静岡県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 小豆餅(あずきもち): 静岡県浜松市中区小豆餅

 熱海(あたみ): 静岡県熱海市

■ 井伊谷(いいのや): 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷

■ 五十海(いかるみ): 静岡県藤枝市五十海
・ 伊賀留美とも書く。葉梨川流域に位置する。地名は洪水の起きやすい低湿地帯を意味し、地内には湿田・泉もあった。【角川日本地名大辞典】

 生土(いきど): 静岡県駿東郡小山町生土(いきど)
・ 相模(さがみ)湾に注ぐ酒匂(さかわ)川支流須川左岸に位置する。「生土」とは

■ 伊砂(いすか): 静岡県浜松市天竜区伊砂(いすか)
・ 伊須賀とも書く。天竜川中流の右岸に位置する。地名の由来は、「風土記伝」によれば、船明(ふなぎら)村の伊須賀山の住人が来て開拓したことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 伊東(いとう): 静岡県伊東市
・ 地名は伊豆国の東部の意。【角川日本地名大辞典】

■ 引佐町(いなさちょう): 静岡県浜松市北区引佐町
・ 井伊谷村・金指町が合併して成立。町名は古代からある郡名から採った。【角川日本地名大辞典】

■ 今切(いまぎれ): 静岡県

■ 魚見(うおみ): 静岡県伊東市新井魚見
・ 魚見は「魚を見る所」。「うおみ」は転じて「よーみ」「いよーみ」「いろみ」「みねみ」と呼ぶ地域もある。「荒見(あらみ)」も同じ。【静岡 県民も知らない地名の謎 PHP文庫】

■ 内田郷(うちだごう): 静岡県掛川市上内田。戦国時代に遠江国城飼郡にあった郷。

■ 大嵐(おおぞれ): JR飯田線大嵐駅。静岡県浜松市天竜区水窪町
・ 大崩(おおくずれ)に由来すると言われる。
・ 「ぞれ」は「曽礼」とも書き、「焼畑」のこと。大規模な焼畑を作ったことを示す地名。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 大晦日(おおづもり): 静岡県富士宮市内房大晦日

■ 興津(おきつ): 静岡県静岡市清水区興津
・ 息津・沖津・奥津とも書き、「うきつ」とも読む。駿河(するが)湾に面し、庵原(いはら)川と興津川の間に位置する。地名は宗像神社の奥津宮を当地に勧請したことに由来するという。【角川日本地名大辞典】
・ 息津郷: 平安時代に駿河国廬原(いおはら)郡にみられた郷名。「※津」とする。東急本の訓は「於木都」、高山寺本の訓「於岐豆」、刊本の訓は「於木豆」。【角川日本地名大辞典】
・ 興津郷: 鎌倉時代から駿河国廬原(いおはら)郡にみられた郷名。当郷は代々興津氏の知行地で、嘉禄3年12月6日に父左衛門入道から当郷内の小河内と嶋内の船太郎屋敷を譲られた興津虎石が、鎌倉幕府からその知行を安堵されている。【角川日本地名大辞典】

■ 御前崎(おまえざき): 静岡県御前崎市
・ このあたりには(牧場)があったことから、「御厩崎(うまやざき)」と呼ばれており、それが転じた。【静岡 県民も知らない地名の謎 PHP文庫】

■ 小柳津(おやいづ): 静岡県焼津市小柳津。「小柳津」の名字の由来
・ 小楊津とも書く。地名の由来は湿地に関するものとも言われる。
・ 小楊津御厨: 鎌倉時代から室町時代にみえる御厨名。

■ 親知らず、子不知(おやしらず、こしらず)

★ 

■ 貝伏(かいぶし): 静岡県
・ 地名は甲斐武士に由来する。戦国時代に甲斐の武田氏が駿河の攻略のために武士を派遣したが徳川勢に敗れて、武田方の武士の多くが落ち武者となった身を寄せたことに由来する。

■ 鍵穴(かぎあな): 静岡県静岡市葵区鍵穴
・ 地名は、名馬摺墨の使者が地内に旅宿し、不用となった家の鍵を捨てたところを鍵穴と称したことにちなむという。【角川日本地名大辞典】

■ 金谷(かなや): 静岡県島田市金谷
・ 金屋とも書く。大井川下流右岸に位置する。地名の由来は、当地に住した鋳物師山田八左衛門が守護神として金山彦命を祀り、屋号を金屋としたことによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 鎌田(かまだ): 静岡県伊東市鎌田。
・ 鎌田村: 室町時代から伊豆国伊東荘にみられた村名。

■ 狩宿(かりやど):  静岡県富士宮市狩宿
・ 地名は源頼朝の夏狩の宿舎があったことに由来するという。地内の井出邸は狩宿井出館といわれ、借宿名の名職をもっていた井出氏の屋敷であり、源頼朝が藍沢での狩りの後泊まったという「富士野旅館」はこの屋敷付近にあり、旅館の遺跡は宝暦年間同氏邸が火災で焼失するまであったといわれている。【角川日本地名大辞典】

■ 函南(かんなみ): 静岡県田方郡函南町

■ 吉川(吉香): 静岡県静岡市清水区吉川(きっかわ)
・ かつて駿河国有度郡吉香・吉川(きっかわ)郷があり、「きっかわ」読みの「吉川」姓のルーツ地と言われる。吉川氏は承久の乱の功績で安芸国山県郡の地頭となり移り、後に毛利一族として岩国を本拠とし、岩国市内に吉香公園、吉香神社の名を残す。

■ 草薙(くさなぎ): 静岡県静岡市清水区草薙

■ 楠(くすのき): 静岡県静岡市清水区楠
・ 楠木・久須奴木とも書く。地名は、長い期間州となっていた土地の意とも考えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 小金(こがね): 静岡県静岡市清水区蒲原小金。地名は、地内から黄金がとれたことに由来するという。

■ 御殿場(ごてんば): 静岡県御殿場市。地名は徳川家康が元和年間に当地に造営した館舎に由来する。【角川日本地名大辞典】

■ 小土(こひじ): 静岡県焼津市小土
・ 小土(こひじ): 地名の由来は、湿地帯・湿田のことを指す語であろうといわれ、近世以前当地は「フケ地」、つまり湿田または低湿地であったという。【角川日本地名大辞典】

■ 子持坂(こもちざか): 静岡県藤枝市岡部町子持坂
・ 「こもんざか」ともいい、小持坂とも書く。地名の由来は、当地付近はもと小坂と称したが、坂下に1株の松があったので子持坂と呼ぶようになったとも、堤中納言兼輔が八幡宮に子供が授かるよう祈願したところ、満願の夜、狼が赤児をくわえてきたという伝承にちなむともいう。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 地名(じな): 静岡県榛原郡川根本町地名

■ 白拍子(しらびょうし): 静岡県磐田市白拍子

■ 新幹線区: 静岡県田方郡函南町上沢
・ 静岡県田方郡函南町上沢に新幹線区という地名がある。戦前にあった、弾丸列車計画で、新丹那トンネルの工事関係者が住んだ場所に由来する。

■ 須津(すど): 静岡県富士市
・ 須津(すど): 須戸・州津とも書いた。

■ 炭焼村: 静岡県掛川市炭焼
・ 江戸時代から明治時代の半ばにかけて、駿河(するが)国庵原(いはら)郡にみられた村名。当村には水田がなく、山業を生業とした。文政年間紙の生産量は大平村・河内村をしのぎ、紙漉人が20人いた。慶長年間駿府在城の徳川家康に炭を納めたことが恒例となり、毎年正月の松飾の品として杭木・長炭・橙・串柿などを納めた。天保2年から明治5年にかけて起雲寺の宮内光山が寺子屋を開いた。寺社は臨済宗起雲寺・諏訪社。小地名に貝伏があり、甲斐武士の深沢氏が落ちのびて当地に居住したことに由来するという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 渡(ど): 静岡県静岡市
・ 渡(ど): 旧駿河国の安倍川上流左岸に位置する。

■ 徳光(とくみつ): 静岡県袋井市徳光。地名の由来は、米がよくとれる地域であったことによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 登呂(とろ): 静岡県静岡市駿河区登呂
・ 登呂といえば登呂遺跡で有名ですが、「静岡 県民も知らない地名の謎 PHP文庫」によると、「とろ」は「水のとろっとしたところ(瀞)」に由来するそうだ。

★ 

■ 日本平(にほんだいら): 静岡県
静岡県の日本平という地名は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国に遠征した時に、草原で族の放った火に囲まれて危機に陥ったが、草薙剣(くさなぎのつるぎ)のおかげで脱出に成功した。そして有度山に登って四方を眺めたという伝説に基づく。地質学的には、土地の隆起によってできたものでかつては平地の一部だったと思われる。

■ 韮山(にらやま): 静岡県伊豆の国市韮山
・ 地名は当地にある山の名に由来する。
・ 戦国時代に伊豆国田方郡にみられた地名。

■ 鵺代(ぬえしろ): 静岡県浜松市北区三ヶ日町鵺代
・ 猪鼻湖に注ぐ釣橋川河口右岸に位置する。当地は中世末まで贄代と称されており、地名の由来は古代、贄の貢進地であったことによると思われ、「万葉集」にも「贄の浦」と詠まれている。江戸初期に至り、源頼政の鵺退治伝説に仮託し、鵺代と改称された。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 浜岡(はまおか): 静岡県。1955年に周辺町村が合併した際に、浜松と静岡の中間にあったことから浜岡とした。【静岡 県民も知らない地名の謎 PHP文庫】

■ 孕石(はらみいし): 静岡県掛川市孕石
・ 孕石(はらみいし): 原野谷川上流右岸に位置する。地名は孕石と呼ばれる巨岩に由来する。【角川日本地名大辞典】

■ 人穴(ひとあな): 静岡県富士宮市人穴
・ 富士川水系芝川上流左岸の富士山の裾野に位置する。地名は風穴に由来する。【角川日本地名大辞典】
・  「太穴(ふとあな)」が訛って「人穴(ひとあな)」になった。【大日本地名辞書】

■ 堀内(ほりのうち):  静岡県駿東郡小山町竹之下堀ノ内?戦国時代に駿河国富士郡にみられた地名。堀内の地名は、この南条氏の居館の堀の内に由来すると推定される。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 三島(みしま): 静岡県三島市
・ 三嶋大社が3つの州(安志我良、珠流河、賀茂)の神であるとして、後に州が嶋に改められ、三島の地名が生まれた。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】
・ 伊豆国の一宮の三嶋大社を祀っていることによる。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 三島大社に由来する。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 三ヶ日(みっかび): 静岡県浜松市北区三ヶ日町
・ 三ケ日(みっかび): 地名は毎月3の日に当地で市場が開かれたことに由来する説、当地で、正月3日に祭礼を行い、三ケ日堂があったことに由来する説がある。【角川日本地名大辞典】
・ 毎月三日に市が開かれたことに由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 三ヶ日の由来には諸説有る。「毎月3日にこの地で市が開かれた」「正月三日に祭礼が行われた」「三ヶ日堂があった」「三日池に由来する」。【静岡 県民も知らない地名の謎 PHP文庫】

■ 妻良(めら): 静岡県賀茂郡南伊豆町妻良
・ 妻浦(めうら)とも書く。駿河(するが)湾に臨む。地名は地内の三島神社の祭神が女神であることにちなむ。【角川日本地名大辞典】
・ 妻良は三嶋大神の后神にちなむといい、妻良は三嶋大神の「妻」のこと。妻良は妻浦ともいい、「めうら」が「めら」となった可能性もある。【静岡 県民も知らない地名の謎 PHP文庫】

■ 用宗(もちむね): 静岡県静岡市駿河区用宗

■ 桃里(ももざと): 静岡県沼津市桃里
・ 昔は、この地は助兵衛という地名だったそうだが、「すけべい」の音を嫌って変えたと言われる。

★ 

■ 由比(ゆい): 静岡県静岡市清水区由比

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示