京都府の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 飛鳥井町(あすかいちょう): 京都府京都市上京区飛鳥井町 
・ 安土桃山時代には飛鳥井殿町ともいった。町名はかつて当地が飛鳥井氏の邸地であったことに由来し、「元亀米賄帳」には「飛鳥井殿町」とある。【角川日本地名大辞典】

■ 朝来(あせく): 京都府舞鶴市朝来西町(あせくにしまち)。
※ なお、兵庫県朝来市は「あさごし」と読む。

■ 安栖里(あせり): 京都府船井郡京丹波町安栖里
・ 「せり上がっている斜面」を表すとも言われる。
・ 由良川の川水で土砂が「せり(せりあげられ)」、「あ(集まった)」土地の意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 化野(あだしの): 京都市右京区嵯峨鳥居本化野町
・ 「仇野」や「徒野」とも書く。

■ 綾部(あやべ): 京都府綾部市

■ 綾小路(あやのこうじ):  京都府京都市下京区西綾小路
・ 平安時代からみられた通り名。名称が綾小路と定着した時期は明らかでないが、天喜2年、具足小路が錦小路と改名されたのは、綾小路に対比させるものであったという「宇治拾遺物語」所収の説話もあり、少なくとも11世紀にはこの名称が定着していたものと思われる。平安期以来、おそらく商工業の道路であったと思われるが、文献上、それを証明するものはない。現在の綾小路通は平安京の綾小路に該当する。【角川日本地名大辞典】 → 「綾小路」の名字

■ 石原(いさ): 京都府福知山市石原
・ 「小石が多い平地」を意味する。

■ 稲荷山(いなりやま): 京都市伏見区と山科(やましな)区にまたがる山。頂上が3つに分かれているので三箇峰と呼ばれ、東から一の峰、二の峰、三の峰と名づけられている。古くから神が降臨する地として尊崇された山であり、西麓に伏見稲荷大社が祀られる。これは全国稲荷社の総本社で日本三大稲荷の1つ。山名は「古事記」逸文の伊奈利の社の条に見える古代の渡来人秦氏と関連した地名起源の説話に由来する。例祭はもちろん、一年中参詣する人が多く、緑の木立に包まれた朱塗りの千本鳥居の列は有名である。【角川日本地名大辞典】
・ 山城国風土記に伏見稲荷の由来が。
 秦中家忌寸(はたねなかつへのいみき)などの遠祖である伊呂具(いろぐ)の秦公は、稲や粟を積み、富を蓄え裕福だった。ある時、餅を的にして矢を射かけたところ、餅は白い鳥になって飛びさり、山(稲荷山)の峯におりた。すると白い鳥は伊禰(稲)となって実った。そこで、ここに社を築き神社の名前にした。伊呂具の末裔は先祖の過ちを悔いて社の木を根っこごと引き抜き、家に植えて祀った。今は、その木を植えて根付けば福が舞い込み、根付かなければ福が来ないと伝わっている。
※ 過ちって、「餅を的にしたこと」?稲荷山の由来は?

■ 伊根(いね): 京都府与謝郡伊根町
・ 「い(接頭語)」+「ね(高くなった所)」という地名か?【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 一口(いもあらい): 京都府久御山町

■ 宇治(うじ): 京都府宇治市
大和の人から見て、大和よりさらに奥まった、「内なるくに」をあらわす「内つくに」が詰まって、「うじ」になった。

■ 艮町(うしとらちょう): 京都府京都市下京区艮町
町名は、西本願寺寺内のうちで艮の方向にあたることに由来する。

■ 太秦(うずまさ): 京都府京都市右京区太秦
京都の太秦(うずまさ)は、五世紀末に朝鮮半島南端の小国である金官加邪国(きんかんかやこく)から大集団で移住してきた秦(はた)氏の本拠地として栄えた。
秦氏は飛鳥時代から奈良時代にかけて京都盆地の土地開発をおこない、その結果奈良から京都への遷都のきっかけともなった。
桓武天皇の母の高野新笠は京都市西京区大枝を本拠地とする渡来系の和(やまと)氏の出。和氏は秦氏の影響下にあった。京都への遷都も風水で選ばれた。
出典: 日本地図から歴史を読む方法 武光 誠 著
・ 神奈川県秦野、羽田、波田、幡多などの地名は、秦氏由来といわれる。
・ 太秦の由来: 秦氏の先祖が初めて朝廷に絹を献上したときに、それが「うず高く」積まれていた。それを記念して秦氏が「う豆麻佐(うずまさ)」と呼ばれるようになった。
・ 「秦」は「海(はた)」の佳字で、海洋民倭人の本拠地であった狗邪韓国(くやからくに)から渡来し、渦族(うずぞく)は「巴(うづ)」とも言われ、巴は太いので「太(うづ)」とも書き、また、首長を「勝(まさる)」ともいい、「勝」に「秦」をあてて「マサ」といって、「太秦(うずまさ)」と名乗るようになった。
・ 秦氏が伏見稲荷を信仰したため、秦系の豪族の居住地には稲荷社が作られることが多かった。
・ 渡来人の秦氏(秦酒公・はたのさけのきみ)が雄略天皇に税として、絹を「うず高く積んだ」ことに由来し、朝廷から「兎豆満佐・うずまさ」の姓を賜った。そして秦氏は秦の始皇帝の子孫を自称し、「秦氏の拠点(太)」といういみで「太秦」の字をあてた。

■ 梅迫(うめざこ): 京都府綾部市梅迫町
・ 「うめ(埋め)」+「さこ(谷・迫)」で、谷間を埋めて開発した土地を意味する。
・  京都府綾部市梅迫町。「うめ(埋)」+「さこ(迫・谷がせまる所)」。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 大炊御門大路(おおいのごもんおおじ):  京都府京都市中京区西ノ京大炊御門町
・ 平安期に見える通り名。

■ 小栗栖(おぐるす): 京都府京都市伏見区小栗栖?
・明智光秀が討たれたのは山科の小栗栖(おぐるす)。

■ 愛宕里(おたぎがり): 京都府。古代、山城国愛宕(おたぎ)郡にみられた条里の里名。現在の京都市五条通りの五条坂から西側一帯に比定される。
・ 愛宕郡(おたぎぐん): かつて、山城国(京都府)にみられた郡名。「和名抄」の訓は、高山寺本に「アタコ」、刊本は「於多岐」で、山城国の最北部にあった郡。地名の由来は明らかでないが、一説に、愛宕山(右京区嵯峨愛宕町)に鎮座する阿多古社の社名に関連して、阿多古は仇子で、祭神軻遇突智神(火の神)が誕生した時、母神伊弉冉尊が身を焼かれてみまかったというところから、そのように名づけられたが、のちこの称を嫌忌して「於多岐」と改めたのだという。【角川日本地名大辞典】

■ 御室(おむろ)
平安時代の半ば、宇多天皇が退位して出家して法皇になり、仁和寺に御座所を営んだ。当時、法皇がいる所を、「君子の館」を意味する「御室(おむろ)」と言ったので、仁和寺の界隈を御室と呼ぶようになった。 

★ 

■ 樫原井戸(かたぎはらいど): 京都府京都市西京区樫原井戸
もとは川岡村岡字井戸。

■ 樫原佃(かたぎはらつくだ): 京都府京都市西京区樫原佃
もとは川岡村岡字佃。

■ 帷子ノ辻(かたびらのつじ): 京都府京都市右京区
・ 檀林皇后が亡くなった時、遺骸が身に付けていた帷子がこの辻に舞い降りたことに由来する。【京都地名の由来を歩く 谷川彰英 ワニ文庫】

■ 上七軒(かみしちけん): 京都府京都市

■ 亀岡(かめおか):  京都府亀岡市
・ 京都盆地の西に位置する。大堰川流域に広がる亀岡盆地と周辺の山地よりなる。江戸期の城下町亀山が明治になって、伊勢亀山との混同をさけるため改称【角川日本地名大辞典】

■ 祇園(ぎおん)
・ 今の八坂神社はかつては祇園感神院(かんじんいん)と呼ばれていたが、明治維新の神仏分離で、古代の八坂郷に因んで名前を変えた。
・ 656年に高麗の調進使の伊利之使主(いりのおおみ)が来朝し、新羅の牛頭(ごず)山に鎮座していた牛頭大王の神霊をもたらして祀ったのが始まり。
・ 古代インドの祇園精舎(仏道の修行の寺)に由来する。八坂神社は明治維新の神仏分離まで「祇園感神院」「祇園社」と言った。この地域は、古代には八坂郷といった。【京都地名の由来を歩く 谷川彰英】

■ 私市(きさいち): 京都府福知山市私市

■ 私市(きさいち): 京都府綾部市私市町
・ 名代部の私部に由来し、「和名抄」に見える私部郷によるという。【角川日本地名大辞典】

■ 貴船(きぶね): 京都府京都市左京区鞍馬貴船町

■ 京極(きょうごく): 京都府京都市下京区京極町
京極とは「京の果て」を表し、「極」には「境目」「分かれ目」などの意味がある。東京極大路は平安京の東の果てであった。人間界と魔界との境界。
明治時代に首都が東京に移転し、京都の町は活気を失ったが、京都府参事の槇村正直が目をつけたのが縁日で賑わっていた寺院の境内。槇村参事は、寺院の境内を接収して一大歓楽街を作った。それが新京極通りで、東京の浅草と大阪の千日前とともに「日本三大盛り場」の一つとされた。【ほんとうは怖い 京都の地名散歩 浅井建爾 PHP】

 京見峠(きょうみとうげ)
長坂越えにある峠で、太平記に後醍醐天皇の軍勢が足利尊氏を攻めるために「京中を足の下に見下す」ことが出来る京見峠に陣取ったと記載がある。

■ 清水(きよみず)
清水の地名は清水寺の建立にまつわる伝説で作られた。坂上田村麻呂が平城京にいた時、京都近くの東山のあたりに狩りに出かけた。喉が渇いた田村麻呂はきれいな泉を見つけ水を飲むと、水と共に金色の光がさした。その光に導かれた田村麻呂は観音像を祭る僧侶に出会い、感銘した田村麻呂はそこに寺を建て、「清水」にちなんで「清水寺」と名付けた。

■ 公庄(ぐじょう): 京都府福知山市大江町公庄
・ 。麻呂子親王に仕えた四勇士の一人の公庄氏が、鬼賊征伐の帰途にこの地で脚気を患って、この地に留まったことに由来する。
・ 公卿の荘園があったことに由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 鞍馬(くらま): 京都府京都市
・ 「鞍馬」の「クラ」は「クレ」で、山や海岸線などの一部が削られて凹んだ所。「マ」は場所の意味。

■ 久我(こが): 京都府京都市伏見区久我(こが)
桂川は久世(くぜ)橋の下流あたりから大きく東流し、鴨川と合流して、その後西に流れるが、その合流点付近の東に突出した低湿地にある。

■ 胡麻(ごま): 京都府南丹市日吉町胡麻
・ 地名の由来は古代に左馬寮のがあったため、駒(こま)が転じたものという。【角川日本地名大辞典】

■ 御陵(ごりょう): 京都府京都市西京区御陵?
「みささぎ」ともいう。丹波山地の東縁、老ノ坂山地の東端に位置し、西高東低の地勢、東端の平地部のほかは唐櫃越道南麓の山地に属する。南部を桂川に注ぐ荒木川が東流し、東南部で鴫谷川を合わせる。地名の由来は、天皇の杜古墳があることによる。北接の平尾山には文徳天皇の寵臣藤原良縄が天皇の菩提を弔った真如院があり、そこから天皇の杜古墳を文徳天皇陵に比定する説が古来行われている。「山城名跡志」が「田、下山田の南五町ばかりに在り、今陵村、或広野村と云ふ、田は旧号也」と記し、「府地誌」が「本村古時田邑ノ称ヲ用フ」と記すのも、ともに文徳天皇陵伝説の賜物であろう。【角川日本地名大辞典】

★ 

 相楽(さがなか): 京都府木津川市相楽

■ 三年坂: 京都府京都市
# 子安信仰の「産寧坂(さんねいざか)」に由来する。地名は文字(漢字)で伝承されるのではなく、「音(おん)」で伝承される。従って、「漢字の字面」にあまりこだわらないことが大事。そして、伝承の過程で「話しやすい(発音しやすい)」ように転訛することも多い。たとえば、京都の清水寺付近の三年坂も、当初は「産寧坂(さんねいざか)」であったが、「さんねい」は発音しにくいので、発音しやすい「さんねん」に転訛した。【京都地名の由来を歩く 谷川彰英】
# 三年坂(さんねんざか): 京都府京都市東山区
・ この坂が作られたのが大同3年(808年)だったから。
・ 三年坂は、当初は産寧(さんねい)坂と呼ばれた板。この坂道が清水寺塔頭の泰産寺の子安塔に続く坂道だったことに由来する。この「さんねい坂」が「さんねん坂」に転じ「三年」の字をあてたと言うのが定説のようだ。【ほんとうは怖い 京都の地名散歩 浅井建爾 PHP】

■ 幣原(しではら): 京都府八幡市幣原
・ 「しで」とは「神に捧げる供え物」のこと。古代は絹・木綿・麻・紙などがおも。それらの聖地を「しではら」という。名字としては神官に多い。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 周山(しゅうざん): 京都府京北町周山
ここには明智光秀が築いた周山城があった。周山は、1579年に光秀が豪族の宇津氏を滅ぼして、城を築いた時、周の武王の故事にちなんで「周山城」と名付けた。

■ 珠数屋町(じゅずやちょう): 京都府京都市下京区珠数屋町
・ 町名は、当町に珠数屋が多くあったことに由来するという。【角川日本地名大辞典】

■ 新田原(しんだわら): 山城国綴喜(つづき)郡。現在の京都府。

■ 直違橋(すじかいばし): 京都府京都市伏見区深草直違橋

■ 銭司(ぜず): 京都府木津川市加茂町銭司
・ 「でず」「です」「せず」とも発音する。和同開珎などの貨幣を鋳造した鋳銭場が当地付近にあったとされ、「相楽郡誌」には「この地東方に字金鋳山あり西方に流岡山ありて銅鉱あり……鋳銭司の遺址か」とある。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 間人(たいざ): 京都府京丹後市間入(たいざ)

 大将軍(たいしょうぐん): 京都府京都市北区大将軍。地名は地内東北に鎮座する大将軍神社に由来する。
・ 滋賀県蒲生郡日野町大窪下大将軍町
・ 京都府舞鶴市公文名大将軍
・ 京都府綾部市井倉町大将軍
・ 京都府亀岡市宮前町宮川大将軍
・ 京都府城陽市平川大将軍
・ 京都府八幡市岩田大将軍
・ 京都府京田辺市飯岡大将軍
・ 京都府南丹市園部町大西大将軍
・ 京都府木津川市山城町上狛大将軍
・ 京都府船井郡京丹波町塩田谷大将軍
・ 兵庫県明石市大久保町西脇大将軍
・ 徳島県鳴門市大津町大幸大将軍の越

 天使突抜(てんしつきぬけ): 京都府京都市下京区
・ 天使突抜(てんしつきぬけ): 京都府京都市下京区天使突抜。天使社とも号された五条天神社に至る南北の通りの両側に町並みが形成され、これが町名の由来という。【角川日本地名大辞典】

■ 栂尾(とがのを):  京都府京都市右京区梅ケ畑栂尾町

★ 

■ 椥辻(なぎつじ):  京都府京都市山科区椥辻
山科盆地中央の平坦地に位置し、西端を山科川、その東を封ジ川とその支流が南流する。地名の由来は、当地に梛(なぎ)の大木があり、四方から村の位置を知り得たので、とくに椥の字を製して村名に用いたという。【角川日本地名大辞典】
・ 椥辻郷: 室町時代に山城国宇治郡にみられた地名で南木辻とも書く。

■ 並河(なみかわ): 京都府亀岡市大井町並河
亀岡盆地のほぼ中央部、大堰川右岸に位置する。東側は大堰川の旧河道が河岸段丘下にあり、西側は条里に沿って灌漑用水路を深く広くして環濠に代え、環濠集落を形成していた。地名は大堰川と運河の並んだなかに立地することによるという。並河城址にかつて並河氏がいた。【角川日本地名大辞典】
・ 室町時代には、丹波国桑田郡并河村として名がみえる。

■ 納所(のうそ): 京都府京都市伏見区納所
・  納所とは、年貢などを収納し保管する場所。また、そこの役人のことを言う。
・ 参考: 納所(のうそ): 三重県津市納所町。地名の由来は、伊勢神宮の納所の1つであったことにちなむ。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 羽束師(はづかし) : 京都府京都市伏見区羽束師(はづかし)

■ 比叡山(ひえいざん)
天台宗を開いた最澄が比叡山で修行し、そこに道場を開いた事に由来する。
最澄が比叡山に入った後、皇室が天台宗に興味をしめし、最澄を援助して延暦寺と言う寺号を与えた。
比叡山は、もとは「ひえのやま」と呼ばれた。そして、最澄がそこに入る前は「ひえのやま」は「日枝山」と書かれた。「ひえ」と言う地名は全国に存在し、「日枝」「日吉」「比」「比衣」「比恵」などと書かれた。いずれも、「ヒエ」と言う穀物が栽培された所。
・ 日枝(ひえ)の山。日吉もかつては「ひえ」と読んだ。【京都地名の由来を歩く 谷川彰英 ワニ文庫】

■ 深草(ふかくさ): 京都府京都市伏見区
・ 「深」は深田、泥田を意味する。
・ 「草」はフサ・フシ・フセと同様に水辺の底湿地を意味する。
・現在の京都市伏見区北部一帯。陵墓が多く、貴族の別荘地でもあった。草深い所とされ、月の名所として知られる。和歌では草原にすむ「鶉(うづら)」とともに詠まれることが多い。【全訳古語辞典・東京書籍】
・ 深草ケナサ町(ふかくさけなさちょう): 京都府京都市伏見区深草ケナサ町。もとは深草町深草字ケナサ。町名は現在の砂川を中世にケナサ川と称したことによる。【角川日本地名大辞典】
※ 「砂川」を「ケナサ川」といった由来はなんだろうねぇ?

■ 福知山(ふくちやま): 京都府福知山市

■ 伏見(ふしみ): 京都市伏見区
・ 伏見は古来、伏水と書かれた。桃山丘陵からの伏流水に由来する。
・ 伏見(ふしみ): 京都府京都市伏見区深草の南、鳥羽の東の地。平安時代以後、貴族の別荘地となり、豊臣秀吉の伏見城(=桃山城)築城後は城下町として発展した名水の地。江戸時代には京都と大坂を結ぶ淀(よど)川水運の要地として栄えた。和歌では「伏し身」にかけて用いられる。【全訳古語辞典・東京書籍】
・ 伏見(ふしみ): 俯見・臥見・伏水とも書く。山城国紀伊(きい)郡の東南部を占め、南は宇治川・巨椋池に接し、東に東山連峰南端の桃山丘陵を背負う。地名の起こりについては、「巨椋乃入江響奈利射目人乃伏見向田井爾雁渡良之」(万葉集)と柿本人麻呂が詠んだように、狩猟場である巨椋池を狩人が「伏し見る」場としたからとする説(京都の歴史、ただし、この歌の伏見は久世(くぜ)郡伏見田井村とする異見もある)、「伏水」の字義から、巨椋池に枕する地形ゆえに、あるいは宇治川の水が伏し湛うる所だからとする説、大和国菅原伏見に土師氏の長が住むため、「伏見」の名が土師部の代名詞となり、山城国の土師部居住地も「伏見」と称されるようになったとする説など諸説があるが、定説はない。【角川日本地名大辞典】

■ 祝園(ほうその): 京都府相良郡精華町
・ 祝園(ほうその): 京都府相楽郡精華町祝園。地名の由来は地内の祝園神社によるものか。同社は小字波布里曽能(はぶりその)に鎮座。同社の毎年正月初めの申の日から亥の日までの神事は、いっさいの音を禁じ静かに居するので、特に居籠(いごもり)と呼ばれ、奇祭とされる。往古、崇神天皇時代、武埴(たけはに)安彦が反乱を起こしたが敗れ、多くの兵士が切り殺されたことから、その死者を葬った地に「はぶりその」の地名が起こり、やがて「ほうその」に転訛したという。また「府地誌」は「本村ノ名義神武天皇長髓彦ヲ泉川ニ伐テ之ヲ亡シ玉フトキ、土人長髓彦ノ霊祟リヲナスヲ恐レ、為ニ祠ヲ設ケ其霊ヲ祝祭ス、後世取テ村名トナス」との説もかかげて、いずれを是とすべきか不詳であるとしている。【角川日本地名大辞典】
・ 神社の警備や管轄する祝部(はふりべ)に由来すると言われる。
・ 日本書紀の崇神紀に「羽振苑(はふりその)」、古事記に「波布理曽能」とあり、祝園に二字化した。式内祝園神社がある。斎城の意味か。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 先斗町(ぽんとちょう): 京都府京都市
京都の先斗町(ぽんとちょう)はポルトガル語のPontaに由来し、先端を意味する。英語のPointと同じ。
また、鴨川と広瀬川に挟まれた堤にあり、堤→鼓→ポンとなる、から先斗町となったという説もある。 

★ 

■ 松尾寺(まつのおでら): 京都府舞鶴市字吉坂。松尾寺に由来する。【難読・誤読駅名の事典 浅井建爾 東京堂出版】

■ 万里小路(までのこうじ): 京都府京都市下京区万里小路町
・ 平安期に見える通り名。平安期から鎌倉期にかけての万里小路は主として二条大路以北が邸宅街として利用されていたほどで、特徴ある道路とはなっていない。室町期には定朝の正統を誇る院派の万里小路仏所があった。正確な位置については不明だが、おだやかな様式をもつ仏所であった。ほぼ、現在の柳馬場通(やなぎのばんばどおり)に該当する。【角川日本地名大辞典】

■ 深泥池(みぞろがいけ、みどろがいけ): 京都府京都市北区
・ 深泥池(みどろがいけ): 「みぞろがいけ」ともいい、美度呂池・美曽呂池などとも書く。京都盆地の北東部、京都市北区松ケ崎丘陵の南麓にある池。【角川日本地名大辞典】

■ 味土野(みどの): 京都府
・ 須川村: 京都府京丹後市弥栄町の須川。江戸時代から明治時代中頃にかけて丹後国与謝郡にみられた村名。もと野間村内の1集落であったが、野間村が須川・野中両村に分村、野間村のうち須川集落以南の霰・大谷・来見谷・住山・味土野などを合わせて須川村となる。地内の味土野(みどの)は本能寺の変後に細川ガラシャ夫人が幽閉された場所。【角川日本地名大辞典】

■ 壬生(みぶ): 京都府京都市中京区壬生
・ かつては、「水生(みずぶ)」と書いた。湿地帯の意味。壬生菜は水菜。【京都地名の由来を歩く 谷川彰英 ワニ文庫】

■ 百足屋(むかでや): 京都府京都市中京区

■ 向日(むこう): 京都府向日(むこう)市
・ 向(むこう)神社に由来する。現在は向日神社と書く。

■ 武者小路町(むしゃこうじちょう): 京都府京都市上京区武者小路町
・ 以前は「中武者小路」と呼んだ。
・ 武者小路通(むしゃのこうじどおり): 無車小路通とも書く。江戸期から見える通り名。名称の由来、開通時期は不詳。【角川日本地名大辞典】

■ 物集(もずめ): 京都府向日市物集女町(もずめちょう)
・ 昔は「鵙目(もずめ)」と書いた。
・  地名は「和名抄」に見える乙訓(おとくに)郡十一郷の1つである物集郷による。物集の由来は仁徳陵造営で著名な河内国大鳥郡百舌鳥に分布した土師氏の支族が当地に来住したことによるという。【角川日本地名大辞典】
・ 物集郷(もずめのごう): 平安時代に見られる郷名。「和名抄」では山城国乙訓郡十一郷の1つ。高山寺本の訓は毛都米、刊本の訓は毛豆女。「日本後紀」弘仁6年6月24日条に、大蛇が人家に入ったのでこれを殺したところ、そのたたりで「山城国乙訓郡物集・国背両郷」に雷雨・大風が起こったと見える。これが物集郷の初見である。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 八瀬(やせ): 京都市左京区八瀬
・ 川がこのあたりで山峡の急流となり多くの瀬を作ることに由来する。

■ 山崎・大山崎
・ 古代には山崎、中世には大山崎と呼ばれ、天王山が淀川に最もせり出した場所。

■ 山科(やましな)
・ 山城国宇治郡山科など。
・ 「シナ」とは、「シナウ」で、「緩やかに傾斜している」という意味。
・ 山科(やましな): 京都府京都市。現在の京都市山科区付近。
・ 山科郷: 奈良時代から平安時代にかけて、山城国宇治郡にみられた郷名。刊本の訓は「也末之奈」。「今昔物語集」などでは山階ともする。【角川日本地名大辞典】
※ 赤穂浪士の大石内蔵助が遊興にふけったのが山科だったかな?

★ 

■ 霊山(りょうぜん)
・ 釈迦が説法したインドの摩掲国霊鷲山(まかだこくりょうじゅせん)に由来する。

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示