長野県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 明科(あかしな): 長野県安曇野市明科
・ 「あか(赤)」+「しな(階)」で、赤土の地層が階段状に形成された地形に由来する。
・ 地名の由来は、赤土の段丘地形であることによるという。【角川日本地名大辞典】
・ あきらかではないが、「明」には「乾いた良田(明田)」の意味があり、また語感から開ける(開墾)の意味もうかがわれる。科木(しなき)のあるところを開いたという意味だろう。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 安曇(あずみ・あづみ): 古代氏族安曇氏に由来する。長野県松本市安曇、長野県安曇野市。

■ 安茂里(あもり): 長野県長野市安茂里

■ 伊那(いな): 長野県伊那

■ 上田(うえだ): 長野県上田市

■ 善知鳥峠(うとうとうげ): 長野県塩尻市

■ 大河原(おおかわら): 長野県下伊那郡大鹿村大河原

■ 乙事(おっこと): 長野県諏訪郡富士見町乙事。乙骨とも書き、「おつこつ」とも読んだ。八ケ岳南西麓に位置する。地名の由来には人家がまばらにあちこちにあったからとの説がある。三井氏・乙骨氏は武田氏の家臣で以前からの住民は少ない。【角川日本地名大辞典】
※ 宮崎駿の「もののけ姫」に登場するイノシシの名前が「乙事主(おつことぬし)」だが、なんでも宮崎駿の別荘が富士見町にあるので、そこからとったそうだ。

■ 小布施(おぶせ): 長野県上高井郡小布施町。地名の由来について、豪族布施氏に関係するかとの説もあるが不詳。【角川日本地名大辞典】
・ 地名の由来は、千曲川と松川が合流する「逢瀬(おうせ)」とする説、緩やかな「フセ、フシ(傾斜地)」とする説、大和朝廷の豪族・布施氏の名に由来する説などがある。
・ 「を(接頭語)」+「ふせ(傾斜地)」という地名。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 麻績(おみ): 長野県東筑摩郡麻績村

★ 

■ 替佐(かえさ): 長野県。「替」は「甲斐」の言いかえで「谷あい」のこと。「佐」は「狭」で、「谷あいの狭い土地」を意味する。

■ 神畑(かばたけ): 長野県上田市神畑
・ 神畑(かばたけ): 地名の由来は下之郷生島足島神社に近く、同社の神服部が神畑と訛ったものといわれる。【角川日本地名大辞典】
・ 神畠: 鎌倉期から見える地名。加畠・上畠とも書き、戦国期には郷名でも見える。

■ 和(かのう): 長野県東御市和(かのう) → 詳細

■ 冠着山(かむりきやま): 長野県

■ 軽井沢(かるいざわ): 長野県北佐久郡軽井沢町

■ 鬼無里(きなさ): 長野県長野市。鬼女伝説がある。

■ 杭瀬下(くいせけ): 長野県千曲市杭瀬下

■ 古安曽(こあそ): 長野県上田市古安曽。地名は古代の安宗(あそ)郷(和名抄)にちなむ。【角川日本地名大辞典】

■ 越(こし): 長野県中野市越(こし)。式内社越知神社の越を由来とする。

■ 小諸(こもろ): 長野県小諸市

★ 

■ 犀川(さいがわ): 長野県
松本平と上田平の間の筑摩山地の東を流れる「千曲川」を「東川」と呼び、西側を流れる川を「西川」と呼んだ。「西川」を音読みして「さいがわ」となった。平家物語では「佐い川」その後、文献によって「犀河」などともかかれ、江戸時代以降は「犀川」と書かれた。【長野「地理・地名・地図」の謎 実業之日本社】

■ 坂城(さかき): 長野県埴科郡坂城村
・ 坂城(さかき): 地名の由来は、坂柵、すなわち坂上に設けられた柵城から発したと解釈されたり、地字逆木からきたと考えられたりしている。
・ 北国街道を扼す坂に城砦があったことを示す地名。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 真田(さなだ): 長野県上田市真田町。1400年頃「実田(さなだ)」で、初めて文献に出てくる。「さなだ」は「早苗田(さなえだ)」で、「苗代から田に植える頃の稲の苗」を意味する。他説、「狭名田」由来という説もある。
・ 「さなだ」はもとは「早苗田(さなえだ)」だった。早苗田とは「春に苗を植える田」という意味。それが「さなだ」となって「実田」の字をあてた。その後「真」の字に転じた。また「狭名田」説もある。【長野「地理・地名・地図」の謎 実業之日本社】
※ 山の中だから後者に一票。

■ 沢渡(さわんど): 長野県伊那市西春近沢渡

■ 三才(さんざい): 信濃国。長野県長野市三才(さんさい)。街道の三叉路に由来すると言われる。また、年齢の三歳に由来するという説もある。

■ 塩尻(しおじり): 長野県塩尻市

■ 柵村(しがらみむら): 現在の長野県長野市。明治時代から昭和にかけて長野県上水内(かみみのち)郡にあった村名。村名の由来は山城の多いこの地が柵をめぐらして敵の侵入を防いだことによるとも、謡曲紅葉狩の一節からとも、諸説ある。【角川日本地名大辞典】

■ 為栗(してぐり): 長野県下伊那郡天竜村
・ 国鉄の前身の三信鉄道時代につけた駅名で、「すてぐる」という養蚕関係の言葉や、「捨て栗」の変化した言葉のいずれか。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 須坂(すざか): 長野県須坂市。奈良県宇陀市の墨坂(すみさか)神社が信州に勧請され、須坂の地名ができた。須坂には墨坂の地名(長野県須坂市墨坂)がある。墨坂の語源は、敵が坂に赤いおこし炭を撒いて行軍を邪魔した。
・ 須坂(すざか): 長野県須坂市。地名は古代の墨坂神に由来し、墨坂(すみさか)が須坂に転訛したとされるが不詳。【角川日本地名大辞典】

■ 諏訪(すわ): 長野県諏訪市

■ 清博士(せいばかせ):  長野県木曽郡木曽町新開清博士。安倍晴明に由来?

■ 接待(せったい): 長野県小県郡長和町和田接待
・ 八ヶ岳の麓の国道142号線に沿った山の中にある。和田峠越えの接待所に由来する。

■ 洗馬(せば): 長野県塩尻市洗馬。「せば」は「せま(狭間)」で地形由来とも言われる。
・ 平安時代後期に、木曽義仲の馬を村外れの清水で洗ったことによるという伝説が残るが、洗馬の名はすでに平安期の記録に記されており、義仲の馬にまつわる故事は伝説にすぎない。【角川日本地名大辞典】
・ 古くは洗場と書き、「せば(狭い)」場所。

★ 

■ 高遠(たかとお): 長野県伊那市高遠町。高くて遠くが見える地に由来すると言われる他、鷹が遠く空高く飛ぶ地や、「極楽の道高遠とおもい来ていそげば弥陀の浄土なるらん」という念仏に由来するとも言われる。

■ 千曲川(ちくまがわ): 長野県

■ 茅野(ちの): 長野県茅野市。八ケ岳連峰の西南麓、宮川中流域に位置する。左岸を西茅野、右岸を東茅野という。建御名方命の孫神にあたる智弩神(ちぬがみ)が開拓し居住したところといい、中世には千野・茅野2様の記載がある。【角川日本地名大辞典】

■ 栂池(つがいけ): 長野県

■ 燕岳(つばくろだけ): 長野県大町市

■ 妻籠(つまご): 長野県木曽郡南木曽町吾妻妻籠

■ 戸隠(とがくし): 長野県長野市戸隠

■ 独鈷山(とっこざん): 長野県上田市

★ 

■ 長野(ながの): 長野県長野市。信濃国水内(みのち)郡長野。

■ 夏目(なつめ): 長野県長野市信州新町。織豊期に見える地名。水内(みのち)郡のうち。明治初期の「県町村誌」によると、信岡・山上条・越道が奈津女(夏目)郷のあとと伝えており、現在の信州新町の新町・上条・越道を含む地域と推定される。【角川日本地名大辞典】
※ 長野市平柴に夏目ケ原親水公園というのがあるが、ここの夏目とは関係無いのかなぁ?

■ 贄川(にえかわ): 長野県塩尻市贄川

■ 仁古田(にこだ): 長野県上田市。古くは御子田と書いた。

★ 

■ 蓮(はちす): 長野県飯山市蓮
・ 「はちす」は「はす(蓮)」の古名。また、仏教関連の地名とも言われる。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 春近(はるちか): 長野県伊那市西春近

■ 昼神村(ひるがみむら): 長野県下伊那郡阿智村智里昼神。江戸時代から明治時代の初頭にかけて信濃国伊那郡に見られた村名。村名の由来は、日本武尊が東国平定の帰途、妨害する山神の化身の白鹿にかんでいた蒜(ひる)をはじきかけて危地を脱したとの伝説によると伝えるが、一説には、西行法師が行脚してきて名付け、それ以前は書ノ島(しよのしま)と称していたともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 深志(ふかし): 長野県松本市深志

★ 

■ 松本(まつもと): 長野県松本市。小笠原貞慶が1582年に深志城を取り戻し、「今後、深志を改めて松本と号す」とした。

■ 馬流(まながし): 長野県南佐久郡小海町馬流
・ 八ヶ岳の噴火で、千曲川の支流の大月川が堰き止められ氾濫し、馬まで流されたことに由来する。
・ 平安時代に八ヶ岳の一部が崩れて千曲川が氾濫し、この付近一帯の人馬を押し流したことに由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 三留野(みどの): 長野県木曽郡南木曽町読書(よみかき)三留野(みどの)

■ 牟礼(むれ): 長野県上水内郡飯綱町牟礼。「むれい」とも称し、む連井・室飯・む礼いなどとも書かれた。千曲川支流鳥居川中流域に位置する。地名は、群の意か、穴居生活の室居の意か。【角川日本地名大辞典】

■ 百瀬(ももせ): 長野県松本市寿豊丘百瀬。百瀬とは「多くの瀬(流れの速いところ)」を意味する。こいのぼりの歌の3番に「ももせのたきを のぼりなば」という歌詞がある。

★ 

■ 泰阜村(やすおか): 長野県
・ 長野県泰阜(やすおか)村。村が発足した明治8年に、漢詩の「泰山丘阜(たいざんきゅうふ)」にちなんでつけた。「豊かで明るい未来と自信を創造する」という意味。
・ 長野県。漢詩の一説の「泰山丘阜」に因み、訓読みにしたもので、明治8年に命名。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 夜間瀬(よませ): 長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬

■ 夜交村: 長野県長野市篠ノ井山布施夜交。南北朝時代から戦国時代にかけて信濃国に見られる村名。戦国時代には夜交郷もあった。当村は正平7年(1354年)に中野朝高の祖父経頼が幕府より拝領したが、当時高梨氏に背いた中野弥六の支配するところとなっていたため、朝高が幕府の安堵を求めたもの。この中野氏がのちには夜交氏を称した。
・ 夜交氏山城(よませしやまじろ): 中世の山城。下高井郡山ノ内町の横倉に所在。山麓には夜交氏の横倉館跡と本郷館跡がある。【角川日本地名大辞典】

■ 読書(よみかき): 長野県木曽郡南木曽町読書(よみかき)

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示