三重県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 阿漕(あこぎ): 三重県津市阿漕町

■ 朝明(あさけ): 三重県四日市市朝明町

■ 朝熊(あさま): 三重県伊勢市朝熊町
・ 朝熊(あさま): 三重県伊勢市朝熊町。地名の由来は、弘法大師が山中に求聞持の法を修めた時に朝に熊、夕に虚空蔵が現われたことによるとも、葦津姫(別名木華開耶姫)の通音とするともいう。また川の浅瀬の屈曲した地を表わす浅隈にあてた仮字とする度会清在説があり、「勢陽五鈴遺響」は度会清在説を採用している。【角川日本地名大辞典】

■ 新鹿(あたしか): 三重県熊野市新鹿町
・ 「あたしか(新敷)」から転じたものといあわれる。
・ 地名の由来は、「荒坂」の転訛したものという。また海岸一帯が白砂一面の沖積地帯で洲処(すが)の上地であるところから渡洲処(わたすか)という説と「古語拾遺」にいう御木麁香(みくあらか)で忌部族の居地を意味するとの説もある。【角川日本地名大辞典】
・ 日本書紀に、神武天皇が東征軍を率いて、「熊野の荒坂津に至った」という話があり、この「あらさか」が「あらしか」に訛り、「新鹿」の字をあて、さらに「あたしか」と読みが変わった。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 安楽島(あらしま): 三重県鳥羽市安楽島町

■ 魚見(うおみ): 三重県松阪市魚見町
・ 魚海とも書く。地名は、伊勢神宮の魚見新御園・魚見東御園に由来するが、神宮上機殿の奉仕族の麻続(おみ)の転訛したものとされ、麻続氏の本貫地とする説や、倭姫命が櫛田川航行中に舟中に魚が沢山飛びこんできたのを喜び魚見社を建てたという伝説にちなむ説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 宇気郷(うきさと): 三重県松阪市。地名は宇気比神社があることにちなみ、宇気比の郷という意味から宇気郷とした。【角川日本地名大辞典】

■ 采女(うねめ): 三重県四日市市

■ 産品(うぶしな): 三重県津市産品。産階とも書いた。平清盛の父忠盛が生まれたという伝承の地で、地名の由来もその故地にちなんだものといい、「ウブスナ」が転訛したもの。忠盛の産水を汲んだという産湯池や胞衣を埋めたという胞衣塚がある。【角川日本地名大辞典】

■ 相差(おうさつ): 三重県鳥羽市相差町
・ 相差(おうさつ): 三重県鳥羽市相差町。相佐須ともいう。地名の由来は不詳であるが、前の浜・白浜・片浜などが砂浜であることから、「大砂津」にちなむとも、麻生浦(おうのうら)と同様に粟島にちなむともいう。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 亀山(かめやま): 三重県亀山市

■ 国崎(くざき): 三重県鳥羽市国崎町。
・ 国崎(くざき): 三重県鳥羽市国崎町。「くにざき」ともいう。地名の由来は、志摩国の極東にあることから、国の崎(先)の意によるという。【角川日本地名大辞典】

■ 鯨(くじら): 三重県北牟婁郡
・ 「くずれる」「ぐじぐじ」などに由来し、いわゆる災害地名かな?

■ 桑名(くわな): 三重県桑名市

★ 

■ 村主(すぐり): 三重県津市。
・ 村主(すぐり): 地名の由来は諸説あるが、天武朝の八色の姓以前にも村主という言葉は見られ、村落の長を意味する古代朝鮮語よりきたものとする説が有力である。【角川日本地名大辞典】

■ 世古(せこ): 三重県伊勢市大世古。地名は、狭い路地や谷の行き詰まった場所の意にちなむ。

★ 

■ 高向(たかぶく): 三重県伊勢市御薗町高向(たかぶく)
・ 高福とも書く。宮川下流域右岸の微高平坦地に位置する。地名の由来は、外宮のある高倉山に相対し向かうという意味でつけられたという説、古代に向田(むくだ)・高田と呼ばれていたのが後世に高向へ転訛したという説、大和の笛吹連(ふえふきむらじ)が移住し多気布支(たけふき)をたて、これが後世に「たかぶく」と転訛したという説などの諸説がある。また、地元古老の口碑に、古代大和の高向氏の移住によるという説もある。【角川日本地名大辞典】

■ 田丸(たまる): 三重県度会郡玉城町田丸。玉丸とも書く。地名は、南北朝期に築城された玉丸山城の玉丸が転訛して田丸になったといわれる。また田丸の文字が使われはじめたのは16世紀頃からといわれる。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 波切(なきり):  三重県志摩市大王町波切。
・ 波切(なきり): 三重県志摩市大王町波切。名錐・名切とも書く。大王崎は波切の大鼻といわれ、これをもって遠州・紀州両灘を分けている。「波切大王なけりゃよい」とうたわれたように、岬の前海は暗礁が多く、波濤が荒い。地名の由来は、外海の波が荒いことにちなむといわれる。【角川日本地名大辞典】

■ 長太荘(なごうのしょう): 三重県鈴鹿市北長太(なご)町 周辺
・ 室町時代から戦国時代にかけて、伊勢国河曲(かわわ)郡にみられた荘園名。【角川日本地名大辞典】

■ 能褒野(のぼの): 三重県亀山市能褒野町。

★ 

 

■ 波田須(はだす): 三重県熊野市波田須町
・ 地名の由来は秦の徐福上陸伝説により秦住(はたす)と称したとも、あるいは秦栖の意味ともいう。また墾田洲(はだす)・墾立(はたつ)の転訛で、最も古い時代の開墾地もしくは荘園時代における新開の無税を意味するともいう。【角川日本地名大辞典】
・ 秦の始皇帝の命により不老不死の薬を求めて渡来した徐福がたどり着いたところという。泊州(はてす)、秦住(はたす)が転じたものと言うが不明。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 治田(はった): 三重県いなべ市北勢町に三岐鉄道の伊勢治田駅がある。「治」は今治の「はり」で、元々は「はりた(墾田)」で新しく開いた土地を意味する。
・ 治田(はった): 三重県いなべ市北勢町治田。地名は古代に新しく開いた地という意味から名づけられたと伝わる。予野の住民が移住して開いた土地といわれる。【角川日本地名大辞典】
・ 参考地名: 三重県四日市市大治田(おばた)、三重県伊賀市治田(はった)。

■ 久居(ひさい): 三重県津市久居
・ 久居藩の初代藩主の藤堂高通は兄の和泉守から5万石の分知をうけ、正保10年に一志郡に居所を営み久居と号す。つまり、「久居」という地名は正保10年に誕生したらしい。もともとこの地は「野辺(のんべ)」といい、久居の地名は「安濃津の別府今の府城を置て永久に鎮居するの謂にして寛文年中以後の名称なり」という。【戦国大名はなぜその「地名」をつけたのか? 谷川彰英 朝日新聞出版】

■ 日向(ひなた):  三重県度会郡度会町日向。古くは日名田とも書いた。地名の由来は、「ひな」は小さい意で、小規模な田があったことにちなむと思われる。【角川日本地名大辞典】
・ 陽田郷: 平安時代に伊勢国度会(わたらい)郡にみられた郷名。東急本の訓は「比奈多」。なお、江戸期においても日向村周辺一帯を陽田郷と総称することもある。【角川日本地名大辞典】

■ 平尾(ひらお): 三重県名張市平尾。名張盆地の中央部、名張川の右岸に位置する。緩い丘陵地に立地し、中央に小丘の平尾山がある。地名の由来は、丘陵の尾が平らになっている地形にちなんだものという。古くから「名張」と通称される地域の一部。【角川日本地名大辞典】

■ 生琉里(ふるさと): 三重県伊賀市生琉里。
・ 生琉里(ふるさと): 三重県伊賀市生琉里。地名の由来は、天理教徒生琉里開拓団の入植による。昭和9年全国の天理教信者から満州開拓団を募集、生琉里開拓団と称して渡満、同22年上野飛行場跡に満州より引き揚げた28戸が入植、生琉里開拓団と通称された。【角川日本地名大辞典】

■ 別府(べふ): 三重県伊賀市別府(べふ)。地名は中世の阿保別符に由来する。地内には城(じよう)氏城跡がある。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 海山道(みやまど): 三重県四日市市海山道。
・ 地名の由来は、当町が平安期頃まで海浜で洲崎をなし、海と山の交通の要所であったので海山道となったという。「勢陽五鈴遺響」には「御大和森」とも「御山戸」とも見える。江戸期の古絵図には「氏神御山戸」とあり、洲崎浜宮神明神社が鎮座する。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 

★ 

■ 

★ 

■ 渡会(わたらい): 三重県渡会郡度会町。「ワタル」は「川を渡る」の意味。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示