岐阜県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 岐阜県の県名の由来 ・ 岐阜県の難読地名・珍地名

★ 岐阜県の名字の特徴

# 岐阜県に多い加藤という名字は、全国一位は岐阜県のみ。加賀の藤原氏由来の名字だが岐阜県に移住し濃尾平野一体に広まった。有名な所では加藤清正。

# 県東部の土岐市に本拠地を構えた土岐氏は岐阜県きっての名家で浅野内匠頭や明智光秀も一族。

# 長野との県境の中津川には遠山氏という大名がおり、明智町には分家の旗本が領地を持ち、ここをルーツとするのが遠山の金さん(遠山景元)。

【岐阜県らしい名字】

# 岐阜県を代表する名字に「纐纈(こうけつ)」がある。
※ おう、「こうけつ」で「纐纈」に変換(ATOK)された。当たり前か。

# 「長屋」「日比野」「小栗」「鷲見(すみ)」「川瀬」「棚橋」「篠田」「安江」「加納」「熊崎」「村瀬」「可児」「国枝」なども岐阜県らしい名字。

■ 岐阜県の特徴的名字: 村瀬、篠田、棚橋、西尾、宇留野、鷲見、可児(かに)、各務(かがみ)、撫養(むや)、野々村。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 加藤
# 岐阜県の加藤家: 旗本の六之井加藤家。伊予国大洲藩主の分家。藤原北家利仁流で美濃の出。美濃の斎藤氏に仕え、後に伊予国大洲6万石。その後分家の加藤家が美濃国大野郡六之井(岐阜県揖斐郡池田町六之井)に陣屋をおいて、六之井加藤家となった。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 2位: 伊藤(1.7%)

■ 3位: 山田

■ 4位: 
# 岐阜県の林家: 中山道太田宿中町(岐阜県美濃加茂市)の旧家。本家は材木商。分家は質商・味噌醸造業。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 5位: 渡辺

■ 6位: 田中

■ 7位: 高橋
# 岐阜県の高橋家: 美濃国日坂(岐阜県揖斐郡揖斐川町)の旧家。中世末期に日坂に移り住んだといわれる。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 8位: 後藤

■ 9位: 鈴木

■ 10位: 佐藤
# 岐阜県の佐藤家: 旗本の伊深佐藤家。藤原姓で、佐藤継信の末裔と言われる。戦国時代に、岐阜県加茂郡富加町加治田にあった加治田城に、佐藤紀伊守忠能がおり、家系的にはその子孫(養子でつないだ)。織田信長に従い、豊臣秀吉から徳川家康に仕え、江戸時代には旗本。佐藤継信の子は尾張の佐藤家を築いた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 11位: 

■ 12位: 安藤

■ 13位: 水野

■ 14位: 吉田

■ 15位: 中島

■ 16位: 清水

■ 17位: 高木
# 岐阜県の高木家: 美濃国の高木家。清和源氏の頼近流。西家、北家、東家の三家があり、江戸時代にはいずれも交代寄合を務め、美濃衆と言われた。

■ 18位: 山本

■ 19位: 中村

■ 20位: 今井
# 岐阜県の今井家: 美濃国武儀郡上有知(岐阜県美濃市)の旧家。和紙問屋を営んだ。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】


■ 青木(あおき)
# 岐阜県の青木家: 旗本。摂津国の麻田藩主の分家。美濃国安八郡青木村(岐阜県大垣市)をルーツとするといわれる。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 岐阜県の青木家: 美濃国厚見郡下佐波村(岐阜県柳津町下佐波)の旧家。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 青山(あおやま)
# 岐阜県の青山家:  丹波篠山藩の青山家の分家で、美濃国八幡城主。上野国吾妻郡青山郷(群馬県吾妻郡中之条町青山)をルーツとする。後に三河国碧海郡に転じ、松平氏に仕えた。東京都の青山の地名は、この青山氏の屋敷に由来する。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 稲葉(いなば)
# 岐阜県の稲葉家: 美濃国白鬚城(岐阜県岐阜市)の稲葉家は土岐氏に仕えていたが、後に織田家に仕え、関ヶ原の合戦では西軍から東軍に転じた。江戸時代には豊後臼杵藩5万石。明治維新後は子爵。【家紋:折敷に三文字】
# 岐阜県の稲葉家: 美濃十七城(岐阜県瑞穂市)の林正成は稲葉家の婿となり稲葉氏に改姓。豊臣秀吉に仕え、小早川秀秋の家老を務めた。関ヶ原の合戦後に徳川家康に仕え各地を転々とし、享保8年(1723年)に山城国淀10万2千石。明治維新後は子爵。安房国館山藩主の稲葉家は分家。

■ 遠藤(えんどう)
# 岐阜県の遠藤家: 旗本。近江国の三上藩主の分家で、桓武平氏の東氏の一族。戦国時代には美濃の斎藤氏に仕えた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大島(おおしま)
# 岐阜県の大島家: 旗本の川辺大島家。上野国新田郡大島(群馬県太田市大島)をルーツとし、清和源氏里見氏の支流。江戸時代には美濃国加茂郡川辺(岐阜県加茂郡川辺町仲川辺)に陣屋をおいて川辺大島家となった。長崎奉行や作事奉行を務めた。加治田大島家は分家。
# 岐阜県の大島家: 旗本の迫間大島家。川辺大島家の分家で美濃国迫間(岐阜県関市)を領して迫間大島家になった。

■ 大高(おおたか)
# 岐阜県の大高家: 大垣藩の家老。安倍姓で、出羽国の大高氏の支流という。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岡田(おかだ)
# 岐阜県の岡田家: 旗本の揖斐岡田家。清和源氏満政流。古くから尾張に住んで、斯波氏、織田氏に仕えた。江戸時代には美濃国可児郡と葉栗郡で5千石を領し、揖斐を陣屋とした。清水岡田家は分家。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大給(おぎゅう)
# 岐阜県の大給家: 美濃国岩村藩主。三河国加茂郡大給(愛知県豊田市松平町大給)をルーツとする。松平氏の支流。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 奥田(おくだ)
# 岐阜県の奥田家: 美濃今尾藩の家老。明治維新後には今尾藩知事を務めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 奥山(おくやま)
# 岐阜県の奥山家: 旗本。美濃国安八郡今ケ淵(安八郡安八町)で1千石を領した。

■ 小原(おはら)
# 岐阜県の小原(おはら)家: 大垣藩の重臣。

■ 金森(かなもり)
# 岐阜県の金森家: 旧美濃八幡藩主。清和源氏土岐氏の支流で土岐成頼の二男の大桑定頼の子の定近が近江国野洲郡金森(滋賀県守山市)に住んで金森采女を称したのが祖。
・ 清和源氏土岐氏の支流。美濃から近江国金森(滋賀県守山市)に転じ金森氏を称した。金森長近は織田信長に仕え、後に豊臣秀吉に仕え飛騨を平定。江戸時代には飛騨高山3万8700石を領したが後に衰退した。

■ 川瀬(かわせ)
# 岐阜県の川瀬家: 美濃国多芸荘祖父江(岐阜県養老郡養老町祖父江)の旧家。石田三成の家臣だった川瀬彦兵衛は前田慶次郎の子の吉兵衛を託されて祖父江に隠れ住んだという。江戸時代には庄屋を務めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 日下部(くさかべ)
# 岐阜県の日下部家: 飛騨国高山(岐阜県高山市)の豪商。

■ 桑原(くわばら)
# 岐阜県の桑原家: 美濃国養老郡市之瀬村(岐阜県大垣市上石津町一之瀬)の旧家。伊勢国の出で、戦国時代には信長や秀吉に仕えた。秀吉が亡くなった後に帰農した。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 斎藤(さいとう)
# 岐阜県の斎藤家: 藤原北家利仁流。斎藤親頼が美濃の目代になり美濃に勢力をはった。室町時代には土岐氏のもとで守護代を務めた。

■ 向坂(さきさか)
# 岐阜県の向坂家: 旗本。遠江国磐田郡匂坂村(静岡県磐田市)をルーツとし、「匂坂」とも書く。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 島崎(しまざき)
# 岐阜県の島崎家: 中山道の妻籠宿の本陣。桓武平氏三浦氏の出。

■ 武川(たけかわ)
# 岐阜県の武川家: 飛騨国下呂(岐阜県下呂市)の豪商で飛騨屋を号した。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 竹中(たけなか)
# 岐阜県の竹中家: 美濃国池田郡八幡村(岐阜県揖斐郡池田町八幡)の旧家で庄屋を務めた。

■ 武腰(たけのこし)
# 岐阜県の武腰家: 尾張藩の付家老。宇多源氏の大原氏の末裔。明治維新後には男爵。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ (たに)
# 岐阜県の谷家: 美濃国多芸郡舟付村(岐阜県養老郡養老町舟付)の旧家。尾張藩の家老の竹腰家領の庄屋。

■ 坪内(つぼうち)
# 岐阜県の坪内家: 旗本。藤原氏の富樫氏の支流で坪内一党の一つ。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 妻木(つまき)
# 岐阜県内の妻木家: 美濃国土岐郡妻木郷(岐阜県土岐市妻木町)をルーツとする。清和源氏の土岐氏の一族。江戸時代には旗本。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 遠山(とおやま)
# 岐阜県の遠山家: 美濃苗木藩主。藤原北家利仁流で美濃の加藤氏の一族。建久6年(1195年)に加藤景廉が美濃国恵那郡遠山荘(岐阜県)を領して後に遠山氏を称した。苗木遠山氏は遠山七家の一つで苗木城を本拠とした。
・ 美濃国苗木藩(岐阜県中津川市)主の遠山家(1万石)の幕末の藩主の遠山友詳は若年寄を務めた。
・ 岐阜県の遠山家: 遠山家は室町時代には美濃国土岐氏につぐ勢力をもっていた。苗木藩主の遠山友忠・友政親子は織田信長に属し、その後徳川家康に仕えた。江戸時代を通じて苗木藩1万5千石。
・ 岐阜県の遠山家: 美濃苗木藩主。藤原北家利仁流で、鎌倉時代に源頼朝に従った遠山景廉が遠山荘(岐阜県中津川市周辺)を領し、遠山氏を称した。
# 岐阜県の遠山家: 旗本の明知遠山家。遠山七家の一つで遠山荘内の手向郷明智(岐阜県恵那市明智町)を領した。北町奉行の遠山金四郎はこの系統。

■ 徳永(とくなが)
# 岐阜県の徳永家: 旗本。旧美濃国高須藩主。近江国神埼郡徳永(滋賀県東近江市)をルーツとする。藤原北家の出。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 徳山(とくのやま)
# 岐阜県の徳山家: 旗本。坂上田村麻呂の末裔という。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 戸田(とだ)
# 岐阜県の戸田家: 美濃国大垣藩(10万石)主。藤原北家の出。
# 岐阜県の戸田家: 美濃国大垣新田藩(野村藩9主。大垣藩の分家で三河国渥美郡畑村(愛知県田原市)に陣屋をおいた。後に美濃国揖斐郡野村(岐阜県揖斐郡大野町)に本拠地を移して野村藩とした。
# 岐阜県の戸田家: 大垣藩の家老。桓武平氏渋谷氏流。
# 岐阜県の戸田家: 大垣藩主。藤原北家の出で、戸田政成が徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いの後には近江国大津3万石。後に大垣に転じた。 

■ 永井(ながい)
# 岐阜県の永井家: 美濃加納藩主。桓武平氏の出。明治維新後には子爵。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 名取(なとり)
# 岐阜県の名取家: 旗本。清和源氏義光流。陸奥国名取郡名取郷(宮城県名取市)をルーツとする。戦国時代には武田氏に仕え、武田氏が滅亡後には徳川家康に仕え、江戸時代には旗本。

■ 西尾(にしお)
# 岐阜県の西尾家: 旗本。旧美濃国揖斐藩主。清和源氏の出という。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
■ 丹羽瀬(にわせ)
# 岐阜県の丹羽瀬家: 美濃国の岩村藩の家老。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
 

■ 馬場(ばば)
# 岐阜県の馬場家: 旗本。戦国時代には木曽家に仕え、江戸時代には旗本1600石として美濃国釜戸(岐阜県瑞浪市)に陣屋をおいた。

■ (はら)
# 岐阜県の原家: 土岐氏の一族の原勝胤は柴田勝家に属し、美濃太田山3万石。

■ 平岡(ひらおか、ひろおか)
# 岐阜県の平岡家: 旗本。河内国平岡郷(大阪府東大阪市)をルーツとし、清和源氏頼光流の溝杭氏の子孫といわれる。
・ 小早川秀秋に裏切りを進言した平岡頼勝は清和源氏頼光流で、河内国平岡郷をルーツとする。小早川家滅亡後に美濃徳野1万石。江戸時代には旗本。

■ 牧村(まきむら)
# 岐阜県の牧村家: 美濃国大野郡西方(岐阜県揖斐郡大野町)の旧家。江戸時代には庄屋を務めた。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 松平(まつだいら)
# 岐阜県の松平家: 美濃国高須城主。尾張藩二代藩主の徳川光友の二男の義行が天和元年(1681年)に信濃国高取で3万石で立藩。後に、美濃国に転じ高須(岐阜県海津市)に陣屋をおいた。
# 岐阜県の松平家: 美濃国岩村藩(岐阜県恵那市)の松平家(3万石)は、西尾藩の大給松平家の分家。幕末の藩主の松平乗命は陸軍奉行を務めた。

■ 吉島(よしじま)
# 岐阜県の吉島家: 飛騨国高山(岐阜県高山市)の旧家。江戸時代には両替商や酒造業を営んだ。【出典:あなたの知らない東海地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】


■ 岐阜県の地名をルーツとする名字

■ 東海地方の名字の特徴

■ 岐阜県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示