山梨県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 青柳(あおやぎ): 山梨県南巨摩郡富士川町青柳町
・ 地名の由来は、室町期初頭に長沢千手院の開祖となった僧梅林に従ってきた近江国青柳の者が、当地に住んで開拓したことにちなむと伝えられる。

■ 朝気(あさけ): 山梨県甲府市朝気
・ 朝気(あさけ): 古くは朝毛とも書く。

■ 雨畑(あめはた): 山梨県南巨摩郡早川町雨畑
・ 雨端とも書く。地名について「国志」は「雨畑蓋シ阿部端ノ転語」であろうとしており、県境を接する静岡県側の安倍山の北端に位置するところに由来するとの説をとっている。【角川日本地名大辞典】
※ 硯の三大産地: 宮城県の雄勝硯、山梨県の雨畑硯、山口県の赤間硯。

■ 石和(いさわ): 山梨県笛吹市石和町

■ 右左口(うばぐち): 山梨県甲府市右左口町(旧東八代郡中道町)

■ 江曽原(えぞはら): 山梨県山梨市江曽原
・ 地名の由来は、蓮清院の僧蓮清が、巨勢金岡の描いた少彦名の神像を古御堂という地に祀ったことから絵像原の名が起こり、のち江曽原に転化したという。【角川日本地名大辞典】

■ 大月(おおつき): 山梨県大月市
・ 地名の由来は、三島神社境内にあった大欅を古くは大槻(おおつき)とよんだことによるとの説がある。【角川日本地名大辞典】
・ 「おほ」は接頭語、「つき」は「高くなったところ」のことか、あるいは「崩壊地形」か?【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 小佐手(おさで): 山梨県甲州市勝沼町小佐手
・ 地名の由来は、東界の東林山山裾から当地の中央部まで続く細長い微高地であるため長手と称し、それが小佐手になったという。武田信重の男の永信が小佐手氏を名乗り、館を構えたといわれ、地内に小屋敷畑・御所之前・城門くね・馬塚などの地名や小佐手氏の位牌を伝える菩提寺東林寺(院)などが伝えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 忍野(おしの): 山梨県南都留郡忍野村。
・ 忍野村(おしの): 俗に忍野平野とも呼ばれるほど平坦地が広いが、往古は湖面であったのが桂川の浸食によって干上がったものといわれる。この湖に水を供していたのが富士の伏流水で、湧出によって地内の各所に池ができ、その主な池8か所を忍野八海と呼び、古来から伝説と信仰の対象となってきた。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 西広門田(かわだ): 山梨県甲州市塩山西広門田

■ 河原部郷: 山梨県韮崎市。戦国時代に甲斐国巨摩郡にみられた郷名で河原辺とも書く。
・ 河原部村: 江戸時代から明治の中頃まで甲斐国巨摩郡にみられた村名。慶長8年の甲州街道開設に伴い、当村の街道沿いの地域に韮崎宿が設置され、「国志」の村名は韮崎宿として見える。【角川日本地名大辞典】

■ 切差(きっさつ): 山梨県山梨市
・ 切差(きっさつ): 切指とも書く。地名の由来については、「さす」は焼畑を意味するとか、地形上霧が深くさすため古くは霧指(きりさす)と称し、のちに転じて切差になったとも伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 休息(きゅうそく): 山梨県甲州市勝沼町休息
・ 久足・休足とも書く。地名の由来は、もと真言宗金剛山胎蔵寺があったが、鎌倉期に日蓮が立正安国論を寺傍で講じて休息山立正寺と称され、山号が地名となる。【角川日本地名大辞典】
・ 久足郷: 戦国時代に甲斐国山梨郡にみられた郷名。休足・休息とも書き、久速ともある。ここには日蓮宗の古刹休息山立正寺がある。同寺は元真言宗で金剛山胎蔵寺と称したが、日蓮および日法の教化により日蓮宗に改宗、安国山立正寺(のちに休息山と改める)と称した。当地に天正時代に御宿氏がいた。御宿氏は駿河の士で、天文6年武田氏に降り、武田氏配下の部将として活躍しているが、先の文書以外に当地には足跡は残されていない。【角川日本地名大辞典】

■ 久那土村(くなどむら): 山梨県南巨摩郡身延町三澤
・ 明治半ばから昭和半ばにかけて山梨県西八代郡にみられた村名。地名は、岐神(くなどの神)、すなわち「おくなど様」から生じたものという。地内三沢の中央に奥杯(おくなど)の地名があり、江戸期には3方面への分かれ道で道祖神を祀り、「おくなど様」と称していた。奥杯は「おくなど」の当て字と思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 窪(くぼ): 山梨県山梨市
・ 戦国時代に甲斐国山梨郡窪八幡郷にみられた地名。当地は窪八幡の所在地かと思われ、窪八幡宮(現大井俣窪八幡宮)は現在の山梨市北にあるので、当地もその付近に比定できると思われる。

■ 窪平(くぼだいら): 山梨県山梨市牧丘町窪平。地名の由来は、窪地の中で平坦な部分に立地することに由来する。当初は幕府領、のち甲府藩領、享保9年幕府領、延享3年からは田安家領。
・ 窪平村: 江戸時代から明治時代初頭にかけて甲斐国(山梨県)山梨郡万力筋にみられた村名。
・ 万力筋: 万力筋(まんりきすじ): 戦国時代から江戸時代にかけて甲斐国山梨郡にみられた広域地名。【角川日本地名大辞典】

■ 蝙蝠穴(こうもりあな): 山梨県南都留郡鳴沢村

★ 

■ 酒折(さかおり): 山梨県甲府市酒折
・ 坂折・阪折とも書いた。地名の由来は、坂道が折れ曲がったところの地域を指すという説と、坂道を下ったところにある宮(現在の酒折宮)が坂下宮(さかおりのみや)といい、やがてその付近を酒折と呼ぶようになったという説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 四方津(しおつ): 山梨県上野原市四方津
・ かつてこの地が塩の産地だったことに由来すると言われるが、「塩」に「四方」をあてた理由は不明。
・ 「四方」は「塩」の当て字で、岩塩の出た所。「津」は「港」。塩を運んだ船着き場と思われる。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 下井尻(しもいじり): 山梨県山梨市下井尻
・ 地名の由来は用水の井路にちなむといわれ、上井尻に対する。甲府盆地の北東、笛吹川中流域に位置する。金桜神社の社記によると、万力郷総鎮守の同社は成務天皇代に草創された式内社で、建久5年右大将源頼朝再建の棟札がある。中世万力郷付近は竜王・近津と並ぶ中世の三大水防難所で、笛吹川の洪水から石和(いさわ)をはじめとする下流の村々を守るため堤を造り、それが万人の力を合わせたような堅固な堤であるように願って万力の名がつけられたという。【角川日本地名大辞典】
・ 参考: 山梨県甲州市塩山上井尻。

■ 十五所(じゅうごしょ): 山梨県南アルプス市十五所
・ 「じゅうごせ」ともいう。地名の由来は鎮守の諏訪神社と御子神14柱を合祀して十五所明神としたことによるとも、また御勅使川の氾濫の際15条の瀬を生じたことによるともいわれる。古来水利に乏しく、釜無川などの氾濫原で水田地帯の「田方」、市之瀬台地などの水田と畑作地帯の「根方」に対し、御勅使川扇央の水利に乏しい畑作地帯である当地一帯は「原方」と呼ばれる。【角川日本地名大辞典】

■ 精進湖(しょうじこ): 山梨県南都留郡富士河口湖町

■ 杣口(そまぐち): 山梨県山梨市牧丘町杣口
・ 地名の由来は、杣山の入口であったことによる。古くから秩父山系の登山口で、金峰山信仰の拠点ともなり、地内の金桜神社は金峰山の里宮であった。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 千野(ちの): 山梨県甲州市塩山千野
・ 地名の由来は、茅野にちなむという。【角川日本地名大辞典】

■ 舂米(つきよね): 山梨県南巨摩郡富士川町春米
・ 舂米(つきよね): 慶長8年「徳川家奉行連署寄進状」や「元禄郷帳」では槻米とも書いた。地名について、地元では古代の「舂米部」に由来するといい、あるいは中世の雨鳴城(秋山)や北山城(舂米)の城米をついたことに由来するともいうが、全国各地の「ツキヨネ」の多くが山麓や崖の上などの微高地に位置するところから、やはり地形上に由来する地名と思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 都留(つる): 山梨県都留市
・ 昔、富士山の裾野に蔓(つる)が繁茂していたことに由来する。また、鶴が多く棲息していたからとも言われる。

■ 百々(どうどう): 山梨県南アルプス市百々
・ 甲府盆地西部、御勅使(みだい)川扇状地の扇央部に位置する。地名の由来は、御勅使川の水の流れる音、百々(どんどん)にちなんだものと考えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 木賊(とくさ): 山梨県
・ 地名の由来は、この地にトクサが群生することによる。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 奈良子(ならご): 山梨県大月市七保町奈良子
・ 地名の由来は、当地が山中の小平地であることから、小平地を意味する「ナラ」の語にちなむといわれている。【角川日本地名大辞典】

■ 韮崎(にらさき): 山梨県韮崎市
・ 市内を流れる二つの川で土地がえぐられて、韮の葉のように細長く尖った地形に由来する。
・ 山梨県韮崎市。八ケ岳の噴火による岩屑流が、市内の西と東を流れる釜無川・塩川によって削られ、ニラ(韮)の葉のように細長く鋭くとがっていて、その先端(崎)に宿場町が位置していることから「韮崎」となった。東洋経済新報社「都市データパック2011年版」

★ 

■ 波高島(はだかじま): 山梨県南巨摩郡身延町波高島
・ 。この地を流れる早川が富士川に合流するために、富士川に流れが波高くなって島状に見えることに由来する。
※ いつも思うが「島」だからと言って、水に浮かぶ島に限定して考えていいのかなぁ?また「島」は区画(地域)という意味もあるしねぇ。しかし、漢字三文字の地名は何らかのわけありかも。そもそも「波(は)」は音読みだし、「高(たか)」は訓読みだしねぇ。もともと「はだか」という音があって、そこに「波+高」をあてたような気もするし。
・ 波高島(はだかじま): 地名の由来は、富士川・常葉(ときわ)川の氾濫により水田耕作が困難であり、畑作に頼っていた頃の「畑ケ島」にちなむといわれる。ただし、ほかにも異説がある。【角川日本地名大辞典】
・ 南河内川と下部川が常葉川に合流し、さらにすぐに富士川に合流するため川波が高いことによる。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 隼(はやぶさ): 山梨県山梨市牧丘町隼
・ 。甲府盆地の北東端、笛吹川中流右岸の段丘上に位置する。地名の由来は、鎌倉期に当地の隼を領主に献上したところ名鳥であるとして村名を賜ったと伝える。また、単に隼が多く生息していたためともいう。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 牧丘町(まきおかちょう): 山梨県山梨市牧丘町
・ 町名の由来は古代この地にがあったことによる。

■ 薬袋(みない): 山梨県南巨摩郡早川町薬袋
・ 皆井とも書いた。昔、池の宮という若者が京から高貴な姫を追いかけて当地まで来た。若者は土地の者に姫の行方を尋ねたが、土地の者は「みない」と答えた。若者は嘆き悲しんで、高価な薬袋を破り捨てた。ここから「薬袋」の地名ができたとする地名伝説がある。【「薬袋」の名字の由来
・ 薬袋(みない): 皆井とも書いたと伝えられる。「国志」では地名の由来を不詳としているが、池大神伝説によれば京から高貴な姫を追ってきた池の宮という若者が当地の者に姫の行方を尋ねたところ「ミナイ」と答えられ、悲嘆のあまり唐の国から入手して携えたきた高貴薬の袋を破いて捨ててしまったという説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 身延(みのぶ): 山梨県南巨摩郡身延町

★ 

■ 柳川(やながわ): 山梨県南巨摩郡富士川町柳川

★ 

■ 竜王(りゅうおう): 山梨県甲斐市竜王
・ 古くは西山之郷と称したが、永禄年間に竜王河原宿が同地に設定されると、西山之郷の名は次第に失われた。竜王河原宿は慶長年間の検地時に竜王村と改称したという。地名の由来は地内の旧寺慈照寺に竜王水という湧水があるところから起こったといわれるが、あるいは往古釜無川が荒々しく深淵の状態であったため竜王と呼ばれたことにちなむともいう。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示