和歌山県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 和歌山県の県名の由来 ・ 和歌山県の難読地名・珍地名

★ 和歌山県の名字の特徴

# 近畿地方は山本さんと田中さんが多いですねぇ。和歌山県内でも圧倒的に多いそうです。

# 和歌山の名字としては、東西南北などの方位を示す名字が多い。

# 県北は大阪の影響を受けているが、県内には和歌山独特の名字もある。

# 「玉置」は和歌山を代表する名字で、和歌山では「たまき」だが、他の県では「たまおき」と読むところも多い。

# 有田市の名字構成は特異的で一位は「上野山」、二位は「江川」。

【和歌山県らしい名字】

# 和歌山らしい名字として、「中西」「玉置」「榎本」「湯川」「雑賀(さいが)」「高垣」「中筋」「隅田(すだ)」などがある。

■ 和歌山県の特徴的名字: 湯川、色川、榎本、岩橋、木本、南方、九鬼、恩智、貴志、雑賀。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 山本

■ 2位: 田中

■ 3位: 中村

■ 4位: 松本

■ 5位: 前田

■ 6位: 
# 和歌山県の林家: 那賀郡上番村(和歌山県紀の川市)の旧家で、藤原北家利仁流の末裔。

■ 7位: 岡本

■ 8位: 谷口

■ 9位: 宮本

■ 10位: 坂本

■ 11位: 木村

■ 12位: 山田

■ 13位: 吉田

■ 14位: 鈴木
# 和歌山県の鈴木家: 熊野本宮大社の布教にあたった、鈴木家の総本家。のちには王子社の神職。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 15位: 井上

■ 16位: 橋本

■ 17位: 山崎

■ 18位: 久保

■ 19位: 中西

■ 20位: 玉置
# 和歌山県の玉置家: 日高郡の旧家。承久の乱の後に、日高郡の地頭となって拡がった。紀国造の子孫。紀伊国牟婁郡玉置口(和歌山県新宮市)を本拠とした。


■ 朝比奈(あさひな)
# 和歌山県の朝比奈家: 紀伊藩の重臣で当初は今川家の重臣だったが後に徳川家に仕え、その後紀州藩士になった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 安宅(あたぎ)
# 和歌山県の安宅家: 戦国時代に紀伊の水軍をひきいた。紀伊国牟婁郡安宅荘(和歌山県白浜町)を本拠とした。橘氏の子孫を称す。江戸時代には紀伊藩士。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
・ 和歌山県の安宅(あたぎ)家: 紀伊藩士。紀伊国牟婁郡安宅荘(和歌山県西牟婁郡白浜町安宅・あたぎ)をルーツとし、橘姓という。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 渥美(あつみ)
# 全国の約半数は静岡県にみられ、特に静岡市や浜松市に多い。
# 和歌山県の渥美家: 紀伊藩の重臣。三河国渥美郡(愛知県)をルーツとする。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 安藤(あんどう)
# 和歌山県の安藤家: 紀伊藩の付家老で田辺藩主。藤原氏の出という説と清和源氏の出という説がある。

■ 岩手(いわて)
# 和歌山県新宮市を中心にわずかに点在する。
# 和歌山県の岩手家: 紀伊藩士。甲斐の武田氏の庶流で、甲斐国山梨郡岩手郷(山梨県山梨市)をルーツとする。武田信玄の重臣だった岩手家を祖とする。武田家が滅亡後、徳川家に仕えた。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 上田(うえだ)
# 和歌山県の上田家: 紀伊藩士。紀伊国伊都郡隅田荘上田郷(和歌山県橋本市上田)をルーツとし、橘姓の隅田党の出。
・ 現在の橋本市と五條市周辺であった隅田(すだ)荘を領した隅田党の一つで、橘氏の出という。南北朝時代には南朝方に属し、江戸時代には紀伊藩士。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 大江(おおえ)
# 和歌山県の大江家: 東牟婁郡那智勝浦町の旧家。

■ 岡野(おかの)
# 和歌山県の岡野家: 紀伊藩の重臣。幕末には家老を務めた。

■ 小川(おがわ)
# 和歌山県の小川家: 日高郡広井原村(和歌山県田辺市龍神村)の旧家。

■ 郭(かく)
# 和歌山県の郭家: 紀伊藩の藩医。江戸時代の初頭に郭成功の乱を避けて渡来したという。

■ 狩野(かりの・かのう)
# 和歌山県の狩野家: 紀伊藩の御用絵師。狩野光信の弟子の興似の長男の興甫を祖とする。

■ (き)
# 和歌山県の紀家: 日前・国懸神宮の神官。旧紀国造家。神武天皇の時代に、天道根命が紀国造となったのが祖。

■ 狐島(きつねじま)
# 和歌山県の狐島家: 雑賀衆の一員。豊臣秀吉に敗れて帰農した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
・ 石川県鳳珠郡能登町を中心にわずかにみられる。紀伊国名草郡雑賀荘狐島(和歌山県和歌山市狐島)の旧家で、雑賀衆の一つ。豊臣秀吉の紀州平定に際して帰農した。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 日下(くさか)
# 和歌山県の日下家: 紀伊国牟婁郡三尾川村(和歌山県東牟婁郡古座川村)の旧家で信濃国の出という。江戸時代には大庄屋を務めた。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 久野(くの)
# 全国に分布するが、特に愛知県に多く見られる。
# 和歌山県の久野家: 紀伊藩の家老。藤原南家の出で、南北朝以降は今川氏に従った。戦国時代には久野城(静岡県袋井市)を本拠とし、後に分裂して徳川氏に従った一族。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 神前(こうざき)
# 和歌山県や大阪府にまとまってみられる。
# 和歌山県の神前家: 紀伊国名草郡の旧家。紀伊国名草郡神前郷(和歌山県和歌山市神前)をルーツとする。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 河野(こうの)
# 和歌山県の河野家: 紀伊藩士。天草郡の国人の末裔で伊予国の河野氏の一族。本家が滅亡した後に一族がこの地に移り住んだ。
・ 伊予国の河野家の支流。戦国時代に河野家が滅んだ際に、一族の58人が船で海草郡安井に逃れた。江戸時代には紀伊藩士。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 崎山(さきやま)
# 全国にみられるが、比較的沖縄県や和歌山県に多く見られる。
# 和歌山県の崎山家: 田殿荘(和歌山県有田川町)を本拠とした。湯浅党のひとつ。豊臣秀吉に従ったが関ヶ原の合戦で西軍に属し、敗れて帰農した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
・ 和歌山県の崎山家: 紀伊国有田郡田殿荘(和歌山県有田郡有田川町)の旧家。江戸時代には帰農した。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 栖原(すはら)
# 和歌山県の栖原家: 湯浅の豪商。紀伊国有田郡栖原(和歌山県有田郡湯浅町栖原)をルーツとし、清和源氏の出。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 寒川(そうがわ)
# 和歌山県の寒川家: 紀伊国日高郡の旧家。紀伊国日高郡寒川荘(和歌山県日高郡日高川町)をルーツとし、藤原北家秀郷流の結城氏の支流。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 竹林(たけばやし)
# 和歌山県の竹林家: 紀伊国有田郡湯浅(和歌山県有田郡湯浅町)の豪商。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 伊達(だて)
# 和歌山県の伊達家: 紀伊藩士。仙台藩の伊達氏の一族という駿河伊達氏の一族。

■ 田所(たどころ)
# 和歌山県の田所家: 紀伊国牟婁郡田辺(和歌山県田辺市)の旧家。熊野別当氏の一族。江戸時代には大庄屋。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 茶屋(ちゃや)
# 和歌山県の茶屋家: 和歌山城下の豪商。初代の茶屋四郎次郎は有名だね。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 徳川(とくがわ)
# 和歌山県の徳川家: 紀伊藩主。御三家の一つで、八代将軍吉宗をだした。徳川家康の十男の頼宣を祖とし、慶長8年(1603年)に頼宣が常陸国水戸20万石を領し、駿河国遠江国・東三河国50万石を経て、元和5年(1619年)に紀伊55万5千石を領した。【家紋:紀州六つ葵】明治維新後には侯爵。

■ 中筋(なかすじ)
# 和歌山県の中筋家: 紀伊国名草郡禰宜村(和歌山県和歌山市禰宜)の旧家で江戸時代には大庄屋を務めた。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 沼野(ぬまの)
# 和歌山県の沼野家: 和歌山城下の豪商。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 華岡(はなおか)
# 和歌山県の華岡家: 西野山村(和歌山県紀の川市)で代々医師を務めた。江戸時代に麻酔研究家の華岡青洲が出た。
・ 紀伊国那賀郡西野山村(和歌山県紀の川市西野山)の旧家。代々医家を務めた。麻酔薬を開発した華岡青洲が有名。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 堀内(ほりうち)
# 和歌山県の堀内家: 熊野新宮別当の家柄の堀内氏善は織田信長に仕えた。新宮2万7千石を領して、関ヶ原の戦いでは義父の九鬼嘉隆と一緒に西軍に属し伊勢に侵攻したが、西軍の敗戦で蟄居。氏善の子は大阪の陣で豊臣方に属したが、千姫救出への手助けで、江戸時代には旗本。

■ 堀江(ほりえ)
# 和歌山県の堀江家: 有田郡の旧家で大庄屋。

■ 増田(ますだ)
# 和歌山県の増田家: 那賀郡曽屋村(和歌山県岩出市)の旧家。

■ 三浦(みうら)
# 和歌山県の三浦家: 紀伊藩の家老で桓武平氏の三浦氏の一族。

■ 水野(みずの)
# 和歌山県の水野家: 紀伊藩の家老で新宮の領主。譜代大名の水野家の一族。

■ 陸奥(むつ)
# 和歌山県の陸奥家: 陸奥宗光の家で、紀州藩士の出。陸奥家は伊達家の一族の駿河伊達家の家系。【家紋:仙台牡丹】

■ 村上(むらかみ)
# 和歌山県の村上家: 紀伊藩士。瀬戸内海の村上水軍の一族。

■ 米良(めら)
# 和歌山県の米良家: 熊野の旧家で熊野別当氏の子孫。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 山中(やまなか)
# 和歌山県の山中家: 紀伊藩の重臣。甲賀の山中家の末裔

■ 湯橋(ゆはし)
# 和歌山県の湯橋家: 紀伊国名草郡岩橋(和歌山県和歌山市岩橋)の旧家。当初は武士だったが後に帰農し、大庄屋を務めた。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 脇村(わきむら)
# 和歌山県の脇村家: 田辺市の山林地主。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 渡辺(わたなべ)
# 和歌山県の渡辺家: 紀州藩の家老の渡辺家は嵯峨源氏の出で、和泉伯太藩主の渡辺家の一族。


■ 和歌山県の地名をルーツとする名字

■ 近畿地方の名字の特徴

■ 和歌山県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示