兵庫県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 相生(あいおい): 兵庫県相生市
・ 仲良く並んで生長するという意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 「共に生きる」という瑞祥地名。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 「相生」の語源

■ 英賀(あが): 兵庫県姫路市飾磨区英賀
・ もとは飾磨町下英加。昭和11年英賀保村を飾磨町に合併した際、英賀保村の英賀と紛らわしいため栄町と改称。【角川日本地名大辞典】
・ 英賀(あが): 阿賀・安河・英加とも書く。夢前川下流左岸。地名の由来は、伊和大神の子阿賀比古・阿賀比売の2神がこの地にあることによる。【角川日本地名大辞典】
・ 英賀郷: 奈良時代から平安時代にかけて、播磨国飾磨郡にみられた郷名。東急本・高山寺本ともに訓は「安加」。「風土記」に飾磨郡十六里の1つとして「英賀里」と見える。【角川日本地名大辞典】
※ たしか、戦国時代に毛利家が小寺家(実質黒田家)を攻めるときに、水軍が上陸したのがこの地ではなかったかな?

■ 明石(あかし): 兵庫県明石市

■ 網干(あぼし): 兵庫県姫路市
・ 網干(あぼし): 兵庫県姫路市網干区。地名の由来は、宮内の魚吹八幡神社の由来書によれば、養老4年放生会の式日殺生を禁じ、氏子の漁師は網を干して社参したので網干祭といい、近郷を網干と称したという。【角川日本地名大辞典】
・ 魚をとる網や網代を干す街、漁師町を意味する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 尼崎(あまがさき): 兵庫県尼崎市

■ 余部(あまるべ): 兵庫県美方郡香美町香住区(旧・城崎郡香住町)余部

■ 有馬(ありま): 兵庫県神戸市北区有馬町

■ 居組(いぐみ): 兵庫県美方郡新温泉町居組
地名は、同一地内で縁組みする風習があり、居ながらにして縁組むという意味で命名されたという。【角川日本地名大辞典】

■ 伊丹(いたみ): 兵庫県伊丹市

■ 伊藤町(いとうまち): 兵庫県神戸市中央区伊藤町
・ 明治時代に初代兵庫県知事になった伊藤博文の名に由来する。

■ 芋生(いもお): 兵庫県川西市芋生
・ 地名は、「生」や「尾」が墓地を示すとする説のほか、鉱山を表した地名ともされている。当地は多田銀銅山の鉱脈が縦走していたことなどから、後者の説によるものであろう。【角川日本地名大辞典】

■ 鋳物師(いもじ): 兵庫県伊丹市鋳物師
・ 往古「いもじ千軒」と称し、鋳物師が軒を連ねて繁盛した地であるというが、それを裏付ける史料は不明。この地の臂岡天満宮は、菅原道真が九州配流の折、臂を枕に休んだ所という。【角川日本地名大辞典】

■ 打出小槌(うちでこづち): 兵庫県芦屋市打出小槌町(うちでこづちちょう)

■ 有年(うね): 兵庫県赤穂市有年
・ 畑の「畝」と同じ意味で、土地が小高く連なったところ。
・ 有年は「畝、畦」で、畑に作物を植えるための盛り土。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 畦野(うねの): 兵庫県川西市畦野
・ 古代に摂津国にみられた畝野といわれる牧場に由来する。

■ 長(おさ): 兵庫県加西市西長町
・ 古代豪族の長氏に由来すると言われるが諸説有り。
・ 兵庫県加西市西長町。長谷川道院の隠遁ちというが疑問。「おさ」は「稲田」の意味であろう。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 鬼神谷(おじんだに): 兵庫県豊岡市竹野町鬼神谷

■ 百千家満(おちやま): 兵庫県宍粟市一宮町百千家満
・ 「百千家満(おちやま)」自治会のホームページによると、江戸時代には「落山」と書かれ、風水害による山崩れや落石に見舞われた地名で、江戸後期から「百千家満」の表記が見られる。地元の地名伝承によると、「村の繁栄を願って『百千家満』(百も千も家が満ちるように)に改めた。」とのこと。

★ 

■ 賀集(かしゅう): 兵庫県南あわじ市賀集

■ 香住(かすみ): 兵庫県豊岡市香住
・ 地名は、香住彦命が開拓した土地であることにちなむとも、霞たなびく篠生の岡であったことにちなむともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 和坂(かにがさか): 兵庫県明石市和坂(「かにがさか」・「わさか」の二つの地名がある)

■ 柏堂(かやんどう): 兵庫県西宮市柏堂町(かやんどうちょう)
・ 「かんどう」ともいう。六甲山地南東部、夙川上流域の剣谷に位置する。古くは鷲林寺の付属地で、同寺が隆盛であった頃、当地に萱堂が設けられたことが地名の由来という。のち柏堂の字があてられたという。【角川日本地名大辞典】

■ 城崎(きのさき): 兵庫県豊岡市城崎町
・ 城崎・木前・木崎・木埼とも書く。地名の由来は、神武山の古名が木崎であったことによると伝えるが不詳。古来、城崎郡の中核部で郡名の由来となったと推定されるが、近世城下町豊岡町の成立にともなって郡名にその名を残すだけとなった。明治29年に湯島村が改称した城崎町とは区別を要する。【角川日本地名大辞典】

■ 久下(くげ): 兵庫県丹波市
・ 戦国時代から丹波国にみられた地名で、明治から昭和にかけて兵庫県氷上郡に久下村がみられた。【角川日本地名大辞典】

■ 久留麻(くるま): 兵庫県淡路市久留麻
・ 地名は、地内の式内社伊勢久留麻神社に由来するといい、古代の漢織・呉織の職工集団にちなむといわれる。また、一説には文治6年9匹の馬が淡路に来たことに由来するとも伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 黒井(くろい): 兵庫県丹波市春日町黒井
・ 緇井とも書いた。黒井川中流域。地下は亜炭層で水質が悪く、3か所の井水が飲用に重宝された。地名の由来は不詳だが、その井水が湧き続けることを願って名付けられた久留井(くるい)が転訛したという。【角川日本地名大辞典】
※ 春日局が明智光秀の重臣の斎藤利三の子の福というのは知っていたが兵庫県丹波市春日黒井の黒井城で生まれたとは初耳。
・ 黒井村: 室町時代に丹波国氷上郡にみられた村名で久留井ともいった。建武2年赤松貞範が足利尊氏から春日部荘を宛行われ、当地の北側の城山に城を築き、城下町を形成した。天正12年正月、黒井城主だった荻野直正の弟赤井時直は、徳川家康に呼応し久留井城に拠って一揆を起こしている。【角川日本地名大辞典】

■ 食満(けま): 兵庫県尼崎市食満

■ 木器(こうづき): 兵庫県三田市木器
・ 地名の由来には,木地師にちなむという説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 神戸(こうべ): 兵庫県神戸市 

■ 御着(ごちゃく): 兵庫県姫路市御国野町御着
・ 御著とも書く。地名の由来には伝承が多く、神功皇后上陸説、国分寺造営の時の聖武天皇勅使説、白河法皇・花山法皇・後醍醐天皇御幸説などがある。地内に中世末の平山城御着城跡がある。姫路城主小寺政隆が永正16年に築城してここに移り、姫路城をその出城とした。【角川日本地名大辞典】

■ 小寺(こでら): 兵庫県神戸市須磨区小寺町?

★ 

■ 篠山(ささやま): 兵庫県篠山市
・ 古くは笹山とも書いた。地名の由来は、地内の小山を聖聖(ささ)山、神聖なる山と称したことによる。篠山の山頂付近には、慶長14年徳川家康の天下普請による新城が築かれるまで、黒岡村民50戸の氏神春日神社や、戦国期八上城主波多野氏に属した篠山理左衛門尉起長・家久父子が拠った篠山城があった。【角川日本地名大辞典】

■ 佐用(さよ): 兵庫県佐用郡佐用町佐用(さよう)
・ 讃容とも書いた。「風土記」に地名由来に関する伊和大神妹背の国占めの時の神話がある。地内には、佐用兵庫介範家のいた佐用構、佐用城(福原城)跡がある。【角川日本地名大辞典】
・ 作用(さよう): 播磨国佐用郡作用町。「用」は「用作(ようさく)」のことで、豪族の自家用耕作地を意味する。「さ」は接頭語。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 三田(さんだ): 兵庫県三田市
・ 三輪神社の神田に由来する。
・ 古代皇室の料の屯田(みた)説が強いが、ここは「さんだ」と読むので、中世荘園の散在した田という意味の「散田(さんだ)」か。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 飾磨(しかま): 兵庫県姫路市

■ 志染(しじみ): 兵庫県三木市志染町
・ 志染川で川シジミ貝がとれたことに由来する。
・ 志深郷: 奈良時代から平安時代にかけて播磨国美嚢郡にみられた郷名。訓は「之々美」。縮見とも書く。「風土記」によれば、履中天皇がこの地で食事をした際しじみ貝が飯筥の縁に上がって来たので志深と名付けたという。【角川日本地名大辞典】

■ 倭文(しとおり): 兵庫県南あわじ市倭文
・ 「しとり」とも称した。倭文部(織物)の職業集団に由来する。【「倭文」の名字の由来
・ 倭文(しとり): 鳥取県鳥取市倭文。「しどり」とも読み、委文とも書いた。地名の由来は古代この地の豪族で「しずおり」という織物を織る委文部にちなむと言われる。
・ 倭文(しとり): 岡山県津山市(旧久米町倭文)
・ 倭文(しづ): 奈良時代以前は「しつ」と読み、日本古来の織物の一種を示す。楮(こうぞ)や麻などの繊維で作った糸を赤・青などに染めて横糸とし、乱れ模様に織ったもの。
・ 倭文部(しとりべ): 倭文(しづ)を織った職業部。委文部(しつおりべ)も同じ。
・ 関連地名: 「錦織

■ 夙川(しゅくがわ): 兵庫県西宮市夙川

■ 末包(すえかね):  兵庫県佐用郡佐用町末包
・ 大職冠藤原鎌足の末子が、末子と鎌の字から末兼を姓とし、当地に居住して、やがて末兼が地名になり、末包と書くようになったと言われる。【角川日本地名大辞典】

■ 須磨(すま): 兵庫県神戸市須磨区
・ 付近の海岸が「須磨の浦」と呼ばれる白砂青松(はくしゃせいしょう)の景勝地で、明石(あかし)(→明石(あかし)の浦(うら))と並び称された月の名所で知られる。在原行平(ありわらのゆきひら)が流され、海人(あま)の娘の、松風と村雨の姉妹と知り合った地として、また『源氏物語』の光源氏が都より退隠した地として名高い。古代には「須磨の関」も置かれ、「須磨の浦」とともに多く詠まれた。和歌では「海人(あま)」「塩焼き」「月」「千鳥」などを詠み込んだものが多い。【東京書籍 全訳古語辞典】
・ 須磨(すま): 旧摂津国。須末・珠馬・周麻・為間・須麻・洲磨とも書いた。六甲山地の南西端、海岸部と山間部に分かれ、地内を妙法寺川が流れる。地名の由来は、地形にちなんだ洲浜が洲間になったとする説、栖間(すま)により居住地を意味する説、摂津国の西南の隅がスマとなり、のちに改めたという説があり、ほかにもアイヌ語説、諏訪神社のスワの転訛説など諸説がある。摂津のスミ説が有力である。【角川日本地名大辞典】
※ 西日本でもアイヌ語由来か?影響が大きかったんだねぇ。
・ 須磨: 奈良時代から摂津国八部(やたべ)郡にみられる地名。

■ 洲本(すもと): 兵庫県洲本市

★ 

■ 多聞(たもん): 兵庫県神戸市垂水区多聞町
・ 地名の由来は、地内に吉祥山多聞寺があることによる。【角川日本地名大辞典】

■ 太郎太夫(たろだゆう): 兵庫県小野市(旧市場村)
・ 「たろうだゆう」ともいう。加古川の支流山田川の中〜下流域。戦国期、当地に太郎太夫・次郎太夫という働き者の兄弟がいて、人々とともに土地を開き、耕作の道をたてたので、土地の人々はその徳をたたえ地名としたという。【角川日本地名大辞典】

■ 勅旨(ちょくし): 兵庫県姫路市花田町勅旨
・ 古代の勅旨田の遺称による。字深田に勅旨垣内と呼ばれる地がある。勅旨塚跡に由来すると言われる。【角川日本地名大辞典】

■ 塚口(つかぐち): 兵庫県尼崎市塚口町
・ 地名は、古来付近一帯が古墳の群集地であることにちなむと伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 机(つくえ): 兵庫県淡路島
・ 淡路島北部、富島川河口右岸、播磨灘に面する。地名の由来は、先山千光寺縁起の狩人忠太に追われた白猪が「振着いた湊(振着江)」によると伝えるが、本来は人工的に築かれた湊、築江の転訛と考えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 都志(つし): 兵庫県洲本市五色町都志
・ 地名の由来は、出石の豆之(ずし)伝説や菅原道真伝説が関連があるとも思われる。また「つし」は土壌のことをさす「つち」(土・地)の転語で、都志川の運ぶ土砂の堆積によってできた小平野であることから名づけられたとする説もある。【角川日本地名大辞典】

■ 道意(どい): 兵庫県尼崎市道意町
・ 地名は、江戸期、新田開発を勧めた中野道意の名にちなむと思われる。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 名坂(なさか):  兵庫県姫路市安富町名坂
・ 古くは名阪とも書いた。「なさか」は「ね(根)」+「さか(坂)」の転訛で山尾根のふもとの坂による説や、「の(野)」+「さか(坂)」の転訛とする説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 祢布(にょう): 兵庫県豊岡市日高町祢布

★ 

■ 波加村: 兵庫県宍粟市波賀町
・ 奈良時代に播磨国宍粟(しさわ)郡にみられた村名。「風土記」宍禾郡雲箇里条のなかに波加村が見え、神が国土占居を争った時、天日槍命が伊和大神より先にこの地に至ったので、伊和大神はこれを怪しみ、「度(はか)らざるに先に到りしかも」と言ったため、波加村と名付けられたという。【角川日本地名大辞典】

■ 箱木村(はこぎむら): 兵庫県川辺郡猪名川町差組箱木原
・ 江戸時代から明治初頭にかけて播磨国美嚢郡にみられた村名。

■ 安口(はだかす): 兵庫県篠山市安口
・ 「はだかす」とは、サンショウウオのことで肌に糟があることに由来するらしい。サンシオオウウオはアンコウに似ている。従って「鮟鱇・あんこう」→「安口・あんこう」となった。
※ 日本の地名にはこうやって変化してきたものが沢山あるんだよなぁ。

■ 人丸町(ひとまるちょう): 兵庫県明石市人丸町
・ 柿本人麻呂に由来する。人丸前駅のホームの真ん中を、東経135度の子午線が通っている。

■ 姫路(ひめじ): 兵庫県姫路市
・ 播磨国飾東(しきとう)郡。室町時代以降に「姫路」の表記がみられ、それ以前は姫道村の表記がみられる。
・ 古くは日女道丘といい、後に姫山という小山があった。南北朝時代に赤松氏が城を築き姫路城とよんだ。「ひめ」は皇后のこと。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 「ひ(すき間)」+「め(接尾語)」+「ち(接尾語)」という地名か?不詳。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 深草(ふかくさ):  兵庫県淡路市深草
・ 古くは細河(ほそこ)と称したという。淡路島中央西部、西は播磨灘に面する。菅原道真が筑紫へ下る途次当地に立ち寄り、京都の深草に似ていることから「ああ、深草よ」と涙したのを村人が哀れんで地名を改めたと伝承する。【角川日本地名大辞典】

 別府(べふ): 兵庫県加西市別府町(べふちょう)
・ 万願寺川支流普光寺川中流域。古くは多可荘に属した。当地は在地土豪別府氏の本拠地で、別府氏は光照院領の荘官を勤めた。地名の別府(別符)は本荘の周辺に新たに開発された土地の意。別府氏は、のち江戸期には代々庄屋を勤めた。【角川日本地名大辞典】

■ 保喜(ほき): 兵庫県神崎郡市川町保喜
・ 地名の由来は、川が山に突き当たり、山は崖となり、川は深い淵となる地形により、谷川両岸の山の狭まっている所をホキという。【角川日本地名大辞典】
・ 参考: 高知県高岡郡四万十町井崎保喜

★ 

■ 売布(めふ): 兵庫県宝塚市売布
・ もとは宝塚市米谷(まいたに)・川面・切畑の各一部。町名は売布神社の社名による。【角川日本地名大辞典】

■ 母子(もうし): 兵庫県三田市母子(もうし)。
・ 毛志荘: 鎌倉時代から戦国時代にかけて丹波国多紀郡にみられた荘園名。

■ 諸寄(もろよせ): 兵庫県美方郡新温泉町諸寄
地名の由来は、古くは諸磯と書いたが、有間皇子の乱で表米親王が但馬に流罪され、天智天皇元年、夷賊が天朝を襲い西国が震動した。その時五子の赦免があり、勅して大将軍とされた。その勢揃いを当地で行ったことからもろもろのつわもの寄りし所という意で、今の諸寄に改められたという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 八木(やぎ):  兵庫県南あわじ市八木
・ 淡路島南部、三原平野の南東端、三原川中流右岸を占め、地内を成相川とその支流養宜(ようぎ)川が貫流する。地名の由来は、柳の生えている所、古代朝廷に仕えた矢作部(やはぎべ)の居住地、海人族の阿曇氏の同族八木造の居住地、応神天皇が狩りに行ったとき矢を置いて休んだ所が矢置となり、養宜に転訛したなどの諸説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 八鹿(ようか): 兵庫県養父市八鹿町
・ 地名の由来は、屋根の立ち並ぶ岡というところから起こったといわれる。【角川日本地名大辞典】
・ 兵庫県養父市八鹿町。「屋岡(やおか)」に由来し、丘陵地の麓に屋根が連なる集落があることを意味する。

■ (よろ): 兵庫県姫路市勝原区丁(よろ)

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示