香川県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 香川県の名字の由来 ・ 香川県の難読地名・珍地名

★ 香川県の名字の特徴

# 香川県の名字は県の東部と西部で特徴が異なる。東部は徳島県と、西部は愛媛県東部と似ている。

# 1位は「大西」と珍しいが、ルーツは徳島県で小笠原一族の大西家に由来し四国全体に拡がったが、香川に移住した一族が繁栄したため多く残った。大西のルーツは阿波国三好郡大西(徳島県三好市)。

# 香川には香川という名字も多いが、香川のルーツは神奈川県茅ヶ崎市にあるJR相模線の香川駅付近で、桓武平氏の子孫にあたり、室町時代に讃岐に移住して栄えた。

# 県の中央部の阿野郡には「ヤマトタケルノミコト」の末裔と言われる豪族」氏がいた。「有岡」「香西」「柴野」「玉井」「平尾」「福家(ふけ)」などは一族の子孫。

【香川県らしい名字】

# 香川らしい名字としては、「香西」「塩見」「福家(ふけ)」「塩田」「十河(十川)・そごう」「三好」「真鍋」「宮武」「合田(ごうだ)」「南原」「宮脇」がある。「合田」は香川から愛媛にかけてみられ、一般的には「あいだ」と読まれるが香川では「ごうだ」と読まれる。

■ 香川県の特徴的名字: 大西、十河、香西、宮武、長尾、真鍋、羽床(はゆか)、福家(ふくけ)、六車(むぐるま)、小比賀(おびか)。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 大西

■ 2位: 田中

■ 3位: 山下

■ 4位: 高橋

■ 5位: 山本

■ 6位: 

■ 7位: 多田

■ 8位: 中村

■ 9位: 松本

■ 10位: 三好

■ 11位: 木村

■ 12位: 岡田

■ 13位: 佐藤

■ 14位: 吉田

■ 15位: 久保

■ 16位: 真鍋

■ 17位: 香川

■ 18位: 藤田

■ 19位: 山田

■ 20位: 渡辺


■ (あや)
# 香川県の綾家: 讃岐国の古代豪族で、景行天皇の子孫という。讃岐国阿野郡阿野(香川県綾川町)を本拠とした。 【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 新井(あらい)
# 香川県の新井家: 村上源氏赤松氏の分家。室町時代に播磨国守護赤松家讃岐国に勢力を拡大し、赤松満康が移り住んで新井家を興した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 生駒(いこま)
# 香川県の生駒家: 大和国生馬荘(奈良県生駒市)をルーツとする。藤原氏の出といい、戦国時代には尾張国に転じ、のちに豊臣秀吉に讃岐17万石を与えられた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 香川(かがわ)
# 香川県の香川家: 桓武平氏の出で、大庭家の同族。室町時代には細川家のもとで讃岐の守護代となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 京極(きょうごく)
# 香川県の京極家: 讃岐国丸亀藩主(5万1千石)の京極家は、近江源氏宇多源氏佐々木氏の支流。鎌倉時代の守護で、明治維新まで大名として生き残ったのは、島津家(鹿児島)と京極家(丸亀市)だけ。京極高次が豊臣秀吉のもとで大名となった。【家紋:平四つ目結】明治維新後には子爵。

■ 香西(こうざい)
# 香川県の香西家: 古代豪族の綾氏の支流で、讃岐国香西郡香西(香川県高松市)をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 十河(そごう) 
# 香川県の十河(そごう)家: 王家の子孫と称する古代豪族。讃岐国山田郡蘇甲(香川県高松市)をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 田口(たぐち)
# 香川県の田口家: 平安時代後期に、讃岐国の東部に水軍として勢力をもった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 松平(まつだいら)
# 香川県の松平家: 高松藩主。水戸の徳川家の分家。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 安富(やすとみ)
# 香川県の安富家: 古代豪族の紀氏の流れをひき、播磨国の出。守護の細川家に従って讃岐国に転じ、守護代をつとめた。後に、長宗我部家に敗れて小豆島に逃れた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】


■ 香川県の地名をルーツとする名字

■ 四国地方の名字の特徴

■ 香川県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示