兵庫県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 兵庫県の県名の由来 ・ 兵庫県の難読地名・珍地名

★ 兵庫県の名字の特徴

# 兵庫県は昔の「摂津」「但馬」「播磨」「丹後」「淡路」の五国が一緒になっているため、兵庫県全域に共通する傾向は見られない。

# 兵庫県をルーツとする名字には、上郡町を本拠地とした「赤松」があり、一族には「別所」「宇野」「上月(こうづき)」「広岡」「福原」氏がある。

# 丹波地方には「足立」や「細見」が多くみられる。

【兵庫県らしい名字】

# 

■ 兵庫県の特徴的名字: 室井、船越、阪上、宇野、丸尾、安宅、内海、魚住、室賀、波々伯部(ははかべ)。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 田中

■ 2位: 山本

■ 3位: 井上
# 兵庫県の井上家: 播磨国兵庫西出町(兵庫県神戸市兵庫区)の豪商。

■ 4位: 松本

■ 5位: 藤原

■ 6位: 小林

■ 7位: 中村

■ 8位: 吉田

■ 9位: 前田

■ 10位: 山田

■ 11位: 橋本

■ 12位: 高橋

■ 13位: 藤本

■ 14位: 山口

■ 15位: 岡本
# 兵庫県の岡本家: 摂津国武庫郡上瓦林村(兵庫県西宮市)の豪農。

■ 16位: 岡田
# 兵庫県の岡田家: 摂津国川辺郡伊丹(兵庫県伊丹市)の豪商。

■ 17位: 大西

■ 18位: 藤田

■ 19位: 山下

■ 20位: 藤井


■ 青山(あおやま)
# 全国にみられるが、とくに愛知県、北海道、東京都などに多い。
# 兵庫県の青山家: 丹波篠山藩主。上野国吾妻郡青山郷(群馬県吾妻郡中之条町青山)をルーツとし、藤原北家の花山院氏の一族。後に、三河国に転じ、松平家に仕えた。明治維新後には子爵。
# 兵庫県の青山家: 旗本。摂津国の尼崎藩主の分家。

■ 赤井(あかい)
# 兵庫県の赤井家: 丹波国氷上郡赤井村(兵庫県丹波市)をルーツとし、江戸時代には旗本。

■ 赤松(あかまつ)
# 兵庫県の赤松家: 兵庫県の赤松氏は鎌倉時代初期に播磨国佐用郡佐用荘の地頭となった宇野則景の子の家範が佐用荘赤松にちなんで称した。
・ 播磨国赤穂郡赤松(兵庫県上郡町)を本拠とし、村上源氏の出と言われる。赤松則村が北朝に属し、守護大名となったが、戦国時代に衰退した。

■ 芥田(あくた)
# 静岡県や宮崎県にまとまってみられる。
# 兵庫県の芥田家: 播磨国飾磨郡芥田(兵庫県姫路市)の鋳物師の棟梁。清和源氏の新田氏の支流の世良田氏の一族という。

■ 浅野(あさの)
# 兵庫県の浅野家: 旗本で家原浅野家。赤穂藩の浅野家の分家で寛文11年(1671年)に播磨国加東郡家原兵庫県加東市)に陣屋をおいた。二代目の長武は大石内蔵助のいとこ。

■ 芦田(あしだ)
# 兵庫県の芦田家: 江戸時代、丹波国天田郡宮村(京都府福知山市)で大庄屋を務めた。信濃国の出という。

■ 生島(いくしま)
# 兵庫県の生島家: 摂津国神戸村(兵庫県神戸市)の旧家。

■ 池田(いけだ)
# 兵庫県の池田家: 播磨国福本藩主。池田輝政の四男の輝澄が播磨国宍粟郡で3万8千石で立藩したのが祖。お家騒動で改易されたが後に復活した。池田輝政の家紋
# 兵庫県の池田家: 旗本。旧播磨国新宮藩主。

■ 石橋(いしばし)
# 兵庫県の石橋家: 摂津国河辺郡伊丹(兵庫県伊丹市)の豪商。

■ 稲田(いなだ)
# 兵庫県の稲田家: 阿波徳島藩の家老で淡路国の洲本城代としてとして1万4千石を領した。。蜂須賀家に仕えて阿波国に転じて家老となった。幕末には稲田家は討幕派にたち、佐幕派の徳島藩の蜂須賀家と対立、明治時代には北海道静内に移住した。

■ 上村
# 兵庫県の上村家: 姫路市の旧家で庄屋を務めた。

■ 内海(うつみ)
# 全国に分布する。
# 兵庫県の内海家: 播磨国揖西郡千本(兵庫県たつの市新宮町千本)の旧家。江戸時代には大庄屋で千本宿の本陣を努めた。

■ 小笠原(おがさわら)
# 兵庫県の小笠原家: 播磨国安志藩主。信濃の小笠原氏には松尾家と深志家があり、嫡流の深志家の小笠原長次が播磨国龍野6万石を立藩したのが祖。

■ 奥藤(おくとう)
# 兵庫県朝来市にまとまってみられる。
# 兵庫県の奥藤家: 播磨国赤穂(兵庫県赤穂市)の豪商。江戸時代には大庄屋。

■ 加藤(かとう)
# 兵庫県の加藤家: 姫路市の旧家で、江戸時代には運送業、明治維新後には醤油の醸造業を営んだ。

■ 嘉納(かのう)
# 兵庫県の加納家: 摂津国菟原郡御影村(兵庫県神戸市東灘区御影町 )の酒造家。もとは廻船問屋だったが、のちに酒造家となった。柔道家の嘉納治五郎はこの一族。

■ 河合(かわい)
# 兵庫県の河合家: 姫路藩の家老。藤原北家利仁流を称す。

■ 来住(きし)
# 兵庫県西脇市にまとまってみられる。
# 兵庫県の来住家: 播磨国多可郡西脇(兵庫県西脇市)の豪農。

■ 岸本(きしもと)
# 全国に分布するが、比較的兵庫県や大阪府に多い。
# 兵庫県の岸本家: 播磨国高砂町(兵庫県高砂市)の豪商。

■ 北風(きたかぜ)
# 近畿地方にまとまってみられ、兵庫県内では姫路市にまとまってみられる。
# 兵庫県の北風家: 摂津国兵庫(兵庫県神戸市)の豪商。孝元天皇の曾孫の彦也須命の末裔という。南北朝時代には南朝に属し、北風の強い日に足利尊氏の船を焼いたとして、新田義貞から軍忠状を賜り、「喜多風」と改姓、後に「北風」とした。のちに、海運業者となり、江戸時代には加賀藩の要請で北前航路を開いた。

■ 喜多野(きたの)
# 関東地方から中部地方にかけて点在する。
# 兵庫県の喜多野家: 播磨国神西軍の旧家で、「北野」とも書いた。もとは、赤松氏に仕えていたが、後に帰農し、江戸時代には姫路藩の大庄屋を務めた。

■ 京極(きょうごく)
# 兵庫県の京極家: 但馬国の豊岡藩主。近江国の京極家の末裔

■ 小西(こにし)
# 兵庫県の小西家: 伊丹市の酒造家。もとは武士で一色氏に仕えた。現在の小西酒造。

■ 近藤(こんどう)
# 兵庫県の近藤家: 播磨国加東郡太郎太夫村(兵庫県小野市)の豪農で豪商。

■ 酒井(さかい)
# 兵庫県の酒井家: 播磨国の姫路藩主。三河国幡豆郡酒井(愛知県西尾市吉良)をルーツとすると言われるが、三河国碧海郡酒井村(愛知県刈谷市)をルーツとするともいわれる。家康が今川家から独立した際には家老を務め、江戸時代には大老を努めた。

■ 桜井(さくらい)
# 兵庫県の桜井家: 摂津国の尼崎藩主。松平氏の一族。

■ 進藤(しんどう)
# 兵庫県の進藤家: 兵庫県朝来市の旧家。

■ 杉本(すぎもと)
# 兵庫県の杉本家: 丹波国多紀郡坂戸村(兵庫県篠山市)の大庄屋。

■ 仙石(せんごく)
# 兵庫県の仙石家: 但馬国の出石藩主。もとは美濃国の武士で、美濃国本巣郡中村の出で、清和源氏の土岐氏の庶流。仙石秀久が豊臣秀吉に仕えて、天正8年(1580年)に淡路国洲本で5万石を領した。後に領地没収となったが、小田原征伐で徳川氏に属し、信濃国小諸5万石を再興。江戸時代には信濃国上田を経て但馬国出石(兵庫県豊岡市出石町)5万8千石。このときに信州蕎麦を出石にもたらし、出石蕎麦となった。

■ 辰馬(たつま)
# 兵庫県の辰馬家: 西宮の酒造家。

■ 那波(なは)
# 兵庫県の那波家: 姫路城下の豪商。赤松家の支流の宇野家の流れの武士の出。戦国時代に商人となった。

■ 丹羽(にわ)
# 兵庫県の丹羽家: 播磨国の三草(みくさ)藩主。清和源氏足利氏の支流の一色氏の一族。尾張国丹羽郡丹羽荘(愛知県一宮市)をルーツとする。丹羽氏次が徳川家康に仕えて三河国伊保藩(愛知県豊田市)1万石を立藩。

■ 一柳(ひとつやなぎ)
# 兵庫県の一柳(ひとつやなぎ)家: 播磨国の小野藩主。伊予国の河野通直の子の宣高が美濃国に転じて土岐氏に仕えて一柳氏を賜ったとも言われるが、尾張国の地名由来ともいわれる。

■ 別所(べっしょ)
# 兵庫県の別所家: 播磨国三木城主の別所長治は秀吉によって滅ぼされたが、一族の重棟は秀吉に仕えて但馬八木1万5千石。赤松氏の出で、播磨国印南郡別所をルーツとする。

■ 本多(ほんだ)
# 兵庫県の本多家: 播磨国山崎藩主で本多政朝の三男の政信が寛永16年(1639年)に正勝の養子となり、承応2年(1653年)に大和国郡山で1万石で立藩した。延宝7年(1679年)に忠英が播磨国宍粟郡に移り山崎の地に陣屋をおいた。

■ 松平(まつだいら)
# 兵庫県の松平家: 播磨国の明石藩主。結城秀康の六男の直良が寛永元年(1624年)に2万5千石を分知。

■ 三木(みき)
# 兵庫県の三木家: 播磨国神埼郡の旧家。戦国武将の三木氏の末裔

■ (もり)
# 兵庫県の森家: 播磨国の赤穂藩主。織田信長の側近の森蘭丸の弟の忠政の末裔。森忠政は信濃国川中島12万石を領し、江戸時代には美作国津山18万6500石。その後改易されたが備中国西江原2万石で再興し後に赤穂に転じた。【家紋:鶴の丸】明治維新には子爵。
# 兵庫県の森家: 播磨国三日月藩主。美作国津山藩主の森長継の四男の長俊が延宝4年(1676年)に美作国勝田郡の1万5千石を分知され立藩。後に播磨国佐用郡三日月に転じた。

■ 森田(もりた)
# 兵庫県の森田家: 但馬国美含郡香住兵庫県美方郡香美町香住区)の旧家。江戸時代には大庄屋を務めた。

■ 八木(やぎ)
# 兵庫県の八木家: 但馬国造の日下部氏の出。養父郡八木谷(表現養父市)を本拠とし、戦国時代には山名家に属したが豊臣秀吉に敗れて衰退した。江戸時代には旗本。

■ 山名(やまな)
# 兵庫県の山名家: 但馬国の村岡藩主。守護大名の山名氏の末裔。

■ 脇坂(わきさか)
# 兵庫県の脇坂家: 播磨国竜野藩主(兵庫県たつの市)で、脇坂荘(長浜市)をルーツとする。脇坂安治が豊臣秀吉に仕えて、洲本(兵庫県淡路島)藩3万石の藩主となった。


■ 兵庫県の地名をルーツとする名字

■ 近畿地方の名字の特徴

■ 兵庫県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示