福井県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 浅水(あそうず): 福井県福井市浅水町
・ 朝津郷: 平安期に見える郷名。「和名抄」越前国丹生郡九郷の1つ。高山寺本は「安左不豆」、東急本は「阿佐布豆」の訓を付す。【角川日本地名大辞典】

■ 伊井(いい): 福井県あわら市伊井
・ 伊伎神社のすみに神水という池があり、男大迹王がこの水をほめて池を免鳥の池と呼び、当地を伊伎から伊井に改めさせたという伝説がある。

■ 大玉(いかだま): 福井県丹生郡越前町上糸生大玉(いかだま)
・ 北陸地方や静岡県では「大きい」ことを「イカイ」という。「イカツイ」から来たのかなぁ?

■ 一光川(いかりがわ): 福井県
・ 大丹生(おにう)川ともいう。川名は上流の旧一光村にかかわると思われるが、詳細不明。大丹生川は河口の集落名によるか。【角川日本地名大辞典】
※ 川の名前と、集落の名前とどちらが先か?

■ 伊勢(いせ): 福井県大野市伊勢
・ 地名は、かつて伊勢神宮が鎮座していたことに由来するという。伝承によれば、伊勢神宮は昔丹波の国から当地に移り盛時には46の社と多くの神田があったが、伊勢国へ遷宮したあとは奥の院・八幡・薬師如来の3社と下伊勢に神田を残すだけになったという。【角川日本地名大辞典】

■ 入(いり): 福井県鯖江市入町(いりちょう)
・ 地名の由来について、大正4年の「立待村誌」は村内(立待村)で最も入り込んだ位置にあることから名付けられたと伝える、とするが伝承にすぎない。【角川日本地名大辞典】

■ 魚見(うおみ): 福井県今立郡池田町魚見
・ 足羽(あすわ)川支流魚見川最上流域に位置する。地名は、もと「いよみ」といい、それが大味・魚味・魚見になったともいわれ、地元では近年まで「いよみ」と発音する人が多かった。【角川日本地名大辞典】

■ 瓜割清水(うりわりしょうず): 福井県敦賀市舞崎町

■ 瓜割清水(うりわりしょうず): 福井県福井市

■ 織田(おた): 福井県丹生郡越前町織田(おた)
・ 戦国武将の織田家のルーツの織田神社がある。

■ 遠敷(おにゅう): 福井県小浜市遠敷

■ 折立(おりたて): 福井県福井市折立町
・ 地名の由来は、山の形が中国の折立山に似ることから、あるいは乙谷坂の降口(おりくち)の意がおりたち、おりたてと転じたものか。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 金谷(かなや): 福井県丹生郡越前町金谷
・ 天王川中流域の河岸段丘上に位置する。当地産と伝えられる金谷茶釜が存在することや、鋳物滓が多量に出土することから鋳物師集落であった可能性があり、地名もそれに由来すると思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 木落(きおとし): 福井県大野市木落
・ 「山の木を落とす場所」であったことに由来する。

■ 公文名(くもんみょう): 福井県敦賀市
・ 公文名(くもんみょう): 地名は、中世荘園の公文の名田が存在したことに由来するといわれる。「敦賀志」には「公文名ハ其時の公文の居し処成へし」とある。【角川日本地名大辞典】

■ 蔵作(くらつくり): 福井県福井市蔵作町

■ 小樟(ここのぎ): 福井県丹生郡越前町

★ 

■ 坂井(さかい): 福井県坂井市
・ 河川が狭いところから排出されずに低湿地となったところ。

■ 無悪(さかなし): 福井県三方上中郡若狭町無悪
・ たしか、古代語では「悪」を「さか」って読んだのかなぁ。

■ 三分一(さんぶいち): 福井県小浜市三分一
・ 三分市とも書いた。戦国時代に若狭国遠敷(おにゆう)郡松永荘にみられた地名。しかし、この地は集落としては寺野村と称されていたので、この三分一とは松永川下流の四分一と同じく年貢収納の単位を示していたものと考えられる。永正14年12月晦日の明通寺領百姓名年貢注文案では三分一内の5つの名田が明通寺に年貢を納入することになっており、そのうち2名が「三分一納所」とされていることから、三分一の農民集団を想定しうる。戦国期にも居住地表示としては寺野村が用いられており、中世の寺野村を合わせて江戸期の三分一村が成立する。【角川日本地名大辞典】

■ 鹿野(しかの): 福井県大飯郡おおい町鹿野(しかの)

■ 四分一(しぶいち): 福井県小浜市四分一
・ 戦国時代に若狭国遠敷(おにゆう)郡松永荘にみられた地名。はじめは集落名というより、収納単位であったと思われる。当地は三分一から分村した地で、かつては現集落の南東にあたる紅梅谷にあったと言われる。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 立待(たちまち): 福井県鯖江市
・ 立待村: 明治から昭和にかけて現在の福井県鯖江市にみられた村名。村名の由来は、中世の郷名と、この地方を支配していた立待氏の名による。【角川日本地名大辞典】

■ 敦賀市(つるが): 福井県敦賀市
・ 崇神天皇の時代に朝鮮半島から「都怒我阿羅斯等」(ツヌガアラシト)がこの地に渡来したことにちなんで「角鹿」と呼ばれるようになり、和銅6年(713)に「敦賀」という字に改められた。【角川日本地名大辞典】
・ 古くは「都奴賀・つぬが」と呼んだ。敦賀半島が角状に飛び出していることから、「角処(つのか)」と呼び、それが転訛したものと言われる。

■ 徳光(とくみつ): 福井県福井市徳光町

■ 刀根(とね): 福井県敦賀市刀根
・ 地名は、平安期の官職刀禰が居住していたことに由来し、のち禰が根になったという。また、口碑では仲哀天皇が三韓遠征の際敦賀に行幸、その時豪族「庄内刀根」が坂道を修復した。この「庄内刀根」に由来するという。【角川日本地名大辞典】

■ 米俵(とめどうろ): 福井県大野市米俵

★ 

■ 中丁(なかようろ):  福井県大野市中丁
・ 中世の丁(町)郷が上中下に分離したもの。

★ 

■ 計石(はかりいし): 福井県福井市
・ 古く、地元の農民が穀物や作物の重さを計るのに適した石があったことによる。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 花堂(はなんどう): 福井県福井市花堂
・ むかし、このあたりに首切り場があり、罪人を供養するための花御堂があったことに由来する。
・ 古くは花之堂と書く。地名は「北ノ庄城下の端なれば端道」の意でのちに転訛して花ン堂と称する。【角川日本地名大辞典】

■ 日向(ひるが): 福井県三方郡美浜町日向(ひるが)
・ 美浜町の隣の三方町気山に鎮座する宇波西神社の祭神が、太古、日向浦に垂迹(すいじゃく)した際、日向国の橋坂山の景観がここの風景そっくりであると神託したことによる。

★ 

■ 丸岡(まるおか):  福井県坂井市丸岡町

■ 三国(みくに): 福井県坂井市三国町。水の国に由来する。

■ 宮崎(みやざき): 福井県大飯郡高浜町宮崎
・ 中央に妙見山がそびえ、北部は高浜湾に面する。地名は、佐伎治神社の前の意味と言われる。

■ 免鳥(めんどり):  福井県福井市免鳥町
・ 「47都道府県・地名由来百科 谷川彰英 丸善」には「海取(めとり)」で、海藻の採集地をいうのか?となっていますが、丹羽基二説によると、「めんどり」は「免地」のこと。また「角川日本地名大辞典」では、栃木県佐野市免鳥町(めんどりちょう)は「妻を娶る」に由来するとありますね。
・ 免鳥(めんどり): 地名の由来は「足羽社記略」に「※鳥浦米止利、今云免鳥浦応神天皇、女、※鳥皇女、御名代也歟」とある。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 嫁威(よめおどし): 福井県あわら市柿原嫁威。姑が嫁をいびったことに由来する。

★ 

■ 

★ 

■ 蕨生城地出(わらびようじょうちで?): 福井県大野市蕨生城地出

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示