長野県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 長野県の県名の由来 ・ 長野県の難読地名・珍地名

★ 長野県の名字の特徴

# 「小林」が1位なのは長野県だけ。長野県内では全域に見られるが、特に中信から北信地方に多い。

# 「宮沢」「柳沢」「宮下」「滝沢」「百瀬」「宮坂」「上条」「平林」などがランクインするのは長野県の特徴。

# 「沢」の字がつく名字が多いのも長野県の特徴。

【長野県らしい名字】

# 長野県らしい名字として、「武居」「北沢」「百瀬」「平林」「唐沢」「有賀」「赤羽」「花岡」「小口(おぐち)」「山浦」などがある。

# 「沢」のつく名字が多い。「宮沢」「柳沢」「滝沢」「西沢」「鮎沢」「成沢」「福沢」「胡桃沢」など。

・ 長野県特有の名字集

■ 長野県の特徴的名字: 降旗、藤森小口、茅野、宮沢手塚百瀬丸山小平、岩波。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ (県内)1位: 小林: 長野県の小林家

■ 2位: 田中: 長野県の田中家

■ 3位: 中村: 長野県の中村家

■ 4位: 丸山: 長野県の丸山家

■ 5位: 伊藤: 長野県の伊藤家

■ 6位: 佐藤: 長野県の佐藤家

■ 7位: 清水: 長野県の清水家

■ 8位: 高橋: 長野県の高橋家

■ 9位: 宮沢: 長野県の宮沢家

■ 10位: 柳沢: 長野県の柳沢家

■ 11位: 山崎: 長野県の山崎家

■ 12位: : 長野県の林家

■ 13位: 宮下: 長野県の宮下家

■ 14位: 山田: 長野県の山田家

■ 15位: 滝沢: 長野県の滝沢家

■ 16位: : 長野県の原家

■ 17位: 竹内: 長野県の竹内家

■ 18位: 渡辺: 長野県の渡辺家

■ 19位: 中島
# 全国的には「中島」は「なかじま」「なかしま」と読み、「なかじま」読みは比較的東日本に多い。長野県では「なかじま」読みが圧倒的に多い。長野県では南相木村、川上村、下條村に多くみられ、南相木村では人口の1/4を占める。

■ 20位: 鈴木
# 長野県内では野沢温泉村、根羽村、平谷村などに多い。

■ 21位: 西沢
# 長野県には「沢」のつく名字が多く、「西沢」もその一つで、全国の約3割が長野県にみられる。長野県の他では、滋賀県や青森県に多い。長野県では特に長野市(旧信州新町)、小川村、南相木村などに多い。
# 長野県の西沢家: 長野市の川田宿の本陣と問屋を務めた。

■ 22位: 中沢
# 長野県には「沢」のつく名字が多く、「中沢」もその一つ。関東地方西部から甲信地方にかけてと、高知県にみられる。長野県では南信をのぞいた地域に見られ、北相木村、長野市(旧信州新町)、坂城町に多い。

■ 23位: 小松
# 高知県、秋田県、長野県に多くみられる。長野県では松本市より南の地域に多くみられ、塩尻市、諏訪市、伊那市に多くみられる。

■ 24位: 土屋
# 長野県、山梨県、静岡県に多い。静岡県では特に伊豆半島に多くみられ、下田市では約1割を占める。長野県では山梨県と接する東信に多く、特に佐久市から上田市の間には長野県内の土屋姓の約7割がみられる。
# 長野県の土屋家: 戦国時代に武田信繁の二男の義勝が望月城主の望月氏養子となり佐久に移り住んだ際に従って移り住んだ。
# 長野県の土屋家: 中山道の追分宿の本陣を務めた。この土屋家も戦国時代に甲斐国から移り住んだ。
# 長野県の土屋家: 中山道の沓掛宿の本陣を務めた。この土屋家は戦国時代に上野国から移り住んだ。
# 長野県の土屋家: 中山道の芦田宿の本陣。
# 長野県の土屋家: 上田市の豪商。

■ 25位: 青木
# 栃木県を中心に関東地方と長野県に多い。長野県では木祖村、麻績村、南木曾町に多い。
# 長野県の青木家: 塩尻市の旧家で名主を務めた。甲斐国武川(山梨県北杜市)の出で、甲斐の青木氏の子孫と言われる。
# 長野県の青木家: 長野市で庄屋を務めた旧家で、仁科氏の子孫。戦国時代に長野市青木島から移り住んで青木を名乗った。

■ 26位: 斉藤
# 西日本には斉藤が、東日本には斎藤が多い。長野県では栄村、朝日村、野沢温泉村に多い。

■ 27位: 北沢
# 全国の北沢さんの約45%は長野県にみられる。沢のつく名字では西沢についで多い。長野県には沢のつく名字が多い。長野県では中条村、大鹿村、豊丘村に多い。

■ 28位: 山本
# 西日本の名字。長野県では山ノ内町、生坂村、青木村に多い。

■ 29位: 小池
# 長野県と山梨県や群馬県の県境に多くみられる名字で、その他には関東地方南部や岐阜県や静岡県に多い。長野県では富士見町、小海町、平谷村に多い。

■ 30位: 小山
# 全国に分布し、特に長野県、宮城県に多い。「こやま」読みと「おやま」読みがあり、全国的には「こやま」読みが多いが、青森県、宮城県、熊本県では「おやま」読みが多い。長野県でも多くは「こやま」読み。長野県では北信から東信にかけて多く、比較的麻績村、小海町、小諸市に多い。
# 長野県の小山家: 戦国時代に小県郡に小山氏がおり、真田氏に従った。
# 長野県の小山家: 小諸市の旧家で清和源氏の安田氏の支流と言われ、江戸時代には庄屋を務めた。

■ 31位: 北原
# 長野県に多くみられる。長野県では伊那市、南木曾町、駒ヶ根市に多く。特に伊那市の旧高遠町では約7人に1人は北原姓。
# 高遠の北原姓は同町内の地名に由来する。藤原南家の工藤氏の支流。
# 長野県の北原家: 江戸時代の金沢宿の名主。
# 長野県の北原家: 飯田市座光寺の旧家で清和源氏の片桐氏の末裔で庄屋を務めた。

■ 32位: 山口
# 都道府県名と同じ名字の内一番多いのが「山口」。北相木村、小海町、阿智村に多い。

■ 33位: 池田
# 池田は山田とともに全国にまんべんなく分布する。長野県では全域に分布し、野沢温泉村、信濃町、山ノ内町に多い。

■ 34位: 酒井
# 東北地方北部を除いて全国に分布する。長野県では、長野市周辺や伊那市周辺にみられ、中条村、信州新町、伊那市に多い。
# 長野県の酒井家: 伊那市の旧家で武田信玄の家臣の末裔と言われる。
# 長野県の酒井家: 小布施町の旧家。

■ 35位: 久保田
# 関東甲信越地方と静岡県に多くみられ、特に長野県、群馬県、静岡県に多い。長野県では中条村、豊丘村、麻績村に多い。

■ 36位: 市川
# 関東甲信越地方から東海地方にかけて多い。長野県では立科町、麻績村、佐久穂町に多い。
# 長野県の市川家: 千曲市(旧更埴市)の旧家で庄屋を務めた。
# 長野県の市川家: 小布施の旧家。
# 長野県の市川家: 佐久市の旧家。清和源氏の小笠原流で名主を務めた。千葉県市川市をルーツとする。

■ 37位: 百瀬
# 長野県の名字。全国の約6割は長野県にみられ、約3割は関東地方にみられる。長野県ではその約8割が松本市周辺にみられ、波田村、山形村、塩尻市にみられる。

■ 38位: 宮坂
# 長野県の名字で、全国の約半数は長野県にみられる他、東京都や神奈川県にみられる。長野県では諏訪地方から長野市の間に多く、岡谷市、原村、諏訪市に多い。
# 長野県の宮坂家: 旧更埴市の旧家で、允恭天皇の孫が信濃に流された時に従った宮坂家の子孫で、江戸時代には名主を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 39位: 太田
# 太田道灌の太田のルーツは京都府亀岡市の地名で、源頼政の子孫がこの地に住んで太田氏を称した。当地の領主の上杉家に仕え、鎌倉時代に上杉家が関東に転じたのに従った。江戸時代に丹波の太田氏の一族が信濃国伊那に領地を得た。県内では白馬村に多く、その他小谷村や大町市に多い。

■ 40位: 
# 全国的には関や堰の地名由来の関姓が多いという。伊勢国関(三重県亀山市)をルーツとし、桓武平氏の出。戦国時代には伊勢国亀山城主。関東地方から信越地方に多い。県内では北信と東信に多く、東御市に多く見られる。
# 長野県の関家: 戦国時代の信濃国伊那郡の関氏は伊勢国の関氏の支流で、室町時代に信濃国に転じたという。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 41位: 今井
# 今井姓は、京都から滋賀県・岐阜県・長野県を経て群馬県や新潟県に多い。立科村、岡谷市、長野市(旧戸隠村、旧鬼無里村)に多い。長野県にの今井姓の多くは木曽義仲の四天王の一人の今井四郎兼平の子孫という。
# 長野県の今井家: 松商学園の創業家。
# 長野県の今井家: 下諏訪宿の脇本陣で今井四郎兼平の子孫という。
# 長野県の今井家: 諏訪神社の神官。もとは、山田姓だが武田信玄の家臣が家を継いで今井氏を称した。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 42位: 井出
# 井出のルーツは、静岡県富士宮市の地名。藤原南家の二階堂氏の支流。戦国時代には今川氏に仕え、江戸時代には旗本。
# 東信の名字で特に佐久地方の南部に多く見られる。
# 長野県の井出家: 佐久市(旧臼田町)で酒造業を営み、藤原南家の二階堂氏の子孫という。三木内閣の官房長官だった井出一太郎はこの家系。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 43位: 佐々木
# 東北地方北部に多く、秋田県や岩手県では4%以上、宮城県で3%、青森県で2%を占める。南信と東信に多く北信には少ない。

■ 44位: 山岸
# 岸は水辺の岸の他に、岸壁や土地の切り立ったところを指す、崩壊地形ともいう。
# 北信地方に多く、中でも須坂市に多く、その他に長野市(旧豊野町)、筑北村、上田市(旧丸子町)に多い。
# 長野県の山岸家: 中野市で醸造業を営む。

■ 45位: 松沢
# 全国の松沢姓の約4分の1は長野県にみられる。長野県以外では、新潟県・群馬県・埼玉県に多い。県内では全域にみられ、特に北安曇郡の白馬村や小谷村に多い。
# 長野県の松沢家: 諏訪市豊田の旧家。桓武平氏の千葉氏流で下総国松沢(千葉県)をルーツとする。
# 長野県の松沢家: 信濃国北佐久郡桑山村(長野県佐久市)で名主を務め、中山道の八幡宿の脇本陣をつとめた。

■ 46位: 堀内
# 長野県と山梨県をあわせると、堀内姓の約2割をしめ、また周辺の都県を合わせると半数以上にのぼる。上田市(旧真田町)では最多姓。そのほか、青木村、中条村に多い。山梨県から移ってきた堀内姓と長野県内をルーツとする堀内姓がある。
# 長野県堀内家: 千曲市(旧更埴市粟佐)で名主を務めた。もとは武田家の家臣で、武田家が滅んだ後には当地で帰農した。

■ 47位: 上条
# 旧字体(上條)の使用率が高い名字といわれ、約三分の一は旧字体を使っているという。長野県特有の名字。上条は土地制度の条里制に由来し、甲斐国巨摩郡上条(山梨県韮崎市)の出の上条氏が有名。清和源氏の武田氏の支流。松本市から安曇野市にかけて集中してみられ、松本市(旧安曇村)では3位。
# 長野県の上条家: 松本電鉄の創業家で松本市の出身。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 48位: 加藤(かとう): 長野県の加藤家

■ 49位: 平林
# 長野県らしい名字。東京都の平林姓の約4割は大田区にみられる。大町市や安曇野市周辺に多く見られ、松川村では最多姓。
# 長野県: 大町市や安曇野市周辺に多く見られ、松川村では最多姓。
# 長野県の平林家: 信濃国埴科郡平林(長野県長野市)をルーツとし、英多(あがた)荘、布施荘の地頭をつとめた。戦国時代には武田家に仕え、武田家が滅んだ後には上杉家に仕え、江戸時代には米沢藩の重臣。
# 長野県の平林家: 千曲市(旧更埴市)土口の名主で、佐久の地名をルーツとし、藤原氏の出という。
# 長野県の平林家: 大町市の旧家。越後国平林郷(新潟県村上市)をルーツとする。
# 長野県の平林家: 諏訪市の旧家で、諏訪一族。江戸時代には代々名主を務めた。

■ 50位: 吉沢
# 長野県に多い、「沢」のつく名字のひとつ。「吉」の由来には桂字や、葦などがある。長野県を中心に関東地方北部や新潟県に多く見られる。
# 長野県内では各地にみられ、南佐久郡の南牧村、川上村、信州新町、生坂村に多い。

■ 51位: 木下
# 沖縄県と東北地方の日本海側を除いた全国にみられた。南信に多く見られ、飯田市、喬木村、秦阜村では最多姓。
# 長野県の木下家: 信濃国伊那郡木之下郷(長野県上伊那郡箕輪町)をルーツとする。

■ 52位: 桜井
# 地名由来の名字で、各地に見られる。特に群馬県の南西部から長野県の東信にかけて多く見られる。長野県内の桜井姓は信濃国佐久郡桜井(長野県佐久市)や信濃国小県郡桜井(長野県東御市)をルーツとするものが多い。下伊那郡清内路村、上田市(旧丸子町・旧武石村)などを中心に東信に多い。
# 長野県の桜井家: 小布施の旧桜井家は橘氏の出で、戦国時代には武田家に仕え、武田家が滅亡後には小布施に住んだ。

■ 53位: 中山
# 公家と大名家の両者にみられた。大名の中山家は武蔵七党の丹党の出で、江戸時代には常陸国松岡(茨城県高萩市)2万石で、水戸家の家老。伊那市(旧長谷村)で最多姓。
# 長野県の中山家: 中野市の豪農で名主を務めた。武蔵七党の児玉党の出という。この家系から、後に作曲家の中山晋平が出た。

■ 54位: 塚田
# 関東甲信越地方に広く分布する。なかでも長野県は人口でも割合でも全国最多。「塚」は「高いところ」を意味する。
# 県内では、長野市に多く見られ、全国の約4割という。そのほか、下伊那郡にも多い。
# 長野県の塚田家: 長野市安茂里の酒造家。

■ 55位: 小沢
# 小沢の名字の約3割は旧字体の小澤を使っているという。山梨県に多く、長野県や静岡県が続く。長野県内では辰野町では人口の4%を占め、2位をはじめ諏訪地方に多く見られる。
# 長野県の小沢家: 松本市の旧家で清和源氏の小笠原氏の支流。江戸時代には本陣をつとめた。
# 長野県の小沢家: 木曽街道の贄川宿の旧家。

■ 56位: 和田
# 北信に多く見られ、長野市(旧鬼無里村・旧戸隠村)では最多姓。南信には少ないそうだ。
# 長野県の和田家: 信濃国水内郡和田郷(長野県長野市)をルーツとし、鎌倉時代には御家人。
# 長野県の和田家: 江戸時代の千曲市(旧更埴市)の旧家で名主を務めた。
# 長野県の和田家: 長野市(旧鬼無里村)の旧家で名主を務めた。

■ 57位: 藤沢
# 岩手県、秋田県、長野県、岡山県、香川県、大分県に多くみられる。
# 長野県内では信濃国伊那郡藤沢(長野県伊那市高遠町)をルーツとする藤沢氏が有名。
# 県の北部に多く見られ、東筑摩郡生坂村では最多姓。
# 長野県の藤沢家: 信濃国伊那郡藤沢(長野県伊那市高遠町)をルーツとする。戦国時代に武田家に敗れた。

■ 58位: 萩原
# 関東地方西部から長野県にかけて多く見られる。県の東部に多く見られる。
# 長野県の萩原家: 信濃国木曽郡萩原(長野県上松町)をルーツとする。戦国時代には木曽氏に従い、木曽氏が下総に転じた際には、従わずに「原」に改姓して帰農した。
# 長野県の萩原家: 杏林製薬の創業家で、箕輪町の名主を務めた。
# 長野県の萩原家: 御代田町の名主。

■ 59位: 上原
# 関東地方西部から長野県にかけてと、沖縄県に多く見られ、特に沖縄県に多い。
# 県内では佐久市を中心とした東信に多く見られる。
# 長野県の上原家: 長野市(旧善光寺町)の旧家。

■ 60位: 藤森
# 長野県に多く見られる。諏訪地方に固まって見られ、諏訪市では最多姓。諏訪明神の投げた藤の枝が根付いたことから、岡谷市に藤島明神がまつられ、その森にちなんで藤森姓ができたという。

■ 61位: 赤羽
# 赤羽は「あかはね」「あかばね」「あかは」「あかば」読みがある。全国の約4割が長野県に見られる。伊那地方に多く見られる。

■ 62位: 唐沢
# 長野県らしい名字で、全国の約半数が長野県に見られる。
# 県内の半数は伊那市周辺に見られる。
# 長野県の唐沢家: 伊那市西箕輪中条の旧家で、清和源氏の出。
# 長野県の唐沢家: 信濃国筑摩郡竹田村(長野県山形村)で名主を務めた。

■ 63位: 松本
# 西日本に多く、関西地方から北九州にかけて多く見られる。長野県では県の北部に多く見られ、小川村では最多姓。

■ 64位: 熊谷
# 埼玉県熊谷市をルーツとする。桓武平氏の平直貞が武蔵国熊谷(埼玉県熊谷市)に住んで熊谷氏を称した。源平の合戦で、熊谷直実が源頼朝に従って、鎌倉幕府の御家人として各地に広がった。宮城県気仙沼、広島県、滋賀県、愛知県の熊谷氏が有名。東北地方に多く見られ、特に岩手県と宮城県に多い。南信に多く、飯田市では2位。
# 長野県の熊谷家: 塩尻市洗馬の熊谷家は、江戸時代には大庄屋。

■ 65位: 有賀
# 長野県らしい名字で信濃国諏訪郡有賀(長野県諏訪市)をルーツとし、諏訪氏の一族。戦国時代には武田家に従い、江戸時代には旗本。
# 南箕輪村では最多姓。そのほか、箕輪町、辰野町、伊那市に多く見られる。
# 長野県の有賀家: 南箕輪村の有賀家は、伊豆の狩野氏の出で、武田氏に仕えていたが武田氏が滅んだ後には帰農した。

■ 66位: 荒井
# 県内全域に見られるが、どちらかというと北信に多い。

■ 67位: 小口
# 長野県の諏訪地方の名字で信濃国諏訪郡小口(長野県岡谷市)をルーツとし、清和源氏の出。「おぐち」「こぐち」読みがあり、全国の8割は「おぐち」読み。岡谷市では最多姓。長野県内では、ほとんどが「おぐち」読み。

■ 68位: 宮崎
# 全国各地の宮崎の地名に由来する。北信の野沢温泉村、中川村、山ノ内村、上田市などに多く見られる。

■ 69位: 篠原
# 長野県内では佐久地方に多くみられ、小海町で2位。その他茅野市や木祖村、高山村に多い。
# 長野県の篠原家: 小海町の旧家で、近江国滋賀県)の出。

■ 70位: 金井
# 群馬県を中心に長野県から新潟県にかけて多くみられる。
# 上野国新田郡金井(群馬県新田郡新田町)をルーツとし、清和源氏の新田氏の支流。
# 信濃国小県郡金井(長野県東御市)をルーツとする。
# 長野県内では東信と北信に多くみられ、特に東御市や上田市に多く見られる。
# 長野県の金井家: 松本市の旧家。

■ 71位: 吉田(よしだ): 長野県の吉田家

■ 72位: 依田
# 長野県をルーツとし、長野県や山梨県に多くみられる。県内では東信に多くみられる。
# 信濃国小県郡依田(長野県上田市市)をルーツとし、清和源氏の満快流。
# 長野県の依田家: 佐久市(旧浅科村)の中山道の八幡宿の脇本陣。
# 信濃国小県郡依田村(長野県上田市生田)。かつて上田丸子電鉄西丸子線の依田駅があり、また現在でも、上田市依田保育園、依田橋、依田川などの名が残る。

■ 73位: 北村
# 関西地方を中心に北陸・四国・九州北部に多い。長野県内全域に分布し、特に信濃町に多い他、大鹿村や小谷村に多い。

■ 74位: 宮島
# 長野県を中心に、新潟県・富山県・岐阜県・愛知県などに多い。
# 県内では、下伊那地方を中心に多く見られ、特に下條村に多い。また上田市(旧真田町)周辺にも多い。
# 長野県の宮島家: 長野市芹田の旧家で、清和源氏の村上氏の一族で、戦国時代には村上氏に従っていたが、後に上杉家に従い、上杉家が会津に転じた際に帰農した。
# 長野県の宮島家: 安曇野市(旧穂高町)の旧家で、庄屋を務めた。

■ 75位: 近藤
# 東北と九州を除いた各地にみられ、中でも東海と四国に多い。
# 近藤氏の嫡流は三河国(愛知県)の近藤氏。三河国宇利城(愛知県新城市)を本拠とし、後に遠江国井伊谷(静岡県浜松市)に転じ、井伊氏に従った。徳川時代には旗本。
# 県内では、南信に多く、下伊那郡の阿智村(旧浪合村)では最多姓。
# 長野県の近藤家: 旗本で、飯田市周辺に領地があった。
# 長野県の近藤家: 三州街道の浪合宿の旧家。

■ 76位: 金子
# 関東地方から新潟県や山形県に多く見られる。
# 県内では、中信から北信にかけて多くみられる。
# 長野県の金子家: 諏訪大社の社家。
# 長野県の金子家: 中野市の旧家で庄屋を務めた。

■ 77位: 原田
# 山陽地方から九州にかけて多く見られる、地名姓。
# 県下全域に見られるが、比較的飯綱町(旧牟礼村)に多い。
# 長野県の原田家: 御代田町の旧家で庄屋を務めた。上野国から転じた武士の出という。

■ 78位: 飯島
# 地名由来の名字。長野県から関東地方にかけて多く見られる。茨城県、山梨県、長野県、群馬県に多い。
# 長野県内では全域にみられ、下條村に多い。
# 長野県の飯島家: 信濃国上伊那郡飯島郷をルーツとし、清和源氏の片桐氏の一族。鎌倉時代以降、この地に勢力をもった。後に帰農して江戸時代には名主を務めた。
# 長野県の飯島家: 現在の千曲市で、江戸時代に名主を務めた。
# 小泉内閣で、総理大臣秘書官を務めた飯島勲は辰野町の出身。

■ 79位: 内山
# 地名由来の名字。関東・甲信・東海地方に多く見られ、特に新潟県と静岡県に多く見られる。
# 信濃国佐久郡内山(長野県佐久市)をルーツとし、清和源氏の大井氏の一族。
# 長野県の内山家: 長野市(旧豊野町)の旧家で、福島正則の家臣の末裔という。

■ 80位: 高野
# 地名由来の名字で、沖縄県以外に広く分布し、特に関東甲信越地方に多く見られる。
# 県内では、佐久市(旧浅科村)や北信に多く見られる。
# 長野県の高野家: 松代藩士。
# 長野県の高野家: 千曲市の旧家。

■ 81位: 西村
# 滋賀県や京都府など近畿地方に多く見られる。
# 県内では、伊那市に多く見られる。
# 俳優の西村晃の父親は松本市の出身。

■ 82位: 新井
# 長野県内では、小海町に多く見られる。
# 長野県の新井家: 山ノ内町の湯田中の旧家で、上野国の出。江戸時代には名主を務めた。

■ 83位: 若林
# 長野県をはじめ、富山、栃木、滋賀、山梨県などに多く見られる。
# 長野県内では、圧倒的に北信にみられ、長野市から青木村にかけて特に多い。
# 長野県の若林家: 千曲市(旧更埴市)の旧家。戦国時代には村上氏に従い、村上氏が越後に逃れ、越後の上杉氏が会津に転じた際に帰農した。

■ 84位: 武田
# 東北地方南部から関東地方にかけて多く見られる。
# 長野県内では、北信に多く、中野市や飯山市、そして白馬村や小谷村に多く見られる。
# 長野県の武田家: 千曲市(旧更埴市屋代)の旧家で武田信玄の末裔という。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 85位: 横山
# 小野氏の一族が武蔵守となって武蔵国に下向し、武蔵国多摩郡横山荘(東京都八王子市)に住んで横山氏を称した。
# 長野県内では、下伊那郡を除く県内全域にみられ、塩尻市から安曇野市や白馬村に多く見られる。

■ 86位: 島田
# 関東甲信越地域に多く、特に富山県や福井県に多く見られる。
# 長野県内では、北信地方に多く、長野市、千曲市、須坂市に特に多い。
# 長野県の島田家: 千曲市生萱の旧家。戦国時代には村上氏に仕え、村上氏が越後に転じた後には帰農した。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 87位: 三沢
# 長野県に多くみられ、そのほかに秋田、山形、山梨、島根、岡山県などに多く見られる。
# 長野県内では、中信から南信にかけて多く、特に伊那市、安曇野市などに多い。
# 清和源氏の片桐氏の支流の飯島氏の末裔。江戸時代には長州藩の支藩の長府藩の毛利家に仕えた。
【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 88位: 高山
# 長野県をはじめ、群馬、栃木県に多く見られる。
# 長野県内では、中信から北信にかけて多く、特に松本市や安曇野市に多い。
# 長野県の高山家: 長野県北佐久郡御代田町の旧家。桓武平氏の良文流で上野国から転じたという。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 89位: 矢島
# 地名性で各地に見られる。
# 関東地方西部から長野県や岐阜県に多く見られ、特に長野県や群馬県に多い。
# 長野県内では全域に分布するが、上田市や東御市に多い。
# 信濃国矢島氏のルーツは長野県佐久市(旧浅科村)の地名で、海野氏の支流。
# 長野県の矢島家: 諏訪上社の神官。
【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 90位: 五味
# 湿地を意味する「こみ」に由来するという説がある。
# 山梨県と長野県に多く見られ、その数は全国の半数に及ぶ。
# 長野県内では、茅野市周辺に多く見られる。
# 長野県の五味家: 茅野市の旧家。
# 長野県の五味家: 下諏訪町の旧家で、清和源氏の源頼政の末裔という。武田家が滅んだ後には徳川家に仕えて、江戸時代には旗本。
【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 91位: 片桐
# 岐阜県から長野県を経て、新潟県や山形県に多く見られる。
# 片桐氏は清和源氏の出で、信濃国伊那郡片桐(長野県中川村周辺)をルーツとする。源為公(ためとも)の五男の為基(ためもと)が信濃国伊那郡船山城(長野県松川町)を本拠として片桐氏を称した。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】
# 長野県内では、伊那地方に集中してみられる他、野沢温泉村や長野市に多い。
# 長野県の片桐家: 信濃国伊那郡片桐(長野県松川町)をルーツとし、清和源氏の出といわれる。鎌倉時代には御家人となり、室町時代に小笠原家の家臣となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 92位: 望月
# 戦国時代には武田家、後に真田家に仕えて家老を務めた。
# 長野県、山梨県、静岡県に多く見られる。山梨県南巨摩郡早川町では4割を占めるという。
# 長野県内では、松本市周辺に多く見られる。
# 長野県の望月家: 江戸時代の安曇野市(旧穂高町)の旧家。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】
# 長野県の望月家: 江戸時代の小諸市の旧家。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 93位: 伊東
# 伊東家は鎌倉時代にニ家に分かれ、祐家系はそのまま伊豆に土着。祐継系の子孫は鎌倉幕府の御家人として各地に広がった。
# 長野県内では、中信から南信にかけて多く見られる。

■ 94位: 阿部
# 長野県内では、北信と東信に多く、特に栄村、飯山市などに多く見られる。

■ 95位: 高木
# 地名姓で、岐阜県に多く見られ、他に富山、愛知、香川、熊本県に多い。
# 長野県内では、木島平村や下諏訪町に多く見られる。
# 長野県の高木家: 信濃国諏訪郡高木郷(長野県下諏訪町)をルーツとする。諏訪大社の金刺(かねさし)氏の分家。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】
# 長野県の高木家: 木島平村の旧家で、清和源氏の出。江戸時代には名主を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 96位: 小平
# 長野県に多く見られ、全国の小平姓の1/4は長野県に見られる。
# 長野県内では、東信と南信に多く見られる。
# 長野県の小平家: 江戸時代の上諏訪宿の本陣で、問屋も兼ねた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】
# 長野県の小平家: 佐久市(旧浅科村)の旧家で名主を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 97位: 樋口
# 地名姓。新潟県に多く、そのほかに山形、山梨、三重、福岡、佐賀県に多い。
# 長野県内では、新潟県や山梨県との県境付近に多い。
# 信濃国伊那郡樋口(長野県辰野町)をルーツとする。保科家に仕え、保科家が出羽国山形に転じたのに従って山形に移った。

■ 98位: 黒岩
# 長野県の黒岩家: 信濃国高井郡(長野県)の黒岩氏は戦国時代に上野国から転じて来たという。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 99位: 大沢
# 長野県内では、県内全域に分布するが、特に松川町、飯田市(旧南信濃村)に多く見られる。

■ 100位: 松下
# 長野県内では、南信に多い。
# 長野県の松下家: 大鹿村の旧家。三河国の出で、もとは松平姓。江戸時代に松下姓に改め村役人を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】


■ 相木(あいき)
# 長野県の相木家: 信濃国小県郡依田(長野県上田市)をルーツとし、清和源氏の依田氏が佐久郡に転じて、相木氏と芦田氏に別れた。相木氏は信濃国佐久郡相木(長野県南相木村・北相木村)をルーツとし、阿江木とも書いた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 浅沼(あさぬま)
# 長野県の浅沼家: 長野県佐久市桜井の旧家で、清和源氏の加賀美氏の末裔。江戸時代には帰農して名主を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 芦田(あしだ)
# 長野県の芦田家: 信濃国佐久郡芦田(長野県立科町)をルーツとし、清和源氏の出で、依田氏が芦田氏を称した。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 畦上(あぜがみ)
# 長野県の畦上家: 戦国時代の高梨家の家臣。高梨家が武田家に敗れて越後に逃れた際に、山ノ内町宇木で帰農した。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 跡部(あとべ)
# 新潟県の跡部家: 信濃国佐久郡跡部郷(長野県佐久市)をルーツとし、清和源氏の小笠原氏の支流。江戸時代には旗本。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 雨宮(あめみや・あめのみや)
# 長野県の雨宮家: 信濃国埴科郡屋代郷雨宮(長野県千曲市雨宮)をルーツとし、清和源氏の村上氏の出。戦国時代に甲斐国に転じて武田家に仕え、江戸時代には旗本。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 鮎沢(あゆさわ、あゆざわ、あいざわ)
# 長野県の鮎沢家: 高島藩士で、駿河国の出。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】
# 長野県の鮎沢家: 木曽街道の三留野宿の本陣。木曽氏の支流の三尾(みお)氏の支流で、美濃国の出という。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 有坂(ありさか)
# 長野県の有坂家: 信濃国小県郡有坂(長野県長和町)をルーツとする。藤原南家の伊豆の工藤氏の支流の薩摩氏の一族。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 粟津原(あわづはら)
# 長野県の粟津原家: 長野県東筑摩郡朝日村の名字で、木曽義仲の家臣の子孫といい、江戸時代に木曽義仲の最後の地である近江国粟津(滋賀県大津市)の地名を名字とした。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 飯田(いいだ)
# 長野県の飯田家: 信濃国伊那郡飯田(長野県飯田市)をルーツとし、清和源氏の満快流。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 石曽根(いしぞね)
# 信濃国伊那郡石曽根(長野県飯島町)をルーツとする。戦国時代には武田家に仕えた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 伊豆木(いずき)
# 信濃国伊那郡伊月郷(長野県飯田市)をルーツとし、清和源氏の小笠原氏の支流。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 泉(いずみ)
# 信濃国筑摩郡和泉(長野県松本市)をルーツとし、清和源氏満快流。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 板山(いたやま)
# 信濃国伊那郡板山(長野県伊那市)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 市岡(いちおか)
# 長野県の市岡家: 長野県の伊那地方から岐阜県中津川市にかけての名字で、清和源氏の木曽氏の支流。戦国時代には武田家に仕え、その後徳川家に転じて江戸時代には旗本。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 伊那(いな)
# 長野県の伊那家: 清和源氏の出で、伊那谷を支配した。後に三河国に転じ、松平家に仕えた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 長野県の伊那家: 信濃国伊那郡をルーツとし、清和源氏の出。一族間の争いに敗れ、信濃から三河に転じ松平家に仕えた。徳川家康の関東入国に従い、代官として関東地方を治めた。江戸時代には旗本。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 稲村(いなむら)
# 戦国時代の信濃国伊那の国衆。
# 長野県の稲村家: 松本藩士。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 井上(いのうえ)
# 長野県の井上家: 信濃国高井郡井上(長野県須坂市)をルーツとし、清和源氏の頼信流。源頼信の三男の頼季(よりすえ)が、井上に住んで井上氏を称した。室町時代には村上氏に従い、武田信玄に追われて越後に逃れた。上杉家の会津転封に従って会津に転じた。播磨の井上氏と安芸の井上氏は一族。明治政府の井上馨は安芸の井上氏の出。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 岩波(いわなみ)
# 長野県の岩波家: 下諏訪町の旧家で、下諏訪宿の本陣を努めた。清和源氏の出という。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 牛山(うしやま)
# 長野県の牛山家: 高島藩士。
# 長野県の牛山家: 茅野市の旧家で、代々名主を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 臼井(うすい)
# 長野県の臼井家: 信濃国筑摩郡麻績村(長野県東筑摩市麻績村)で庄屋や本陣を努めた。下総の臼井氏の同族。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 海川(うみかわ)
# 長野県の海川家: 大町市の旧家で、代々庄屋を務めた。もとは阿倍姓で、武田家に仕えて海川氏を称したという。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 海野(うんの)
# 長野県の海野家: 信濃国小県郡海野(長野県東御市)をルーツとする。古代豪族の滋野氏の一族。海野家は戦国時代に武田信玄に破れ、上野国に移り住んだ。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 大池(おおいけ)
# 長野県の大池家: 江戸時代の山形村の名主。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 大熊(おおくま)
# 長野県の大熊家: 松代藩の重臣で、越後国の出という。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 大戸(おおと)
# 長野県の大戸家: 信濃国木曽郡上松(長野県上松町)の大戸家は、大塔が訛ったものといい、大塔宮護良親王の子孫という。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 小笠原(おがさわら)
# 長野県の小笠原家: 清和源氏で源義光の子孫。南北朝時代には小笠原貞宗が信濃国守護をつとめ、信濃に勢力をもった。戦国時代に武田家に破れたが、後に徳川家に仕えた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 恩田(おんだ)
# 長野県の恩田家: 信濃国の松代藩家老の恩田家は、下野国那須郡恩田(栃木県那須郡那珂川町)?の出で、桓武平氏。戦国時代は武田家に仕え、後に真田家に仕えた。江戸時代には松代藩の家老。

■ 鎌原(かんばら): 長野県の鎌原家

■ 北原(きたはら)
# 高遠の北原姓は同町内の地名に由来する。藤原南家の工藤氏の支流。
# 長野県の北原家: 江戸時代の金沢宿の名主。
# 長野県の北原家: 飯田市座光寺の旧家で清和源氏の片桐氏の末裔で庄屋を務めた。

■ 清野(きよの): 長野県の清野家

■ 草深(くさふか)
# 信濃国安曇郡草深郷(長野県安曇野市)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 草間(くさま)
# 信濃国高井郡草間(長野県中野市)をルーツとし、清和源氏の村上氏の一族。当初は高梨氏に従っていたが、高梨氏が武田家に追われた越後に転じたのに従った。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 倉科(くらしな)
# 信濃国埴科郡倉科(長野県千曲市)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 栗田(くりた)
# 長野県の栗田家: 信濃国水内郡栗田郷(長野県長野市)をルーツとし、清和源氏村上氏流。戦国時代には武田家に従い甲斐国に転じたが、武田家が滅亡後栗田永寿の母が酒井忠次の側室になった縁で酒井家に仕え、江戸時代には庄内藩士。また、一族には水戸藩士になった家系もある。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 香坂(こうさか)
# 長野県の香坂家: 信濃国佐久郡香坂(長野県佐久市)をルーツとし、滋野氏の支流。戦国時代に武田信玄に滅ぼされたが、信玄の家臣の春日虎綱が名跡を継いで香坂を改めて高坂氏を称した。武田家が滅亡後には上杉家に仕えた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 小海(こかい)
# 上野国邑楽郡古海(群馬県)をルーツとし、藤原北家秀郷流の足利氏の支流。のちに、信濃国に転じた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 後庁(ごちょう)
# 長野県の後庁家: 善光寺近くの後庁(長野県長野市)をルーツとする。清和源氏の出で木曽義仲に従った。戦国時代に没落した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 長野県の後庁家: 信濃国水内郡後庁(長野県長野市)をルーツとし、清和源氏の岡田氏の支流。後町氏は一族。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 駒沢(こまざわ)
# 長野県の駒沢家: 須坂藩の家老。信濃国安曇郡駒沢(長野県大町市)をルーツとし、清和源氏の出。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 小町谷(こまちや)
# 長野県の小町谷家: 駒ヶ根市の旧家。藤原氏の支流で近藤家の家臣という。伊那郡の豪農。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 佐久間(さくま)
# 長野県の佐久間家: 信濃国松代藩士の佐久間象山。佐久間象山の家紋

■ 座光寺(ざこうじ)
# 長野県の座光寺家: 信濃国伊那郡座光寺(長野県飯田市)をルーツとし、清和源氏の出。徳川家に仕え、江戸時代には旗本。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 薩摩(さつま)
# 長野県の薩摩家: 鎌倉時代の信濃国埴科郡坂城郷(長野県坂城町)の地頭。藤原南家の工藤氏の支流。薩摩守となったことから、末裔が薩摩氏を称した。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 真田(さなだ)
# 長野県の真田家: 信濃国小県郡真田(長野県上田市)をルーツとし、海野家の一族。信濃国松代藩(10万石)の真田家の本拠地の松代城(海津城)は川中島の戦いの舞台。真田家は幕末にも官軍として活躍、死者53人を出したが、報奨金3万両を賜る。【家紋:六文銭】明治維新後には伯爵。

■ 塩島(しおじま)
# 長野県の塩島家: 信濃国安曇郡塩島(長野県白馬村)をルーツとし、橘氏の出。江戸時代には帰農して代々、庄屋を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 塩野(しおの)
# 長野県の塩野家: 松代藩士で信濃国高井郡塩野(長野県須坂市)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 塩原(しおばら)
# 長野県の塩原家: 信濃国筑摩郡塩原郷(長野県塩尻市)をルーツとする。小笠原氏を経て武田氏に仕え、武田氏が滅んだ後はいったん帰農した。後に高島藩士。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 志賀(しが)
# 長野県の志賀家: 高島藩士で宇多源氏の出で近江国志賀郡(滋賀県大津市)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 滋野(しげの)
# 長野県の滋野家: 信濃国の古代豪族。滋野家からは海野家、望月家などが出た。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 島岡(しまおか)
# 長野県の島岡家: 高森町の旧家で、江戸時代には庄屋を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 島崎(しまざき)
# 長野県の島崎家: 中山道の馬籠宿と妻籠宿の本陣。桓武平氏の三浦氏の出で、戦国時代には木曽氏に仕えた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 島津(しまづ)
# 長野県の島津家: 薩摩の島津氏の一族。鎌倉時代に島津忠久が太田荘(長野県長野市)の地頭となり、子の時代に太田荘に住んだ。戦国時代には甲斐の武田家に仕え、後に上杉家に従った。上杉家が会津に転じた後には信濃を離れた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 下条(しもじょう)
# 長野県の下条家: 甲斐国下条(山梨県韮崎市)をルーツとし、武田氏の一族。戦国時代には武田家に仕え、武田家が滅亡後には徳川家に従った。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 下田(しもだ)
# 長野県の下田家: 山ノ内町戸狩の下田氏は、上野国の箕輪城(群馬県高崎市)から逃れて土着した。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 下村(しもむら)
# 長野県の下村家: 信濃国佐久郡下村(長野県佐久市)をルーツとし、清和源氏の村上氏の支流。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 代田(しろた)
# 長野県飯田市にまとまってみられる。
# 長野県の代田家: 宮田村の旧家で、桓武平氏の千葉氏の末裔という。
# ヤクルトの開発者の代田稔は長野県飯田市の出身。
【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 春原(すのはら)
# 長野県の春原家: 山ノ内町の旧家で、江戸時代には名主を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 巣山(すやま)
# 長野県の巣山家: 塩尻市(旧楢川村)の旧家。江戸時代に尾張藩主から巣山姓を賜ったという。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 諏訪(すわ)
# 長野県の諏訪家: 信濃国諏訪藩(3万石)の諏訪家は信州の名家で、武田信玄により滅ぼされたが江戸時代に復興。家康の六男の忠輝や、吉良上野介の息子の義周は諏訪に流された。
・ 諏訪大社の神職で、皇室の子孫を称す。一族からは戦国大名が出たが、武田信玄に滅ぼされた。分家は領地を回復し江戸時代には譜代大名。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 高梨(たかなし)
# 長野県の高梨家: 信濃国高井郡高梨(長野県須坂市)をルーツとする。清和源氏の出。戦国時代には上杉謙信と結んで武田信玄と戦った。後に上杉家の家臣。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 高山(たかやま)
# 長野県の高山家: 長野県北佐久郡御代田町の旧家。桓武平氏の良文流で上野国から転じたという。

■ 知久(ちく)
# 信濃国伊那郡伴野荘知久本郷(長野県飯田市)をルーツとする。江戸時代には交代寄合。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 児子(ちご)
# 長野県の児子家: 信濃国木曽郡岩郷村(長野県木曽町)の庄屋。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 千野(ちの)
# 長野県の千野家: 高遠藩の家老。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 千村(ちむら)
# 長野県の千村家: 清和源氏の木曽氏の一族。江戸時代には尾張藩士。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 手塚(てづか)
# 長野県の手塚家: 信濃国小県郡手塚郷(長野県上田市)をルーツとし、清和源氏の満快流や諏訪神社下社の金刺氏の出ともいう。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 寺尾(てらお)
# 長野県の寺尾家: 信濃国埴科郡寺尾(長野県長野市)をルーツとし、諏訪神党の一つ。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 塔原(とうのはら)
# 長野県の寺尾家: 信濃国筑摩郡塔原郷(長野県安曇野市)をルーツとし、海野氏の出。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 遠山(とおやま)
# 長野県の遠山家: 信濃国伊那郡遠山郷(長野県飯田市)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 常田(ときた、ときだ)
# 長野県の常田家: 信濃国小県郡常田荘(長野県上田市)をルーツとし、清和源氏の井上氏の支流。
# 長野県の常田家: 江戸時代に信濃国高井郡夜間瀬本郷(長野県山ノ内町)で名主を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 徳原(とくはら)
# 長野県の徳原家: 信濃国木曽郡徳原(長野県上松町)をルーツとする。和泉国の出という。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 等々力(とどろき)
# 長野県の等々力家: 信濃国安曇郡等々力(長野県安曇野市)をルーツとする。江戸時代には郷士。
【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 伴野(ともの)
# 長野県の伴野家: 信濃国佐久郡伴野荘(長野県佐久市)をルーツとし、清和源氏の小笠原氏の支流。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 豊城(とよき)
# 長野県の豊城家: 千曲市(旧戸倉町)の旧家で、武田信玄の正室が京の三条家から嫁いできた際に、和田氏が付き人となった。和田氏はのちに松田氏を称し、武水別神社の神官を務めた。また、明治時代に、三条家の祖と言われる豊城入彦命にちなんで豊城氏を称した。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 内藤(ないとう)
# 長野県の内藤家: 信濃国高遠藩(3万3千石)の内藤家は延岡内藤家の一族。七代将軍の家継時代におきた江島生島事件の江島は高遠に流された。

■ 中越(なかごし)
# 長野県の中越家: 信濃国伊那郡中越郷(長野県宮田村)をルーツとする。鎌倉時代に当地の地頭となった。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 中込(なかごみ)
# 長野県の中込家: 信濃国佐久郡中込(長野県佐久市)をルーツとする。清和源氏の武田氏の支流という。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 長瀬(ながせ)
# 長野県の長瀬家: 信濃国小県郡長瀬(長野県上田市)をルーツとする。

■ 長田(ながた)
# 長野県の長田家: 信濃国諏訪郡永田郷(長野県茅野市)をルーツとする。現在は茅野市に多く見られるが、長野市に多く見られる長田家は「おさだ」読み。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 中野(なかの)
# 長野県の中野家: 信濃国高井郡中野郷(長野県中野市)をルーツとし、藤原北家秀郷流。平安時代末期に中野郷の荘官である下司を努め、鎌倉時代には地頭。戦国時代初頭に高梨氏から滅ぼされた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 中牧(なかまき)
# 長野県の中牧家: 信濃国更級郡中牧(長野県信州新町)をルーツとし、清和源氏の出。戦国時代には武田家に仕え、武田家が滅亡後には上杉家に仕えたた。上杉家の会津転封に従ったがのちに断絶。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 名子(なご)
# 長野県の名子家: 信濃国伊那郡名子(長野県松川町)をルーツとし、清和源氏の片桐氏の支流。
【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 夏目(なつめ)
# 長野県の夏目家: 信濃国水内郡夏目(長野県長野市信州新町)をルーツとし、清和源氏の満快流。村上氏の一族が夏目の地頭となり夏目氏を称した。のちに、三河国に転じ、江戸時代には旗本。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 奈良井(ならい)
# 長野県の奈良井家: 信濃国木曽郡奈良井(長野県塩尻市)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■  成沢(なりさわ、なるさわ)
# 長野県の成沢家: 信濃国小県郡海野荘成沢(長野県東御市)をルーツとする。上田市原町に旧家の成沢家がある。子孫は江戸時代に上田の呉服問屋となった。現在も上田市と東御市に集中してみられる名字。
# 長野県の成沢家: 上田市原町の旧家。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 贄川(にえかわ)
# 長野県の贄川家: 信濃国木曽郡贄川(長野県塩尻市)をルーツとし、清和源氏の木曽氏の一族という。江戸時代も贄川で脇本陣を努めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 仁科(にしな)
# 長野県の仁科家: 信濃国安曇郡仁科御厨(長野県大町市)をルーツとする。桓武平氏の出で、大和国の阿倍氏を粗俊とし、平安時代に平氏を称した。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 西牧(にしまき)
# 長野県の西牧家: 信濃国安曇郡西牧(長野県松本市)をルーツとし、滋野氏の一族。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 日戸(にっと)
# 長野県の日戸家: 南箕輪村の旧家。戦国時代には当地の土豪だったが武田氏に攻められ帰農した。江戸時代には名主を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 楡井(にれい)
# 長野県の楡井家: 信濃国高井郡楡井(長野県須坂市仁礼)をルーツとする。南北朝時代に大隅国救仁院志布志(鹿児島県)に所領を得て転じた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 温田(ぬくた)
# 長野県の温田家: 信濃国伊那郡温田(長野県泰阜村)をルーツとする。江戸時代には庄屋を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 布下(ぬのした)
# 長野県の布下家: 信濃国佐久郡布下(長野県東御市)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 祢津(ねつ、ねづ)
# 長野県の祢津家: 信濃国小県郡祢津(長野県東御市)をルーツとし、海野氏、望月氏とともに滋野三氏の一つ。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 根井(ねのい)
# 長野県の根井家: 信濃国佐久郡根井(長野県佐久市根々井)をルーツとし、滋野氏の望月氏の支流。一族はのちに出羽国(山形県)や上野国(群馬県)に離散したという。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 野沢(のざわ)
# 長野県の野沢家: 信濃国佐久郡野沢郷(長野県佐久市)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 波多(はた)
# 長野県の波多家: 古代豪族の大和の巨勢氏はのちに関東に転じ、この一族が内田牧(長野県松本市)を管理し、信濃国筑摩郡波多郷(長野県波田町)に住んで波多氏を称した。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 波多腰(はたこし)
# 長野県の波多腰家: 信濃国筑摩郡波田(長野県松本市)をルーツとする。戦国時代には武田家に仕え、同地に移り住んだという。江戸時代には庄屋を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 服部(はっとり)
# 長野県の服部家: 麻績の服部家は承久の乱後に地頭として下総国から転じたという。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 花岡(はなおか)
# 長野県の花岡家: 江戸時代の上田の塗師。
# 長野県の花岡家: 信濃国諏訪郡花岡(長野県岡谷市)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 光(ひかる)
# 長野県の光家: 信濃国筑摩郡光(長野県安曇野市)をルーツとし、海野氏の支流。のちに小笠原家に従い、江戸時代には中津藩士。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 日岐(ひき)
# 長野県の日岐家: 信濃国筑摩郡日岐(長野県生坂村)をルーツとし、仁科氏の支流。江戸時代には庄屋を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 日向(ひなた)
# 長野県の日向家: 信濃国佐久郡日向(長野県佐久市)をルーツとする。江戸時代には名主を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 平出(ひらいで)
# 長野県の平出家: 信濃国伊那郡平出郷(長野県辰野町)をルーツとする。諏訪氏の支流で、神官や地頭を努めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 平賀(ひらが)
# 長野県の平賀家: 信濃国佐久郡平賀郷(長野県佐久市)をルーツとし、清和源氏義光流。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 平沢(ひらさわ)
# 長野県の平沢家: 信濃国佐久郡平沢(長野県南牧村)をルーツとする。
# 長野県の平沢家: 江戸時代の虎岩村(飯田市)の庄屋。
【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 平瀬(ひらせ)
# 長野県の平瀬家: 信濃国安曇郡平瀬(長野県松本市)をルーツとする。清和源氏の小笠原氏の一族の犬甘(いぬかい)氏の支流。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 深沢(ふかざわ)
# 長野県の深沢家: 信濃国諏訪郡深沢(長野県箕輪町)をルーツとし、諏訪氏の支流。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 福沢(ふくざわ)
# 長野県の福沢家: 信濃国更級郡福沢(長野県坂城町)をルーツとし、清和源氏の村上氏の支流。元禄年間に一族が豊前国中津(大分県中津市)に転じ、子孫が中津藩に仕えた。福沢諭吉はこの系統。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 降旗(ふりはた、ふるはた)
# 長野県の降旗家: 加賀国降旗荘(石川県)をルーツとし、藤原氏の出で、のちに信濃国に転じた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 古畑(ふるはた)
# 長野県の古畑家: 信濃国安曇郡古幡牧(長野県松本市)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 古厩(ふるまや)
# 長野県の古厩家: 信濃国安曇郡古厩(長野県安曇野市)をルーツとし、仁科氏の支流。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 別府(べっぷ)
# 長野県の別府家: 信濃国小県郡別府(長野県東御市)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 部奈(べな)
# 長野県の部奈家: 信濃国伊那郡部奈(長野県松川町)をルーツとし、庄屋を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 保科(ほしな)
# 長野県の保科家: 信濃国高井郡保科(長野県長野市)をルーツとし、諏訪氏の一族という。室町時代に村上氏に敗れ、高遠に逃れ、のちに武田家に仕え、武田家が滅亡後には徳川家に仕えた。高遠から出羽山形20万石を経て、会津藩主。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 細萱(ほそがや)
# 長野県の細萱家: 信濃国安曇郡細萱(長野県安曇野市)の開発領主で、もとは大伴氏を称した。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 穂高(ほたか)
# 長野県の穂高家: 信濃国安曇郡穂高郷(長野県安曇野市)をルーツとし、細萱氏の一族で穂高神社の神職を努めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ (ほり)
# 長野県の堀家: 飯田藩主藤原北家利仁流で堀利季が斎藤道三に仕え、後には織田信長、そして豊臣秀吉に仕え、越前国北庄(福井県福井市)18万石を領した。その後越後春日山30万石を経て、後に滅亡。庶流は飯田藩主。飯山藩主も同族。
# 長野県の堀家: 須坂藩主。飯田藩主の堀家とは別流で清和源氏の斯波氏の末裔で当初は奥田氏を称した。

■ 堀金(ほりがね)
# 長野県の堀金家: 信濃国安曇郡堀金郷(長野県安曇野市)をルーツとし、仁科氏の一族。当地の地頭で、戦国時代には武田家に仕えた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 前沢(まえさわ)
# 長野県の前沢家: 信濃国伊那郡片桐(長野県中川村)の前沢家は清和源氏の片桐氏の支流。江戸時代には当地の名主を務めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 真壁(まかべ)
# 長野県の真壁家: 信濃国木曽郡小木曽荘(長野県南木曽町)の地頭を努め、常陸国の真壁氏の一族。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 牧野(まきの)
# 長野県の牧野家: 小諸藩主。古代豪族の紀氏の出で、阿波の田口氏の子孫。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 真島(ましま)
# 長野県の真島家: 信濃国更級郡真島郷(長野県長野市)をルーツとし、諏訪氏の一族。武田家に仕え、武田家が滅亡後には上杉家に仕え、江戸時代には米沢藩士。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 松岡(まつおか)
# 長野県の松岡家: 信濃国伊那郡松岡郷(長野県高森町)をルーツとし、松岡郷の地頭を努めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 松平(まつだいら)
# 長野県の松平家: 信濃国上田藩(5万3000石)の松平家は出羽国上山の藤井・松平家の分家。幕末の藩主の松平忠高は老中をつとめ、井伊直弼を大老に担ぎ出した。

■ 真々部(ままべ)
# 長野県の真々部家: 信濃国安曇郡住吉荘真々部郷(長野県安曇野市)をルーツとし、仁科氏の支流。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 丸子(まるこ、まりこ)
# 長野県の丸子家: 信濃国小県郡丸子(長野県上田市)をルーツとする。戦国時代には武田家に従い、のちに真田氏に従った。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 三尾(みお)
# 長野県の三尾家: 信濃国木曽郡三尾(長野県木曽町)をルーツとし、木曽氏の一族の贄川氏の支流。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 御子柴(みこしば)
# 長野県の御子柴家: 信濃国伊那郡御子柴(長野県南箕輪村)をルーツとするという。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 耳塚(みみづか)
# 長野県の耳塚家: 信濃国安曇郡耳塚(長野県安曇野市)をルーツとする。戦国時代には小笠原家に仕え、江戸時代には中津藩士。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 武者(むしゃ)
# 長野県の武者家: 藤原氏の支流で、戦国時代には武田家に仕え、武田家が滅亡後には徳川家に仕え、江戸時代には旗本。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 武舎(むしゃ)
# 長野県の武舎家: 「武者」から転じたという。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 村井(むらい)
# 長野県の村井家: 信濃国筑摩郡村井(長野県松本市)をルーツとし、犬甘(いぬかい)氏の支流という。室町時代には小笠原家に従った。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 村上(むらかみ)
# 長野県の村上家: 信濃国村上郷(長野県坂城町)をルーツとし、清和源氏の出。鎌倉時代には御家人。戦国時代には信濃国の北部で勢力をもったが武田信玄に破れ、越後に移り住んだ。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 村山(むらやま)
# 長野県の村山家: 信濃国高井郡村山郷(長野県長野市周辺)をルーツとし、清和源氏の井上氏の支流。のちに越後国に転じ、上杉氏に従って江戸時代には米沢藩士。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 室賀(むろが)
# 長野県の室賀家: 信濃国小県郡室賀郷(長野県上田市)をルーツとし、清和源氏の出。村上氏家から武田家に従い、江戸時代には旗本。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 母袋(もたい)
# 長野県の母袋家: 信濃国佐久郡毛田井郷(長野県佐久市周辺)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 甕(もたい)
# 長野県の甕家: 信濃国佐久郡毛田井郷(長野県佐久市周辺)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 本山(もとやま)
# 長野県の本山家: 信濃国筑摩郡本山郷(長野県塩尻市)をルーツとする。代々、木曽家に従い、武田家が滅亡後には諏訪郡で帰農した。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 守矢(もりや)
# 長野県の守矢家: 諏訪盆地を諏訪家が支配する前に、支配していた古代豪族。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 森山(もりやま)
# 長野県の森山家: 信濃国佐久郡森山(長野県小諸市)をルーツとし、大井氏の一族。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 位高(やごと)
# 長野県位高家: 阿南町の旧家で、菅原道真の子孫という。伊那郡の郡司を努めた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 矢崎(やざき)
# 長野県の矢崎家: 信濃国諏訪郡矢崎郷(長野県茅野市)をルーツとし、諏訪氏の支流という。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 矢沢(やざわ)
# 長野県の矢沢家: 信濃国小県郡矢沢(長野県上田市)をルーツとし、海野氏の一族という。武田家から真田家に従い、江戸時代には松代藩の家老。

■ 屋代(やしろ)
# 長野県の屋代家; 信濃国埴科郡屋代郷(長野県千曲市)をルーツとし、清和源氏の村上氏の出。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 山浦(やまうら)
# 長野県の山浦家: 信濃国佐久郡山浦(長野県小諸市)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 山村(やまむら)
# 長野県の山村家: 木曽の代官を務めた。近江国甲賀郡山村郷(滋賀県甲賀市水口町)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 湯原(ゆはら)
# 長野県の湯原家: 信濃国佐久郡湯原(長野県佐久市)をルーツとする。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 米持(よねもち)
# 長野県の米持家: 信濃国高井郡米持(長野県須坂市)をルーツとし、清和源氏の頼季流の井上氏の出。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 夜交(よまぜ)
# 長野県の夜交家: 信濃国高井郡夜交(長野県山ノ内町)をルーツとし、藤原氏の出。戦国時代には武田家に従い、武田家が滅亡後には上杉家に仕え、江戸時代には米沢藩士。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 与良(よら)
# 長野県の与良家: 信濃国佐久郡与良郷(長野県小諸市)をルーツとし、清和源氏の武田氏の一族。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 六川(ろくかわ)
# 長野県の六川家: 江戸時代の小県郡の六川家は甲斐国六川(山梨県)をルーツとするという説と、信濃国高井郡六川郷(長野県小布施町)をルーツとするという説がある。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 若槻(わかつき)
# 長野県の若槻家: 信濃国水内郡若槻荘(長野県長野市)をルーツとし、清和源氏の出。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】


■ 長野県の地名をルーツとする名字

■ 甲信地方の名字の特徴

■ 長野県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示