香川県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

 赤帽子山(あかぼうしやま): 香川県

■ 馬酔木(あせび): 香川県綾歌郡綾川町

■ 海老済(えびすくい): 香川県観音寺市大野原町海老済
・ 「えびすく」ともいい「西讃府志」によれば丹波ともいった。地名の由来は古代中国の制度による都から500里(約300km)以上離れた未開の土地を意味する荒服(えびすふく)が転訛したものか。また、夷人(えびす)を籠め置いたの意「エビスクイ」が転訛したものともいう。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 鬼無(きなし): 香川県高松市鬼無町(きなしちょう)

★ 

■ 自由町(じゆうちょう): 明治から昭和の中頃にかけて香川県坂出市にみられた通称地名。
・ 地名は、この町筋にも人家が立ち並びはじめ両町からの窮屈さを脱して自由にのびのびと発展させたいと願って命名されたと伝えられている。【角川日本地名大辞典】

■ 小豆島(しょうどしま): 香川県小豆郡小豆島町
・ 古くは「あずきしま」、鎌倉期には「せうつしま」と記され、「しょうどしま」と称されるようになったのは室町期以降と思われる。【角川日本地名大辞典】

 新名(しんみょう): 讃岐国阿野郡新名村。香川県高松市国分寺町新名、香川県三豊市高瀬町新名。新名田に由来すると言われる。

■ 十河(そがわ): 香川県高松市国分寺町国分十河(そごう)

★ 

■ 高松(たかまつ): 香川県高松市

■ 垂水(たるみ): 香川県丸亀市垂水町
・ 地名の由来は、景行天皇代に当地が干害で苦しんだ際、国造武殻児王が当地の松林の大樹3本の枝葉先端から水が滴るのを見て、当地に社を建て、「たる水の社」と名付けたことによるとする説などがある。【角川日本地名大辞典】

■ 天皇(てんのう):  香川県仲多度郡まんのう町四條天皇

★ 

■ 仁尾(にお): 香川県三豊市仁尾町。
・ 荘内半島の西部に位置し、三方を七宝山系の山々に囲まれ、西は瀬戸内海に面する。西方に大蔦・小蔦からなる蔦島がある。地名の由来は、2つの尾根に囲まれた土地の意味からとも、ニオドリの多い土地であったからともいう。あるいは辰砂(水銀朱)の産出する事に起因するともいわれる。【角川日本地名大辞典】
・ 「に(粘土・赤土)」+「を(高くなった所)」で、「粘土や赤土のある高くなった所」の意味。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

★ 

■ 凹原(ひっこんばら): 香川県高松市

■ 仏生山(ぶっしょうざん): 香川県高松市

■ 柞(ほうそう): 香川県東かがわ市

★ 

■ 水主(みずし): 香川県東かがわ市水主
・ 地名の由来については、水主神社にちなみ、往古祈雨の功により村上天皇より宣旨をうけ、荘を水主、神を大水主と名づけたという説、また古来水石(晶)を産したところから「みずいし」と呼び、のち「みずし」に転訛したものという説がある。【角川日本地名大辞典】一瞬「もんど(主水)」かと思ったら逆だった。

★ 

■ 

★ 

■ 栗林(りつりん):  香川県高松市栗林町

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示