岐阜県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 青墓(あおばか): 岐阜県大垣市

■ 安楽満(あらま):  岐阜県中津川市付知町安楽満

■ 伊自良村(いじらむら): 現岐阜県山県市
・ 伊自良川に由来し、「いし(石)」+「ら(接尾語)」から転じたもので、「水量が少なくて石がゴロゴロしている」状態を意味する。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】
・ 伊自良(いじら): 岐阜県山県郡。伊自良川上流域約10Km間に位置する。「和名抄」山県郡出石(いずし)郷に比定され、これが地名の由来といい、「釈日本紀」所引上宮記の牟義都(むぎつ)国造伊自牟良(いじむら)君がそれともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 板取(いたどり): 岐阜県関市板取
・ 「いた」は「傷む」、「とる」は「剥ぎ取る」に由来し、板取川流域の傷んだ崖の浸食地名を意味する。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 今須(います): 岐阜県不破郡関ケ原町今須
・ 居益とも書く。西は近江国。周囲を山に囲まれ南部を今須川が流れる。古来東山道が通り、中山道の宿駅として繁栄。【角川日本地名大辞典】

■ 今渡(いまわたり): 岐阜県可児市今渡
・ 天正10年に森武蔵守が米田城主肥田玄蕃を攻めた時、家臣の玉木三蔵・後藤平左衛門らが当地を渡り、先がけの働きをしたことに由来する。【角川日本地名大辞典】

■ 打保(うつぼ): 岐阜県飛騨市宮川町打保

■ 大垣(おおがき): 岐阜県大垣市

■ 大湫(おおくて): 岐阜県瑞浪市大湫町。地名は大きな湿地の意。【角川日本地名大辞典】

■ 大牧(おおまき):  岐阜県大野郡白川村大牧
・ 地名の由来は、庄川の水流が当地に至り、ところどころで渦巻を作って流れることから多巻と称されるようになり、のちさらに大牧となったという。【角川日本地名大辞典】

■ 苧ヶ瀬(おがせ): 岐阜県各務原市

■ 表佐(おさ): 岐阜県不破郡垂井町表佐

★ 

■ 加子母(かしも): 岐阜県中津川市加子母
・ 傾いでいる尾根や山の斜面を意味する「かしお」が「かしも」に転じた。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 上宝(かみたから):  岐阜県高山市上宝町
・ 高原川流域を高原郷といった。その上手の「上高原(かみたかはら)」が転訛して「かみたから」となった。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 下呂(げろ): 岐阜県下呂市
・ 地名の由来は、東山道飛騨支路の駅名下留(しものとまり)の音読、用字が変化したものと推定される。【角川日本地名大辞典】
・ 「飛騨路」の宿駅で「下留(しもとまり)駅」といった。「下留」を「げる」と読み、「下呂(げろ)」に転じた。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 上有知(こうずち): 岐阜県美濃市
・ 上有知藩があった。長良(ながら)川中流の左岸に位置する。地名の由来は古代の有知(うち)郷が中世に上・下に分かれたことによる。上有知は「こううち」が「こうずち」となまったもの。【角川日本地名大辞典】
・ 上有智荘: 平安時代末期から美濃国武儀郡にみられた荘園名。鎌倉初期には当地を名字に冠する美濃源氏の一流がおり、嘉禎元年上有智頼保が矢野盛重から、播磨国矢野荘例名下司職を譲られている。頼保は山県頼清の孫、上有智頼資の子で、一族には飛騨瀬(ひだせ)・蜂屋(はちや)等の諸氏がいた。一方、常陸佐竹氏の一族は鎌倉初期美濃に数か所の所領を有し、「尊卑分脈」によれば、佐竹季義の子公清は上有智を相伝、上有智と号したという。その後、美濃の佐竹氏は南北朝期初頭に一族分裂。慶長年間には金森長近・長光の名がみえる。【角川日本地名大辞典】

■ 神戸(ごうど): 岐阜県安八郡神戸町神戸
・ 神社に税を納める家の「神戸」か、川の沿岸の渡し場を意味する「川渡(ごうど)」に由来する。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】
・ 地名の由来は、安八郡の郡戸のなまりとする説、地内日吉神社の神戸による説、また日吉神社神人の部落による説があり定まらない。【角川日本地名大辞典】

■ 小白川(こじらかわ): 岐阜県大野郡白川村小白川
・ 加須良(かずら)地区の山奥より流れ出る加須良川や、越中との境を境川が流れ、これらを平瀬付近で庄川と合流する大白川に対して小白川と称したことによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 木知原(こちぼら): 岐阜県本巣市木知原
・ 木智原とも書いた。
・ 「木知」は「越」の当て字か?峠を越した土地のこと。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 古井(こび): 岐阜県美濃加茂市森山町
・ 岐阜県美濃加茂市森山町に高山本線の古井駅がある。昔の古井村に由来するが、「こび」の由来は諸説あるが不詳。一説にはアイヌ語説。
・ 地名の由来についてはアイヌ語説等諸説あるが不明。【角川日本地名大辞典】
・ 「こび」は「こい」が訛った。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

★ 

■ 坂祝(さはほぎ): 岐阜県加茂郡坂祝町
・ 「坂(さか)」は地形で、「ほぎ」は「ほけ(歩危)」からの転訛なのかなぁ?
・ 「ほき」を語源とし、崩壊しやすい崖地を意味する。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 尻毛(しっけ): 岐阜県岐阜市尻毛
・ 尻毛(しっけ): 地名の由来はアイヌ語に起源があるとも、湿地帯であったため湿気が転じたともいわれる。【角川日本地名大辞典】

■ 白川(しらかわ): 岐阜県大野郡白川村
・ 白山の白水谷に発し当地を流れる大白川の水色が常に濁り白く見えることに由来する。
・ 白川(しらかわ): 岐阜県大野郡白川村。「庄川(しょうがわ)」が訛ったと言われる。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】
・ 白川(しらかわ): 飛騨地方西部を北流する庄(しよう)川流域に位置し、西端の白山連峰をはじめ2000m級の山々に囲まれている。地名の由来は、白山の白水谷に発し当地を流れる大白川の水色が常に濁り白く見えることによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 真正町(しんせいちょう): 現岐阜県本巣市。昭和30年に本巣郡弾正村と真桑村が合併して成立。弾正は官名に由来し、真桑は「ま(接頭語)」+「くえ(潰)」で荒れ地を意味する。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 墨俣(すのまた): 岐阜県大垣市墨俣町

■ 関市(せきし): 岐阜県関市
・ 「関所」に由来するとも言われるが、関所があったという記録は無く、川の「堰」に由来するとも言われる。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 外渕(そぶつ): 岐阜県大垣市外渕

★ 

■ 高山(たかやま): 岐阜県高山市

■ 付知町(つけちちょう): 岐阜県中津川市付知町
・ 継(つぐ-ち・つげ-ち)が「つけち」に変化した。継(つぐ・つげ)は段差のある崖を意味し、「ち」は「地」。付近に阿寺断層があり、それに由来するか?【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 廿原(つづはら): 岐阜県多治見市廿原町
・ 廿原(つづはら): 廿(つづ)は十と十が続く、重なるの意で、当初開発が名荷の洞に始まり、やがてその北に続く原野を開発して本郷としたことから起こった地名か。【角川日本地名大辞典】

■ 津布良(つぶら): 岐阜県大垣市?
# 津布良開発御厨(つぶらかいほつのみくりや): 鎌倉時代から室町時代にかけて美濃国安八郡にみられた地名。津布良の地名は「吾妻鏡」建久3年12月14日条に初見。源頼朝が平家没官領「津布良領」などを妹一条能保室に譲与している。御厨の成立は鎌倉中期か。正応6年源頼範が伊勢内宮に「津布良開発御厨御上分用途」50貫文を重ねて寄進、先に寄進されていた50貫文と合わせ、これ以後当御厨は毎年上分100貫文と本宮御裳濯河堤籠役を負担。永和2・寛正3・文明3年には皇大神宮宮司庁宣が「開発御厨」に下され、御裳濯河堤防役河籠米が催促されている。津布良と開発の区分は未詳。【角川日本地名大辞典】

■ 土岐(とき):  岐阜県瑞浪市土岐町
・ 「とき」は「とち」と語源をおなじくし、切り立った断崖や急斜面を意味する。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 徳光(とくみつ): 鎌倉時代から美濃国(岐阜県)にみられた地名で、得光・得満とも書いた。静里輪中の農村で、杭瀬(くいぜ)川右岸の平坦地に位置する。【角川日本地名大辞典】

■ 富加町(とみかちょう): 岐阜県加茂郡富加町。昭和29年に加茂郡富田村と加治田町が合併して成立。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

★ 

■ 祢宜ケ沢上(ねがそれ): 岐阜県飛騨市宮川町祢宜ケ沢上

★ 

■ 羽島郡(はしまぐん): 岐阜県羽島郡。明治30年に羽栗郡と中島(なかしま)郡が合併して設立。「はぐり(羽栗)」は「剥ぐ」の意味で、河川の浸食を表す。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 半布里(はにゅうり): 岐阜県加茂郡富加町羽生。現存する日本最古の戸籍「御野国加毛郡半布里戸籍」ゆかりの地。

■ 春近(はるちか): 岐阜県本巣市春近
・ 「はりちか」ともいう。船来山南東に位置し、地名の由来は、名田名によるとする説と、霊亀元年に土着した渡来人席田君邇近を遙近と誤り、さらに春近となったとする説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 日置江(ひきえ): 岐阜県岐阜市日置江
・ 日置江(ひきえ): 碧江とも書く。

■ 昼飯(ひるい): 岐阜県大垣市昼飯町
・ 昼居・昼井とも書く。地名の由来は信州善光寺本尊が難波から信濃へ移る時に奉持者が花岡山で昼食をとったことによると伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 蛭ケ野高原(ひるがのこうげん): 岐阜県
・ 地名の由来は「大日ケ岳より泰澄大師道を東にとり、西洞の野に下り玉ふ。野に大池あり、蛭数多住めり、蛭ケ野と名づく」とある。【角川日本地名大辞典】

■ 船町(ふなまち): 岐阜県大垣市船町。付近の川を船が通っていたことに由来する。

■ 古屋敷(ふるやしき): 旧美濃国(岐阜県)。岐阜県可児郡御嵩町古屋敷。
・ 児(かに)川左岸に位置する。地名は古くから家を造り群居したことにちなむという。【角川日本地名大辞典】

■ 保木村(ほきむら): 岐阜県飛騨市河合町保木林
・ 江戸時代から明治時代の初頭にかけて、飛騨国吉城(よしき)郡小鷹狩(こたかり)郷にみられた村名。地名の由来は山の中腹の小鳥川を見下ろす崖に路をつけ、この歩危路(ほきじ)の中間に村があり、歩危と称するという。明治8年有家林(うけばやし)村と合併、河合村の大字保木林(ほきばやし)となる。【角川日本地名大辞典】

■ 上枝(ほずえ): JR高山線上枝駅。岐阜県高山市下切町
・ 以前の上枝町に由来する。上枝は川上郷と三枝郷の合併地名で、穂の先を意味する「穂末」にちなんだ読みにしたという。
・ 「上枝」は「さいくさ」の誤りという。「さいくさ」は「山百合草」のことで、「ほずえ」は「ほつえ」、つまり先の方の枝という意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 細久手(ほそくて): 岐阜県瑞浪市日吉町細久手。「くて」はこの地方の言葉で「湿地」のこと。

★ 

■ 水海道(みずかいどう): 岐阜県岐阜市水海道
・ 境川北岸の氾濫原に位置する。海道は垣内・海渡(かいと)の転化したもので集落の一単位。水は当地域が境川の氾濫により、しばしば湛水したことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 水鳥(みどり): 岐阜県本巣市根尾水鳥
・ 鎌倉時代には水取とも書いた。「みどろ(水泥)」から転訛したもので、このあたりは湿地帯だったらしい。
・ 鎌倉時代には「水取」と書いた。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 席田(むしろだ): 岐阜県本巣市

★ 

■ 養老(ようろう): 岐阜県養老郡養老町

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示