山口県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 赤間(あかま): 山口県下関市赤間町
※ 硯の三大産地: 宮城県の雄勝硯、山梨県の雨畑硯、山口県の赤間硯。

■ 厚狭(あさ): 山口県山陽小野田市厚狭
・ 地名の由来は、鴨神社が鴨荘に勧請された頃、麻の栽培を行っており、麻市といったが、のち厚狭市と唱えるようになったという。【角川日本地名大辞典】
・ 朝鮮の王子の琳聖太子の母にちなむ。この奥に温泉があり、「熱海」とおなじ「あさ、あっさ」の温泉関係という説もある。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 阿知須(あじす): 山口県山口市。
・ 「あじす」とは「あち(小鴨)」の遊ぶ「す(州)」という説がある。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 生雲(いくも): 山口県山口市阿東生雲

■ 伊佐江(いさえ): 山口県防府市伊佐江町伊佐江
・ 山口県美祢市伊佐町伊佐江藤区。夜いさり火をたいて漁をする江で、いさり江の「り」が省かれたものと言われる。

■ 居能(いのう): 山口県宇部市居能町
・ 古くは「犬の尾」といい、松原が犬の尾のように曲がって居るという説がある。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 内日(うつい): 山口県下関市内日
・ 地名の由来は、四方を山に囲まれ、その内を日が照らすことから内の日と書き、内日とよぶようになったと伝える。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 嘉万(かま): 山口県美祢市秋芳町嘉万
・ 地名の由来は、別府長者が当地を開拓しようとした時、夢の中に仙人が現れ、2つの鎌を与えて、これで林を切り開けと告げた。林を切り土地を開いたが、水利が悪条件であることを考えていると、また夢の中に現れ、当地に厳島弁才天を勧請して祀れと告げた。早速、社を建立し、祭事神楽などを執行したところ、その夜急に湧水が出た。その後、農民も集まるようになり、鎌で開いた故に嘉万村、別府長者の開いた所なので別府の荘嘉万村というと伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 岐波(きわ): 山口県宇部市岐波
・ 地名の由来は、潮汐が打ち寄せるところの意味からという。【角川日本地名大辞典】
・ 「きわ」は「際」で「海際」。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 特牛(こっとい):  山口県下関市豊北町大字神田特牛
・ 特牛(こっとい)とは強く大きな牡牛のこと。
・ 「こつとい」とは、牛の古語の「ことひ」とも、また、岬をいう「こつと」からとも言われる。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

★ 

■ 地福(じふく): 山口県山口市阿東地福
・ 阿武(あぶ)川流域に位置する。東の下深山・津々良ケ岳・地福富士、西方の大蔵ケ岳・石洞ケ岳・毛無シ山の連山に囲まれた盆地。地名の由来は、「往古、開立之時分、郷並広キ里ニ相成場所ニ付、地福と名付たる由」とある。【角川日本地名大辞典】

■ 鋳銭司(すせんじ): 山口県山口市鋳銭司(すせんじ)
・ 平安京時代に銅銭作りが行われていた場所。

■ 角力場(すもうば): 山口県萩市明木角力場

★ 

■ 垰(たお): 山口県周南市垰
・ 地名の由来は、往古は多尾ノ畑村とあり、谷深く坂が多くあって、四方より登り詰めたところにある村という意味で、のちに多尾の字を垰と書いたと見られる。【角川日本地名大辞典】

■ 多々良(たたら): 山口県防府市多々良
・ 佐波(さば)川下流左岸、多々良山南麓に位置する。多々良は韓語と推定され、製鉄遺構がないことから製鉄のたたらに由来する地名ではないと考えられる。一説では韓人多々良氏の土着によるものともいう。【角川日本地名大辞典】
・ 達良郷: 平安時代に周防国佐波郡にみられた郷名。高山寺本は「達良」につくり、訓を「太々良」とする。東急本は「多良」につくり、訓を欠く。「姓氏録」山城国諸蕃によれば、「多々良公」は欽明天皇の時代に任那国王の一族が帰化し、金の多々利・金の乎居などを献上したので、その姓氏が与えられたと伝えられる。後世の大内系図にも異伝が見え、郷名は当地に渡来系の多々良公氏が居住したことにちなむと考えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 椿東(ちんとう): 山口県萩市

■ 床波(とこなみ): 山口県宇部市床波
・ 「とこなみ」は「波のところ」で、「海岸」を意味する。または、「なみ」は「平らな所」を意味するか。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 殿居(とのい):  山口県下関市豊田町大字殿居
・ 古くは殿井とも書いた。地名の由来は、往古、大内氏家臣の杉民部少輔元重の居城があり、殿の居たところということから起こったという。【角川日本地名大辞典】
・ 殿井郷: 室町時代に長門国豊田郡牛見荘にみられた郷名。文安年間、この地に佐伯氏、安富氏(地頭)、阿津氏(代官)の名が見える。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 

★ 

■ 廿木(はたき): 山口県岩国市廿木
・ 地名の由来は「玖珂郡志」に「紀州熊野山ノ権現ヨリ、聖一人当所ノ田中ト申所ヘ神体ヲ負来、段平ト申山ノ木廿本コレ有リ〈廿木ノ名起〉此処へ注連ヲ引、神体ヲ安置シ奉リ」とある。【角川日本地名大辞典】

■ 土生(はぶ): 山口県岩国市

■ 日置(へき): 山口県長門市日置
・ 地名の由来は、四方を山に囲まれて日を置いたように暖かなことによるとする説もあるが、古代の豪族日置氏、あるいはその部民である日置部が居住したことによると考えられる。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 美祢(みね): 山口県美祢市。
・ 和名類聚抄では「嶺」と注がつき、峯にかこまれた地形からきているといわれる。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】
・ 「みね」は「山の峰」で、嶺に囲まれた場所。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 向津具(むかつく):  山口県長門市油谷向津具
・ 地名の由来は、「和名抄」郷名に向国(むかつくに)、中世には向津荘・向津奥荘・向徳などと見え、向国の「に」が省略されて向津具になったものであろうという。また、「むこうつ」ともいわれて、油谷湾南岸の粟野・伊上よりは向こうの津だから向津(むこうつ)と言うようになったという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示