高知県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 高知県の県名の由来 ・ 高知県の難読地名・珍地名

★ 高知県の名字の特徴

# 20位の西森は仁淀川流域に多くみられる。

# 高知県に多い「小松」姓は、「小松殿」の異名をとった平重盛がルーツで、源平合戦の後に土佐に逃れてきた重盛の長男・維盛が「小松」を名乗ったのが由来。また「門脇」姓も平家の落人由来。

# 戦国大名の長宗我部の後に土佐に赴任したのが山内一豊で、それ以前は掛川城主で出身は尾張。出世する毎にその地で家来を召し抱えたので、家臣の出身はバラバラ。三家老の出も、「深尾」は近江、「五藤」は尾張、「伊賀」は美濃がルーツ。

# 「上田」は一般には「うえだ」と濁るが、高知県では濁らない「うえた」が一般的。

【高知県らしい名字】

# 高知らしい名字に、「岡林(おかばやし)」「西森(にしもり)」「中平(なかひら)」「公文(くもん)」「中越(なかこし)」「楠瀬(くすのせ)」「下元(しももと)」「明神(みょうじん)」「柊(ひいらぎ)」「仙頭(せんず)」「秦泉寺(じんぜんじ)」などがある。
※ 公文式学習塾の創設者の公文さんも高知の出身。

# 「西原」は普通は「にしはら」と読むが、高知では「さいばら」と読む。

■ 高知県の特徴的名字: 浜岡、浜口公文片岡、田岡、宮地門田、仙頭、入交(いりまじり)、一円。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 山本

■ 2位: 山崎

■ 3位: 小松

■ 4位: 浜田

■ 5位: 高橋

■ 6位: 井上

■ 7位: 西村

■ 8位: 岡林

■ 9位: 川村

■ 10位: 山中

■ 11位: 坂本
# 沖縄県を除く全国にみられ、比較的西日本に多く、熊本県、高知県、青森県、山梨県に多い。
# 高知県の坂本家: 坂本竜馬の家紋。坂本竜馬は明智光秀の末裔説もある。

■ 12位: 片岡

■ 13位: 松本

■ 14位: 田中

■ 15位: 前田

■ 16位: 和田

■ 17位: 山下

■ 18位: 田村

■ 19位: 岡本

■ 20位: 西森


■ 安芸(あき)
# 高知県の安芸家: 土佐国安芸郡(高知県安芸市)をルーツとする古代豪族で、蘇我氏の出という。戦国時代に安芸郡を領したが、のちに長宗我部家に敗れて没落した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 一条(いちじょう)
# 高知県の一条家: 藤原氏の一族の一条氏の出。応仁の乱のときに一条教房が土佐に転じて武士となった。後に、家臣に町地を奪われ豊後国に逃れた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 上原(うえはら)
# 高知県の上原家: 土佐国幡多郡中浜(高知県土佐清水市)に豪商の上原家があった。袋屋を号した。

■ 小笠原(おがさわら)
# 高知県の小笠原家: 阿波国の小笠原家の支流が土佐国に転じ、土佐国長岡郡豊永(高知県長岡郡豊永)に住んで、土佐小笠原氏となった。戦国時代に滅亡後、江戸時代には土佐藩士。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 岡村(おかむら)
# 高知県の岡村家: 土佐国幡多郡(高知県土佐清水市)の岡村氏は桓武平氏梶原氏の子孫。一条氏に従って中村に下向した。江戸時代には庄屋を務めた。

■ 尾崎(おざき)
# 高知県の尾崎家: 土佐国高岡郡永野村(高知県高岡郡佐川町)の旧家。代々庄屋を務めた。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 香宗我部(こうそかべ)
# 高知県の香宗我部家: 土佐国香美郡香宗我部郷(高知県香南市)をルーツとする。清和源氏の源義光の子孫で、戦国時代に大名となったが、のちに長宗我部家に敗れた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 小松(こまつ)
# 高知県の小松家: 土佐国安芸郡(高知県安芸市)を本拠とし、桓武平氏の嫡流。平重盛の子の維盛の子孫を称す。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 惟宗(これむね) 
# 確認できず。消えた名字か?
# 惟宗(これむね): 土佐国安芸郡の国人。

■ (しま)
# 高知県の島家: 長宗我部家の子孫。

■ 高島(たかしま)
# 高知県の高島家: 播磨国の出で、播磨屋を号した豪商。

■ 徳弘(とくひろ)
# 高知県の徳弘家: 古代貴族の橘氏の流れを引く。土佐国香美郡立田(高知県南国市)をルーツとする。後に長宗我部氏に従い、家臣となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 鍋島(なべしま)
# 高知県の鍋島家: 土佐の長宗我部氏の家臣で江戸時代には土佐藩士。

■ 西野(にしの)
# 高知県の西野家: 土佐藩士。近江国の西野氏の同族で元は百々(どど)氏を称す。

■ 明神(みょうじん)
# 高知県の明神家: 尾張から土佐に転じて長宗我部家に仕えた。長宗我部家が没落した後、土佐国安芸郡白浜(高知県東洋町)で庄屋となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 本山(もとやま)
# 高知県の本山家: 土佐国長岡郡本山(高知県本山町)をルーツとする。朝倉家の一族で、越前から土佐に転じた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 山内(やまのうち)
# 高知県の山内(やまのうち)家: 土佐藩主藤原北家秀郷流相模国の山内家の子孫を称す。【家紋:丸に土佐柏】明治維新後には侯爵。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 吉田(よしだ)
# 高知県の吉田家: 土佐国長岡郡吉田(高知県南国市)をルーツとする。もとは相模国の武士で、藤原南家の首藤家分家の平氏の家臣だった。 【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】


■ 高知県の地名をルーツとする名字

■ 四国地方の名字の特徴

■ 高知県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示