静岡県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 静岡県の県名の由来 ・ 静岡県の難読地名・珍地名

★ 静岡県の名字の特徴

# 県人口の約5%を鈴木が占める。

# 渡辺は駿河東部から伊豆にかけて多くみられる。

# 「杉山」は静岡県を代表する名字で、全国の1/4以上が分布する。

# 「池谷」は県の中央部では「いけがや」だが、西部では「いけや」と読む。ちなみに関西では「いけたに」が主である。

# 望月: 信濃の国佐久郡望月(望月町)由来で、甲斐や駿河に拡がった。

# 山梨という名字は山梨県にはほとんどないが、静岡県清水市を中心に広くみられる。

【静岡県らしい名字】

# 静岡らしい名字として「村松」「池谷」「芹沢」「袴田」「勝又」「勝間田」「戸塚」がある。

# 静岡県東部(駿河)は藤原南家の本拠地で、そこからは「天野」「入江」「宇佐美」「岡部」「狩野」「吉川」「相良」など、地域の地名由来の名字が多く出ている。

■ 静岡県の特徴的名字: 望月、大石、杉山、勝又、増井、青島、土屋、袴田、芹沢、漆畑。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 鈴木

■ 2位: 渡辺
# 静岡県の渡辺家: 東海道の原宿(静岡県沼津市)の旧家。清和源氏の出で、阿野氏の子孫といわれる。本陣と問屋を務めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 3位: 山本

■ 4位: 望月

■ 5位: 杉山

■ 6位: 佐藤
# 静岡県の佐藤家: 東海道の江尻宿(静岡県清水区)の豪商で、江戸時代の初頭に伊勢国松坂(三重県松坂市)から移り住んだと言われる。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 7位: 伊藤

■ 8位: 山田

■ 9位: 加藤
# 静岡県の加藤家: 遠江国榛原郡志戸呂村(静岡県島田市)の志戸呂焼きの陶工で、徳川家康から焼き物免許の朱印状を受けた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 10位: 佐野

■ 11位: 中村
# 静岡県の中村家: 遠江国敷知郡浜松荘宇布見郷(静岡県浜松市)の豪農で源氏の出。鎌倉時代に大和国広瀬郡中村郷(奈良県)に住んで中村氏を称した。室町時代に遠江国に転じて今川氏に仕えた。今川家が没落した後には徳川家に仕える。江戸時代には庄屋を務める。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 静岡県の中村家: 遠江国引佐郡の姫街道の気賀宿(静岡県浜松市北区細江町)の本陣。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 12位: 高橋

■ 13位: 大石

■ 14位: 小林

■ 15位: 増田

■ 16位: 田中

■ 17位: 石川

■ 18位: 村松

■ 19位: 土屋

■ 20位: 山下


■ 秋鹿(あいか)
# 静岡県の秋鹿家: 遠江国の代官。出雲国秋鹿郡秋鹿(島根県松江市秋鹿町)をルーツとする。足利尊氏に従って鎌倉に下向の途中、遠江国の国府(静岡県磐田市)に留まって、そのまま土着した。代々今川家に従い、江戸時代には代官。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 相磯(あいそ)
# 静岡県の相磯家: 伊豆国田方郡木負村(静岡県沼津市)の旧家で藤原氏の出。戦国時代には北条氏に従い、江戸時代には名主を務めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 安部(あべ)
# 静岡県の安倍家: 安倍元真は今川氏真の家臣で駿河国安倍郡を本領とした。孫の安倍信盛は江戸時代に大阪定番を務め、武蔵国岡部1万9千石を領した。信濃の諏訪氏の一族を称す。

■ 安西(あんざい)
# 静岡県の安西家: 静岡県安倍郡服織荘安西郷(静岡県静岡市葵区)をルーツとする。桓武平氏の三浦氏の分家。今川家に従っていたが、今川家が滅亡後には徳川家に仕えて、江戸時代には旗本。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 池田(いけだ)
# 静岡県の池田家: 遠江国浜松城下の豪商。初代の庄三郎は稲荷神社の神官をつとめ、また俳人でもあった。幕末には士分となった。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 伊東(いとう)
# 静岡県の伊東家: 藤原南家に工藤氏があり、その一族に伊東氏がある。後に、尾張国岩倉に移り住み、伊東長久が信長に仕え、その子の長実が秀吉の配下となった。備中川辺1万石から備中岡田1万石。日向国飫肥藩の伊東家とは平安時代に分かれた同族。

■ 井上(いのうえ)
# 静岡県の井上家: 遠江国浜松藩(6万石)の井上家は清和源氏頼季流で清宗の時に三河国に転じた。明治維新で徳川宗家が駿府に移動したのにあわせて上総鶴舞(千葉県市原市)に移動した。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
・ 静岡県の井上家: 遠江浜松藩(6万石)主。清和源氏の出で三河国に拠った。井上正就が徳川二代将軍の秀忠の乳母の子であったため、取り立てられて譜代大名となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 今井(いまい)
# 静岡県の今井家: 伊豆国の熱海温泉の旧家。名主で本陣を努めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 今川(いまがわ)
# 静岡県の今川家: 駿河の戦国大名。三河国幡豆郡今川荘(愛知県西尾市)をルーツとし、清和源氏の足利氏流。足利義氏の庶長子の長氏が吉良氏を称し、その二男の国氏が今川氏を称した。遠江国や駿河国の守護を務め、南北朝時代には北朝に属した。今川家を継いだ義元は三河国まで勢力下において戦国大名として成長した。しかし、信長に敗れ、子の氏真が武田・北条・徳川に敗れて滅亡した。今川氏真は後に徳川家康に仕え近江国野洲郡で500石を得た。江戸時代には品川家と改姓して高家。【戦国大名家辞典 森岡浩 東京堂出版】

■ 内野(うちの)
# 静岡県の内野家: 東海道の岡部宿(静岡県藤枝市岡部町)で本陣を努めた。元は今川家の武士という。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 鵜殿(うどの)
# 静岡県の鵜殿家: 紀伊国鵜殿村(和歌山県紀宝町)をルーツとする。熊野別当家の分家。三河国に転じて今川家に仕えた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 江川(えがわ)
# 静岡県の江川家: 江戸時代の伊豆の代官。清和源氏の頼親流の宇野氏の出。大和国奥之郷宇野(奈良県五條市)に住んでいたが、後に伊豆国田方郡八枚郷江川(静岡県伊豆の国市)に転じ、室町時代に江川氏を称した。戦国時代には酒造業を営み、後に武士となった。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大川(おおかわ)
# 静岡県の大川家: 伊豆国君沢郡西浦荘長浜村(静岡県沼津市)の旧家。戦国時代には北条氏に仕え、江戸時代には「大屋」を号して村役人を務めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大沢(おおさわ)
# 静岡県の大沢家: 高家。藤原北家の公家の持明院家の一族。丹波国多紀郡大沢(兵庫県篠山市)をルーツとする。江戸時代の豪商。藤原北家の出。戦国時代には今川家に仕え、後に徳川家に仕えた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 太田(おおた)
# 静岡県の太田家: 遠江国掛川藩主(5万石)。清和源氏頼光流で、太田道灌の末裔。太田道灌は主君の定正に暗殺されたが、その後太田氏は岩槻太田氏と江戸太田氏に分かれた。掛川藩主は】江戸太田氏の子孫。北条氏の重臣となり、北条家が滅んだのちは徳川家に仕えた。明治維新、徳川家が静岡に移った際には、上総芝山に転じた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岡野(おかの)
# 静岡県の岡野家: 旗本。桓武平氏の北条氏の一族。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 加々爪(かがつめ)
# 静岡県の加々爪家: 旗本。八条上杉氏の庶流。

■ 柏木(かしわぎ)
# 静岡県の柏木家: 駿河国駿東郡茶畑村(静岡県裾野市茶畑)の旧家。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 勝間田(かつまた)
# 静岡県の勝間田家: 遠江国勝田(かつまた・静岡県牧之原市)をルーツとする。藤原南家の出。鎌倉時代には勝田と書いたが、後に勝間田と書いた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 静岡県の勝間田家: 当初は勝田(かつまた)と書き、遠江国榛原郡の国人。遠江国榛原郡勝田(静岡県牧之原市)をルーツとし、藤原南家の工藤氏の末裔という。鎌倉時代には御家人となり、南北朝時代には南朝の楠木氏に従った。室町時代には今川氏に属したが、後に没落した。【戦国大名家辞典 森岡浩 東京堂出版】

■ 神尾(かみお、かんお)
# 静岡県の神尾家: 旗本。藤原姓でもとは加納氏を称す。戦国時代は今川氏に仕え、後に長崎奉行や江戸南町奉行などを務めた。

■ 川(かわ)
# 静岡県の川家: 駿河国駿東郡善太夫新田(静岡県沼津市)の旧家。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 川島(かわしま)
# 静岡県の川島家: 東海道の西倉沢宿の本陣。

■ 気賀(きが)
# 静岡県の気賀家: 遠江国引佐郡気賀村(静岡県浜松市北区引佐郡気賀)の豪商で豪商。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 金原(きんばら)
# 静岡県の金原家: 遠江国長上郡安間村(静岡県浜松市)の旧家で、代々名主を務めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 久住(くすみ)
# 静岡県の久住家: 駿河国駿東郡江浦村(静岡県沼津市)の旧家。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 熊谷(くまがい)
# 静岡県の熊谷家: 遠江国豊田郡西之島村(静岡県磐田市)の旧家。

■ 黒田(くろだ)
# 静岡県の黒田家: 遠江国小笠郡の旧家。越前国黒田荘をルーツとし、足利氏の一族。黒田義理が遠江国小笠郡を領した。永禄年間に家康に仕え、江戸時代には代官を務めた。

■ 小池(こいけ)
# 静岡県の小池家: 東海道の由比宿(静岡県静岡市清水区)の旧家。戦国時代には武田氏の家臣で、江戸時代には名主を務めた。

■ 近藤(こんどう)
# 静岡県の近藤家: 旗本で藤原北家秀郷流。戦国時代には三河国八名郡宇利荘(愛知県新城市)の土豪。後に遠江国井伊谷(静岡県浜松市)に転じて井伊氏に従った。後に徳川家に仕え一時は井伊谷藩1万7千石の大名だったが、分知したため旗本になった。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
・ 藤原北家秀郷流で、もともと三河国宇利荘(愛知県新城市)を本拠としたが、遠江国に転じて井伊家に仕えた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ (さか、ばん)
# 静岡県の坂家: 駿河国沼津宿の豪商で江戸屋を号した。

■ 酒井(さかい)
# 静岡県の酒井家: 旗本。徳川譜代の酒井家の一族で、雅楽頭家系。一時は大名だったが改易となり、後に旗本として復活。

■ 榊原(さかきばら)
# 静岡県の榊原家: 旗本。久能山東照宮の宮番。越後高田藩主の榊原家の一族。

■ 佐塚(さづか)
# 静岡県の佐塚家: 駿河国榛原郡金谷(静岡県島田市)の旧家。東海道の金谷宿の本陣で、大井川の川越取り締まりを努めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 世古(せこ)
# 静岡県の世古家: 東海道の三島宿の本陣。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 滝(たき)
# 静岡県の滝家: 遠江国榛原郡上湯日村(静岡県島田市)の旧家。江戸時代には庄屋を務めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 滝脇(たきわき)
# 静岡県の滝脇家: 駿河国小島藩主。三河国加茂郡滝脇(愛知県豊田市滝脇町)をルーツとし、松平氏の一族。明治維新後には子爵。

■ 竹村(たけむら)
# 静岡県の竹村家: 遠江国敷知郡入野村(静岡県浜松市)の旧家。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 竹山(たけやま)
# 静岡県の竹山家: 遠江国長上郡天王郷(静岡県浜松市)の旧家。江戸時代には庄屋を務めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 田代(たしろ)
# 静岡県の田代家: 遠江国豊田郡北鹿島村(静岡県浜松市天竜区二俣町鹿島)の旧家。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 田沼(たぬま)
# 静岡県の田沼家: 遠江国相良藩主。下野国安蘇郡田沼(栃木県佐野市田沼)をルーツとする。藤原北家秀郷流で元仁2年(1225年)に佐野盛綱の七男の重綱が田沼氏を称した。戦国時代には武田氏に仕え、江戸時代には紀州藩士だったが、吉宗に従って幕臣になった。後に大名となり、田沼意次が有名。
・ 遠江国相良藩の田沼家(1万石)は、明治維新で徳川宗家が駿府に移動したのにあわせて上総小久保に移動させられた。【家紋:七曜】。明治維新後には子爵。

■ (つじ)
# 静岡県の辻家: 駿河国榛原郡川崎町(静岡県牧之原市)の旧家。紀伊国雑賀の出という。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 友田(ともだ)
# 静岡県の友田家: 遠江国周智郡亀久保村(静岡県森町亀久保)の旧家。江戸時代には庄屋を務めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 友野(ともの)
# 静岡県の友野家: 駿河国駿府城下の豪商。江戸時代は呉服商で駿府の町年寄をつとめた。

■ 長倉(ながくら)
# 静岡県の長倉家: 駿河国駿東郡柳沢村(静岡県沼津市)の豪農。源頼朝の弟の阿野全成の郎党の末裔と言われる。

■ 長沢(ながさわ)
# 静岡県の長沢家: 東海道の原宿(静岡県沼津市)の旧家。

■ 仁田(にった・にた)
# 静岡県の仁田家: 伊豆国田方郡仁田(静岡県田方郡函南町)の旧家。藤原南家の工藤氏の一族。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 仁藤(にとう)
# 静岡県の仁藤家: 東海道の岡部宿の旧家で、本陣と問屋をつとめた。

■ 原川(はらかわ)
# 静岡県の原川家: 駿河国益津郡(静岡県焼津市)の旧家。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 疋田(ひきだ)
# 静岡県の疋田家: 東海道の新居宿で本陣を努めた。

■ 樋口(ひぐち)
# 静岡県の樋口家: 東海道の三島宿の本陣。信濃国の樋口氏の末裔。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 富士(ふじ)
# 静岡県の富士家: 富士本宮浅間神社の大宮司家。孝昭天皇の末裔という。南北朝時代には南朝に属し、今川家の家臣となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 本多(ほんだ)
# 静岡県の本多家: 駿河国田中藩主。譜代大名の本多家の一族で、西城本多氏の末裔。本多正重が永禄6年(1563年)に一向一揆に組して家康に追放された。慶長元年(1596年)に家康に召し出され、下総国1万石で立藩したのが祖。明治維新には徳川家の駿河移転にともない、安房国長尾1万石。
# 静岡県の本多家: 静岡県藤枝市の田中藩本多家(4万石)は本多正信の弟の家系で、明治維新で徳川宗家が駿府に移動したのにあわせて、安房長尾に移動した。

■ 松永(まつなが)
# 静岡県の松永家: 東海道西倉沢宿(静岡県静岡市清水区由比)の旧家で脇本陣を努めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 矢田部(やたべ)
# 静岡県の矢田部家: 三島大社の神官。伊豆国の古代豪族の伊豆直氏の子孫。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 山崎(やまざき)
# 静岡県の山崎家: 遠江国の掛川城下(静岡県掛川市)の豪商。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 山梨(やまなし)
# 静岡県の山梨家: 駿河国庵原郡西方村(静岡県静岡市清水区)の旧家。桓武平氏の鎌倉氏の末裔。甲斐国山梨郡(山梨県)に住んで山梨氏を称した。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 由比(ゆい)
# 静岡県の由比家: 東海道の由比宿(静岡県静岡市清水区由比)の本陣。鎌倉幕府の御家人だったが、後に帰農して大庄屋を務めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 横井(よこい)
# 静岡県の横井家: 遠江国豊田郡広瀬村掛下(静岡県磐田市)の豪農。戦国時代には武士で北条氏に仕えた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 依田(よだ)
# 静岡県の依田家: 伊豆国那賀郡松崎村(静岡県賀茂郡松崎町の廻船問屋で、もとは武田信玄の家臣という。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 静岡県の依田家: 駿河国駿東郡の東海道の沼津宿の豪商で阿国屋を号した。阿波国の出で、もとは手塚氏を称したが沼津に転じたときに依田を称した。

■ 良知(りょうち、らち)
# 静岡県の良知家: 江戸時代、遠江国榛原郡四之宮村(静岡県牧之原市)に良知家があった。もとは四之宮氏を称し、今川氏に仕えていたが、今川氏が滅亡後に良知と改姓し帰農した。江戸時代には庄屋を務めた。


■ 静岡県の地名をルーツとする名字

■ 東海地方の名字の特徴

■ 静岡県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示