三重県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 三重県の県名の由来 ・ 三重県の難読地名・珍地名

★ 三重県の名字の特徴

# さすが、伊勢の国だけに伊勢の藤原さん(伊藤)が多いですね。特に県北に多いそうです。

# 東日本系の名字と西日本系の名字が混じっている。太平洋側の東西の名字の境は三重県らしい。

# 伊勢神宮の神官を務めた「荒木田」や「度会」氏の一族も多くいろんな名字が出ている。
・ 荒木田: 「浦田」「沢田」「沢村
・ 度会: 「川辺」「久志本」「出口」

【三重県らしい名字】

# 三重県らしい名字に「水谷(県北、特に桑名市に多い)」「中西」「浜口」「稲垣」「出口」「世古」「瀬古」「板倉」などがある。

# 戦国時代に三重県を本拠地とした海賊由来の名字も多く、「三鬼(みき)」「四鬼(しき)」「五鬼上(ごきじょう)」「九鬼(くき)」などがある。

・ 三重県特有の名字集

■ 三重県の特徴的名字: 出口、菊岡、大市、山際、北鼻、世古、柘植、服部、川北、加太。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 伊藤(2.7%)
# 三重県の伊藤家: 伊勢国三重郡室山(三重県四日市市)の豪商。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 三重県の伊藤家: 伊勢国桑名郡桑名(三重県桑名市)の旧家。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 2位: 山本

■ 3位: 中村

■ 4位: 田中

■ 5位: 鈴木

■ 6位: 加藤

■ 7位: 小林

■ 8位: 水谷

■ 9位: 

■ 10位: 山口

■ 11位: 佐藤

■ 12位: 西村

■ 13位: 中西

■ 14位: 渡辺

■ 15位: 服部

■ 16位: 前田

■ 17位: 中川

■ 18位: 山下

■ 19位: 

■ 20位: 浜口


■ 荒木田(あらきだ)
# 三重県の荒木田家: 伊勢神宮の内宮の禰宜をつとめた古代豪族。大鹿島命の孫の天見通命が倭姫命とともに巡幸し、五十鈴川の川上に伊勢神宮を鎮座し、禰宜を務めた。一族のうち、禰宜になれたのは薗田、井面、沢田、世木、納米、藤波、中川、佐八の諸家で重代家といった。沢田家が嫡流で、明治時代には男爵となり、荒木田姓に戻した。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 石川(いしかわ)
# 三重県の石川家: 伊勢国の亀山藩主。河内国石川郡石川荘(大阪府羽曳野市)をルーツとし清和源氏の出。源義家の子の義時が石川氏を称した。政康のときに三河国小河城(愛知県東浦町)に転じ、松平氏に仕えた。石川数正が有名。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 稲垣(いながき)
# 三重県の稲垣家: 伊賀国阿拝郡波敷野村(三重県伊賀市)の旧家。大庄屋。
# 三重県の稲垣家: 志摩国鳥羽藩主

■ 入交(いりまじり)
# 三重県の入交家: 津藩士。嵯峨源氏の出で、土佐国長岡郡片山荘入交(高知県南国市)をルーツとする。土佐の入交家が藤堂高虎に仕え、江戸時代には津藩士。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大塚(おおつか)
# 三重県の大塚家: 東海道の桑名宿の本陣。

■ 岡田(おかだ)
# 三重県の岡田家: 伊勢国四日市(三重県四日市市)の旧家。イオンの創業者の岡田家は一族。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岡村(おかむら)
# 三重県の岡村家: 伊賀国野間(三重県伊賀市)の旧家。伊賀国の守護の千葉氏の一族。江戸時代には庄屋を務めた。

■ 小津(おづ)
# 三重県の小津家: 伊勢国松坂(三重県松阪市)の豪商。戦国時代には武士で北畠家に仕えた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 映画監督の小津安二郎は東京都の出身。

■ 川喜田(かわきた)
# 三重県の川喜田家: 伊勢国津(三重県津市)の豪商。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 河辺(かわべ)
# 三重県の河辺家: 伊勢神宮の大宮司家。古代豪族の中臣氏の流れをひく。明治時代には男爵。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 久野(くの)
# 三重県の久野家: 紀州藩の家老で伊勢国田丸藩主。藤原南家の出。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 北畠(きたばたけ)
# 三重県の北畠家: 村上源氏の出。南北朝時代に北畠親房の三男の顕能が伊勢国の国司となり勢力をもった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 小泉(こいずみ)
# 三重県の小泉家: 伊勢国松坂の医家。戦国時代には北畠氏に仕え、その後は蒲生氏に仕えた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 国分(こくぶ)
# 三重県の国分(こくぶ)家: 伊勢国松坂(三重県松阪市)の豪商。常陸国の出で、戦国時代に伊勢国に転じ北畠氏に仕えた。江戸時代には伊勢国飯南郡射和(三重県松阪市)で帰農した。

■ 芝原(しばはら)
# 三重県の芝原家: 伊勢国安濃津城下の豪商。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 清水(しみず)
# 山梨県、長野県、群馬県を中心に全国に広がる。
# 三重県の清水家: 伊勢国三重郡(三重県四日市市)の旧家。山城国の出。延久2年(1070年)に後三条天皇の勅使をつとめて清水姓を賜った。江戸時代には東海道四日市宿の本陣を努めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 竹川(たけかわ)
# 三重県の竹川家: 伊勢国飯南郡射和村(三重県松阪市)の豪商。近江国の浅井長政の末裔という。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
 
■ 竹口(たけぐち)
# 三重県の竹口家: 伊勢国白子(三重県鈴鹿市)の豪商。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ (つじ)
# 三重県の辻家: 伊勢国安濃津城下(三重県津市)の旧家。

■ 藤堂(とうどう)
# 三重県の藤堂家: 津藩主。近江国愛智郡長野郷藤堂(滋賀県犬上郡甲良町)をルーツとする。出自は不詳だが藤堂高虎が藤原姓に改めたといわれる。高虎は浅井氏、織田氏を経て秀吉に仕え、伊予板島で7万石を領した。江戸時代には安濃津に転じた。【家紋:蔦】明治維新には伯爵。
# 三重県の藤堂家: 伊勢久居藩主。安濃津の藤堂家の分家。
# 三重県の藤堂家: 津藩の重臣で藤堂内匠家。安濃津の藤堂家の分家。
# 三重県の藤堂家: 津藩の重臣で名張藤堂家。丹羽長秀の三男の高吉が藤堂家の養子となった。
# 三重県の藤堂家:  伊勢久居藩家老。近江国勢多城主の山岡氏の出。

■ 常磐井(ときわい)
# 三重県の常磐井家: 伊勢国一身田(三重県津市一身田)の専修寺の住職。明治時代には男爵。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 沼波(ぬなみ)
# 三重県の沼波家: 伊勢国桑名城下の豪商。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 長谷川(はせがわ)
# 三重県の長谷川家: 伊勢国松坂(三重県松坂市)の豪商。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 久松(ひさまつ)
# 三重県の久松家: 伊勢桑名藩主。菅原道真の孫の雅規が尾張国知多郡英比郷(愛知県知多郡阿久比町)に流されて、久松殿と呼ばれたのが祖と言われるが不詳。戦国時代には家康に仕え、江戸時代には松平氏を称した。
・ 桑名藩主。藤原氏の出といわれる。尾張国英比(あぐい)郡(愛知県阿久比町)に拠った。徳川家康の母親の於大(おだい)の方は松平広忠と離婚した後に久松俊勝に嫁いだ。この縁で徳川家に仕えて譜代大名となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 土方(ひじかた)
# 三重県の土方家: 伊勢国の薦野藩主。大和国土方村(奈良県)をルーツとする。
・ 伊勢国薦野藩主で大和国の出。清和源氏の源頼親の子孫という。織田信雄に仕えていた土方雄久の子の雄氏が徳川秀忠に仕え、薦野1万2千石。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 広野(ひろの)
# 三重県の広野家: 志摩国鳥羽城下の豪商。幕末には大庄屋を務めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 本多(ほんだ)
# 三重県の本多家: 伊勢国の神戸藩主。三河の土豪の出。

■ 増山(ましやま)
# 三重県の増山家: 伊勢国の長島藩主。武蔵七党の丹党の末裔。元は青木氏を称した。明治時代には子爵。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 町井(まちい)
# 三重県の町井家: 伊賀国枡川(三重県伊賀市枡川)の旧家。江戸時代には大庄屋を務めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 松木(まつき)
# 三重県の松木家: 伊勢神宮の外宮の禰宜をつとめた古代豪族の渡会氏の流れを引く。明治時代には男爵。 【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
・ 度会氏を称していたが、江戸時代の初めに松木と改めた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 松平(まつだいら)
# 三重県の松平家: 伊勢国桑名藩主。【家紋:松山梅鉢】明治維新後には子爵。

■ 三井(みつい)
# 三重県の三井家: 松坂の豪商。藤原北家の出で、近江国三井をルーツとする。戦国時代に六角氏が滅亡し浪人し、伊勢国松坂に転じ商人となった。明治維新後には三井財閥。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 宮田(みやた)
# 三重県の宮田家: 伊賀国阿拝郡丸柱村(三重県伊賀市丸柱)の土豪。

■ 本居(もとおり)
# 三重県の本居家: 国学者。桓武平氏の出。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 諸戸(もろと)
# 三重県の諸戸家: 伊勢国の山林地主。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】


■ 三重県の地名をルーツとする名字

■ 東海地方の名字の特徴

■ 三重県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示