福井県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 福井県の県名の由来 ・ 福井県の難読地名・珍地名

★ 福井県の名字の特徴

# 北陸三県は、自然姓が多いのが似てますね。でも、一般的には北陸地方よりも関西地方に似ている名字分布と言われる。

# 「田中」「山本」の姓が多い。西日本型の名字構成。

# 斎藤姓は伊勢神宮の斎宮頭を務めた藤原氏が、斎宮の「斎」と藤原の「藤」をとって名付けた。祖とされる藤原利仁の母が越前の出だったため、福井県を中心に広まった。

# 「松田」は福井県内では「まった」と読むこともある。

【福井県らしい名字】

# 「笛吹」「白崎」「玉村」「高島」「宇野」の名字は福井県に多く、「白崎」は全国の約三割が福井県に見られる。

# 福井らしい名字には「浅妻」「浦松」「坪田」など。

■ 福井県の特徴的名字: 野坂、白崎、豊岡、高間、三田村、瓜生、勝木、野尻、印牧(かなまき)、石轍白(いとしろ)。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 田中
# 西日本特有の名字の一つ。

■ 2位: 山本
# 西日本特有の名字の一つ。

■ 3位: 吉田
# 近畿地方と東北地方を中心に、全国にみられる。

■ 4位: 山田
# 山田は庶民名字のナンバーワンといわれる。

■ 5位: 小林

■ 6位: 中村
# 西日本特有の名字の一つ。

■ 7位: 加藤

■ 8位: 斎藤

■ 9位: 佐々木

■ 10位: 前田

■ 11位: 清水

■ 12位: 山口

■ 13位: 
# 林は一文字の名字としては最多。北陸地方から東海地方にかけて多くみられる。

■ 14位: 伊藤

■ 15位: 渡辺

■ 16位: 竹内

■ 17位: 橋本
# 福井県の橋本家: 清和源氏の出で、紀伊国を本拠地としたが、福井藩に仕えるために移り住んだ。子孫の橋本左内が有名。

■ 18位: 高橋

■ 19位: 酒井
# 福井県の酒井家: 若狭国小浜藩の酒井家(10万3千石)は、酒井忠勝の家系。
# 福井県の酒井家: 越前国敦賀藩の酒井家(1万石)は、若狭国小浜藩の分家。幕末に藩主の酒井忠ますは、若年寄として下関で四国艦隊との交渉に当たった。

■ 20位: 長谷川


■ 朝倉(あさくら)
# 福井県の朝倉家: 但馬国朝倉(養父市)をルーツとし、但馬の古代豪族の末裔とされる。南北朝時代に朝倉広景が斯波家の家臣となり、越前国に移り住んだ。

■ 足羽(あすわ)
# 福井県の足羽(あすわ)家: 越前国足羽郡(福井県福井市周辺)の古代豪族。平安時代の前半まで足羽郡の郡司をつとめた。

■ 有馬(ありま)
# 福井県の有馬家: 丸岡城主の有馬家は島原のキリシタン大名の有馬家の子孫。 この有馬家は赤松氏の一族で有馬温泉に由来する。

■ 岩佐(いわさ)
# 福井県の岩佐家: 福井藩の藩医。

■ 小笠原(おがさわら)
# 福井県の小笠原家: 越前国勝山藩の小笠原家(2万2千石)は、小倉藩の小笠原家とは別系統で、信濃国伊那の出。

■ 尾崎(おざき)
# 福井県の尾崎家: 越前国の大野城下(福井県大野市)の鍛治師。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 甲斐(かい)
# 福井県の甲斐家: 斯波家の重臣で清和源氏の出。越前国の守護の斯波家の守護代として勢力を持ち、応仁の乱の時に朝倉家に敗れて衰退した。

■ 斯波(しば)
# 福井県の斯波家: 鎌倉時代に足利家氏が陸奥国下向して高水寺城に拠った。南北朝時代には足利尊氏に属し、三管領となる。子孫が越前の守護となり越前を本拠地とした。

■ 武田(たけだ)
# 福井県の武田家: 武田信賢が15世紀半ばに若狭の守護となった。織田信長に従ったが本能寺の変で明智光秀に呼応し滅亡した。

■ 疋田(ひきだ)
# 福井県の疋田家: 越前国敦賀郡(福井県敦賀市周辺)の武士。藤原北家利仁流で加賀国から越前国に転じた。

■ 本多(ほんだ)
# 福井県の本多家: 越前の福井藩の筆頭家老は本多家2万石。

■ 松平(まつだいら)
# 福井県の松平家: 越前国福井藩の松平家(32万石)は、徳川家康の次男の結城秀康が藩祖。幕末には政治総裁の松平春獄がでた。【家紋:徳川葵】明治維新後には侯爵。

■ 間部(まなべ)
# 福井県の間部家: 鯖江藩主。六代将軍の徳川家宣の側用人の間部詮房を祖とする。


■ 福井県の地名をルーツとする名字

■ 北陸地方の名字の特徴

■ 福井県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示