愛媛県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 愛媛県の県名の由来 ・ 愛媛県の難読地名・珍地名

★ 愛媛県の名字の特徴

# さすが村上水軍の本拠地ですね2位にランクイン。村上は長野県をルーツとする名字。

# 4位にランクインの「越智」は愛媛ならではの名字で、横溝正史の金田一耕助シリーズの「悪霊島」にも「越智家」として出てくる。愛媛県中央を本拠地としていた豪族の「越智」氏が発祥で、越智一族には「河野」があり全国に散らばる。

# 北部では「村上」「越智」が多く、南予では「清家(せいけ)」「上甲(じょうこう)」が多い。

# 45位に「佐伯」があるが、集中して分布する西条市では「さいき」と読み、他の地域では「さえき」と「さいき」が半々。

【愛媛県らしい名字】

# 愛媛県らしい名字として、「青野(あおの)」「重松(しげまつ)」「武智(たけち)」「高須賀(たかすか)」「清家(きよいえ)」「兵頭(ひょうどう)」「仙波(せんば)」「土居」「得能」「福角」「重松」「玉井」などがある。

■ 愛媛県の特徴的名字: 越智、村上、三好、白石、正岡、清家、仙波、檜垣、影浦、兵頭。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 高橋

■ 2位: 村上
# 愛媛県の村上家: 因島と能島(のじま)の村上家があり、のちに久留島家を称した。村上家は清和源氏の流れをひき、信濃国をルーツとする。鎌倉時代に因島の中荘(広島県尾道市)を領し、瀬戸内海の水軍となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 3位: 山本

■ 4位: 越智
# 愛媛県の越智家: 伊予国古代豪族物部氏の同族でニギハヤ日命の子孫を称す。

■ 5位: 渡部

■ 6位: 渡辺

■ 7位: 松本

■ 8位: 田中

■ 9位: 伊藤

■ 10位: 井上

■ 11位: 近藤

■ 12位: 矢野

■ 13位: 石川

■ 14位: 白石

■ 15位: 大西

■ 16位: 藤田

■ 17位: 河野

■ 18位: 三好

■ 19位: 岡田

■ 20位: 二宮


■ 宇都宮(うつのみや)
# 愛媛県の宇都宮家: 伊予国の守護として下野国から伊予国に転じた宇都宮貞家の子孫。戦国時代には伊予国の中部を領して河野家と争ったが、河野家に敗れて没落した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 大和田(おおわだ)
# 愛媛県の大和田家: 宇和島藩の家老。伊達家に仕えて、陸奥国から伊予国に転じたか?

■ 小川(おがわ)
# 愛媛県の小川家: 伊予国国府(愛媛県今治市)の小川祐忠は近江国神崎郡小川の出で、裏切りばかりしていて家康に嫌われ?関ヶ原の戦い後に除封。

■ 加治田(かじた)
# 愛媛県の加治田家: 宇和島藩士。信濃国の出。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 加藤(かとう)
# 愛媛県の加藤家: 伊予大洲藩6万石の加藤家。美濃国多芸郡にあった加藤氏が斎藤氏の滅亡後に豊臣秀吉に仕え、いろいろあった後小田原の陣の後に甲斐国甲府24万石へ。後に美濃国黒野4万石を経て、関ヶ原の戦いの後には伯耆国米子6万石、そして元和3年に伊予国大洲に移った。

■ 忽那(くつな)
# 愛媛県の忽那(くつな)家: 忽那島をルーツとする水軍。藤原北家の出で、藤原道長の子孫にあたる藤原親賢のときに忽那荘を開発した。南北朝時代には南朝に属し、室町時代には河野家に従った。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 久留島(くるしま)
# 愛媛県の久留島家: 村上水軍を構成する三家のなかの一つ。来島(愛媛県今治市)をルーツとする。豊臣秀吉のもとで大名となったが、のちに豊後国に転封した。

■ 河野(かわの、こうの)
# 愛媛県の河野家: 伊予国の河野郷(愛媛県松山市)をルーツとする。古代豪族越智氏の支流。平安時代末期から水軍を擁して勢力をはったが、戦国時代に長宗我部家に敗れて没落した。

■ 西園寺(さいおんじ)
# 愛媛県の西園寺家: 公家で、藤原北家の出。南北朝時代に京から伊予国の宇和荘(西予市)に転じたが、戦国時代に長宗我部家に滅ぼされた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 伊達(だて)
# 愛媛県の伊達家: 宇和島藩の伊達家は幕末四賢侯の伊達宗城の功績で明治維新後には侯爵。

■ 土居(どい)
# 愛媛県の土居家: 河野家の分家で、古代豪族の越智氏の支流。南北朝時代には南朝に属し水軍を率いて活躍した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 得能(とくのう)
# 愛媛県の得能家: 河野家の分家で、伊予国得能保(愛媛県西条市)をルーツとする。南北朝時代には南朝に属し水軍を率いて活躍した。

■ 正岡(まさおか)
# 愛媛県の正岡家: 古代豪族の越智氏の支流。伊予国正岡(愛媛県松山家)をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 松平(まつだいら)
# 愛媛県の松平家: 松山藩主。古代貴族の菅原氏の支流で、三河の武士の久松家の子孫。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 宮内(みやうち)
# 愛媛県の宮内家: 伊予国伊予郡下三谷村(愛媛県伊予市)の旧家で、庄屋を務めた。

■ 愛媛県の地名をルーツとする名字

■ 四国地方の名字の特徴

■ 愛媛県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示