大阪府の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 大阪府の府名の由来 ・ 大阪府の難読地名・珍地名

★ 大阪府の名字の特徴

# 大阪には、西日本の各地からの移住者が多く、西日本系の名字が集まってきている。

【大阪府らしい名字】

# 大阪の南部、特に泉佐野市や岸和田市付近には大阪らしい名字が見られ、特に「谷」のつく名字が多い。「小間物谷」「岸和田谷」「日根野谷」「佐野川谷」などで屋号に由来する。

# 難波、船場、曾根崎、寝屋川、天満、澪標(みおつくし)、水尾。

# 地名由来の「芥川」「茨木」「鳥取」「能勢」「甲斐庄」「日根野」
※ 芥川: 大阪府高槻市を流れる一級河川。
※ 甲斐庄: 河内国錦部郡甲斐庄
※ 日根野: 大阪府泉佐野市日根野

・ 大阪府特有の名字集

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 田中(たなか): 大阪府の田中家

■ 2位: 山本(やまもと): 大阪府の山本家

■ 3位: 中村

■ 4位: 吉田

■ 5位: 松本

■ 6位: 井上

■ 7位: 山田

■ 8位: 山口(やまぐち): 大阪府の山口家

■ 9位: 高橋(たかはし): 大阪府の高橋家

■ 10位: 小林

■ 11位: 

■ 12位: 佐藤

■ 13位: 木村

■ 14位: 橋本

■ 15位: 前田

■ 16位: 山下

■ 17位: 

■ 18位: 渡辺(わたなべ): 大阪府の渡辺家

■ 19位: 伊藤

■ 20位: 西村


■ 青木(あおき): 大阪府の青木家

■ 池山(いけやま)
# 大阪府の池山家: 摂津国西成郡九条村(大阪府大阪市西区)の旧家。

■ 稲束(いなつか)
# 大阪府の稲束家: 摂津国池田(大阪府池田市)の豪商。

■ 稲葉(いなば)
# 大阪府の稲葉家: 和泉国南郡山直上村稲葉(大阪府)をルーツとする。

■ 今泉(いまいずみ)
# 大阪府の今泉家: 堺の菓子商で、和泉屋を号した。

■ 今西(いまにし)
# 全国にみられるが、特に関西地方にまとまってみられる。
# 大阪府の今西家: 摂津国能勢郡浜(大阪府豊中市浜)の旧家。春日大社の社家の千鳥家の一族。

■ 植田(うえだ)
# 大阪府の植田家: 河内国若江郡御厨村(大阪府東大阪市)の旧家。本陣を努めた。

■ 岡部(おかべ)
# 大阪府の岡部家: 岸和田藩主(6万石)。藤原南家の工藤氏の出で、戦国時代には駿河の今川家の家臣。今川家が滅亡後に徳川家に仕え、徳川家康の東国入りに際して下総国山崎1万2千石(千葉県野田市)。後に岸和田藩主。明治維新後には子爵。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
・ 和泉国岸和田藩主。藤原南家の出で、駿河国志太郡岡部(静岡県藤枝市岡部)をルーツとする。今川家に仕えていたが、後に徳川家に転じた。明治維新後には子爵。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 岡村(おかむら)
# 大阪府の岡村家: 摂津国島下郡中穂積村(大阪府茨木市)で代々庄屋を務めた。

■ 奥(おく)
# 大阪府の奥家: 和泉国日根郡樫井(大阪府泉佐野市南中樫井)の豪農。江戸時代には庄屋を務めた。

■ 奥野(おくの)
# 大阪府の奥野家: 堺の線香屋の老舗で、沈香屋を号した。

■ 甲斐荘(かいのしょう)
# 大阪府を中心にわずかにみられる。
# 大阪府の甲斐荘家: 河内国錦部郡甲斐荘(大阪府河内長野市)をルーツとし、楠木氏の子孫という。室町時代には河内国の畠山家に従っていたが、畠山家が滅亡の後、徳川家に仕え江戸時代には旗本。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 甲斐荘(かいのしょう): 平安時代から室町時代にかけて、河内国錦部(にしごり)郡にみられた荘園名で、石清水八幡領。

■ 梶(かじ)
# 全国に分布する。
# 大阪府の梶家: 西国街道の郡山宿(大阪府茨木市)で本陣を努めた。

■ 要(かなめ)
# 大阪府貝塚市を中心にみられる。
# 俳優の要潤は神奈川県の出身。
# 大阪府の要家: 和泉国日根郡畠中(大阪府貝塚市畠中)の旧家。もとは日根郡神前村で神前氏を称していた。豊臣秀吉の紀州攻略以降は、要氏を称した。江戸時代には岸和田藩の大庄屋。

■ 唐金(からかね)
# 大阪府の唐金家: 和泉国日根郡佐野(大阪府泉佐野市)の豪商で橘屋を号した。稼いだ金をまとめて金銀の大ひしゃくですくったので唐金屋と呼ばれた。佐野(大阪府泉佐野市)を本拠とし、江戸時代には廻船業を営んだ。

■ 北田(きただ)
# 大阪府の北田家: 摂津国交野郡私部(大阪府交野市)の旧家で、北畠顕家の子孫という。江戸時代には庄屋をつとめた。

■ 日下(くさか)
# 大阪府の日下家: 大阪市で木津屋を号した豪商。小野氏の末裔という。

■ 鴻池(こうのいけ)
# 大阪府の鴻池家: 江戸時代の豪商。もとは、出雲の尼子家の家臣で、中山鹿之介の子の幸元が酒造業をはじめて成功した。明治維新後には男爵。

■ 小谷(こたに)
# 大阪府の小谷(こたに)家: 和泉国大島郡の旧家。平頼盛の末裔といわれる。頼盛の孫の頼晴が和泉国大島郡上神谷(大阪府堺市)に地頭として移り住み、上神谷氏を称し、寛喜年間に小谷城を築いて小谷氏を称した。

■ 小西(こにし)
# 大阪府の小西家: 大坂の平野の薬種問屋。

■ 清水(しみず): 大阪府の清水家

■ 末吉(すえよし)
# 大阪府の末吉家: 摂津国住吉郡平野郷(大阪府大阪市平野区)の旧家で豪商。この地は、坂上田村麻呂の末裔が開発した土地で、一族は七家にわかれ、末吉家はその一つ。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 住友(すみとも)
# 大阪府の住友家: 大阪の豪商で桓武平氏の子孫と称す。もとは、越前丸岡城主で、柴田勝家に仕えた。住友家は17世紀に大阪に銅の貿易や精錬を行う泉屋を創業し、のちに銅山経営や金融業を行った。住友財閥。

■ 高木(たかぎ): 大阪府の高木家

■ 武田(たけだ): 大阪府の武田家

■ 津森(つもり)
# 大阪府の津森家: 住吉大社の神職。古代豪族の出で、天照大神の孫の火明命(ほあかりのみこと)の子孫を称す。

■ 津守(つもり)
# 大阪府の津守家: 住吉神社の神官。摂津国西成郡津守郷(大阪府大阪市西成区津守)をルーツとする。新撰姓氏録によると、火明命の子孫という。「住吉津を守る」に由来する。明治時代には男爵。

■ 寺田(てらだ)
# 大阪府の寺田家: 和泉国南郡岸和田大阪府岸和田市)の豪商で酒造家。先祖は武士で、関ヶ原の戦いでは西軍に属し、その後は岸和田に住んだ。

■ 寺島(てらしま)
# 大阪府の寺島(てらじま)家: 大阪三町人の一人。初代は紀伊国の出。

■ 中(なか)
# 大阪府の中家: 和泉国日根郡五門村(大阪府泉南郡熊取町五門)の旧家。元は武士だが江戸時代に帰農して大庄屋を務めた。

■ 永井(ながい)
# 大阪府の永井家: 摂津国高槻藩主。桓武平氏の長田氏の支流。代々松平家に仕えたが、徳川家康の時代に、「長田は源頼朝を謀殺した屋号である」として、永井への改名を命ぜられた。明治維新後には子爵。

■ 新川(にいがわ)
# 大阪府の新川家: 和泉国日根郡佐野(大阪府泉佐野市)の旧家で、醸造家。

■ 西田(にしだ)
# 大阪府の西田家: 摂津国島上郡高浜村(大阪府泉佐野市)の旧家で醤油の醸造業。

■ 能勢(のせ)
# 大阪府の能勢家: 摂津国能勢(大阪府能勢町)の出で、清和源氏の源頼光の子孫。鎌倉時代には御家人。室町時代には細川家の有力な家臣となった。江戸時代には旗本。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 日置(ひき)
# 大阪府の日置家: 河内国丹南郡日置荘西村(大阪府堺市東区日置庄西町)の豪農で土豪の日置氏の末裔。江戸時代には庄屋を務めた。天保年間に出羽国山形藩の領地となった丹南郡の大庄屋を務め、苗字帯刀を許された。

■ 広海(ひろみ)
# 大阪府の広海家: 和泉国南郡貝塚寺内(大阪府貝塚市)の豪商。

■ 降井(ふるい)
# 大阪府の降井家: 和泉国日根郡大久保村(大阪府泉南郡熊取町大久保)の旧家。もとは武士だが、豊臣秀吉の紀州攻めに破れ、帰農した。

■ 北条(ほうじょう)
# 大阪府の北条家: 河内国狭山藩主相模国の戦国大名の北条氏の末裔

■ 松浦(まつうら)
# 大阪府の松浦家: 和泉国の出の松浦(まつら)久信は豊臣秀吉の家臣で、伊勢井生(いう)1万石だったが、関ヶ原の戦いの前哨戦の大津城攻撃中に討ち死に。

■ 水走(みずはや)
# 大阪府の水走家: 河内国の一の宮の枚岡神社(大阪府東大阪市)の神職。「みずはい」家ともいう。河内国河内郡水走荘(大阪府東大阪市水走)をルーツとする。中臣氏の同族の古代豪速の平岡氏の子孫で、この地を開発し水走氏を称した。

■ 食野(めしの)
# 大阪府の食野家: 和泉国日根郡佐野(大阪府泉佐野市)の豪商。楠木氏の末裔。

■ 矢倉(やぐら)
# 大阪府の矢倉家: 和泉国日根郡佐野(大阪府泉佐野市)の豪商。

■ 山沢(やまざわ)
# 大阪府の山沢家: 河内国若江郡下小坂村(大阪府東大阪市下小阪)の旧家で代官と庄屋を務めた。

■ 山添(やまぞえ)
# 大阪府の山添家: 河内国交野郡寺村(大阪府交野市寺)の旧家。

■ 山村(やまむら)
# 大阪府の山村家: 大坂三町人の一つ。大和国添上郡郡山村(奈良県奈良市)の出。

■ 吉村(よしむら)
# 大阪府の吉村家: 河内国丹南郡島泉村(大阪府羽曳野市)の旧家。宇多源氏の佐々木氏の一族で、南北朝から戦国時代には丹下を名乗った。天正年間に吉村を称し、江戸時代には大庄屋。

■ 脇田(わきた)
# 大阪府の脇田家: 和泉国日根郡樽井村(大阪府泉南市樽井)の旧家。江戸時代には岸和田藩の大庄屋七人衆の一つ。


■ 大阪府の地名をルーツとする名字

■ 近畿地方の名字の特徴

■ 大阪府の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示