岡山県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 英賀荘(あがのしょう): 岡山県。鎌倉時代から戦国時代にかけて備中国英賀郡にみられた荘園名。

■ 石蟹(いしが): 岡山県新見市石蟹
・ 吉備津彦命が、当地の蟹梟帥(かにたける)を退治した伝説に由来する。
・ 地名の由来は、上古吉備津彦命が当地の蟹※師を退治したという伝承によるという。【角川日本地名大辞典】

■ 入(いり): 岡山県津山市押入
・ 久塚・葛下とも称された。吉井川中流左岸に位置する。地名の由来は、吉井川の流れが蛇行し入り組んでいることによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 伊部(いんべ): 岡山県備前市伊部
・ 「忌部、斎部」に由来する。「いんべ」とは古代に、祭祀に必要な物資を献納した部民が住んだところ。
・ 焼きものに従事した忌部(いんべ)氏が住んでいたことに由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 有漢(うかん):  岡山県高梁市有漢町有漢
・ 「うかに」とも称した。高梁川支流有漢川上流域に位置する。地名の由来は鵜飼部にちなみ、この鵜飼(うかい)が転じて「うかに」「うかん」となったものといわれる。【角川日本地名大辞典】
・ 有漢郷: 奈良時代から平安時代にかけて備中国賀夜郡にみられた郷名。高山寺本に「宇賀邇」、東急本に「宇万」の訓が見える。

■ 牛窓(うしまど):  岡山県瀬戸内市牛窓町

■ 打高下(うちこうげ) : 岡山県岡山市
・ 「打ち毀(こ)ぐ」に由来し、台地の縁が水に切り取られた地形を意味する。【地名でわかる水害大国日本 楠原佑介 祥伝社新書】

■ 邑久(おく): 岡山県瀬戸内市邑久町

■ 押入(おしいれ): 岡山県津山市押入

■ 尾張(おわり): 岡山県瀬戸内市邑久町尾張
・ 地名の由来については、日本武尊の弟の末裔とされる尾張連の一族が居住した所という伝承にちなむ説、城稲荷大明神の縁起に淳和天皇の代、田原藤太夫によって大沼であったこの付近が開墾されたことにより墾(おわり)あるいは小治(おわり)となったという説がある。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 書副(かいぞえ): 岡山県久米郡美咲町書副
・ 地名の由来は、古くは恒淵村と称したが公使巡検のときに小村であったため書き落とし、あとで書き添えたことにより書副村となったという。【角川日本地名大辞典】

■ 香登(かがと): 岡山県備前市香登
・ 「かかと(懸処)」が語源で、「崖下に広がる土地」を意味する。
・ 「倭名抄」に和気郡香止郷とみえる。「かが」は草地の意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 鏡野(かがみの): 岡山県苫田郡鏡野町

■ 柏島(かしわじま): 岡山県倉敷市玉島柏島
・ 道口川下流右岸に位置する。高梁(たかはし)川の河口の西、乙島と隣接する小島であったが、江戸初期の干拓によって陸繋化した。寿永2年10月1日、源平合戦「水島の渡」の際、源氏陣営となったという。地名の由来は、柏などがよく茂っていたことによるともいわれている。【角川日本地名大辞典】

■ 鉄山(かねやま): 岡山県真庭市鉄山
・ 地名の由来は、当地で古くから砂鉄が採れたことによると伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 鴨方(かもがた): 岡山県浅口市鴨方町
・ 里見川流域に位置し、石井山の南東麓に集落を形成する。地名の由来は、石井山の東方尾根を加茂山、または鴨山といい、遠望すると鴨が羽を大きく東西に広げた形に見えることから名付けられたという。また昔、海であった頃多くの鴨が降りた潟なので鴨潟、あるいは京都の加茂の明神を勧請したので加茂方となったともいう。鴨方地域から東方の里庄町占見(占見郷比定地)にかけては、かなり顕著で広範囲な条里制地割遺構が残存している。またその地割は、北方の鴨方町本庄地域あるいは占見地域の南方の里庄町佐方地域まで広がっており、この地方の開発の早さと生産力の高さがうかがえる。鴨山城は南北朝期細川義春が築城したと伝え、応永年間に備中国守護職細川満国が初代城主となり勢力を誇った。その後8代にわたり細川氏の城主が続いた。細川元通は慶長5年関ケ原の戦に毛利方に従い、敗北したのち長門国川棚村に移住したため、鴨山城も廃城となった。もと加茂大明神と称していた鴨神社、西山宗久の開基と伝える曹洞宗長川寺や鴨方藩の陣屋跡がある。【角川日本地名大辞典】
・ 鴨方村: 江戸時代から明治時代中頃にかけて備中国浅口郡にあった村名。当初は毛利氏の支配地だったが、慶長5年には幕府領、寛永9年には岡山藩領、寛文12年からは鴨方藩領。鴨方藩主池田氏の本邸は岡山の天神山にあり、当地には陣屋が置かれた。鴨方藩は岡山藩の支藩であったため本藩との間を結ぶ鴨方往来と呼ばれる街道が設けられ、岡山城下の栄町を出発点として庭瀬・倉敷・西阿知・船尾・下竹を経て当地に入った。【角川日本地名大辞典】
・ 岡山県浅口市鴨方町。「かは(川)」+「も(面)」+「かた(方)」で「川のそばにあるところ」という地名。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 川面(かわも): 岡山県高梁市川面町
・ 高梁川の川沿いの意味か。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 楠原(くすはら): 岡山県岡山市?
・ 楠原(くすはら)は「崩れ原」の意味。楠原佑介の名字はこの地名に由来する。【地名でわかる水害大国日本 楠原佑介 祥伝社新書】

■ 朽木(くつぎ): 岡山県美作市朽木
・ 木を植えても枯れて育たない土地のこと。「くつ」は「崩れる」に由来し、「き」は「土地」で「崩れやすい土地」を意味する。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 倉田(くらた): 岡山県岡山市中区倉田

■ 高円(こうえん): 岡山県。美作国。地名の由来は、那岐山麓にある「諾神社社記」によれば、当地はもと諾大明神の神薗(みその)であり、神薗を「こうえん」とし、高円に転じたものとしている。【角川日本地名大辞典】

■ 首部(こうべ): 岡山県岡山市北区首部
・ 地名の由来は、この地の白山神社の境内に高さ2mほどのピラミッド形の塚があり、吉備津彦命の退治した鬼の首を埋めた首塚といわれている。また、一説には源平笹ケ瀬合戦に戦死した者の塚であるともいわれ、この首塚によったものといわれている。【角川日本地名大辞典】

■ 神目(こうめ): 岡山県久米郡久米南町神目
・ 福渡の志呂神社の神部(かむべ)が転じて神目となった。もとは神目付で、昭和29年(1644年)に周辺町村と合併して久米南町となった。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

★ 

■ 皿(さら): 岡山県津山市皿
・ 佐良とも書く。北流する皿川左岸の氾濫原一帯の平地と丘陵地に位置する。地名の由来は「作陽誌」によると、当地支配の起源ともされている和気佐波良の略語佐良にあるという。なお佐良と皿との関係は定かでない。山城跡の笹山という山があり、この山を「久米の佐良山」とする説もある。【角川日本地名大辞典】

■ 宍粟(しさわ): 岡山県総社市宍粟(しさわ)

■ 宍甘(しじかい): 岡山県岡山市東区宍甘
・ 地名の由来は、古代猪鹿を飼養する部民、猪飼部がいたことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 地頭下(じとうしも): 岡山県浅口市金光町地頭下
・ 旧備中国。里見川左岸に位置する。地名は、中世に地頭の館が設けられたことにより名付けられたという。占見の桝池から当地にかけて古代の条里地割が残る。北側の山麓に磐岩神社があり、周辺は三宅と呼ばれ、もとは古代の屯倉が設けられていたといわれている。【角川日本地名大辞典】
# 地頭下村: 備中国浅口郡。当初は毛利氏の支配下にあったが、寛永9年からは岡山藩領。
※ そういや三宅(屯倉)も岡山県らしい名字だよなぁ。

■ 新免村(しんめんむら): 岡山県(旧美作国)
・ 室町期に見える村名。美作国英多(あいだ)郡のうち。粟井荘が現在の作東町北部に比定されることから、当村もその付近に比定される。【角川日本地名大辞典】

■ 千躰(せんだ): 岡山県赤磐市

■ 寒河(そうご): 岡山県備前市日生町寒河
・ 流れの速さを表す十河(そかわ)に由来すると言われる。
・ 寒河(そうご): 地名は十河(そかわ)の転訛で、渓流の多いことから名付けられたと考えられる。【角川日本地名大辞典】
・ 「さむかわ」→「さうご」→「そうご」の御変化。「冷水の流れる川」の意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

★ 

■ 鶴田(たづた): 岡山県岡山市北区建部町鶴田

★ 

■ 鯰(なまず): 岡山県美作市鯰
・ 地名の由来は梅雨の頃なまずが多くとれたことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 成羽(なりわ): 岡山県高梁市成羽町
・ 成葉とも書いた。地名は、水音の鳴り合う意から鳴輪(なるわ)・鳴波(なりわ)に由来する。平安期には「なしは」とも訓んだらしい。【角川日本地名大辞典】
・ 成羽郷: 平安期に見える郷名。「和名抄備中国下道郡十五郷の1つ。高山寺本・東急本に「奈之波」の訓がある。下道郡の北端に位置し、高梁川支流成羽川の氾濫原を中心として、現在の成羽町成羽付近に比定されている。【角川日本地名大辞典】

■ 新見(にいみ): 岡山県新見市
・ 新見盆地とその周辺は中世新見荘のあった地域で、新見の町は新見荘の市場集落から起こり、地名もそれに由来する。中世には商業地として栄え、当地方の産物である漆・紙・蝋・鉄などの集散地であり、近畿地方とも盛んに取引きのあった三日市庭の分身に新見の名を残し、新たな新見村が高梁川左岸に成立した。【角川日本地名大辞典】
・ 新見市(にいみ): 古代以来の郷名「爾比美」(「にいみ」と発音)から。新見という字を当てたのは奈良時代。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】
・ 古代の備中国哲多郡新見郷。「新家(にひのみ)」説もあるが疑問。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 新見の名は応神天皇の頃に渡来した漢人の新漢部(いまきのあやべ)の略、「新部(にひべ)」が転じたものという。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

★ 

■ 福岡(ふくおか): 岡山県瀬戸内市長船町福岡。
・ 吉井川左岸に位置する。戦国期の古城跡として稲荷山城(福岡奥之城)跡がある。なお当地は黒田氏の故地にあたり、慶長6年黒田長政が筑前国福崎に新城を筑城した際、当地名にちなみ福岡と命名した。【角川日本地名大辞典】
・ 福岡荘: 鎌倉時代から戦国時代にかけて備前国上道郡にみられた荘園名。平家が没落した後、源頼朝が拝領し、鎌倉時代末期は荘園内に「福岡市(いち)」があり、米・布・備前焼などを扱っていた。室町時代には備前国の守護の赤松氏の守護所が当地におかれ、赤松氏の被官の浦上・小寺両氏が守護代として当守護所に駐在していた。後には、山名氏も当地に守護所(福岡城)を置き、守護代の小鴨氏を配した。

■ 福崎(ふくざき): 岡山県岡山市北区福崎?
・ 足守川血吸川が合流する地点付近に位置する。「備中誌」によれば、古くはスキ崎・洲崎といっていたのが、天正年間に改められたとある。天正10年夏の高松城水攻めの際には、当地に堰堤を作って足守川をせき止め、水を流し入れた。現在もその跡が残る。【角川日本地名大辞典】
  
■ 福崎(ふくさき): 岡山県倉敷市水島福崎町

★ 

■ 真壁郷: 岡山県総社市真壁
・ 奈良時代から平安時代にかけて備中国窪屋郡に見られた郷名。「和名抄」では備中国窪屋郡五郷の1つで、東急本に「万加倍」の訓を付す。元来は白髪部郷と称したが、延暦4年光仁天皇の諱「白壁」を避けて白髪部の姓を改めて真髪部(真壁)としたのに伴い郷名も改められたと考えられる。白髪部は清寧天皇の名である白髪武広国押にちなんで設定された部民(日本書紀清寧2年2月条)。【角川日本地名大辞典】
・ 真壁村: 中世には宇喜多氏の支配を経て、慶長年間良正院(池田輝政の継室富子、徳川家康の次女)化粧料、元和元年からは岡山藩領。

■ 真鍋(まなべ): 岡山県笠岡市真鍋島
・ 島の北東部中央の通称城山に真鍋城跡があり、源平合戦で平家に組みした真鍋氏がいた。
・ 真鍋荘: 鎌倉時代から南北朝時代にかけて、備中国小田郡にあった荘園名。

■ 真庭(まにわ): 岡山県真庭市
・ 真庭市: 明治に大庭郡と真島郡が合併し、真庭郡となった歴史的背景と、合併時の公募によって決定。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】

■ 美袋(みなぎ): 岡山県総社市美袋

■ 虫明(むしあけ): 岡山県瀬戸内市邑久町虫明

■ 百枝月(ももえづき): 岡山県岡山市東区百枝月
・ 八方に枝を広げた槻の名木があり、この百枝槻を百枝月と書いて地名にしたという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 八木山(やきやま): 岡山県備前市八木山
・ 焼山とも書いた。伊里川の支流高谷川・長谷川の上流域の山間部に位置する。地名は山間の狭い谷あいを意味する「八木」に由来するという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 

★ 

■ 和気(わけ): 岡山県和気郡和気町(わけちょう)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示