奈良県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 合場(あいば): 奈良県天理市
・ 饗場(あえば)の意味か。饗は田の神に新穀をあたえて饗応し、祀るところ。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 赤部(あかべ): 奈良県北葛城郡広陵町三吉赤部
・ 赤土に由来する。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 秋篠(あきしの): → 詳細

■ 蜻蛉野(あきつの): 奈良県吉野町
・ 「あきつ」は「トンボ(蜻蛉)」の古語。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 浅古(あさご): 奈良県桜井市浅古
・ 「あ(接頭語)」+「さこ(迫)」。「浅間」や「朝倉」と同義語。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 飛鳥と明日香
現在、飛鳥は明日香よりも広い地域を示す?が、古くは同じ地域を表す呼び名だった。
大和朝廷の公文書では飛鳥の表現が使われていたが、一般的には明日香の表現が使われていた。それは、この辺を明日香川が流れ馴染みがあったから。ところが、渡来人がこの辺に飛鳥坐(あすかにいます)神社を建てた。彼らは朝廷の記録係だったので、公文書にも馴染みのある飛鳥を用いた。
「あすか」は「すか」に「あ」という接頭語をつけたもので、「すか」とは、「すがすがしい」という意味。
他説としては、 「あすか」は地形に基づく地名で、「川州」がある場所をあらわす「州処(すか)」の前に接頭語の「あ」をつけたものと言われる。 東漢氏が「州処」という地名をもとに「飛鳥」名付けた。
・ 飛鳥(あすか): 奈良県高市郡明日香村飛鳥。飛鳥期から見える広域地名。阿須箇・明日香・阿須可・安須可・阿須迦などとも書く。特に明日香と書く例が多い。【角川日本地名大辞典】
・ 明日香(あすか):  奈良県高市郡明日香村。阿須箇・阿須可・安須可・阿須迦などとも書く。語源については、賀茂真淵・伴信友らの鳥名※(いすか)に由来し、この鳥が多く群生したことによるという説、ア(接頭語)スカ(住処)で集落を意味するという説、アス(崩地)カ(処)説、朝鮮系渡来者の安住地(安宿)説、ア(接頭語)スカ(洲処)説などがある。【角川日本地名大辞典】
・ 飛鳥は、「あんすく(安住の地)」という百済の言葉に由来し、渡来人の集落に由来すると言われる。
・ 羽曳野市教育委員会編纂の「歴史の散歩道」によると、「河内飛鳥」は「雄略天皇の頃に、百済から混伎(こんき)王が渡来し、天皇から飛鳥戸造(あすかべのみやっこ)の氏姓を賜り、この地を本拠地とした。」
・ 昔は、河内の飛鳥を「近つ飛鳥」、大和の飛鳥を「遠つ飛鳥」といった。
・ 飛鳥は「あ(美称的接頭語)」+「すか(州処)」に由来する。また「あす(崩壊地形)」+「か(処)」などの説がある。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 阿字万字(あぜまめ): 奈良県奈良市阿字万字町
・ 阿知麻目、阿世末女ともかく。阿字万院という坊の跡に由来する。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 足立(あだち): 奈良県宇陀市榛原足立
・ 中世には、安達・阿立とも書いた。「あだ+地」で、「あだ」は「阿田」か?【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】
※ 「あだ」「うだ」なんて音があるが、意味はなんだろ?

■ 賀名生(あのう): 奈良県五條市西吉野町賀名生。

■ 阿倍(あべ): 奈良県
・ 奈良県内には「あべ」の地名が散在する。「あべ」は「余部」の意味か?「あまべ(余戸)」に由来するか。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 井光(いかり): 奈良県川上村
・ 古くは「碇」とも書いた。
・ 「いかり」は「ヰかひ(猪養部)」の転化か?この地は猪の生息地という。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 斑鳩(いかるが): 奈良県
法隆寺のある奈良県斑鳩町。日本をはじめ世界で飼われている「家鳩」は首の後ろに数珠をかけたような黒い模様があるので、「数珠かけ鳩」と言われ、別名「斑鳩」と言われた。このあたりが、鳥の群れが飛び交う山裾にあったため、斑鳩と呼ばれるようになった。
・ 「いか(険しい地形)」+「る(接尾語)」+「か(接尾語)」地名か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 生駒(いこま): 奈良県生駒郡
・ 生駒は伊駒(いくま)で、「い(接頭語)」+「くま(隈)」。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】
・ 奈良時代には胆駒とも書いた。「ヰ(川)」+「こま(曲流)」で、「曲がりくねった川」のことか。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 石上(いそのかみ)
・  奈良県天理市の石上神宮は古社。ここには、百済から献上された剣が祭られている。その銘に「倭王旨(わおうし)にささげる」と書いてあるので、この剣は「いささわけ」の別名を持つ応神天皇に献上したものとされる。「いささわけ」の「い」は接頭語で、「わけ」は若いことを表している敬称である。つまり、応神天皇の別名の本体は「ささ」となる。
現代では、石は「いし」、磯は「いそ」だが、古代では混同されていた。従って石上は「いしのかみ」よりも響きのいい「いそのかみ」と呼ばれた。
古代人は「霊」を「もの」と呼んだ。「もの」が化けると「もののけ」となる。河内国物部氏(もののべうじ)は兵器の製造・管理をしていた氏族だが、石上の霊を祭るので「ものを祭る男」を意味する「物の夫(もののふ)」と呼ばれた。後に、それに「物部」という字を当てた。物部氏からは優れた武人が多く生まれたので、武士を「もののふ」とも呼ばれるようになった。
・ 「いそのかみ」は別名「布留(ふる)」ともいう。本居宣長は「い」を接頭語、「そのかみ」は「古い」を意味すると言った。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 犬飼(いぬかい): 奈良県五条市犬飼町

■ 井上(いね): 奈良県 田原本町
「井ノ上」の「上」は「辺り(ほとり)」のこと。現代語で、「川上」は「川の上流」を意味するが、古代語の「上(へ)」は近傍のこと。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 今井(いまい): 奈良県橿原市
・ 「今井」は「荒井」でもある。「新」は「あら」と読み、「荒れる」の意からこれを避けて、「荒井・荒居」などと好字化した。「今川」「今住」「今田」なども、「新川」「新住」「新田」に転じた。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】
・ 新井白石も、はじめは「荒井」とも書いた。

■ 忌部(いんべ): 奈良県橿原市忌部町
・ 忌部は、古代、鏡や玉などの祭器をつくり心身を清めて神に仕える職業だった。貞観11年忌部を斎部に改めたという。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 浮孔(うきあな): 奈良県大和高田市
・ 高田川と葛城川支流の住吉川との間の低地に位置する。地名は「片塩浮穴宮」の伝説地を領内にもつことによる。【角川日本地名大辞典】
・ 大和期から見える地名。安寧紀2年条に「都を片塩に遷す。是を浮孔宮と謂ふ」とあり、「古事記」安寧段には「師木津日子玉手見命、片塩の浮穴宮に坐しまして、天の下治らしめしき」と見える。「延喜式」諸陵寮にも「片塩浮穴宮御宇安寧天皇」とある。「大和志」は葛下(かつげ)郡三倉堂村に比定する。「地名辞書」は河内国大県郡(堅上・堅下郡)はもと片塩といい、片足羽河(万葉集9‐1742)はこの地を通るのでその名があるという。ただし安寧天皇とその宮の実在は疑問とされる。【角川日本地名大辞典】

■ 牛墓(うしはか): 奈良県奈良市
・ 「うし」は「大人(うし)」のことで、貴人・領主に対する敬称で、「ウスハク」ともいう。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 宇陀(うだ): 奈良県宇陀市。地名の由来は未詳であるが、「うら(浦)」や「うな(海)」に由来するとも言われる。

■ 畝傍山(うねびやま): 奈良県橿原市
・ 「畝傍」は「畝尾」で、その山の形が、あたかも畝に長い尾があるように見えることに由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 別名を「お峰(むね)山」という。「畝峰(うねお)」→「畝尾(うねお)」→「うねび」と転じた。「畝傍」の「傍」は「辺(べ)」の意味。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 宇野(うの): 「宇野」は「大野」の義か。ちなみに宇陀郡の旧室生村大野も中世には「うの」と書いた。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 東川(うのがわ): 奈良県吉野郡川上村東川
・ 地名の由来は、地内に烏川神社があり、古名は烏の川で、鵜飼いに由来する地名であろう。あるいはまた、烏は卯(東)に通じるので、東川となったとも考えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 多(おお): 奈良県磯城郡田原本町多
・ 多(おお): 奈良県磯城郡田原本町多(おお)。
・ 参考: 多(た): 群馬県の大間々扇状地に位置し、「田」とも書いた。
・ 「多」は「飲富(をふ)」を一字化したもの。「をふ」は「麻生(をふ)」のことか。
【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 忍坂(おしさか): 奈良県。現在の桜井市忍阪付近に比定される。
・ 忍阪(おっさか): 「おしさか」「おさか」ともいい、押坂・践坂・忍嶝・男坂・意紫沙加・於佐箇・意佐加などとも書いた。
地名のオシは押・大の意で女寄峠にかけての長い坂道、または押し迫った地域という地形語に由来する。また神武東征の時敵軍がこの地に押寄せて来たことに由来するとか、天皇がこの地をお忍びで通ったためともいわれるが、神武伝説に付会した説であろう。【角川日本地名大辞典】
※ なんかの本で見たような気がするんですが、記録などにあらわれる一番古い地名が「忍坂」だったような気がします。

■ 忍海(おしみ): 奈良県葛城市忍海
・ 葛城川支流安位(あに)川流域に位置する。角刺神社は顕宗即位前紀清寧天皇5年正月是月条などに見える飯豊青皇女「忍海角刺宮」の故地と伝えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 鬼取(おにとり): 奈良県生駒市鬼取町

★ 

■ 柿本(かきのもと): 奈良県葛城市柿本
・ 「姓氏録」大和国皇別には、「柿下朝臣」として、「大春日朝臣と同じき祖。天足彦国押人命の後なり。敏達天皇の御世、家の門に柿の樹有るによりて、柿本臣といふ氏と為れり」とある。柿本神社が鎮座し、人麻呂塚がある。【角川日本地名大辞典】
# 「柿本」の地には挽歌を詠む人たちが住んでおり、柿本人麻呂がその代表。

■ 橿原(かしはら): 奈良県橿原市。
・ 神武天皇の橿原宮の地という伝承に基づいた橿原神宮によるか。古代の橿原は、「かし(傾斜地)」+「はら(原)」という地名か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 奈良県橿原市は神武天皇の都。日本書紀にも「畝傍山の東南、橿原の地」とある。橿原の橿は樫のこと。原は墾(はる)のこと。【日本おもしろ地名考 服部真六 文芸社】

■ 春日: 奈良県
・  奈良市の中心部は古代には「春日」と呼ばれていた。この地名は「神の栖(すみか)」が詰まったもの。この辺りを本拠地にしていたのは春日氏で、遣隋使の小野妹子は春日氏の支流。
・ 「箇須我(かすが)」とも書いた。「春は若」、「草は日下のくさ」。春日は「若草」の意味。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 杏(からもも): 奈良県奈良市杏町。杏(からもも)の地名は唐門(からもん)に由来する。【日本おもしろ地名考 服部真六 文芸社】
・ 地名の由来は定かでないが、「からもも」は、唐門(羅城門)が転訛したものともいわれる。古書には「唐桃」「辛桃」とも見える。【角川日本地名大辞典】

■ 京終(きょうばて):  奈良県奈良市(北・南)京終町

■ 百済(くだら): 奈良県北葛城郡広陵町百済 → 詳細

■ 久米(くめ): 奈良県橿原市久米町
・ 「くめ」「くま」「こめ」は「隅」「曲」を意味する古語。「水をためる」ことを、「水をこめる」ともいう。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 小栗栖(こぐりす): 奈良県吉野郡東吉野村小栗栖
・ 「おぐるす」、あるいは「おぐりす」ともいう。地名の由来については、栗栖は国栖あるいは国樔と同義で先住土着を意味するとも考えられる。「古事記」や「日本書紀」に見える国樔地方に近接することから、国樔の分れとも考えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 越(こし): 奈良県高市郡明日香村越(こし)。高志とも書く。

■ 巨勢: 奈良県御所市(ごせし)。飛鳥期から見える地名。巨勢野は南北に細長い峡谷の平地を示すか。「延喜式」神名上には高市郡54座のうちに「許世都比古命神社」が見える。現在の明日香村越字宮坂の許世都比古命神社に比定されているが、同社は巨勢地方の産土神で、巨勢氏の祖神と考えられるので、その本拠地である旧巨勢郷内に求めるべきであろう。巨勢氏の名は史料上では地名より早くから見える。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 蛇穴(さらぎ): 奈良県御所市

■ 尺土(しゃくど): 奈良県葛城市尺土。葛下(かつげ)川上流域に位置する。北に大和の東西横貫幹線道路である横大路(竹内街道)が通じる。【角川日本地名大辞典】

■ 蛇喰(じゃはみ): 奈良県生駒市
・ 「砂崩(じゃぐえ)」という地名が「じゃぐい(蛇喰)」となり「じゃはみ」と読んだ。「蛇」は「竜」と同様に嘉名として使われた。

■ 菅原:  このあたりは別名を伏見(伏水)といったように、菅草(すがくさ)の生える湿地帯だった。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

★ 

■ 玉置山(たまきさん): 奈良県十津川村
・ 「み玉(神霊)の坐(お)わす山」という意味。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 田原本(たわらもと): 奈良県磯城郡田原本町
・ 低湿地を意味する地形語で、地形の下がったところを意味する。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】
・ 「た(接頭語)」+「はら(原)」+「もと(手前)」で、「原の手前」という地名か。「たわ(たわんだ地形)」+「ら(接尾語)」+「もと(側)」で、「低くなった所の側」とも考えられる。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 丹波市(たんばいち): 奈良県天理市丹波市町(たんばいちちょう)
・ 古くは「丹波」と言ったが、市場化して「丹波市」となった。物部多波連公が当地に住んだ事に由来するとも、丹波国から市神の夷神を勧請したのに由来するともいう。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 多武峰(とうのみね): 奈良県桜井市多武峰
・ 。田身・大務、談峰、多牟、談武など多様に表記される。多武は中大兄皇子の武勲を讃えたものであり、談山は皇子が謀議(談合)を凝らした峰であると伝承される。【角川日本地名大辞典】

■ 当麻(當麻): 奈良県葛城市當麻
・ 曲がりくねった道を古くは「タギ」といい、もともとは、「當岐麻(たぎま)」といった。後に「タギマ」が「タイマ」に転じ、「當麻」となった。

■ 十津川(とつがわ): 奈良県吉野郡十津川村
・ 十の支流が集まった川に由来する他、栃川の転化説もある。また、大和国中の外(と)つ川の郷に由来するという説もある。十津川は古くは「遠津河」と書いた。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

★ 

■ 奈良(なら): 奈良県奈良市
・ 「ナラ」は朝鮮語の「クニナラ」に由来し、「国の都」の意味。奈良は現代語の「ならす」につながる古語で平地をあらわす。
・ 渡来人が移り住んだ土地を「ナラ」と呼ばれるようになったらしく、奈良だけでなく、全国各地に「ナラ」という地名があるそうで、それらも渡来人由来の地名と言われている。
・ 奈良の地名はもともと、平城京の北にあった「平城山(ならやま)丘陵」を指した。古代には「那羅(なら)やま」と書いた。「なら」は「ならす」に通じ、「平」という意味。

■ 平城山(ならやま)駅: 奈良県奈良市佐保台
・ 土地を平にするという意味。「平(なら)す」。【難読・誤読駅名の事典 浅井建爾 東京堂出版】
・ 平城京=奈良であることによってつけられた。この京都との境であるところはナラ(なだらかな)山が続いている土地の意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 根成柿(ねなりがき): 奈良県大和高田市根成柿。
・ 単に根成ともいう。曽我川と葛城川の間の低地に位置する。小字ネナシカキは野口の神を祀る聖地で、稲生(いねなり)の神が祀られ、この稲生が根成に転じたといわれる。これに垣内をつけ根成垣内とよばれていたが、略されて根成ガキとなり柿の字をあてたものと思われる。当地の南東部に式内社稲代神社があった。地内の南根成柿は大畝(おで)町ともいわれ、出町のことと思われ、新しく開かれたところで商家も多かった。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 榛原(はいばら): 奈良県宇陀市榛原
・ 榛(はり)を切り開いた土地、または墾原(はりはら)の意味。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】
・ 「萩原(はぎわら)」から転じたともいわれる。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 箸中(はしなか): 奈良県桜井市箸中
・ 「箸」は「土師」の意味か。土師氏は菅原氏や秋篠氏に改姓した。箸中は箸墓が転じた語といわれる。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】
※ つまり、「土師氏の墓」か?

■ 箸墓(はしはか): 奈良県
・ 三輪山の神の大物主神の妻は、夜な夜な通ってくる夫の正体を知らなかったが、あるとき夫に正体を見せてもらったら、大物主神は蛇の化身だった。それを見て妻は驚き、夫は「恥をかかせたな」と怒って飛び去った。妻はそれを悔いて「箸でホトを突いて自殺した」。

■ 長谷(はせ): 奈良県桜井市
「長谷」は「長い狭間」のことで、「長谷」は「泊瀬」「初瀬」とも書く。桜井市の「長谷」は細長い谷間である。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 初瀬(はせ): 奈良県桜井市
「初瀬」は「迫(ハセ)」で狭い峡谷を意味する古語。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 吐田(はんだ): 奈良県磯城郡川西町吐田
・ 「半田」「飯田」とも書く。「はんだ」は「墾田(はりた・開墾地)」のこと。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 吐田(はんだ): 奈良県御所市
・ 「神武紀」に「高尾張邑(たかをはりのむら)」の地名を葛城に改称したという地名伝説がある。「張」も「墾(はり)」と同義語で、「はり」は「ひらく」ことを意味する。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 比布(ひう): 奈良県宇陀市榛原比布
・ 「檜生」の意味。「柳生」「葛生」などの「生」は生育地を意味する。「尾」も「生」と同じ。「松尾」など。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 稗田(ひえだ): 奈良県奈良市七条町(旧稗田村)
・ 尻枝(しりえだ)村が、「しえだ」に転じ、「ひえだ」に転じた。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 疋田(ひきだ): 奈良県奈良市疋田町
・ 秋篠川支流大池川流域、西の京丘陵に沿って位置する。地名の由来は、常福寺に伝わる文化14年頃の「植村家系図」に「上ノ城跡に村号無之、迅ニ孫兵衛ノ朱印頂戴申サレ、則奈良晒ノ一疋ノ字ヲ以テ村号トス、則改メテ云、和州添下郡疋田ト名ツケテ奈良ヨリ一里西ニ当ル」とある。また湿田が疋田となったともいわれている。【角川日本地名大辞典】

■ 疋田(ひきだ): 奈良県葛城市疋田

■ 笛堂(ふえどう): 奈良県葛城市笛堂
・ 室町期から見える地名。葛下(かつげ)郡のうち。当地は笛堂氏の本拠地。国民布施氏の一族。【角川日本地名大辞典】# 古代、この地に笛を吹く人たちが住んでいた。

■ 浮気(ふけ): 十津川村ほか。
・ 「ふけ」は「不毛」「布家」「更ケ」などとも書き、転訛して「ぼけ」と書く例もある。「ふけ池」は湿地に多く、特に周囲に濠がある古墳付近に多く見られる。

■ 二見(ふたみ): 奈良県五條市二見。吉野川右岸、南から支流丹生川が合流する地点の北側に位置する。フタミのミは水の義、すなわち「二水」のことで、曲折する吉野川に囲まれた丹生川との合流地域のことを示すか。【角川日本地名大辞典】
・ 二見村: 奈良時代から大和国宇智郡にみられた村名。
・ 二見郷: 平安時代から大和国宇智郡豊井荘にみられた郷名。郷内には二見氏が蟠踞した。同氏は清和源氏。南北朝期には一貫して南朝方であった。延元2年(建武4年)二見弥徳丸が後醍醐天皇から美濃国大榑荘地頭職を功賞として給与されている。このことから二見氏の本貫地は美濃国で、南朝に属して宇智郡に入部したものともいわれる。【角川日本地名大辞典】

■ 奉膳(ぶんぜ): 奈良県御所市奉膳

■ 平群(へぐり): 奈良県生駒郡平群町

■ ホケノ山: 奈良県桜井市大字箸中字ホケノ山
・ 「ホケ」は「フケ」に由来し、湿地を意味する。

■ 発恋(ほっこい): 奈良県磯城郡田原本町の「発恋」は、「ほつこえ」で、由来は不明だが、「初講田」のこととも言われる。静岡県浜名郡では「はつこえ」と言って、1月4日に田畑に下肥を施した。これから、正月に初めて肥料をやることを「初肥田(はつこえだ)」と言ったという。橿原市の小字に「ほつこえ」があり、現地では「ほっこいん」と発音しているようだ。由来は、同地にある「法花院」の転訛と言われる。

★ 

■ 三島(みしま): 奈良県天理市
・ 三島は水島の略か?

■ 弥山(みせん): 奈良県吉野郡にある山。

■ 三碓(みつがらす): 奈良県奈良市三碓
・ 根聖院の境内に、自然石で作った三つの唐臼の伝説がある。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

■ 守道(もち): 奈良県宇陀市大宇陀守道
・ 森道の意味と言われる。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】 

★ 

■ 柳生(やぎう): 奈良県奈良市柳生町(やぎゅうちょう)
楊生、夜支布・夜岐布・養布・養父とも書く。打滝川中流域および布目川下流域に位置する山間の小盆地。ヤギは「箭木」で「矢柄に用いる木」、すなわち「柳」とする説、ヤギは「山間の狭い谷」を示すという説、ヤが「湿地」の意で、キは場所を示す接尾語などの説がある。フは「〜になっているところ」という意味の接尾語。また柳生城跡が残り、中世末期から近世初期の柳生氏の居城。霊源坂の中ほどの左手にある平地は柳生石舟斎宗厳の居住地と伝えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 八釣(やつり): 奈良県橿原市下八釣町。奈良県高市郡明日香村八釣。

★ 

■ 

★ 

■ 和田(わだ): 奈良県天川村他
和田は曲(わだ、わた)の転訛で、県内に数カ所ある和田はいずれも河川や道路が曲がった所にある他、県内には和田の地名は小字を含めて150以上あり、そのほとんどは吉野郡内にある。万葉集には「和太(わだ)瀬」という表記もある。「和田」「輪田」は佳字。【奈良の地名由来辞典 池田末則 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示