鳥取県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 余子村(あまりこそん): 鳥取県境港市
・ 明治から昭和にかけて伯耆国にみられた村名。地名の由来は古くからの産土神余子神社(境町)にちなんで命名したという。【角川日本地名大辞典】

■ 羽衣石(うえし): 鳥取県東伯郡湯梨浜町羽衣石

■ 会下(えげ): 鳥取県鳥取市気高町会下
・ 地名の由来は、「勝見名跡志」によると、奈良期から平安期に栄えたという寺内の宝照寺の僧侶らが集会する寮舎が平地にある所を会下といったためとされている。また禅家などで師の膝下で修行する所という語義から、この地に禅入寺と号する薬師堂があることに関係するとも考えられる。【角川日本地名大辞典】 

■ 尾張(おわり): 鳥取県東伯郡琴浦町尾張。地名の由来は、石賀家の元祖源太夫が関ケ原の戦の落武者として尾張国から移り住み、当地の草分けとなったことにちなむという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 方面(かたも): 鳥取県東伯郡湯梨浜町方面
・ 明治初期までは片面とも書いた。地名は「かたおも」がつまって「かたも」になったもので、山際の一方に面して家並みが続くことに由来すると伝えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 金持(かもち): 鳥取県日野郡日野町金持

■ 車尾(くずも): 鳥取県米子市車尾
・ 地名はもと「浜中の里」と呼ばれていたが、元弘年間後醍醐天皇が隠岐へ配流の道すがら、当地の深田家へ立ち寄り、「春の日のめぐるもやすき尾車のうとし思はでくらすこの里」と詠んだのにちなみ、それを逆に綴って改名したといわれ、「くずも」は「くるまお」の発音の約音であるともいう。しかし、戦国期の「老翁物語」では「くつもう」と記されており、真疑は定かでない。当地は往時、砂山や水溜りの多い入江であったが、近江佐々木氏の後裔深田氏によって開墾されたといわれる。【角川日本地名大辞典】
・ 「も」は「尾(お)」の転訛。

■ 越路(こいじ): 鳥取県鳥取市越路
・ 恋路・恋地とも書く。地名の由来は、南の池田、西の円通寺、南西の稲常にそれぞれ峠を越えて路が通じていたことにちなむという。また、一説には源範頼が関東から八頭(やず)郡霊石山最勝寺に落ちのびた時、その内室が当地に隠棲していたので常々通ったことに由来するともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 郡家(こおげ): 鳥取県鳥取市気高町郡家
地名の由来は、「因幡志」では古代の郡司の館跡であったことによるとしている。しかし、古代の郡家跡は逢坂谷中央部の上原で確認されており、水の乏しい草生地を「こおげ」ということから、逢坂谷が空谷で水に乏しいため、この地名がついたとも考えられる。【角川日本地名大辞典】
・ 古代の八上郡の郡家の所在地に由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

★ 

■ 佐斐神(さいのかみ): 鳥取県境港市佐斐神町
・ 地名の由来は、当地にある道祖神(さえのかみ)の祠にちなむという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 

★ 

■ 名和(なわ): 鳥取県西伯郡大山町名和。古くは奈和・那波・縄とも書いた。
・ 名和(なわ): 鳥取県。古くは「縄」「奈和」とも書いた。「縄」が原意に近く、縄で地域を区切る(縄張り)ことに由来する。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 新見(にいみ): 鳥取県八頭郡智頭町新見。新野見とも書き、「にいのみ」ともいう。千代(せんだい)川支流新見川沿いの平地に位置する。地名の由来は、郡内の穂見(穂野見とも本野見とも書く)の地から新しく移住してきたためとも、野見宿禰の所領になっていたためとも伝えられる。淀山城という古城があり、「因幡志」によると城主は草刈衡継。草刈氏ははじめ美作(みまさか)国勝北郡加茂より起こり、大永年間智頭(ちず)郡を攻略し当城にて因幡(いなば)・美作を平定した。【角川日本地名大辞典】

■ 根雨(ねう): 鳥取県日野郡日野町根雨
・ 地名の由来は、根雨神社の旧記によれば、昔旱魃の時、雨乞いしたところ、たちまち黒雲が起こり雨を降らし稲根を潤したことにちなむと伝えられる。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 姫路(ひめじ): 鳥取県鳥取市気高町八束水姫路
・ 姫地とも書いた。文治年間に安徳天皇を奉じて平家の武将官女が居住したことに由来すると言われる。

■ 不入岡(ふにおか): 鳥取県倉吉市

■ 別府(べふ): 鳥取県八頭郡八頭町別府
・ 八東(はつとう)川の支流私都(きさいち)川中流左岸の山すそに位置する。地名の由来については、国府の次官因幡介の居館があったことにちなむとする説があるが、当地は国府からはるかに隔たっており、疑問がある。むしろ、別府は別符の意味で、別の官符(許可書)をもらって新たに開墾した土地であったと考えられる。一宮(宇倍神社)の勢力のあった時期にはその神社領で、灯明油を貢納していたので油別府ともいったという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 御来屋(みくりや): 鳥取県西伯郡大山町御来屋
・ 御厨とも書く。地名の由来は、住吉神社の貞享元年の棟札によると、後醍醐天皇が隠岐から脱出して、当地に上陸したため、男嶋崎を御来屋と改称したという。【角川日本地名大辞典】

■ 見日(みるか): 鳥取県倉吉市

★ 

■ 屋堂羅(やどうら):  鳥取県八頭郡若桜町屋堂羅

■ 倭(やまと): 鳥取県西伯郡南部町

■ 米子(よなご): 鳥取県米子市

★ 

■ 

★ 

■ 亘理(わたり): 因幡国。鳥取県。曰理とも書く。八東(はつとう)川中流域に位置する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示