): 高知県宿毛市

■ 桑田山(そうだやま): 高知県須崎市桑田山
・ 地名の由来は、弘法大師が四国巡礼の折に桃の花が一面に開花した山を見て「桃の花に染んだ山」と賞賛し、これがのちに「そうだ山」になったと伝えられている。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 談議所(だんぎしょ): 高知県の旧土佐山田町楠目(くずめ)談議所

■ 百笑(どうめき): 高知県四万十市中村百笑町

★ 

■ 

★ 

■ 父養寺(ぶようじ): 高知県香南市野市町父養寺
・ 高知県香美(かみ)市の土佐山田駅の東にある。
・ 父養寺井の「井」は「ゆ」と読み、「ゆ」は用水の古語。

■ 母代寺(ぼだいじ): 高知県香南市野市町母代寺
・ 高知県香美(かみ)市の土佐山田駅の東にある。

★ 

■ 万々(まま): 高知県高知市

■ 室戸(むろと): 高知県室戸市
・ 室戸の名称については、岬の洞窟御蔵洞、ムロに由来するともいわれ、室の戸、ムロのトグチ、イエムラの意とされている。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 夜須(やす): 高知県香南市夜須町

■ 谷地(やつじ): 高知県土佐市谷地。山間の谷地の地形に由来すると言われる。

★ 

■ 竜(りゅう): 高知県土佐市宇佐町竜

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示