愛知県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 愛知県の県名の由来 ・ 愛知県の難読地名・珍地名

★ 愛知県の名字の特徴

# 愛知県には上位の「鈴木」「加藤」「伊藤」の名字の割合が高い。「加藤」は尾張地方の東部、特に瀬戸市に多くみられる。

# 三河地方には、「杉浦」「神谷」などが多い。

【愛知県らしい名字】

# 愛知県に集中している名字としては、「丹羽」「都築」「新美」「鳥居」「野々山」「犬飼」「間瀬」「今枝」「鬼頭」など。

# 「杉浦」「神谷」「丹羽」「都築」「新美」「鳥居」「梅村」「犬飼」「間瀬」「今枝」「野々山」などは愛知県らしい名字。

■ 愛知県の特徴的名字: 水野、鬼頭、久野、水谷、蟹江、余語(よご)、木全(きまた)、道家(どうけ)、免受(めんじょう)、祖父江。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 鈴木
# 愛知県の鈴木家: 名古屋の豪商で材木屋を号す。元禄時代に初代が尾張国知多郡寺本村(愛知県知多市八幡)から名古屋城下に移り住み、材木商を創業した。

■ 2位: 加藤
# 愛知県の加藤家: 尾張国六ツ師村(愛知県北名古屋市六ツ師)の豪農。
# 愛知県の加藤家: 三河国碧海郡西境村(愛知県刈谷市)の豪農・豪商で三河国碧海郡岩根村(愛知県安城市小川町)の武家の出。

■ 3位: 伊藤(2.2%)
# 愛知県の伊藤家: 名古屋を代表とする豪商で、織田氏に仕えていた伊藤蘭丸祐広を祖とする。慶長16年(1611年)、太物商を開業。後に呉服商を営み、明和5年(1768年)に江戸上野の松坂屋を買収した。
# 愛知県の伊藤家: 名古屋の豪商。慶長19年(1614年)に移住した清洲越し町人で、松坂屋の祖となる伊藤家と区別するために、堀川沿いにあったことから「川伊藤家」と言われた。
※ 「清洲越し」: 名古屋城の築城にともなって、清洲から名古屋に移り住んだこと。

■ 4位: 山田

■ 5位: 近藤

■ 6位: 山本

■ 7位: 佐藤

■ 8位: 渡辺
# 愛知県の渡辺家: 尾張藩の家老。嵯峨源氏の渡辺氏の末裔。足利将軍家に仕えて三河国碧海郡占部(愛知県岡崎市)に移り住み、後に松平氏に仕えた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 9位: 田中

■ 10位: 水野
# 愛知県の水野家: 尾張国名古屋城下の鋳物師。

■ 11位: 中村

■ 12位: 

■ 13位: 杉浦

■ 14位: 小林

■ 15位: 吉田

■ 16位: 

■ 17位: 石川

■ 18位: 高橋

■ 19位: 竹内

■ 20位: 後藤


■ 足助(あすけ)
# 愛知県の足助家: 清和源氏で三河国足助(愛知県豊田市)をルーツとする。鎌倉時代に御家人となり、南北朝時代には南朝に属した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 安部(あべ)
# 愛知県の安部家: 三河国半原藩主。信濃国諏訪郡の出で、清和源氏満快流や諏訪氏、滋野氏の出などの諸説がある。後に、駿河国安部谷(静岡県静岡市)に移り住み、安倍氏を称したが、読みは「あべ」とも「あんべ」とも言われる。当初は今川家に仕えたが、後に徳川家康に仕えた。宝永二年(1705年)に武蔵国岡部藩を立藩、明治元年(1869年)に安部信発が自領である三河国の半原(愛知県新城市)に移り、半原藩と称した。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 愛知県の阿部家: 中世以降に栄えた阿倍氏は、三河国をルーツとする、藤原氏族の八田氏の子孫を称する。徳川家の安祥以来の譜代の家臣。江戸時代には一族は栄え、大名家を3家、旗本家を23家出した。

■ 石河(いしこ)
# 愛知県の石河家: 尾張藩の付家老。清和源氏満仲流の石川氏の支流で承久の乱後に、美濃国厚美郡市橋荘(岐阜県岐阜市)に下向し地頭となった。斎藤道三を経て織田信長に仕え、江戸時代は旗本。一族は尾張藩の付家老。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 稲富(いなとみ)
# 愛知県の稲富家: 尾張藩士で砲術家。丹後国与謝郡稲富保(京都府与謝郡与謝野町)をルーツとし、桓武平氏の出を称す。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岩本(いわもと)
# 愛知県の岩本家: 名古屋藩士。宇多源氏の出で、近江国甲賀郡岩本(滋賀県)をルーツとする。

■ 内田(うちだ)
# 愛知県の内田家: 名古屋城下納屋町(愛知県名古屋市中村区)の豪商。尾張国知多郡内海(愛知県知多郡南知多町内海)の佐治豊前守遠利の末裔と言われる。

■ 浦野(うらの)
# 愛知県の浦野家: 尾張国春日井郡(愛知県春日井市)に拠った。清和源氏の出で、源満仲の弟の満政の子孫。

■ 大岡(おおおか)
# 愛知県の大岡家: 三河国八名郡宇利郷の出で、鎌倉時代の九条教実の子孫を称する。江戸時代は当初は旗本だったが、1748年に大岡忠相が寺社奉行となり三河国西大平藩1万石を立藩したが、神奈川県茅ヶ崎にも領地があり菩提寺もある。明治時代には子爵。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
※ たしか、神奈川県の湘南にも領地があって、そちらでの方が有名だったような。

■ 大河内(おおこうち)
# 愛知県の大河内家: 三河国吉田藩主。三河国額田郡大河内(愛知県岡崎市)をルーツとし、清和源氏頼光流。源頼政の孫の顕綱が大河内に住んで、大河内氏を称した。鎌倉時代には三河国の守護の足利家に従い、戦国時代には徳川家に仕え、寛永2年(1625年)に相模国玉縄藩2万2千石を立藩。寛延2年(1749年)に三河国吉田7万石に入封。

■ 大島(おおしま)
# 愛知県の大島家: 旗本。伊勢国亀山藩主の石川家の分家で清和源氏の出。慶安4年(1651年)に石川忠総の四男の貞当が三河国額田郡と加茂郡で7千石を分知され三河国加茂郡大島(愛知県豊田市東大島町)に陣屋をおいたのが祖。
# 愛知県の大島家: 名古屋城下の和菓子の老舗の両口屋是清の創業家。寛永11年(1634年)に初代の猿屋三郎右衛門が大阪から名古屋城下に来て開業。

■ 太田(おおた)
# 愛知県の太田家: 三河国の刈谷城下の豪商で和泉屋を号す。織田信孝の家臣の太田監物の末裔と言われる。明暦元年(1655年)に刈谷に移り住んで酒造業を始めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大田(おおた)
# 愛知県の大田家: 三河国額田郡八町村(愛知県岡崎市)の八丁味噌醸造家。ここの味噌は家康の「戦陣にぎり」に使用されたという。

■ 岡谷(おかや)
# 愛知県の岡谷家: 名古屋城下の豪商。戦国時代には武士で戸田家に仕えた。戸田家の転封に従って、信濃国松本、美濃国加納と転じ、のちに町人となった。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大給(おぎゅう)
# 愛知県の大給家: 三河国西尾藩主。三河国加茂郡大給(愛知県豊田市松平町大給)をルーツとし、松平氏の支流。江戸時代には老中も務め、明治時代には子爵。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 尾関(おぜき)
# 愛知県の尾関家: 尾張国犬山(愛知県犬山市)の旧家。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 梶田(かじた)
# 愛知県の梶田家: 尾張藩士。美濃国武儀郡加治田(岐阜県加茂郡富加町)をルーツとする。福島正則に仕え、後に徳川義直に仕えた。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 糟谷(かすや)
# 愛知県の糟谷家: 三河国萩原(愛知県西尾市吉良町萩原)の豪農で豪商。筑前国の出といい、源平の合戦では源氏に組し、室町時代には足利家の家臣。1505年に当地で帰農した。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 加納(かのう)
# 愛知県の加納家: 元々は松平姓だが、家康に仕えるときに恐れ多いとのことで地元の三河国加茂郡加納村(愛知県豊川市)の名をとって加納氏を称した。紀伊藩士から吉宗について幕臣となり、1726年に伊勢東阿倉川1万石。後に上総一宮1万3千石。

■ 吉良(きら)
# 愛知県の吉良家: 高家。三河国幡豆郡吉良荘(愛知県西尾市吉良町)をルーツとし、清和源氏足利氏の支流。足利義氏の子の長氏と義継が吉良荘の地頭となって吉良氏を称した。江戸時代には三河国吉良4千石。

■ 熊谷(くまがい)
# 愛知県の熊谷家: 三河国設楽郡老平村(愛知県北設楽郡豊根村上黒川)の旧家。信濃から移り住んだといわれる。江戸時代には酒造業を営み、庄屋も努めた。

■ 巨勢(こせ)
# 愛知県の巨勢家: 旗本。古代豪族で蘇我氏の同族。もとは大和国を本拠とし、江戸時代には紀伊藩士であったが吉宗に従って江戸に転じ旗本。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 志水(しみず)
# 愛知県の志水家: 尾張藩の家老。祖の志水忠宗は山城国(京都府)の出で、徳川家康に仕えて徳川家康の九男の義直に属し、江戸時代には尾張藩士。

■ 菅沼(すがぬま)
# 愛知県の菅沼家: 旗本。三河国額田郡菅沼郷(愛知県新城市作手菅沼)をルーツとし、清和源氏の土岐氏の支流。当初は今川家に仕えたが、江戸時代には交代寄合。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 関戸(せきど)
# 愛知県の関戸家: 名古屋城下の豪商。藤原北家の山蔭流(伊達氏と一緒?)。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 千賀(せんが)
# 愛知県の千賀家: 尾張藩の重臣。志摩国答志郡千賀(三重県鳥羽市千賀町)をルーツとし、九鬼氏の一族。当初は越智氏を称したが、後に千賀氏を称した。伊勢の北畠家に従っていたが、後に徳川家に転じ、江戸時代には尾張藩の船奉行。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 千秋(せんしゅう)
# 愛知県の千秋家: 熱田神宮の神職。明治維新後には男爵。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 鷹見(たかみ)
# 愛知県の鷹見家: 三河国の原藩の家老。遠江国滝見村(静岡県)に住み、金沢氏を称していたが、のちに徳川家康から鷹見姓を賜った。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 滝(たき)
# 愛知県の滝家: 名古屋城下の豪商。もとは尾張国古知野(愛知県江南市)の豪農。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 滝川(たきがわ)
# 愛知県の滝川家: 尾張藩の家老。もとは木全氏だが滝川氏に仕え、後に改姓した。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 武山(たけやま)
# 愛知県の武山家: 名古屋城下の豪商。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 田辺(たなべ)
# 愛知県の田辺家: 三河国設楽郡富山村(愛知県北設楽郡豊根村富山)の旧家。紀伊国の田辺の出で熊野別当の一族。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 千村(ちむら)
# 愛知県の千村家: 尾張藩の重臣で伊那代官。木曽家の出で、上野国千村に住んで千村氏を称した。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 茶屋(ちゃや)
# 愛知県の茶屋家: 名古屋城下の豪商。室町時代には信濃国の守護の小笠原氏に仕えていた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 土井(どい)
# 愛知県の土井家: 三河国の刈谷藩主。下総国の古河藩主の土井家の分家。三河国壁海郡土居村(愛知県岡崎市)をルーツとし、清和源氏の土岐氏の支流という。明治維新後には子爵。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 徳川(とくがわ)
# 愛知県の徳川家: 御三家の尾張藩主で徳川家康の九男の義直が祖。元和2年(1616年)に尾張藩62万石を立藩。【家紋:尾州三つ葉葵】明治維新後には侯爵。

■ 鳥居(とりい)
# 愛知県の鳥居家: 三河国渡(愛知県岡崎市)に拠って、松平清康の時代頃から松平家に仕えていた。徳川家の関東入国後、下総国矢作4万石。江戸時代には陸奥国平10万石を経て、出羽国山形24万石。跡継ぎがおらずに断絶したが一族が信濃国高遠3万石で復活。

■ 内藤(ないとう)
# 愛知県の内藤家: 三河国挙母藩主。日向国延岡藩主の内藤家の分家。藤原北家_秀郷流で室町時代に丹波国曽地荘の地頭となり、後に三河国に移って碧海郡上野村に住んだのが祖。

■ 中北(なかきた)
# 愛知県の中北家: 名古屋城下の薬種商。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 中島(なかじま)
# 愛知県の中島(なかじま)家: 旗本。藤原北家秀郷流の波多野氏の一族。戦国時代には織田氏に仕え、後に徳川氏に仕えた。関ヶ原の戦いの後には三河国渥美郡大崎で600石。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 中埜(なかの)
# 愛知県の中埜家: 尾張国半田(愛知県半田市)の豪商。中野から中埜に改姓した。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 成瀬(なるせ)
# 愛知県の成瀬家: 尾張藩の付け家老。三河国加茂郡足助荘成瀬(愛知県豊田市足助町)をルーツとする。戦国時代は成瀬の土豪で松平氏に従っていた。慶長15年(1610年)に尾張藩祖で徳川家康の九男の義直に仕え、後に犬山城主(犬山藩3万5千石)となった。

■ 羽柴(はしば)
# 愛知県の羽柴家: 江戸時代の尾張国海東郡諏訪村(愛知県愛西市)の庄屋。

■ 蜂谷(はちや)
# 愛知県の蜂谷家: 香道志野流の家元。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 服部(はっとり)
# 愛知県の服部家: 尾張国海西郡荷之上村(愛知県弥富市)の豪農で、もとは同地の武士で天正4年(1576年)に帰農した。

■ 吹原(ふきはら)
# 愛知県の吹原家: 名古屋城下の豪商。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 古橋(ふるはし)
# 愛知県の古橋家: 三河国設楽郡稲橋村(愛知県豊田市稲武町)の豪農。代々、酒造業を営む。

■ 堀田(ほった)
# 愛知県の堀田家: 尾張国津島(愛知県津島市)の旧家で津島神社の社家の一族。初代は戦国時代に福島正則に仕えた。慶長5年(1600年)に津島に戻って神職となった。

■ 本多(ほんだ)
# 愛知県の本多家: 三河国岡崎藩主。藤原北家で助秀が豊後国本多に住んで本多氏を称した。室町時代に三河国に移り松平家に仕えた。徳川四天王に数えられた嫡流の本多氏(忠勝)の他、伊那本多氏、西城本多氏がある。岡崎藩主は嫡流の出。【家紋:右離れ立ち葵】明治維新には子爵。
・ 本多忠勝を祖とする岡崎藩の本多家は江戸時代に9回(16代)の転封があったという。
# 愛知県の本多家: 三河西端藩主。伊那本多氏の系統で三河国宝飯郡伊那(愛知県豊川市伊那)に住んだ。

■ 松尾(まつお)
# 愛知県の松尾家: 名古屋の茶道家で松尾流の家元。

■ 松平(まつだいら)
# 愛知県の松平家: 旗本で西ノ郡松平家。竹谷(たけのや)松平家の末裔。竹谷松平家は、松平信光の長男の守家が三河国宝飯郡竹谷(愛知県蒲郡市竹谷町)に転じて天文16年(1547年)に竹谷城を築城したのが祖。松平家清は、関ヶ原の戦いで尾張国の清洲城番を努め、江戸時代には三河国吉田3万石したが、跡継ぎがおらず慶長17年(1612年)に断絶。その後、一族が三河国宝飯郡5千石で旗本に。
# 愛知県の松平家: 松平郷松平家。松平泰親の子の信広を祖とする。440石。

■ 三宅(みやけ)
# 愛知県の三宅家: 三河国の田原藩主。備中国の三宅氏の末裔が三河国加茂郡伊保(愛知県豊田市)に転じた。永禄年間に徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いの後には三河挙母藩1万石を立藩。後に田原に転じた。

■ 山村(やまむら)
# 愛知県の山村家: 尾張藩の重臣で木曽代官。大江姓で近江国甲賀郡山村郷(滋賀県甲賀市水口町)をルーツとする。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】


■ 愛知県の地名をルーツとする名字

■ 東海地方の名字の特徴

■ 愛知県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示