京都府の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 京都府の府名の由来 ・ 京都府の難読地名・珍地名

★ 京都府の名字の特徴

# やはり京都だけに公家の名字が目立つのかな?と思ったら大間違い。

# 京都は色んな名字が起こっていると思ったら意外に特徴のある名字は少ないそうだ。

# 京都市内にはめだった傾向が見られないが、北部の丹波・丹後地方には「大槻」などの独自の名字もおおい。

# 「芦田」は福知山市付近に多く、京都府で全国の約二割を占める。

# 「四方」は綾部市に多くみられ、京都府で全国の三割を占める。

# ただ、京都市から離れて北部に行くと独特の名字があり、「四方(よも)」「石井(いわい)」「久我(こが)」「愛宕(おたぎ)」「池尻(いけがみ)」などがある。

【京都府らしい名字】

# 公文(くもん)、万里小路(まりのこうじ)、文殊(もんじゅ)、忍海部(おしかべ)、洪水(こうずい)、唐土(からつち)。

■ 京都府の特徴的名字: 糸井、辻井、塩見、八木、足立、弓削、建部、四方、芦田、日下部。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 田中
# 京都府の田中家: 石清水八幡宮の別当。紀行教が貞観2年(860年)に石清水八幡宮を勧請したのが祖。行教の甥の御豊が初代神主となった。

■ 2位: 山本

■ 3位: 中村
# 京都府の中村家: 塗師。中村一氏の末裔といわれる。

■ 4位: 井上

■ 5位: 吉田

■ 6位: 西村

■ 7位: 山田

■ 8位: 木村

■ 9位: 

■ 10位: 松本

■ 11位: 高橋

■ 12位: 小林
# 京都府の小林家: 京都府木津川市山城町の旧家。摂津国武庫郡小林郷(兵庫県宝塚市)をルーツとし、源頼光の家臣の末裔といわれる。

■ 13位: 山口

■ 14位: 中川
# 京都府の中川家: 金物師・千家十職。越後国高田(新潟県上越市高田)で武具の鋳造をしていたが、天正年間に京都に出てきて茶道具を作り始めたのが祖。

■ 15位: 伊藤

■ 16位: 谷口

■ 17位: 岡本

■ 18位: 上田

■ 19位: 清水
# 山梨県、長野県、群馬県を中心に全国に広がる。
# 京都府の清水(きよみず)家: 京焼きの陶芸家。摂津国島上郡東五百住村(大阪府高槻市)の出の古藤栗太郎が寛永年間に京に出て京焼きを学んだのが祖。

■ 20位: 橋本


■ 池坊(いけのぼう)
# 京都府の池坊(いけのぼう)家: 華道の家元。古代豪族の小野氏の子孫で、遣隋使で有名な小野妹子の流れという。室町時代に池坊専慶が供花(くげ)に工夫をこらして池坊流を開いた。

■ 一条(いちじょう)
# 京都府の一条家: 公家。仁治3年(1242年)に藤原道家の四男の実経が一条室町第を贈られ、一条家の祖となった。

■ 稲葉(いなば)
# 京都府の稲葉家: 山城国淀藩主(京都府京都市)。岐阜の小大名だった稲葉一鉄の流れ。稲葉正成が江戸時代に美濃国十七条1万石を領した。

■ 岩倉(いわくら)
# 京都府の岩倉家: 公家で、村上源氏の出。村上源氏の主流の久我(こが)家の分家。山城国愛宕郡岩倉(京都府京都市)に住んで岩倉氏を称した。のちに岩倉具視がでた。

■ 上野(うえの)
# 京都府の上野家: 丹波国加佐郡岡田由里(京都府舞鶴市岡田由里)の豪農。室町時代に伊賀国から移り住んだ。
・ 岡田由里(おかだゆり): 京都府舞鶴市岡田由里。地名の由来は,岡田荘口の意,もしくは岡田荘の主の意か。【角川日本地名大辞典】

■ 江崎(えさき)
# 京都府の江崎家: 近江屋を号し材木商を営んだ。近江国の出で、禁裏や和歌山藩の御用商人も務めた。

■ 大倉(おおくら)
# 京都府の大倉家: 江戸時代の豪商で、伏見で酒造業を営み、笠置(かさぎ)屋を号した。

■ 奥田(おくだ)
# 京都府の奥田家: 山城国紀伊郡下鳥羽村(京都府京都市伏見区)の旧家。

■ 大谷(おおたに)
# 京都府の大谷家: 東西本願寺住職。親鸞の末娘の覚信尼の末裔。

■ 大西(おおにし)
# 京都府の大西家: 釜師・千家十職。

■ 奥村(おくむら)
# 京都府の奥村家: 表具師・千家十職。近江国で佐々木氏に仕えていた奥村氏が、正保年間に京都に転じ、小川通上立売に住んで後に表具師になった。

■ 尾崎(おざき)
# 京都府の尾崎家: 山城国紀伊郡深草村(京都府京都市伏見区)の旧家で、江戸時代には庄屋を務めた。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 狩野(かのう)
# 京都府の狩野(かのう)家: 絵師の京狩野家。狩野永徳の門人の山楽が祖。

■ 革島(かわしま)
# 京都府の革島家: 山城国葛野郡革島荘(京都府京都市)の出。清和源氏の出で、佐竹家の分家。鎌倉時代には御家人、のちに本能寺の変で明智光秀にくみし領地を失い、帰農した。

■ 上林(かんばやし)
# 京都府の上林(かんばやし)家: 茶商。丹波国の上林氏の一族の氏忠が永正年間に山城国宇治(京都府宇治市)に転じ茶商となった。

■ 京極(きょうごく)
# 京都府の京極家: 丹波国の峰山藩主。宇多源氏の出で、室町幕府の四職の一つの京極氏の末裔。京極氏は後に没落したが、天正年間に京極高次が織田氏に仕え、妹が秀吉の側室になったことから、近江国大津6万石で再興した。

■ 九鬼(くき)
# 京都府の九鬼家: 丹波国綾部藩主(京都府綾部市)。もとは、志摩国の水軍で、戦国時代には大名として活躍。

■ 朽木(くつき)
# 京都府の朽木家: 丹波国の福知山藩主。宇多源氏佐々木氏の庶流。

■ 黒田(くろだ)
# 京都府の黒田家: 千家十職。越前国の出で丹羽氏に仕えていたが、関ヶ原の戦い後に近江国大津で竹細工師となった。

■ 小出(こいで)
# 京都府の小出家: 丹波国の園部藩主。信濃国の小出氏の一族。

■ 小西(こにし)
# 京都府の小西家: 丹後国熊野郡湊宮村(京都府京丹後市久美浜町)の豪商。

■ 近衛(このえ)
# 京都府の近衛家: 藤原道長の子孫で五摂家のひとつ。関白を務める家柄で、五摂家の嫡流。

■ 三条(さんじょう)
# 京都府の三条家: 公家で藤原北家の出。幕末には三条実美がでた。

■ 下村(しもむら)
# 京都府の下村家: 大丸百貨店の創業家。戦国大名の中川氏の家臣の子孫で大阪の陣の後に商家に転じた。

■ (じん)
# 京都府の神(じん)家: 京都秤座支配で藤原姓。初代は伊勢国白子(三重県鈴鹿市)の出。

■ 千(せん)
# 京都府の千家: 茶道の家元。堺の豪商で茶道を開いた千宗室の子孫。

■ (たに)
# 京都府の谷家: 丹波国の山家藩主。近江国甲賀郡谷之郷(滋賀県)をルーツとし、宇多源氏の出。美濃に移り、斎藤道三に仕え、ついで織田信長に仕えた。

■ 中山(なかやま)
# 京都府の中山家: 公家で藤原北家花山院流。花山院忠宗の二男の忠親を祖とし、忠親が晩年に住んだ洛東の中山の地にちなむ。

■ 二条(にじょう)
# 京都府の二条家: 公家。五摂家の一つ。九条家の支流。明治維新後には公爵。

■ 長谷川(はせがわ)
# 京都府の長谷川家: 京都の町衆の出で、画家や茶人として有名な長谷川宗仁は、織田信長に仕えていた。子の守知は関ヶ原の戦いで西軍に属したが東軍に内通したため、1万石を与えられたが、江戸時代初頭に旗本となった。

■ 飛来(ひき)
# 京都府の飛来家: 一閑張細工師。千家十職。

■ 日野(ひの)
# 京都府の日野家: 公家で藤原北家日野流の嫡流。山城国宇治郡日野(京都府京都市伏見区日野)をルーツとする。

■ 広幡(ひろはた)
# 京都府の広幡家: 公家。正親町源氏の出で、精華家の一つ。明治維新後には侯爵。

■ 福井(ふくい)
# 京都府の福井家: 京都枡座支配。

■ 本阿弥(ほんあみ)
# 京都府の本阿弥家: 工芸家、刀剣鑑定家。菅原姓で元は松田氏を称す。

■ 本庄(ほんじょう)
# 京都府の本庄家: 丹後国の宮津藩主。地下官人の二条家諸大夫の出で、藤原冬嗣の末裔。明治維新後には子爵。

■ 牧野(まきの)
# 京都府の牧野家: 丹後国の田辺藩主。明治維新後には子爵。

■ 松居(まつい)
# 京都府の松居家: 織物の卸商で丸松葉を号した。近江国の出。

■ 武者小路(むしゃのこうじ)
# 京都府の武者小路家: 公家。藤原北家閑院流で三条西家の支流。明治維新後には子爵。

■ 柳原(やなぎはら)
# 京都府の柳原家: 公家で藤原北家日野流。南北朝時代に日野俊光の四男の資明が北朝に仕えて柳原家を称した。

■ 山科(やましな)
# 京都府の山科家: 公家。藤原北家四条流。明治維新後には伯爵。

■ 楽(らく)
# 京都府の楽家: 楽焼きの陶芸家。渡来系。

■ 冷泉(れいぜい)
# 京都府の冷泉家: 公家で藤原北家の出。鎌倉時代の歌人の藤原定家の子孫。


■ 京都府の地名をルーツとする名字

■ 近畿地方の名字の特徴

■ 京都府の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示