岡山県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 岡山県の県名の由来 ・ 岡山県の難読地名・珍地名

★ 岡山県の名字の特徴

# 2位には岡山県独特の「三宅」がランクイン。元々は穀物を保管した「屯倉(みやけ)」と言われる。児島郡三家郷を本拠地とした一族で古代の三宅_の子孫と言われる。

# 11位の「難波」は岡山県の名字で、岡山県内に全国の約4割がいる。

# 30位に妹尾がランクインしているが、岡山県内に全国の約3割がいる。

# 「一十林(いちじゅうばやし)」という名字は読みはそのままだが、「八音」の読みというのは、名字の中でも一番長いのだそうだ。

# 岡山発祥の名家に「宇喜多」があるが、関ヶ原の戦い後八丈島に流され没落した。漢字を変えた「浮田」は瀬戸内海沿岸に残っている。

# 英田郡に見られる「新免(しんめん)」は粟倉村の地名が由来で、宮本武蔵も新免一族と言われている。

【岡山県らしい名字】

# 県内の地名由来の名字として、「妹尾(せのう)」「赤木」「守屋」「白神」「赤沢」「虫明」「宇垣」などがある。
※ 太平洋戦争時の連合艦隊参謀長の宇垣纏は今の岡山市内出身。一族には宇垣一成陸軍大将、宇垣完爾海軍中将がいるがどちらも岡山出身である。

■ 岡山県の特徴的名字: 三宅、平松、植木、白神、江見、赤木、田淵、大賀、難波、杣木。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 山本

■ 2位: 三宅

■ 3位: 藤原

■ 4位: 佐藤

■ 5位: 田中

■ 6位: 藤井

■ 7位: 井上

■ 8位: 小林

■ 9位: 渡辺

■ 10位: 岡本

■ 11位: 難波

■ 12位: 小野

■ 13位: 中村

■ 14位: 原田

■ 15位: 松本

■ 16位: 池田
# 岡山県の池田家: 岡山藩主。江戸時代のはじめに、池田忠継が岡山藩主になったが、跡継ぎがなく弟の忠雄(ただかつ)が嗣いだ。しかし、忠雄の子の光仲が1632年に鳥取藩主の池田光政と国替えされた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 17位: 片山

■ 18位: 岡田

■ 19位: 石井

■ 20位: 吉田


■ 秋庭(あきば)
# 岡山県の秋庭家: 備中国の戦国大名で相模国鎌倉郡山内荘秋庭(神奈川県横浜市戸塚区秋葉町)をルーツとし、桓武平氏の三浦氏の出。秋庭重信が承久の乱後に、備中国賀夜郡有漢郷(岡山県高梁市有漢町)の地頭となり、備中松山城を築いた。室町時代には備中国の守護代を務めた。

■ 有元(ありもと)
# 岡山県の有元家: 美作国で勢力をもった。菅原道真の子孫の菅原知頼の流れをひき、菅家(かんけ)党の中心として南北朝時代には南朝に属した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 有吉(ありよし)
# 岡山県の有吉家: 備前国和気郡吉田村(岡山県和気郡和気町)の大庄屋。

■ 板倉(いたくら)
# 岡山県の板倉家: 備中国松山藩主(5万石)の板倉家。幕末には老中を務めた。当藩の家老に、商家出身の学者の山田方谷がいた。
・ 板倉家: 備中松山藩主。足利家の四代当主の足利泰氏の二男の渋川義顕を祖とする。足利庄板倉に由来する。子孫は三河国に移り、松平氏に仕えた。【家紋:板倉巴】明治維新には子爵。

■ 宇喜多(うきた)
# 岡山県の宇喜多家: 宇喜多秀家は八丈島に流されて50年以上も生きた。宇喜多家は児島高徳の子孫で備前国宇喜多に由来する。備前国の守護代の浦上氏に仕えていたが、浦上氏を追放して美作国までおよぶ広範囲を征した。宇喜多秀家は豊臣秀吉の猶子として、57万4千石を領し前田利家の娘の豪姫と結婚し、五大老の一人となった。関ヶ原の戦いでは西軍に属して敗れた。
・ もとは豊原荘(岡山県岡山市から瀬戸内市周辺)を本拠とし、赤松家のもとで備前国の守護代をつとめた浦上家に仕えていた。宇喜多直家は主君の浦上家を滅ぼし、備前と美作の有力大名となった。その後、直家の子の秀家が関ケ原の合戦で西軍についたため改易となり八丈島に流された。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 浦上(うらがみ)
# 岡山県の浦上家: 播磨国浦上荘(兵庫県たつの市)をルーツとする。赤松家に従って、室町時代には備前国の守護代となり、戦国時代には赤松家から独立して備前、播磨、美作の一部に勢力を持ったが宇喜多家に滅ぼされた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 江原(えばら)
# 岡山県の江原家: 美作国中山手城(岡山県久米郡美咲町)城主で宇喜多氏に属した。

■ 賀陽
# 岡山県の賀陽家: 孝霊天皇の子孫と称した吉備一族の古代豪族である賀陽氏の流れをくみ、備中国賀夜郡(岡山県総社市)を本拠とした。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 木下(きのした)
# 岡山県の木下家: 北の政所(お寧)の兄の木下家定は本能寺の変の際に北の政所の護衛と称して日和見をしたので姫路から足守に所領替えとなった。家定の長男の勝俊は小浜2万5千石を領していたが、関ヶ原の戦いの後領地没収。二男の利房は高浜城主であったが西軍に属して除封の後足守藩主2万5千石。

■ 吉備(きび)
# 岡山県の吉備家: 吉備一族。

■ 清水(しみず)
# 山梨県、長野県、群馬県を中心に全国に広がる。
# 岡山県の清水(しみず)家: 桓武平氏の出で、備中国清水村(岡山県和気町)をルーツとする。清水宗治が戦国時代に毛利家に従ったが、備中高松城で豊臣秀吉の水攻めにあい切腹。子孫は長州藩士。

■ 荘(しょう)
# 岡山県の荘家: 武蔵七党の児玉党の出。荘家長が源平の合戦の功績で、備中国真壁荘(岡山県矢掛町)の地頭となった。室町時代には守護の細川家のもとで備中国の守護代を務めた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ (せき)
# 岡山県の関家: 江戸時代の備中国新見藩主の関家は、美濃国関(岐阜県関市)をルーツとする。

■ 鳥越(とりごえ)
# 岡山県の鳥越家: 江戸時代に備中国小田郡本堀村(岡山県小田郡矢掛町)に庄屋の鳥越家があった。

■ 鳩山(はとやま)
# 岡山県の鳩山家: 鳩山由紀夫・邦夫の高祖父の鳩山博房は江戸時代に美作の勝山藩に仕えていた。【家紋:尻合わせ三つ結び雁金】

■ 蒔田(まいた)
# 岡山県の蒔田家: 浅尾藩主(岡山県総社市)。豊臣秀頼の家臣であった蒔田広定が、関ケ原の合戦の後に大名となり、幕末に浅尾藩主となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ (もり)
# 岡山県の森家: 津山藩主(岡山県津山市)。相模国をルーツとし、清和源氏の源義家の流れを引く。織田信長の家臣の森可成(よしなり)の子孫。

■ 山崎(やまざき)
# 岡山県の山崎家: 備中国成羽藩主(岡山県高梁市)。宇多源氏の佐々木氏の支流で、近江国犬上郡山崎をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】


■ 岡山県の地名をルーツとする名字

■ 中国地方の名字の特徴

■ 岡山県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示