滋賀県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 滋賀県の県名の由来 ・ 滋賀県の難読地名・珍地名

★ 滋賀県の名字の特徴

# 滋賀県には「田」や「川」といった農村風景を思わせる漢字が入っている名字が多いのが特徴。

# 「藤居」など「井」のかわりに「居」のついた名字が目立つのも滋賀県の特徴。「浅居」「松居」「寺居」など。

# 琵琶湖によって4つの地域に分かれ、それぞれに地域性がある。
・ 湖西地区: 京都に近いため京都に似ている。旧高島町の「万木」は宇多源氏由来の名家の名字。
・ 湖南地区: 他府県からの人口流入が多く特徴は無い。「宇野」「山元」が特徴的。
・ 湖東地区: 滋賀県本来の名字が多く残る。「北川」「西川」「西村」「」など。
・ 湖北地区: 福井県に似て「中川」「北川」が多い。

【滋賀県らしい名字】

# 滋賀らしい名字として、「田井中」「国松」「夏原」「饗庭(あえば)」「伊富貴(いぶき)」などがある。

# 東北地方に多い「佐々木」姓は、古代から滋賀に住んでいた神官の佐々木家と、平安時代に滋賀にやってきた宇多源氏をルーツとする佐々木家がある。佐々木家から派生した名字として「尼子」「朽木(くつき)」「」「高島」「建部」「堀部」などがある。

■ 滋賀県の特徴的名字: 西村、奥村、上坂、、佐和治、北川、深尾、疋田、馬杉、饗庭(あえば)。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 田中
# 滋賀県の田中家: 近江国伊香郡集福寺(滋賀県長浜市浅井町)の旧家で江戸時代には庄屋を務めた。

■ 2位: 山本

■ 3位: 中村

■ 4位: 西村

■ 5位: 山田

■ 6位: 中川

■ 7位: 北川

■ 8位: 木村

■ 9位: 

■ 10位: 井上

■ 11位: 吉田

■ 12位: 小林

■ 13位: 清水

■ 14位: 北村

■ 15位: 
# 滋賀県の辻家: 近江国西浅井郡祝井山村(滋賀県長浜市西浅井町祝井)の旧家。江戸時代には庄屋を務めた。

■ 16位: 奥村

■ 17位: 

■ 18位: 西川
# 滋賀県の西川家: 蒲生郡八幡町(滋賀県近江八幡市)で大文字屋を号した豪商。
# 滋賀県の西川家: 西川産業の創業家で山形屋を号した近江商人。蒲生郡鏡山村西川(滋賀県蒲生郡竜王町)をルーツとする、国人の西川氏の一族。

■ 19位: 伊藤
# 滋賀県の伊藤家: 商社の伊藤忠の創業家。近江国犬上郡豊郷村(滋賀県豊郷町)の出、また商社の丸紅の創業家も同族。
・ 商社の伊藤忠の創業家。近江国豊郷村の伊藤忠兵衛が、幕末に織物の行商で成功し、明治時代には大阪で問屋の紅忠をおこした。のちに伊藤忠。

■ 20位: 山口


■ 安藤(あんどう)
# 滋賀県の安藤家: 長浜城下の旧家。江戸時代には町年寄。

■ 井伊(いい)
# 滋賀県の井伊家: 彦根藩主。遠江国引佐郡井伊谷(静岡県浜松市北区引佐町井伊谷)をルーツとし、藤原北家の出。【家紋:丸に橘】明治維新には伯爵。井伊直弼の家紋
・ 藤原冬嗣の子孫で、南北朝時代には南朝に属し、その後今今川家に仕えた。井伊直政は徳川家康に仕え徳川四天王の一人となった。徳川家康の関東入国に際し、上野国箕輪城(高崎)12万石。関ヶ原の戦いの後には近江国佐和山18万石。後に近江国彦根35万石。
・ 彦根の井伊家は、遠江の出、今川家の家臣だった。また、武田の旧臣を多く召し抱えた。上州高崎で12万石に出世したときに召し抱えた彦根藩士の出身地は1000石以上では、遠江・甲斐が4人、三河と上野が3人、近江が2人、伊賀と山城が1人。
・ 彦根藩主。遠江国井伊谷(静岡県浜松市)の出で、藤原北家。平安時代には遠江国在庁官人を務めた。戦国時代には今川家に追われ、井伊直政は徳川家康に仕えて井伊家を再興した。

■ 飯島(いいじま)
# 滋賀県の飯島家: 彦根藩の表医師。

■ 池田(いけだ)
# 滋賀県の池田家: 近江源氏の出の池田秀氏は、六角氏から信長に属し、関ヶ原の戦いでは西軍に属し改易。その後、藤堂高虎に仕え、江戸時代には旗本。

■ 居初(いぞめ)
# 滋賀県の居初家: 近江国堅田(滋賀県大津市堅田)の旧家。戦国時代末期には明智光秀に組したが、江戸時代には帰農した。

■ 稲垣(いながき)
# 滋賀県の稲垣家: 山上藩主で清和源氏の出と言われる。伊勢国の稲垣氏と同流。
・ 山上藩主。伊勢国稲垣(三重県津市)をルーツとし、清和源氏の出。のちに、三河国吉田(愛知県豊橋市)に移り住み、徳川家康に仕えた。

■ 印具(いんぐ)
# 滋賀県の印具家: 彦根藩の中老で上野国の出。代々、嫡流のみが印具氏を称し、庶流は二宮氏を称した。

■ 上田(うえだ)
# 滋賀県の上田家: 信楽焼の陶芸家。

■ 遠藤(えんどう)
# 滋賀県の遠藤家: 近江国の三上藩主。桓武平氏の東氏の一族。
# 滋賀県の遠藤家: 東海道の大津宿(滋賀県大津市)で藤屋を号した菓子商の老舗。元々は武士で浅井家に仕えていたが、寛文年間に創業。

■ 岡本(おかもと)
# 滋賀県の岡本家: 彦根藩の家老。上野国岡本村(群馬県富岡市)をルーツとする。岡本を称する前は熊井戸を称していた。

■ 小野(おの)
# 滋賀県の小野家: 東海道の大津宿(滋賀県大津市)で十四屋を号した豪商。

■ 小野田(おのだ)
# 滋賀県の小野田家: 彦根藩の家老。戦国時代には今川家に仕えていたが、飯尾氏の後に徳川家康に仕えた。天正12年(1584年)に家康の指示にて井伊家の家臣となった。 

■ 片岡(かたおか)
# 滋賀県の片岡家: 東海道の大津宿(滋賀県大津市)の旧家。慶長17年(1612年)に片岡庄兵衛が長崎で明人から算盤を貰い、これを改良して日本初の算盤を作った。以後幕府御用達の算盤師となった。

■ 北村(きたむら)
# 滋賀県の北村家: 近江国北村(滋賀県野洲市)をルーツとし、清和源氏の出。

■ 木俣(きまた)
# 滋賀県の木俣家: 彦根藩の筆頭家老。楠木正成の子孫と称す。もとは、伊勢国の北畠家の家臣だったが、のちに松平家に仕え、井伊家の家臣となった。【日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 朽木(くつき)
# 滋賀県の朽木家: 佐々木氏の一族で、近江国朽木谷を本拠とした。関ヶ原の戦いでは小早川秀秋の裏切りに呼応して東軍についたが、9千5百石に減らされた。後に常陸土浦3万石。そして丹波福知山藩主となる。

■ 黒川(くろかわ)
# 滋賀県の黒川家: 旗本。戦国時代の甲賀郡の国人の末裔で甲賀53家の一つ。頓宮氏の庶流で黒川城(滋賀県甲賀市土山町黒川)を本拠とした。六角氏に仕えた後に徳川家康に仕えて旗本になった。

■ 小島・小嶋(こじま、おじま)
# 滋賀県の小島家: 湖南市の東海道の石部宿の本陣で問屋を営んだ。

■ 三枝(さえぐさ、さいぐさ、みえだ)
# 滋賀県の三枝(さいぐさ)家: 旗本。甲斐国の古代豪族の三枝氏の末裔。三枝守国が甲斐国山梨郡東能呂(山梨県笛吹市周辺)に流されて、その子孫が在庁官人となった。その子孫が元禄11年(1698年)に近江国に転じ、伊庭(滋賀県東近江市伊庭町)に陣屋をおいて、伊庭三枝家となった。

■ 沢村(さわむら)
# 滋賀県の沢村家: 彦根藩の重臣で平姓。

■ 樹下(じゅげ)
# 滋賀県の樹下家: 日吉大社の神職。古代豪族の鴨県主の流れをひく。

■ 諏訪(すわ)
# 滋賀県の諏訪家: 滋賀県野洲郡矢島(滋賀県守山市矢島)の旧家。暦応3年(1340年)に幕府奉行人の諏訪氏が野洲郡赤野井村(滋賀県守山市赤野井町)の地頭職についたのが祖。

■ 高田(たかだ)
# 滋賀県の高田家: 高田治忠は近江の出で、織田信長の四男で秀吉の養子だった秀勝に従ったが、秀勝が死後秀吉に仕え、丹波で1万石を領したが、関ヶ原の戦いで西軍に属し除封。

■ 多羅尾(たらお)
# 滋賀県の多羅尾家: 近江国甲賀郡の国人。藤原北家の子孫を称す。

■ 塚本(つかもと)
# 滋賀県の塚本家: 近江国神埼郡塚本村(滋賀県東近江市五個荘)をルーツとする。

■ 中野(なかの)
# 滋賀県の中野家: 彦根藩の井伊家の一門で彦根藩の家老。井伊忠直の二男の直房が井伊谷の中野郷に住んで中野氏を称した。

■ 長野(ながの、ちょうの)
# 滋賀県の長野家: 彦根藩の家老。上野国の戦国大名の長野氏の一族で、箕輪城主の長野業正の子の業親が祖。天正8年(1580年)に業親が箕輪で井伊直政に仕えて後に家老となった。

■ (ばん)
# 滋賀県の伴家: 近江国蒲生郡八幡町(滋賀県近江八幡市)で扇屋を号した豪商。

■ 堀田(ほった)
# 滋賀県の堀田家: 宮川藩主。尾張国中島郡堀田(愛知県稲沢市)をルーツとし、紀姓。当初は小早川氏に仕えていたが、小早川氏が断絶後に、徳川家康に仕えた。

■ 本多(ほんだ)
# 滋賀県の本多家: 膳所藩主の本多家は、伊奈本多氏の末裔。酒井忠次の二男の康俊が天正8年(1580年)に本多忠次の養子となり、天正17年に家督を継いだ。江戸時代には三河西尾2万石、後に近江膳所3万石。

■ 松平(まつだいら)
# 滋賀県の松平家: 井伊家の縁戚。岸和田藩主の松井(松平)康重の四男の康紀が分知され旗本と成り、紆余曲折後に井伊家の縁戚となった。

■ 三浦(みうら)
# 滋賀県の三浦家: 彦根藩の家老。初代は駿河国で今川家に仕えていたが、今川家が没落後に徳川家に仕え、家康の指示で井伊家に仕えた。

■ 宮島(みやじま)
# 滋賀県の宮島家: 近江国の甲賀党の一つで、大伴氏の出という。

■ 望月(もちづき)
# 滋賀県の望月家: 滋賀県甲賀市甲南町竜法師の旧家。戦国時代には甲賀21家の一つで六角氏に従っていた。

■ 山崎(やまざき)
# 滋賀県の山崎家: 山崎片家は近江国愛知郡を本拠とし、六角氏に属していたが、六角氏が滅亡後信長や秀吉に仕えた。1582年には摂津国三田2万3千石。関ヶ原の戦いでは西軍に属したが池田輝政の室(家康の娘)を守ったので赦され、因幡国若桜3万石から讃岐国丸亀5万石となったが1657年に断絶。

■ 山中(やまなか)
# 滋賀県の山中家: 甲賀郡の旧家。近江国甲賀郡山中(滋賀県甲賀市土山町山中)をルーツとする。

■ 分部(わけべ)
# 滋賀県の分部家: 高島市の大溝城主。藤原南家の工藤家の分家。室町時代に伊勢国安濃郡分部(三重県津市)を領し、分部氏を称した。【日本の名字 武光誠 角川新書】


■ 滋賀県の地名をルーツとする名字

■ 近畿地方の名字の特徴

■ 滋賀県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示