大阪府の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 飛鳥(あすか): 大阪府羽曳野市飛鳥。地名は、古代の渡来人が安住の地(アンスク)と称したことによるという。【角川日本地名大辞典】 

■ 猪甘津(いかいつ): 大阪府大阪市生野区

■ 生野(いくの): 大阪府大阪市生野区
・ 生野区の「生野」は、草木が生い茂った原野を意味する。「茂野(いかの)」から転じたとの説があり、また生野長者の伝承からおきた地名とも言う。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】

■ 立売堀(いたちぼり): 大阪府大阪市西区立売堀
・ 大阪の陣の時に、この地に仙台の伊達家の陣があり、そのために堀切が作られた。当初は「伊達堀(だてぼり)」と言われ、それが「いたちぼり」となった。その後、この地に木材の立ち売り場ができ、その字をあてた。

■ 犬飼(いぬかい): 大阪府岬町犬飼

■ 今津(いまづ): 大阪府大阪市鶴見区今津。

■ 梅田(うめだ):  大阪府大阪市北区梅田 → 詳細

■ 江之子島(えのこじま):  大阪府大阪市西区江之子島
・ 元は淀川河口の三角州で、古くは「難波江(なばえ)の児島(こじま)」と呼ばれていたが、「難波」が略され、「江の児島(えのこじま)」を経て「江之子島」に変化した。その他にも諸説あり。

■ 大阪(おおさか): 詳細

■ 大伴村: 大阪府富田林市。奈良時代から河内国石川郡にみられた村名。「日本書紀」敏達天皇12年条に、百済(くだら)より招かれた日羅が殺されたのち、その妻子を「石川百済村」に、水手等を「石川大伴村」においたとある。「新撰姓氏録」河内国未定雑姓に「大伴連 天彦命之後」「大友史 百済国人白猪奈世之後」とあり、大伴氏が当村を本貫としていたと推定される。【角川日本地名大辞典】

■ 尾張郷(おわりのごう): 大阪府柏原市。平安時代に河内国安宿(あすかべ)郡にみられた郷名。奈良期には「中ノ郷」と呼ばれていたとする説がある。「新撰姓氏録」河内国皇別に「尾張部。彦八井耳命之後也」とあり、郷名の由来は、尾張氏が居住していたことによると推定される。そのほか、当郷には田辺氏一族・飛鳥戸造一族も居住していた。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 柏原市(かしわら): 大阪府柏原市。片足羽川の川原(かたしわがわら)が元になったという説と、柏の木が繁っていたことに由来するなどの説がある。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】

■ 神州町(かみすちょう): 大阪府豊中市神州町。 もとは豊中市菰江(こもえ)・洲到止(すどうし)の各一部。

■ 交野(かたの): 大阪府交野市
・ 昔は「片野」と書き、片側が原野だったことに由来するともいわれる。
・ 交野: 交野は天野川右岸に広がる原野一帯を指す地名で、交野の原とも呼ばれている。古くから当地は百済王氏の居住地で、百済寺もあった。百済王氏出身の高野新笠を母とする桓武天皇は、延暦2年10月14日当地に行幸し鷹狩りをしている。一方当地は狩猟の場としてばかりでなく景勝の地として、古来和歌・物語などに引用されることが多かった。「伊勢物語」には、惟喬親王の院があった「交野の渚」付近の桜がみごとで貴族たちの交野の桜狩りを楽しんでいる様子が記されている。また「枕草子」には「野は……交野……すずろにをかしけれ」とあり、趣のある野の1つとなっており、当時「交野少将」という物語があったことも記されている。「夜半の寝覚」には「交野の萩原」とあり、当地は萩の咲く原としても有名であったと思われる。【角川日本地名大辞典】
・ 「肩」や「潟」が「交」に変わり、「交野」と表わすようになったという説が有力である。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】

■ 雁多尾畑(かりんどおばた): 大阪府柏原市雁多尾畑。

■ 私市(きさいち): 大阪府交野市私市。私部(きさべ)市の略で、隣接する私部と同じく、皇后領であったことに由来するという。【角川日本地名大辞典】
・ 「きさい」とは皇后を意味し、皇后の私有地に住む部民を「私部(きさいべ)」と言った。「私部地(きさいべち)」に由来する?

■ 喜志(きし): 大阪府富田林市喜志。支志とも書いた。

■ 岸和田(きしわだ): 大阪府岸和田市。古くは岸と呼ばれたが、中世に和田氏が住み着いて岸和田と呼ばれるようになった。

■ 衣摺(きずり): 大阪府
・ 古くは「きぬすり」と読んだ。「きぬすり」とは「木型に花や鳥の形を彫り、その上に布をおいて染料で染め出した衣」のことで、こういった職人が住んでいたことに由来する。
・ 蘇我入鹿と聖徳太子の最終決戦地として有名。

■ 伽羅橋(きゃらばし): 大阪府高石市

■ 教子(きょうし): 大阪府泉南郡岬町教子
・ 役行者母子の孝行伝説に由来する。

■ 喜連(きれ): 大阪府大阪市平野区喜連。地名は伎人を示す久礼の転訛という。当地は摂津と河内の境にあり、河内に属したこともあったものと思われる。【角川日本地名大辞典】
※ 古代の「伎人郷(くれのごう)」に由来する。「伎人」とは古代朝鮮の高句麗からの渡来人を意味した。また、渡来人たちは「伎楽(ぎがく)」にも優れて、そこから伎人と言われた。その「くれ」が訛って「きれ」となり、「喜連」の字があてられた。【阪急沿線 謎解き散歩 新人物文庫】
・ 喜連: 鎌倉時代から摂津国欠(かけ)郡にみられる地名。
・ 伎人郷(くれのごう): 奈良時代から平安時代にかけて摂津国住吉郡にみられた郷名。伎人は呉人のことで、伎人を久礼と訓むのは、本朝に帰化した呉人の才伎を以ってこのように称せられたといい、伎楽に巧みなために伎人と書いたものと考えられる。呉氏が当郷に在住していたと考えられる。「古事記伝」によれば、久礼を訛り喜連となったといわれる。当郷は現在の大阪市平野区喜連および東住吉区喜連北通付近一帯に比定される。【角川日本地名大辞典】

■ 日下(くさか): 大阪府東大阪市日下町
・ 日下は「孔舎衙(くさか)」と書き、大阪府東大阪市日下町に孔舎衙小学校の名がのこる。

■ 久代(くしろ)
# 久代(くしろ): 大阪府川西市久代。猪名川中流の西。久代の地名は全国に多く、「新撰姓氏録」摂津皇別に見える久々智氏との関係も説かれるし、また古代の装身具である釧(くしろ)を作った地ともいわれる。【角川日本地名大辞典】
# 久代(くしろ): 島根県浜田市久代町。地名の由来は「八重葎」に「久代村と号する所以は、往古刃なかりし時、竹をとがりて節となし、海士人海中に入りて鮑螺蠑の類を取るに使い候う時、古き大鯛など歯をとぎなどする事ある時、又は水中に入り岩角などにて手をいため候うときの用心に手先よりさきを布の類をかさねまき、之を手まきと云う、其後鉄の刃出来しより庖丁のゆがみたるようなるものへ柄を付け、之を剣(たち)と申す、又釧(ひちまき)此釧を久志路ト云う」「其名多しといえども惣名久代」「右節代此村より始めし故久代村と申す由」とある。【角川日本地名大辞典】
・ 「くしろ」とは「越す」に由来する。「砂丘、丘陵の小さな連なり」の地形語。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 楠葉(くずは): 大阪府枚方市楠葉
・ 古語で「クス」は崖地のことで、「ハ」は端のこと。枚方の楠葉ってそういう地形なのか?

■ 柴島(くにじま): 大阪府大阪市東淀川区柴島
・ 。当地は往古の茎の渡りにあたり、茎島の名で呼ばれ後に茎を柴(くに)と訛ったと伝えるが、また俗伝には、柴薪に利用される茎が多生したことから茎島とも称し、後に略して柴島となったとも、柴に乗った神体が当地に漂着したことから柴島と称したともいう。【角川日本地名大辞典】
・ 柴島荘(くにじましょう): 平安時代から戦国時代にかけて、摂津国西成郡にあった荘園で、「国島」ともかき「くぬしま」とも読んだ。

■ 杭全(くまた): 大阪府大阪市東住吉区杭全
・ 古代、いくつかの河川が杭状に分かれていた地形に由来するとも言われる。
・ 杭全郷: 奈良時代から鎌倉時代にかけてみられる郷名で、「和名抄」によると摂津国住吉郡五郷の1つ。高山寺本では「久万太」、東急本では「久末多」と訓み、杙俣・咋俣とも書いた。

■ 熊取: 大阪府泉南郡熊取町。
・ 熊取荘: 鎌倉時代から戦国時代にかけて和泉国日根郡にみられた荘園名。

■ 呉服(くれは): 大阪府池田市呉服町(くれはちょう)。
・呉庭荘: 平安時代末期から室町時代にかけて、摂津国豊島(てしま)郡にみられた荘園名。古くは「呉服の里」と称したともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 毛馬(けま): 大阪府大阪市都島区毛馬町。地内の毛馬城に織田氏が在陣した。

■ 神前(こうざき): 大阪府
・ 地名は、式内社神前神社の社名に由来するといわれるが、不詳。古代に船息(ふねすえ)(碇泊所)が設置されたことなどから、神前は神崎の意で、脇浜と近木川下流によって形成された三角地帯であろうと考えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 郡津(こうづ): 大阪府交野市郡津
・ この地は古くは交野郡の郡衙がおかれていた。郡衙の外港があったことに由来する。
・ 郡津(こおづ): 郡戸とも書き、「こおど」ともいう。がらと川下流左岸に位置する。地名は、古代交野(かたの)郡における郡衙の門前の集落であったことに由来するという。【角川日本地名大辞典】

■ 誉田(こんだ): 大阪府羽曳野市誉田(こんだ)
・ 応神天皇の別名を誉田別尊(ほむたわけのみこと)と言い、それに由来する。

★ 

■ 道祖本(さいのもと): 大阪府茨木市道祖本
・ 道祖(どうそ)神社に由来する。「道祖神」は「道路の悪霊を防いで通行人を守る神」だが、日本では「邪霊の進入を防ぐ神である塞の神(さいのかみ)」と習合され、「道祖神(さいのかみ)」と呼ばれた。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】

■ 新喜多(しぎた): 大阪市城東区
かつて、新喜多新田といい、共同で開墾した鴻池新十郎・鴻池喜七・今木屋多兵衛の名から一字をとった。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】

■ 鴫野(しぎの): 大阪府大阪市城東区鴫野
・ 地名はシギの群生地であったことにちなむともいうが、不明。【角川日本地名大辞典】
・ この付近には鴫が多かった。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 四條畷(しじょうなわて): 大阪府四條畷市。畷とは水田の中の条里に沿って通ずる幅1m前後の道を意味するが、貞和4年1月5日の北朝方高師直と南朝方楠木正行が当地で戦った四条畷合戦によって、その後有名となった。【角川日本地名大辞典】
・ 楠木正行が高師直に敗れて死んだ四條畷の戦い及び正行を祭神とした四條畷神社に由来する。四条は条里制に由来する。「なはて」は、「水田の中の道」のこと。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 条里制の四条の線にあたるところ。「畷」は耕地の間の道のこと。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 磯長(しなが): 大阪府南河内郡太子町
・ 科長とも書いた。二上山の南西麓、石川の南部に位置する。地内を石川の支流太井川・梅川・飛鳥川が流れ、大和・難波(なにわ)を結ぶ古道竹之内街道が東西に通る。「延喜式」諸陵寮に見える敏達天皇の「河内磯長中尾陵」、用明天皇の「河内磯長原陵」、推古天皇の「磯長山田陵」、孝徳天皇の「大坂磯長陵」、聖徳太子の「磯長墓」などのある磯長谷古墳群がある。【角川日本地名大辞典】

■ 点野(しめの): 大阪府寝屋川市点野
・ 皇室などが所有し、一般人が立ち入れなかった場所を「禁野(きんや)」と言ったが、点野も同義語。

■ 十三(じゅうそう): 大阪府大阪市淀川区十三。
・ 地名起源には条里制の十三条由来説、戦国武将供養の十三塚由来説、中津川の十三の渡し由来説などがあるが、淀川の上流から数えて13番目の渡しであったとする説が最も有力。【角川日本地名大辞典】
# 十三【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】
@ 条里制に由来する。十三は西成郡の起点で一条とされた飛田から数えて十三条にあたった。
A 渡し説。淀川の上流から数えて十三番目の渡しがあった。
B 堤説。十三とは淀川の堤防のことで、以前は十三(つつみ)と呼ばれた。
C 十三塚説: 戦国時代の武将を供養する「十三塚」があった。
D 重蔵説。淀川の対岸に住んでいた重蔵という長者が、よく渡ってきて船をつないだ場所。
# 十三: 淀川の13番目の渡しに由来する。【大阪「駅名」の謎 谷川彰英】

■ 心斎橋(しんさいばし):  大阪府大阪市中央区心斎橋筋。長堀川にかかっていた心斎橋に由来し、長堀川の開発者の岡田心斎にちなむ。

■ 新免(しんめん): 大阪府(旧摂津国)。千里川下流左岸、豊中台地中央部西斜面に位置する。地内には、弥生中期から後期の遺跡や古墳前期の新免上佃古墳、古墳後期の新免宮山古墳群がある。また、白鳳期の創立と伝えられる新免廃寺や天平期に行基の開創といわれる金寺の跡がある。【角川日本地名大辞典】

■ 吹田(すいた): 大阪府吹田市
・ 低地のために水がさかんに噴き出した田に由来する。ただ、その「ふきた」が何故「すいた」と読まれるようになったのかは不明。
・ @低地で水が噴き出したので吹田(ふきた)と称され、「すいた」読みに変わった。A当地にあった次田堀川の「次田」があやまって「吹田」と書かれた。B古くは湿地帯を「フケ」と呼んだので、「フケにできた田」の意味で「吹田」と呼ばれた。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】
・ 「すいた」は「ふけだ」の転か。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 「すき(砂地)」+「た(場所を示す接尾語)」の転か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 住吉、住之江、墨江: 大阪府大阪市住吉区。大阪府大阪市住之江区。大阪府大阪市住吉区墨江
・ 「住吉」は古代には「すみのえ」と読んで、住之江や墨江と語源は同じ。
・ 万葉集では入り江を「すみのえ」、地名を「すみよし」と使い分けした。
・ 「墨江」は「清江」で「清んだ入り江」を意味する。
・ 古事記には仁徳天皇の時代に墨江の湊が設けられたとある。遣唐使の船はここから出た。
# 阪府大阪市住吉区。大阪の住吉(すみよし)は昔は「すみのえ」と読んだ。つまり「吉」は「え」と読まれた。このような事例は滋賀県の日吉大社が「ひえたいしゃ」と読んだのと同じ。大阪弁の「ええ女」の「ええ」も「吉々(ええ)」に由来する。平安時代には住吉は「すみのえ」から「すみよし」と読まれるようになった。景勝地の安曇江(あずみのえ)から「あ」をとって「すみのえ」とした。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】

■ 住道(すんじ、すみのどう): 大阪府大阪市東住吉区住道(すんじ)矢田。大阪府大東市住道(すみのどう)。

■ 清児(せちご): 大阪府貝塚市清児
・ 奈良時代に行基がこの地で道に迷ったが、童子が親切に道案内をした。それに感激して「清らかな稚児よ」と褒めたという伝説に由来する。

■ 船場(せんば)
由来には諸説有り。
1 船着き場に由来する
2 戦場に由来する。
3 洗馬説
4 千波説: 千の波がたつほど海岸線が複雑だった。
5 その他
【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】

■ 宗右衛門町(そうえもんちょう、そえもんちょう): 大阪府大阪市中央区宗右衛門町
・ 道頓堀川の開発にたずさわった、山口屋宗右衛門町に由来する。

★ 

■ 太子(たいし): 大阪府南河内郡太子町太子。地名は聖徳太子の墓所が所在することにちなむという。

■ 淡輪(たんのわ): 大阪府泉南郡岬町淡輪
・ この地を領した淡輪氏に由来すると言われる。

■ 茅渟の海
・ 大阪湾はかつては、茅渟の海と呼んだ。五畿の水のほとんどは淀川に合流していた。茅渟(ちぬ)は、低湿地「ち(千、沢山」+「ぬ(沼)」を意味する。

■ 千早赤阪村(ちはやあかさかむら): 大阪府南河内郡千早赤阪村。千早村と赤阪村が合併して成立。

■ I見(つるみ): 大阪府大阪市鶴見区。源頼朝の鶴狩りの伝説などに由来する。
(1) 地域内の低湿地がツルの群生地であった。
(2) 治水と関わる八剣伝説をうけて、そのツルギがツルミに転訛した。
(3) 旧下之辻村の開村が源頼朝の命令といわれ、頼朝が富士の裾野での巻狩で放った多数のツルの飛来地という伝承による。

■ 堂島(どうじま): 大阪府大阪市北区堂島
・ 「古くから薬師堂のある島だったので堂島と呼ばれた」「洪水時に四天王寺の建材が漂着したので、その御堂にちなんで名付けられた」「もともと、堂の用材の置き場だった」「両側を川(革)に挟まれた地なので、鼓の筒にたとえて筒島(どうじま)とよばれた」「小川宗五という人が五花堂と称したので、五花堂島と呼ばれ、それが堂島となった」などの諸説ある。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】
・ 大阪駅は当初堂島が建設候補地だった。しかし、地元の反対があり、また土地の買収費用が足りなかったため、地価の安い梅田に建てられた。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】

■ 道頓堀(どうとんぼり): 大阪府大阪市中央区道頓堀
・ 道頓堀は秀吉から安井道頓がこの地を賜り堀の掘削に取りかかったが、安井道頓は大坂夏の陣で豊臣方として戦死。その後、従弟の安井トなどがその意思を継いで1615年に完成した。その安井道頓の名に由来する。

■ 徳庵(とくあん): 大阪府大阪市鶴見区。お寺の名前に由来する。

■ 道修町(どしゅうまち): 大阪府大阪市中央区道修町
・ この地域は古くから道修谷(どうしゅうだに)と呼ばれており、それがそのまま道修町となり、「どしょうまち」と訛った。また、「道修寺という寺」に由来するという説もある。そして、「もし腹痛が起こったらどうしよう?」という大阪弁が転訛したとも言う。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】

■ 丼池(どぶいけ): 大阪市
・ どぶのように汚い川が流れていた。昔、この地に丼鉢のような形をした池があったなどの説。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】

■ 富田林(とんだばやし): 大阪府
・  「どだ」林が語源で、「どだ」とは、湿地を表す古代語。泥田(どだ)。
・ 「富田」は「富田の芝」という原野名に由来すると言う。「とび(崩壊地形)」+「た(場所を示す接尾語)」+「はやし(林)」という地名か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

★ 

■ 中茶屋(なかのちゃや): 大阪府大阪市鶴見区中茶屋。古堤街道の中間点にあり、茶屋が点在していたことに由来する。

■ 難波(なんば): 大阪府大阪市中央区難波
・ 古くは、浪花(華)、浪速と書き、神武の東征伝説による。魚の多い大阪湾を魚庭(なにわ)と言ったという説もある。
・ 難波の「ナ」は古代朝鮮語で「太陽」を意味する。「ニハ」は同様に「口、門、窓」という意味で「日の出る聖なる場所」を意味する。【大阪「駅名」の謎 谷川彰英】

■ 奈良(なら):  大阪府茨木市奈良町。地名は、大和奈良から当地に人々が移住し、その故地の名によったという。【角川日本地名大辞典】

■ 布忍(ぬのせ): 大阪府松原市
・ 「河内鑑名所記」では「ぬのし」と訓じ「布瀬といひならハす」と注記しており、「河内名所図会」には「土人、布瀬(ののせ)といふ」と記している。【角川日本地名大辞典】

■ 寝屋(ねや): 大阪府寝屋川市寝屋。地名は星田牧の従事者の宿泊所が存在したことによるとも、東高野街道の旅人の布施屋の設備が存在したことによるともいう。東部に「御伽草子」の「鉢かづき姫」の舞台となった寝屋長者屋敷跡と伝えるところがある。【角川日本地名大辞典】

 能勢(のせ): 大阪府豊能郡能勢町。古くは野瀬とも書いた。猪名川水系の大路次川・田尻川・野間川・初谷川・余野川上流域の山地・盆地帯に位置する。地形は全体的に南に低く河川の浸食などにより小盆地が多く形成されている。地名は野の瀬に由来しているかと思われる。【角川日本地名大辞典】
・  古代の郡名に由来する。古くは野瀬ともかかれ、猪名川水系源流部の小盆地を「野の瀬」にみたてた地名との説がある。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】 

★ 

■ 八軒家(はちけんや): 大阪府大阪市。昔の渡辺津のこと。八軒の定飛脚問屋が軒を連ねていたことに由来する。

■ 放出(はなてん): 大阪府大阪市鶴見区放出。
(1) 「はなちてん」から「はなちで」、そして「はなてん」になったと伝えられ、淀川への放出口にちなむ。
(2) 草薙剣を盗み出し、新羅に逃げようとした僧道行の船が、難破してこの地に漂着したとき、神の怒りをおそれて剣を放り出したことによるとする説。
・ 第二寝屋川と長瀬川が合流し、水の放出口であることに由来する。放出の「はなちで」が「はなてん」に転化したという説もある。【難読・誤読駅名の事典 浅井建爾 東京堂出版】
・ 古代にはこの地は低湿地で、湖沼の水量調節のため「樋」などを使って旧淀川に水を放出した事に由来する。また、排出などのための暗渠を方言で「放出(はなで)」といった。その他にも諸説有るようだ。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】
・ 「はなちで」とも称した。昔、このあたりは諸河川が流れ込む沼地であり、沼地からの放出口に由来すると言われる。
・ 「はなちてん」「はなちいで」「はなって」などから転訛して「はなてん」になった。由来は諸説ある不詳。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 羽曳野市(はびきの): 大阪府羽曳野市。古事記や日本書紀が伝える日本武尊の白鳥陵が市域にあり、この白鳥伝説により白鳥が飛び立つ姿を「羽曳野」の名で表した。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】

■ 浜(はま): 大阪府大阪市鶴見区。このあたりが古川筋舟運の要衝で、枝切街道沿いに船問屋や船大工が集まっていたことに由来する。

■ 土室(はむろ): 大阪府高槻市土室
・ 土室は葉室と同じに、土器や埴輪の製作に従事した人たちや、それらの人たちが住んだ土地を表す。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】

■ 東五百住(ひがしよすみ): 大阪府高槻市東五百住町
芥川下流の支流女瀬(によぜ)川流域に位置する。地内の城垣内には戦国期の部将松永久秀の生家跡があった。【角川日本地名大辞典】
・ 東五百住村: 江戸時代から明治時代中頃にかけて摂津国島上郡みみられた村名で高槻藩領。【角川日本地名大辞典】

■ 日根野(ひねの): 大阪府泉佐野市日根野。
・ 日根野: 奈良時代から和泉国日根郡にみられる地名。

■ 福島(ふくしま): 大阪府大阪市福島区
・ 淀川の土砂が堆積してできた島の一つ。菅原道真が、風を避けてこの地に船を寄せた。その際にこの地が、「鹿鬼島(がきじま)」「葭原島(あしはらじま)」と呼ばれていることを知り、「鹿鬼」は「餓鬼」に、「葭」は「悪しき」に通じるとして、「福島」と改めるように勧めた。また、低湿地を意味する「ふけ」に由来するともいう。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】
・ 元来は島の名で瑞祥地名か?「ふけ(湿地)」+「しま(島)」の転か?【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 「ふく(福)」は、「ふけ」の転訛したもので、「ふけ」は沼沢地を意味する語で、この地は淀川筋の湿地帯にあたる。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 深日(ふけ): 大阪府泉南郡岬町深日(ふけ)
・ 「ふけい」ともいい、吹飯・吹井とも書いた。

■ 別府(べふ): 大阪府摂津市別府。古くは鰺生野(あじふの)と呼ばれていた地域のうちで、味生(あじふ)輪中の一画。【角川日本地名大辞典】 

★ 

■ 味舌(ました): 大阪府。旧摂津国。
・ 味舌荘: 平安時代から戦国時代にかけて摂津国島下郡にみられた荘園名。甘下・甘舌・真舌とも書いた。

■ 味舌上村(ましたかみむら): 大阪府摂津市。江戸時代から明治時代中頃にかけて摂津国島下郡にみられた村名。なお庄屋村・味舌下村・坪井村・正音寺(しようおんじ)村とともに味舌と通称されていた。【角川日本地名大辞典】

■ 水無瀬(みなせ): 大阪府三島郡島本町

■ 箕面(みのお): 大阪府箕面市
・ 景勝地の「箕面」に因む。「み(水)」+「おも(面)」の転で、「川沿いの地」のことか。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 高さ33mの大滝が、「箕(み)の面(おもて)」に似ていたことに由来する。「箕」とは、農機具で、「穀物をふるって、殻(から)やごみをふり分けるため」のもの。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】
・ 蓑尾とも書いた。地名は、山谷にかかる大滝の流水が「箕のおもて」に似ていることに由来すると言われる。
・ 33mの高さから流れ出る滝が、「箕(み)の面(おもて)」に似ていることに由来する。「箕」とは、竹でちりとりの形をしたように編んだ農機具。

■ 守口(もりぐち): 大阪府守口市
・ かつては「森口」とも書いた。これが後に、石山本願寺の守り口として守口に転訛した。【大阪「駅名」の謎 谷川彰英】

■ 諸口(もろくち): 大阪府大阪市鶴見区。色々な川の水利が集まって要衝となったことに由来する。 

★ 

■ 八木(やぎ): 大阪府岸和田市?大津川と春木川との間の平地および丘陵部に位置する。久米田池の灌漑地域で、地名は久米(米)にちなみ、米の美称かともいわれる。【角川日本地名大辞典】

■ 焼野(やけの): 大阪府大阪市鶴見区。周辺の河川で「葦焼き(よしやき)」が盛んだったことに由来する。

■ 安田(やすだ): 大阪府大阪市鶴見区。河内国若江郡安田村の豪族・百姓が1533年にに大和川からの水難を避けるため当地に移住し、以前住んでいた地名を村名として用いたことに由来する。

■ 横堤(よこづつみ): 大阪府大阪市鶴見区。寝屋川の古い堤に対して古川の堤が横に続いていることに由来する。

■ 五百住(よすみ): 大阪府高槻市五百住町 
・ 「安閑天皇から屯倉のために水田を差し出すように求められた地元の郡司が、ウソをついてこれを拒んだため、罰として郡司の職をとかれた。そこで郡司は春と秋に五百人の労働者を差し出すので、子孫まで罰しないでほしいと願い出た。その五百人が住んだ土地が「五百住(いおすみ)」と呼ばれ、後に「五百住(よすみ)」と転じた。【大阪 地名の由来を歩く 若一光司 ベスト新書】
・ 五百住村(よすみむら): 南北朝時代から室町時代にかけて、摂津国島上郡(大阪府高槻市)にみられた村名。【角川日本地名大辞典】


★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示