滋賀県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 鮎河(あいが): 滋賀県甲賀市土山町鮎河(あゆかわ)
・ 鮎川・相伊賀・逢鹿とも書く。地名の由来については押辺磐皇子がこの地を通ったとき鹿に遭遇したためとか、惟喬親王が隠棲中、住民が鮎を献上したことにちなむなどの伝説がある。

■ 妛原(あけんばら)

■ 安土(あづち): 滋賀県近江八幡市安土町
・ 織田信長が築いた安土城の安土はもとは「あど」と読むと言う説もある。「あど」は安曇のことで、滋賀県内に安曇川(あどがわ)の地名も残る。安土の地名は昔からあったとされる。【戦国大名はなぜその「地名」をつけたのか? 谷川彰英 朝日新聞出版】
・ 旧安土城に登る道は、大手道に加えて百々橋道が見られる。

■ 安曇川(あどがわ): 滋賀県

■ 穴太(あのう): 滋賀県大津市坂本

■ 油日(あぶらひ): 滋賀県甲賀市甲賀町油日
・ 油日谷のうちにあり、油日川とその支流が集まる地域に位置する。聖徳太子がこの地を訪れたとき、「嶽上に大光あり、これにより正一位油日大明神の号を贈」ったという。【角川日本地名大辞典】

■ 櫟野(いちうの): 滋賀県甲賀市甲賀町櫟野
・ 油日(あぶらひ)山の北西、南に櫟野川、北に大原川が流れる。地名は,甲賀6大寺の1つ、大同元年開基の天台宗櫟野(らくや)寺にちなむ。中世は甲賀郡大原荘に属し、櫟野寺の寺領で、甲賀武士大原氏の領地だったともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 妹(いもと): 滋賀県東近江市妹町

■ 江頭(えがしら):  滋賀県近江八幡市江頭町

■ 大津市(おおつ): 滋賀県大津市
・ 667年に天智天皇がこの地に遷都し「志賀大津の宮」と称され、その後「古津」に。794年に天智天皇を仰慕して「大津」と改称。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】
・ 「オホ(接頭語)」+「ツチ(泥)」で、「川によって泥の堆積するところ」か。アイヌ語説は附会。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 新幹線が通っているが、止まらない都道府県庁所在地って、大津だけか?京都に近過ぎだもんな。

■ 男鬼(おおり): 滋賀県彦根市男鬼町

■ 小田(おだ): 滋賀県近江八幡市小田。

★ 

■ 鏡(かがみ): 滋賀県蒲生郡竜王町鏡
・ 村名は往古天目一命がこの地で鏡を作った故事(神代紀)に由来するという。【角川日本地名大辞典】

■ 草津(くさつ): 滋賀県草津市

■ 貴生川(きぶかわ):  滋賀県甲賀市水口町貴生川
・ 明治時代に「内貴」「北内貴」「虫生野」「宇川」の四村が合併した際の合成地名。
・ 明治22年に「内貴」「北内貴」「虫生野」「宇川」の4村合併による。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 朽木(くつぎ): 滋賀県高島市朽木
・ 木を植えても枯れて育たない土地のこと。「くつ」は「崩れる」に由来し、「き」は「土地」で「崩れやすい土地」を意味する。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 口分田(くもで): 滋賀県長浜市口分田町
・ 古代の班田制における口分田に由来する。

■ 鹿深山(こうかのやま): 滋賀県甲賀郡にある山で、鹿深=甲賀。

★ 

■ 在士(ざいじ): 滋賀県犬上郡甲良町(こうらちょう)在士
・ 中世は甲良(かわらの)荘のうち。もとは藤堂村と称した。藤堂氏の本拠地で、藤堂高虎はこの村で生まれ育った。藤堂氏は室町幕府に仕え、一時所領は甲良荘19か村全域に及んだ。のち佐々木氏の旗頭になり、高虎の時代には江北の浅井氏に仕え、さらに木下秀長の家老となり、累進して文禄4年四国伊予宇和島の大名となるに及んで一族を挙げて藤堂村を去った。慶長5年関ケ原の戦い以後、村は井伊氏領となり井伊家2代の直孝が寛永年間に在士村と改めた。

■ 祭主保(さいしゅのほ): 滋賀県甲賀市水口。近江国甲賀郡に鎌倉時代からみられる保名。【角川日本地名大辞典】

■ 漣(さざなみ): 滋賀県大津市?

■ 醒井(さめがい): 滋賀県米原市醒井

■ 信楽(しがらき): 滋賀県甲賀市信楽町
・ もとは「柵木(しがらき)」で砦の柵の一種。一説には洪水を防ぐための杭木ともいわれる。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 十里(じゅうり): 滋賀県長浜市十里町。古代の条里制において当地域が起点より10里(1里は6町)目に相当することに由来する。

■ 新免(しんめん): 滋賀県大津市新免町
・ 新しく開かれた免田(税金が免除された田)。特に神社所有のものは神免といった。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】
・ 滋賀県大津市新免。鎌倉期には米満新免と称した。

■ 酢(す): 滋賀県虎姫町酢(す)。滋賀県長浜市酢。

 春照(すいじょう): 滋賀県米原市春照
・ 春照(すいじょう): 「すんじょ・すいじょ」ともいう。古くは水上と書き、伊吹山麓の水の上にあることによる。【角川日本地名大辞典】

■ 相撲町(すまいちょう): 滋賀県長浜市相撲町。
・ 昔、朝廷で行われていた相撲の儀式の費用をまかなう田地だった。
・ 相撲は昔は「すまい」と読み、NHKの放送でも一時「すまい」と言っていたそうだ。北杜夫の「なまけもの礼讃」より。

■ 膳所(ぜぜ): 滋賀県大津市膳所。
・ 膳所の地名は「太平記」に「ぜぜの瀬・是世」とあるのが初見。地名の由来は御厨の陪膳(おもの)から転じたとされている。【角川日本地名大辞典】
・ 古くは陪膳浜(おものはま)といい、琵琶湖の新鮮な魚を宮廷に献上したところ。つまり膳部をこしらえたところの意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

★ 

■ 竹生島(ちくぶじま): 滋賀県琵琶湖

■ 千野(ちの):  滋賀県大津市千野(旧雄琴村)
・ 乳野とも書き、乳母野(ちもの)ともいう。本千野と今千野の2集落があり、仰木(おうぎ)郷よりの出村で惣名を野辺(のべ)と称した。地名の由来については横川中堂を開いた元三大師良源が、この地の庵に住む母の乳を飲みに来たので、このあたりが垂乳野(たらちの)といわれ、さらに乳野となったという伝承がある。【角川日本地名大辞典】

■ 勅旨(ちょうし): 滋賀県甲賀市信楽町勅旨
・ 調子とも書く。信楽谷にあり、四周を山に囲まれた大戸(だいと)川の上流に位置する。地名は「廃帝(淳仁天皇)、この地にましまして、勅の旨ありければ遂に村の名とす」とあり、勅旨の所在地にちなむという説がある。
・ 調子郷: 南北朝期に見える郷名。甲賀郡のうち。建武4年4月、信楽に蜂起した南軍を佐々木道誉に率いられた北朝方の軍勢が攻めた際、山中道俊・頼俊らは飯道寺城についで調子郷内岩倉城で合戦した。【角川日本地名大辞典】

■ 土山(つちやま): 滋賀県甲賀市土山町
# 鈴鹿峠を越えてきた土山宿は、鈴鹿馬子唄にもあるように、天候が変わりやすい地と言われる。安藤広重も土山では雨の中の大名行列を描いている。【歩いて旅する東海道】

■ 途中(とちゅう): 滋賀県大津市伊香立途中町(とちゅうちょう)

■ 頓宮(とんぐう): 滋賀県甲賀市土山町頓宮。地名は斎王の頓宮が置かれたことによる。
・ 頓宮: 鎌倉期から見える地名。近江国甲賀郡のうち。伊勢斎宮は古来大和・伊賀を通ったのを、仁和2年5月鈴鹿越の新道を通ることになり、当地に頓宮が設けられた。これは垂水頓宮と呼ばれたが、長和5年8月廃止、その後頓宮は地名となった。その後この地を苗字とする頓宮氏が台頭。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 西万木(にしゆるぎ): 滋賀県高島市安曇川町西万木

★ 

■ 琵琶湖(びわこ)

 浮気(ふけ): 滋賀県守山市浮気町

■ 船町(ふなまち): 滋賀県近江八幡市船町
・ 「ふねちょう」とも呼び、船着き場があったことに由来する。滋賀県彦根市船町の地名もある。

■ 綣(へそ): 滋賀県栗東市綣(へそ)
・ 「綣」とは機織り機に装着する麻糸の糸のことで、この地が古くからの麻織物の産地だったことに由来する。
・ 綣(へそ): 「綣」には糸をまるめる意味があり、北隣りの木綿園(ゆうそのの)荘と関係があると思われる。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 米原(まいばら): 滋賀県米原市。埋原の佳字か?
・ 「前」→「舞」→「米」と変化したもので、「原を見渡す土地」の意味の「前原」に由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 「まへ(前)」+「はら(原)」の転か。あるいは瑞祥地名か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 三上山(みかみやま): 滋賀県野洲郡野洲町大字三上にある山で「近江富士」とも言われる。この一帯は安国造(やすのくにのみやつこ)の子孫の三上祝(みかみのはふり)の治めた地で、その祖先として、また農業の開拓神として天之御影命を祀る。

■ 水口(みずぐち): 滋賀県甲賀市水口町
# 水口は現在、甲賀市の中心地。

■ 武佐(むさ): 滋賀県近江八幡市武佐町
・  「三代実録」貞観17年5月29日条に、近江国正六位上牟佐上神・牟佐下神に従五位下を授けたと見える。両社は古代牟佐氏の祖神で、当地が牟佐氏の本拠地ではなかったかといわれる。【角川日本地名大辞典】
・ 「むさ」は、「礼儀正しい」というアイヌ語に由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 虫生野(むしょうの): 滋賀県甲賀市水口町虫生野。江戸期〜明治22年の村名で後に貴生川(きぶかわ)村の大字となる。慶長以来の村高は750石余。明治5年滋賀県に所属。同13年の人口367、戸数68、牛47頭、田60町余、畑3町余、山地61町余。すべて農家で、副業に製茶・瓦焼・採薪・商売をする者があった。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 小田(やないだ): 滋賀県米原市小田(旧坂田郡山東町)

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示