山梨県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 山梨県の県名の由来 ・ 山梨県の難読地名・珍地名

★ 山梨県の名字の特徴

# 結構、独特の名字が上位に多いのが山梨県の特徴か?【カメレオン山梨

# 「渡辺」という名字が1位なのは山梨県だけで、特に富士吉田市付近に多い、かつ3位に「望月」という名字が入っているのが特徴で早川町に多くみられる。
・ 「小林」「望月」「清水」が順位の上位にくるのは山梨県の特徴。

# 「深沢」「古屋」「雨宮」「志村」「保坂」「中込」「小俣」などは山梨県らしい名字。

# 山梨県内では、「藤原」は「ふじはら」と読む。「梶原」は「かじはら」、「荻原」は「はぎはら」と読む。

# 以下の名字は県内でも読み方が分かれる。「三枝(さえぐさ・さいぐさ)」「「金丸(かねまる・かなまる)」「河西(かさい・かわにし)」「土橋(どばし・つちはし)」など。

# 甲斐源氏をルーツとする「武田家」からたくさんの名字が生まれた。
・ 「小笠原」「柳沢」「逸見」「米倉」「平賀」「曽根」「浅利」「甘利」「穴山」「加賀美

【山梨県らしい名字】

・ 「深沢」「古屋」「中込(全国の5割)」「雨宮(全国の4割)」「小俣(全国の3割)」などは山梨県独特の名字。

・ 「佐野」「長田」「志村」「保坂」「堀内」なども山梨県らしい名字。

・ 山梨県特有の名字集

■ 山梨県の特徴的名字: 雨宮、望月、名取、浅川、小田切、小沢、中込、功刀(くぬぎ)、薬袋(みない)、小宮山。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 渡辺

■ 2位: 小林

■ 3位: 望月

■ 4位: 清水

■ 5位: 深沢

■ 6位: 佐藤

■ 7位: 古屋

■ 8位: 佐野

■ 9位: 鈴木

■ 10位: 田中

■ 11位: 雨宮

■ 12位: 中村

■ 13位: 長田

■ 14位: 山本

■ 15位: 志村

■ 16位: 秋山
# 山梨県の秋山家: 清和源氏加賀美氏の一族。代々、武田家に仕え、秋山信友は武田二十四将の一人。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 17位: 小沢

■ 18位: 伊藤

■ 19位: 内藤

■ 20位: 堀内


■ 穴山(あなやま)
# 山梨県の穴山家: 甲斐国穴山(山梨県韮崎市)をルーツとする。清和源氏の武田氏の支流。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 甘利(あまり)
# 山梨県の甘利家: 甲斐国甘利荘をルーツとし、清和源氏の武田家の一族。甘利虎春は武田二十四将の一人。甘利家は武田家が滅亡後に相模国に移り住んだ。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 板垣(いたがき)
# 山梨県の板垣家: 清和源氏武田家の一族。甲斐国板垣(山梨県甲府市)を本拠とした。武田家が滅亡後、一部は土佐国に移り住んだという。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 伊丹(いたみ)
# 山梨県の伊丹家: 摂津国の名族の伊丹氏の一族と言われる。今川家や武田家に水軍の頭領として仕え、徳川家康のもとでは「お船奉行」を務めた。1633年に甲斐国徳見1万2千石で立藩したが後に断絶した。

■ 小山田(おやまだ)
# 山梨県の小山田家: 武蔵国小山田(東京都町田市)をルーツとする。桓武平氏の秩父家の一族。後に武蔵から甲斐に移り住み、郡内(山梨県大月市)に拠った。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 加賀美(かがみ)
# 山梨県の加賀美家: 清和源氏で源義光の子孫。甲斐国加賀美(山梨県南アルプス市)を本拠とし、源平の合戦で活躍した。江戸時代には旗本や、甲斐国山王権現(山梨県甲府市)の神職をつとめた家もある。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 日下部(くさかべ)
# 山梨県の日下部家: 甲斐国の山梨郡に勢力を持っていたのが甲斐国造の日下部氏。

■ 三枝(さえぐさ、さいぐさ、みえだ)
# 山梨県の三枝家: 甲斐の古代豪族。平安時代後期には甲斐の在庁官人。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 篠原(しのはら)
# 山梨県の篠原家: 甲斐国八代郡東油川村(山梨県笛吹市石和町)の旧家で甲州屋を号した。名主を務めた。

■ 武田(たけだ)
# 山梨県の武田家: 源義光の子孫で、甲斐国に勢力をはった。本家は武田勝頼の時代に織田信長に滅ぼされた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 土屋(つちや)
# 山梨県の土屋家: 甲斐の武田家の重臣で清和源氏の出。

■ 深沢・深澤(ふかざわ)
# 山梨県の深沢家: 甲斐国深沢(山梨県甲州市)をルーツとし、清和源氏を称す。深沢民部は武田信玄に仕え、深沢砦(山梨県北杜市)に拠った。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 逸見(へんみ・へみ・いつみ)
# 山梨県の逸見家: 清和源氏の武田氏の支流。甲斐国逸見(山梨県韮崎市周辺)をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】


■ 山梨県の地名をルーツとする名字

■ 甲信地方の名字の特徴

■ 山梨県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示