愛知県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 浅賀井: 愛知県。戦国時代に三河国加茂郡にみられた地名。
・ 浅谷(あざかい): 巴川の支流神越川右岸の急斜面に位置する。浅谷城跡があり、「三河国二葉松」は簗瀬九郎左衛門あるいは太郎(法名道悦)の居城と記す。足助(あすけ)七城の1つに数えられ、元亀2年の武田信玄の西三河乱入によって落城と伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 味鋺(あじま): 愛知県名古屋市北区
・ 「あじ」とは「悪地」を意味し、「ま(間)」は湿地帯を意味する。

■ 足助荘: 愛知県豊田市足助町。鎌倉時代から三河国加茂郡にみられた荘園名。尾張源氏浦野重遠の子山田重直の第6子右兵衛尉重長が初めて足助氏を称した。

■ 安城(あんじょう): 愛知県安城市
・ 古くは安祥と言った。戦国時代に安祥城があったのに由来する。また山城国山科安祥寺の荘園であったことに由来すると言われる。

■ 伊井(いい): 愛知県田原市伊川津町伊井新田

■ 猪伏(いぶし): 愛知県大府市
・ 今から数百年前、このあたりは入江で遠浅の海岸だった。対岸に江端という地名があり、こちら側は江渕(えぶち)と呼ばれていた。江渕が転訛して猪伏(いぶし)になったと言われる。

■ 打出(うちで): 愛知県名古屋市中川区打出
・ 地名の由来は、往古当地方が海岸であった頃、当地が海へ張り出していたことによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 榎戸(えのきど): 愛知県常滑市榎戸
・ 地名は、榎木津の名に由来するという。榎戸は宮山の出入地点で、宮山には榎の木があり榎木山とも呼ばれ、宮山寺も榎木寺と称されたという。【角川日本地名大辞典】

■ 岡崎市(おかざき): 愛知県岡崎市。赤石山脈の先端にあるので「丘の先」説、その地形が竜に似て、いずれが尾か頭(さき)か分からないので「おかざき」という説がある。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】

■ 大毛(おおけ): 愛知県一宮市大毛
・ 地名の由来は「地名考」では「御食津物(みけつもの)」より起こるという。「延喜式」神名帳にある大毛神社の名によるか。【角川日本地名大辞典】
※ 一般論として言えば、「毛」は「禾」で食物を意味するようですね。

■ 大府(おおぶ): 愛知県大府市
・ 「大府」は昔は「大夫」「大部」「大符」と書いた。「大夫」とは獅子舞のこと。また「七津大夫」に由来するという説もある。

■ 岡崎(おかざき): 愛知県岡崎市
・ 赤石山脈の先端にあるので「丘の先」に由来すると言われる。また、この地形が竜に似て、どちらが尾か頭(さき)か分からないので「おかざき(尾が先?)」という説もある。

■ 大給(おぎゅう): 愛知県豊田市大内町大給尻、愛知県西尾市大給町

★ 

■ 春日井市(かすがい): 愛知県春日井市

■ 曲尺手(かねんて): 愛知県豊橋市曲尺手町
・ 曲尺手町(かねんてちょう): 愛知県豊橋市曲尺手町。町名は、町並みが曲尺の手のように屈曲していることに由来。【角川日本地名大辞典】

■ 清須(きよす): 愛知県清須市清洲
・ 尾張国中島郡のち春日部郡のうち。清洲とも見える。

■ 吉良(きら): 愛知県西尾市吉良町

■ 碁石(ごいし): 愛知県新城市長篠碁石

■ 御器所(ごきそ): 愛知県名古屋市昭和区御器所(ごきそ)

■ 社辺(こそべ): 愛知県常滑市社辺

★ 

■ 設楽(したら): 愛知県北設楽郡設楽町

■ 勝幡(しょばた): 愛知県愛西市勝幡町(しょばたちょう)
・ 「勝幡」は、元は「塩畑(しおばた)」だったが、織田信秀が縁起を担いで「勝幡」と改名した。 名鉄津島線の勝幡駅の近くにNPO法人「信長生活を育む会」があって、「うつけ隊」なるものがあるそうだ。

■ 善師野(ぜんじの):  愛知県犬山市善師野

★ 

■ 高取(たかとり): 愛知県高浜市
・ 境川の河口左岸に位置し、稗田川が沖積低地を形成する。地名の由来は、古くは鷹鳥・鷹取・高鳥とも記されることから狩猟に関係があるか。【角川日本地名大辞典】

■ 玉ノ井(たまのい): 愛知県一宮市木曽川町玉ノ井
・ 地名は、「地名考」に「玉とは清水を誉ていう詞、井は水のある所をさせり」と記す。【角川日本地名大辞典】

■ 池鯉鮒宿(ちりゅうじゅく): 愛知県

■ 常滑(とこなめ): 愛知県常滑市。
・ 地名の由来は、「地名考」は「常なめりの下略也。一に常鍋とも書有。本居宣長曰、常滑とは川の底なる石に滑なる苔のごときあるものをいう也」とし、「常滑史話索隠」では原義は床滑で、床は動かし難い岩盤、滑は蘇苔または岩土の性質によりなめらかになっている部分をいうとしている。【角川日本地名大辞典】
・ 学説では「常」は床、「滑」は滑(なめ)らかの意。当地は粘土層の露出が多く、その性質が滑(なめ)らかなことから「とこなめ」と呼んだ。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】

■ 豊島(としま): 愛知県田原市豊島町。汐川右岸河口部から蜆川左岸河口部にかけて位置する。地名の島は海や川沿いのやせ地を意味し、豊かな田地になることを願って豊島とした。江戸期から新田開発が盛んで、田原湾岸に沿って安原新田・神垣新田・川尻新田・城下新田などが開発された。【角川日本地名大辞典】

■ 豊島(とよしま): 愛知県新城市豊島。豊川中流右岸に位置する。地名は、豊川と旧領主島田氏の頭文字をとったという。縄文時代の外畑遺跡、定池遺跡があり、また菅沼定則築城、天正18年廃城の野田城跡がある。【角川日本地名大辞典】

■ 豊橋(とよはし): 愛知県豊橋市

★ 

■ 長久手(ながくて): 愛知県長久手市

■ 名古屋(なごや): 愛知県名古屋市

■ 西尾(にしお): 愛知県西尾市
・ 一説には、昔に浜辺で塩を作り、塩を煮る「煮塩」から「西尾」になったと言われる。

■ 日進(にっしん):  愛知県日進市
・ 軍艦名の日進に由来する地名。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

★ 

■ 幡豆(はず): 愛知県西尾市幡豆町

■ 半田(はんだ): 愛知県半田市
・ 「埴田(はにわだ)」に由来するという。また、「半」は「繁」とする説もある。

■ 日出(ひい): 愛知県田原市日出町(ひいちょう)
・ 海洋の日の出を当地の発展に結びつけた地名と考えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 平田町: 愛知県
・ 愛知県海津郡平田町(現:海津市)。木曽三川の治水工事を行った薩摩藩家老の平田靱負(ゆきえ)に由来する。

★ 

■ 前飛保(まえひぼ): 愛知県江南市前飛保町

■ 毛受(めんじょ): 愛知県一宮市大和町毛受(めんじょ)
・ 地名の由来は「地名考」は、大和国の毛受(鵙)(もず)村が転じたとし、「塩尻」に百舌鳥氏が各地に住みつきめんじょうと称したという。毛受城址がある。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 八事(やごと): 愛知県名古屋市昭和区
・ 元は「岩之田(やがた)」で、鎌倉時代に転訛した。意味は、「石の多かった田」で「石田」と同じ。

■ 呼続(よびつぎ):  愛知県名古屋市南区呼続

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示