和歌山県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 且来(あっそ): 和歌山県海南市且来

■ 朝来(あっそ): 和歌山県西牟婁郡上富田町朝来

■ 有田(ありだ): 和歌山県有田市
・ 古代の郡名に由来する。
・ 大同元年、平城天皇の諱(いみな)である「安殿(あて)」と同音になることを嫌い、阿提(あて)郡から有田郡に改称した。「在(有)田」がもとからある地名であったかは不明。
※ 「ありた」市のイメージがあったが、「ありだ」か。

■ 一雨(いちぶり): 和歌山県東牟婁郡古座川町一雨
・ 和歌山県串本町の古座川の上流。以前は石触と書いた。古座川の流れが石に当たり、跳ね返ってしぶきが上がる様子を表す。
・ 地名について「続風土記」には、古座川の水が石に触れることにちなむといい、「石触の訛りで一雨は仮字なり」とある。

■ 伊藤川(いとご): 和歌山県日高郡日高川町伊藤川(いとご)。糸のごとき細渓に由来すると言われる。

■ 芋生(いもお): 和歌山県橋本市隅田町芋生
・ 地名について「続風土記」は「芋生は伊保の音便に転せしならん」とし、地内で芋を多く産したことによるとする説を誤りとしている。【角川日本地名大辞典】

■ 遠方(おちかた):  和歌山県紀の川市遠方

★ 

■ 勝神(かすかみ):  和歌山県紀の川市勝神
・ 地名はこの地の産土神社勝神大明神社に由来するものと思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 学文路(かむろ): 和歌山県橋本市

■ 串本(くしもと):  和歌山県東牟婁郡串本町

■ 九度山(くどやま): 和歌山県伊都郡九度山町九度山
・ 久戸山とも書く。地名については、高野地主神の狩場明神が犬飼明神と当地で炊事のためのクド(かまど)を築いたことにちなむとする説や、弘法大師が和泉の槙尾明神へ月に9度参詣したことに由来するという伝承があるが、詳細は不明。【角川日本地名大辞典】
※ 関ヶ原の戦い後、真田昌幸、信繁親子が流された地。

■ 国主(くにし):  和歌山県紀の川市貴志川町国主
・ 地名の由来について、「続風土記」は「国主明神鎮まり坐せる所なるを以て直に神名を以て村を呼ひ来りしなり」と記す。【角川日本地名大辞典】

■ 神前(こうざき): 和歌山県和歌山市神前
・ 竃山神社の前に位置することによる。
・ 神前(こうざき): 和歌山県。地名は、日前宮社の宮山ノ岬(福飯ケ峰)に由来し、神崎とも書いたという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 鷺ノ森(さぎのもり): 
・ 和歌山県和歌山市鷺ノ森。この地に梛の大樹があり、常に梢に白鷺が住み、遠くから見ると深雪に埋もれる山のように見えたことに由来する。

■ 重根(しこね): 和歌山県海南市重根

■ 後田(しれだ): 和歌山県紀の川市後田(しれだ)
・ 後田: 鎌倉時代から紀伊国那賀郡名手荘にみられ、鎌倉時代には「尻江田」と書いた。【角川日本地名大辞典】
この後田、続風土記では家数28、人数93。明治6年には戸数32、人口165とある。1000年以上も戸数はほとんど変わらなかったということか。

■ 周参見(すさみ): 和歌山県西牟婁郡すさみ町周参見
・ 「荒(すさ)ぶ海」が「荒海(すさみ)」に転じた。「すさんだ生活」の「すさ」ですねぇ。
・ 地名は、浪風が激しいこの地の海にちなみ、すさぶ海がすさ海になり、さらに周参見となったと伝える。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 太地(たいじ):  和歌山県東牟婁郡太地町
・ 入江の奥の平地。古くは泰地とも書いた。
・ 「たい」は平らな土地を意味する。
・ 南北朝時代に当地を領した泰地氏に由来するとか、台地に由来するともいわれる。

■ 財部(たから):  和歌山県御坊市湯川町財部

■ 防己(つづら): 和歌山県西牟婁郡すさみ町防己
・ 防己(ぼうき)とは蔓草の名で「つづらふじ」のこと。

★ 

■ 温川(ぬるみがわ): 和歌山県田辺市中辺路町温川
・ 「ぬるかわ」と読んでしまった。地名は、この地が山間部にしては比較的平坦で、川の流れがあまり急でないことに由来するという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 日高(ひだか): 和歌山県伊都郡かつらぎ町日高
・ 室町時代からみられる。紀ノ川中流の支流四邑川の最上流域の山間部に位置する。地名は「続風土記」によれば「山あれとも高からす、よく日を受くる地」という意味によると伝える。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 南部(みなべ): 和歌山県日高郡みなべ町
・ 「南部」は古くは「御名部」とも書いた。「みのべ(海辺)」に由来するともいわれる。
※ 「みなべ町」は知っていましたが、もとは「南部」とは知らなかった。難読だからひらがなにしたんでしょうね。「ひらがな」にしちゃうともとの意味が希薄になっちゃうが、この場合にはかえって「ひらがな」の方がはまるかな?「南部」では、「どこの南の方?」ってなっちゃうものね。
・ 倭名抄の日高郡の南部郷。万葉集に、「三名郡の浦潮な満ちそね鹿島なる釣する海人を見て帰り来ぬ」と詠まれた「三名郡の浦」で日高郡の最南端に位置することによる地名。あるいは「みなべ」と「いなみ」の音がよく似ているので「印南(いなみ)」と関係あるとも思われる。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 六十谷(むそた): 和歌山県和歌山市六十谷
・ 古代はこの地を「墓所谷(むしょたに)」と読んでいたが、縁起が悪いので「六十谷(むしょたに)」になり、「むそた」に転訛した。
・ 「むそた」は、「墓所谷(むしょたに)」の意味。この奥に「墓の谷」という修験者の行場があったことにちなむ。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 森小手穂(もりおてぼ):  和歌山県和歌山市森小手穂。和田川右岸の氾濫原に位置する。明治時代に森小手穂村があった。

★ 

■ 八尺鏡野(やたがの): 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町八尺鏡野
・ 皇室の三種神器の「やたの鏡」に由来する。
・ やた=「八」+「咫」
・ 付近に八咫烏(やたがらす)神社がある。

■ 山地(やまち): 和歌山県有田市山地。地名について「続風土記」には「地形に因りていふなり」とあるようだ。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示