徳島県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 徳島県の県名の由来 ・ 徳島県の難読地名・珍地名

★ 徳島県の名字の特徴

# 徳島らしい名字に「板東(坂東)」があり、吉野川流域に見られ、下流では「板東」、上流では「坂東」が多い。
※ 元中日の「坂東 英二」さんは、生まれは満州だが、育ちは徳島県板野郡板東町(鳴門市付近)。父親の故郷が徳島か?

# 「新居」は一般的には「あらい」と読むが、徳島県では「にい」と読む。

# 徳島県をルーツに拡がった名字に「三好」がある。

【徳島県らしい名字】

# 吉野川市で見られる「阿麻橘(あおきつ)」は、阿波国の麻植郡の「橘」氏由来。

# 「久次米(くじめ)」「後藤田(ごとうだ)」「鈴江(すずえ)」

■ 徳島県の特徴的名字: 美馬、四宮、川人、三木、久米、床野、郡、武市、岩佐、麻植(おえ)。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 佐藤

■ 2位: 吉田

■ 3位: 近藤

■ 4位: 

■ 5位: 田中

■ 6位: 山本

■ 7位: 

■ 8位: 大西
# 徳島県の大西家: 阿波国三好郡大西(徳島県三好市)をルーツとする。清和源氏小笠原氏の分家と称するが、藤原氏近藤氏の支流という説もある。

■ 9位: 山田

■ 10位: 中川

■ 11位: 阿部

■ 12位: 岡田

■ 13位: 井上

■ 14位: 藤本

■ 15位: 河野

■ 16位: 高橋

■ 17位: 宮本

■ 18位: 松本

■ 19位: 森本

■ 20位: 三木


■ 粟(あわ)
# 徳島県の粟家: 古代豪族で、阿波国の北部に勢力を持った。粟凡氏(あわのおおし)の流れを引き、高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)の子孫を称した。

■ 阿波(あわ)
# 徳島県の阿波家: 水軍を有し、源平の合戦のときに活躍した。蘇我氏の同族にあたる田口氏の子孫を称す。

■ 飯尾(いいお)
# 徳島県の飯尾家: 阿波国飯尾(徳島県吉野川市)をルーツとする。平安時代の貴族の三善氏の子孫。

■ 忌部(いんべ)
# 徳島県の忌部家: 古代豪族の忌部氏の流れ。阿波の忌部氏は天日鷲命(あめのひわしのみこと)の子孫という。

■ 海部(かいふ)
# 徳島県の海部家: 阿波国海部郡をルーツとする。

■ 西条(さいじょう)
# 徳島県の西条家: 阿波国西条(徳島県阿波市)をルーツとする。宇多源氏の佐々木氏の支流で、鎌倉時代に近江国から転じた。

■ 桜間(さくらま)
# 徳島県の桜間家: 平安時代後期に阿波国に勢力をもった。

■ 徳弘(とくひろ)
# 高知県の徳弘家: 古代貴族の橘氏の支流。

■ 長(なが)
# 徳島県の長家: 阿波国の南部に勢力をもった、古代豪族の長氏の流れ。

■ 蜂須賀(はちすか)
# 徳島県の蜂須賀家: 徳島藩主。秀吉の時代に阿波一国を領し、明治維新後には侯爵。
・ 尾張国蜂須賀(愛知県美和町)をルーツとし、豊臣秀吉のもとで大名となった。

■ 東根(ひがしね)
# 出羽国最上郡東根(山形県東根市)をルーツとし、最上家の支流の天童家の出。最上家に従っていたが、最上家が改易後には徳島藩士。

■ 三好(みよし)
# 徳島県の三好家: 阿波国三好郡(徳島県池田町)をルーツとする。清和源氏の出で、源義光の子孫の小笠原家の支流。鎌倉時代に信濃国から阿波国に転じ、室町時代には阿波国有数の勢力をもった。


■ 徳島県の地名をルーツとする名字

■ 四国地方の名字の特徴

■ 徳島県の名字の読みの特徴

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示