広島県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 広島県の県名の由来 ・ 広島県の難読地名・珍地名

★ 広島県の名字の由来

# 広島県は東部の備後と西部の安芸で名字の特徴が分かれる。

# ランキング3位の「藤井」は中国地方に多い名字。6位の「村上」は長野を発祥の地とするが、鎌倉時代に因島に領地を貰って以来、瀬戸内海警備の村上水軍として、能島(のしま)、因島、来島(くるしま)の三家に分かれて発展した。

# 呉市の「神垣」、竹原市の「寄能(きのう)」、福山市の「門田(もんでん)」、府中市の「橘高(きったか)」、尾道市の「檀上」などが特徴的。

【広島県らしい名字】

# 広島らしい名字として、「沖本(沖元)」「新宅」「壇上」「橘高(きつたか)」「宮地」「高垣」「風呂光」などがある。

■ 広島県の特徴的名字: 桑田、佐伯、西本、岩本、森本、宮地、江田、高垣、世良、九十九(つくも)。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 山本

■ 2位: 田中

■ 3位: 藤井

■ 4位: 佐藤

■ 5位: 高橋

■ 6位: 村上

■ 7位: 佐々木

■ 8位: 中村

■ 9位: 井上

■ 10位: 岡田

■ 11位: 渡辺

■ 12位: 小林

■ 13位: 山田

■ 14位: 松本

■ 15位: 岡本

■ 16位: 藤原

■ 17位: 池田

■ 18位: 木村

■ 19位: 伊藤

■ 20位: 小川


■ 浅野(あさの)
# 広島県の浅野家: 安芸国広島藩(42万6千石)の浅野家。浅野長政の妻は、秀吉の正室のおねの姉。【家紋:丸に違い鷹の羽】明治維新には侯爵。浅野幸長の家紋
・ 清和源氏土岐氏の支流といい、美濃国浅野村(岐阜県土岐市)をルーツとする。浅野長勝が織田信長に仕え、その子の長政が豊臣秀吉のもとで五奉行の一角をしめた。関ケ原の戦いの後は和歌山藩主を経て広島藩主となった。
 広島藩浅野家の分家
・ 常陸国真岡藩。後に播磨国赤穂5万石へ。1701年に殿中松の廊下事件で改易。浅野内匠頭の家紋
・ 三次5万石。浅野内匠頭の妻の「阿久里」の実家。1720年に廃絶。
・ 広島新田藩3万石。

■ 阿部(あべ)
# 広島県の阿部家: 福山藩主。藤原北家の小田家の支流という。

■ 熊谷(くまがい)
# 広島県の熊谷家: 熊谷直時は安芸国に領地を得、安芸国安北郡三入荘(広島県広島市)を本拠とした。戦国時代には毛利家の家臣。江戸時代には長州藩士。

■ 小早川(こばやかわ)
# 広島県の小早川家: 相模国早川(神奈川県小田原市)をルーツとする。桓武平氏の出といい、鎌倉時代に安芸国沼田荘(広島県竹原市周辺)の地頭となって下向した。

■ 佐伯(さえき)
# 広島県の佐伯家: 厳島神社の神職で、古代豪族の大伴氏の同族の佐伯氏の後裔

■ 高須(たかす)
# 広島県の高須家: 備後国高洲(広島県尾道市)をルーツとし、桓武平氏の梶原家の支流。戦国時代には毛利家に従い、江戸時代には長州藩士。

■ 高杉(たかすぎ)
# 広島県の高杉家: 備後国高杉村(広島県三次市)をルーツとする。安芸国の守護の武田家の流れをひく。戦国時代には尼子家に属し、後に毛利家に仕えた。江戸時代には長州藩士で、幕末に高杉晋作を輩出した。

■ 武田(たけだ)
# 広島県の武田家: 清和源氏の甲斐の武田家の支流。承久の乱の後に安芸国安佐郡の地頭となって下向。室町時代には安芸国守護となったが、戦国時代に毛利家に滅ぼされた。

■ 田坂(たさか)
# 広島県の田坂家: 桓武平氏の小早川家の分家で安芸国沼田荘田坂(広島県三原市)をルーツとする。戦国時代に毛利家の家臣となった。

■ 楢崎(ならざき)
# 広島県の楢崎家: 備後国楢崎(広島県府中市)をルーツとする。戦国時代に毛利家の家臣となった。

■ 沼田(ぬた)
# 広島県の沼田(ぬた)家: 安芸国の沼田荘(広島県三原市本郷町)をルーツとする。

■ 乃美(のみ)
# 広島県の乃美家: 桓武平氏の小早川家の分家。安芸国乃美郷(広島県東広島市)をルーツとする。南北朝時代には南朝に属し、戦国時代には大内家に従ったが、のちに毛利家に仕え、江戸時代には長州藩士。


■ 広島県の地名をルーツとする名字

■ 中国地方の名字の特徴

■ 広島県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示