石川県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 動橋(いぶりばし): 石川県加賀市

■ 宇出津(うしつ):  石川県鳳珠郡能登町宇出津
・ 本来の読みは「うしゅつ」。「うせつ」ともいう。地名の由来は小港を意味するアイヌ語の「ウシュリ」が転化したものともいわれるが根拠は乏しい。【角川日本地名大辞典】
・ 「うせつ」とも言う。「大(うし)」津のことか。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 邑知(おうち): 石川県

■ 大呑(おおのみ): 石川県七尾市?
・ 大呑荘(おおのみのしょう): 鎌倉時代から能登国鹿島郡にみられた荘園。現在の七尾市周辺。
・ 大呑郷(おおのみごう): 江戸時代に能登国鹿島郡にみられた郷名。「三州志」によれば属した村々は、熊淵・山崎・花園・東浜・大泊・黒崎・佐々波・庵・江泊・大野木の10か村。現在の七尾市のあたり。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 蚊爪(かがつめ): 石川県金沢市蚊爪
・ 「かがつめ」とは「日々詰」で、「日詰」と同じく、月末に市がたつことを意味する。

■ 主計(かずえ): 石川県金沢市主計町。
・ 主計町(かずえまち): 金沢市。町名の由来は「三州志来因概覧附録」に藩士富田主計(とだかずえ)の屋敷があったところから起こるとある。【角川日本地名大辞典】

■ 刈安(かりやす): 石川県河北郡津幡町刈安【刈安の名字の由来

■ 倶利伽羅(くりから): 石川県河北郡津幡町倶利伽羅。倶梨伽羅・倶利迦羅・倶梨迦羅・倶理伽羅・九竜伽羅・栗柄・栗殻とも書く。地名の由来は、峠に倶利迦羅竜王(不動尊)を本尊とする倶利迦羅堂があったことによる。【角川日本地名大辞典】
・ 倶利迦羅: 平安時代の末期に加賀国加賀郡と越中国礪波郡との境界にみられる地名。現在の倶利伽羅峠とその付近の丘陵一帯をさす。

■ 小松(こまつ): 石川県小松市

★ 

■ 子浦(しお): 石川県羽咋郡宝達志水町子浦。
・ 子浦(しお): 地名は、中世の志雄荘や志雄保に由来するが、荻谷(おぎのやち)村十村岡部長右衛門が元禄14年藩へ報告した由来書上によれば、「子浦村、此村昔年より志雄町と書申候、由来は相知不申候、五十ケ年計以前、度々火事致し、出来難儀仕候所に、村名の字たたり申由にて、明暦年中に文字替り子浦町と書申上候得共、延宝年中より子浦村と今に申候」といい、明暦年間、子浦と改めたという。【角川日本地名大辞典】

■ 塩原(しおはら): 石川県小松市塩原町(しおはらまち)。地名の由来は、地内に塩谷という場所があるように、往古津波がここまで打ち寄せたためというが不詳。また、背の形をした山の尾の尽きた所が、野原になっているので、その地形から背尾原が塩原になったともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 四十万(しじま): 石川県金沢市四十万
・ 百済から大日如来が来たときに、百済からこの地まで四十万里あったことに由来するという地名伝説がある。

■ 直下(そそり): 石川県加賀市直下町(そそりまち)。

★ 

■ 九折(つづらおり): 石川県河北郡津幡町九折
・ 九折(つづらおり): 地名の由来は越中への坂道が曲りくねっているところから名づけられたという。【角川日本地名大辞典】

■ 富樫(とがし):  石川県金沢市富樫
・ 富樫郷(とむかしのごう): 奈良末期から見える郷名。「和名妙」加賀国石川郡八郷の1つ。訓は止無加之。地名は、中世の富樫荘に継承され、訓は「とがし」に転化した。【角川日本地名大辞典】

■ 戸保家(とぼけ): 石川県金沢市

★ 

■ 

★ 

■ 左礫(ひだりつぶて): 石川県白山市左礫町
・ 左礫(ひだりつぶて): 地名の由来は平家の落人の治部殿なる者が、百姓との雪合戦の際、小石入りの雪玉で左眼を失明したことにちなむと伝承する。また、飛騨から来て村を開いた万五郎は片目であり、礫をよく飛ばしたからともいう。地元の伝承では、平家の武士治部殿が伊勢の桑名から移り住んだともいい、片目にされた彼の怨念のためか治部殿館跡あたりで見る蛇は、みな片目であるという。【角川日本地名大辞典】

■ 廿九日(ひづめ): 石川県鹿島郡中能登町廿九日
・ 廿九日(ひづめ): 晦日とも書く。地名の由来は樋詰の転化と見る説と、古代の越蘇郷院内住人の馬場の蹄跡多きによる説とがあるが不詳。【角川日本地名大辞典】

■ 一青(ひとと): 石川県鹿島郡中能登町一青

■ 鳳至(ふげし): 石川県輪島市鳳至町。
・ 鳳至(ふげし): 地名の由来は、古く鳳凰の天降りがあったことにちなむという。【角川日本地名大辞典】

■ 分校(ぶんぎょう): 石川県加賀市分校町
・ 分校(ぶんぎょう): 地名の由来は班田制の校田によるかといわれる。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 雲津(もづ):  石川県珠洲市三崎町雲津

★ 

■ 

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示